Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】転職祝いのプレゼント・メッセージ・金額相場・お返し

Author nopic icontomoko
転職・就職 / 2017年12月13日
【男女別】転職祝いのプレゼント・メッセージ・金額相場・お返し

男女別友達におすすめの転職祝いのプレゼントは?

就職祝いに比べると贈る機会の少ない転職祝いですが、お祝いの気持ちを伝えることは、円滑な人間関係を保つことにもつながります。転職祝いを渡すタイミングとして相応しいのは、転職が決まってから入社するまでの間とされています。時間があまりない場合にも参考になる、友人・知人への転職祝いを紹介します。

女性

友人への転職祝いは、ちょっとしたプレゼントを用意するのが良いでしょう。現金や高価すぎるものは相手に気を遣わせる原因にもなりますが、プレゼントなら気軽に渡せます。

女友達への転職祝いには、どの世代にも人気がある花のプレゼントがおすすめです。生花も良いですが、転職祝いにはプリザーブドフラワーが人気です。小さな箱に入ったプリザーブドフラワーなら、お手入れも不要で長く観賞でき、持ち運びもしやすいためプレゼントするタイミングも選びません。新しい職場のデスクに飾ってもらうと良いでしょう。

男性

男友達への転職祝いは、気軽に渡せるお菓子などが良いでしょう。価格帯も幅広く、人を選ばないため、お祝いの気持ちを表すちょっとしたプレゼントにぴったりです。

甘いものを食べない友人や、男性から男性への転職祝いなら、食事をご馳走するのもおすすめです。お菓子や食事のプレゼントはものが残らないため、友人も気軽に受け取ることができます。食事をしながら転職活動の苦労話や、新しい職場への不安などを聞いてあげると良いでしょう。

転職祝いのメールなどにおすすめのメッセージって?

社会人なら、同僚の転職や友人の転職などで、転職祝いのメッセージを送る機会があるという方も多いのではないでしょうか。近年はSNSの普及によって、日頃なかなか会えない知人でも、転職などの節目を知ることができるようになりました。プレゼントを贈らない場合でも、お祝いのメッセージを送ると喜んでもらえます。

お祝いのメッセージのポイントは、ポジティブな内容にするということです。ブラック企業に勤めていて、同僚の転職が抜け駆けのよう感じる場合も、メッセージには残さないのが大人の対応です。読んだ相手が嬉しくなったり、新しい職場で頑張ろうと思える内容にしましょう。

例文

「転職おめでとうございます。新しい職場でのご活躍を心からお祈りしています」

「○○さん、転職おめでとう。○○さんなら新しい職場でも活躍間違いなしだと思います。身体に気を付けて頑張ってください」

「転職おめでとう。○○さんが希望の職種につけて、私も嬉しいよ。新しい職場でも頑張ってね。落ち着いたらまたごはんでも行きましょう」

これらはほんの一例です。同僚なら、「プロジェクトをいっしょにできて良かった」などの仕事での思い出話を書き加えると、より一層深みのあるメッセージになります。「初めて会ったときは怖かったけど、実際はすごく優しかった」などの、第一印象を書き加えるのもおすすめです。

友人や親しい知人へのメッセージは、畏まる必要はありません。素直にお祝いの気持ちを書くと良いでしょう。

彼氏・彼女におすすめの転職祝いのプレゼントは?

彼氏や彼女などの親しい間柄での転職祝いは、他の人からは貰わないような、少し高価なものをプレゼントするのも良いでしょう。恋人の転職は、2人の将来に大きく影響することがあります。新しい仕事を応援してあげたいのであれば、プレゼントされた品物を見るたびにやる気が出てくるような、身につけられるビジネス用品がおすすめです。

靴は、社会人の品格を表すと言われています。靴がお手入れされていないと、いくらスーツが決まっていてもだらしない印象になってしまいます。靴は、一足を履き続けるよりも、何足かを履き分けるほうが良いとされていて、無駄になることがない点でもプレゼントに最適です。

男性なら革靴、女性ならパンプスがビジネスファッションとして一般的です。普段はスーツを着用しない会社でも、商談や冠婚葬祭ではスーツを着るという人が多いので、社会人として革靴は持っていて損はありません。女性のパンプスは、ヒールが5~7cmのものが歩きやすく、見た目にも美しいのでおすすめです。ピンヒールは職場では避けたほうが無難と言えます。

腕時計

腕時計もオフィスで身につけられるため、就職・転職祝いのプレゼントとして人気があります。時間を守るということは、社会人としては絶対に守らなければならないマナーのひとつです。スマホで時間を確認するという方も多いですが、取引先の方や上司に時間を聞かれて、スマホで確認するのは見た目もよくありません。

フェイスが小さすぎたり大きすぎるものは避け、全体的にシンプルな物にするとファッションを選ばず便利です。値段の幅が広いですが、ビジネスの場においては年相応の腕時計ををつけるほうが良い場合があります。相手の年代を考えて選ぶと良いでしょう。

転職祝いの祝い金額相場って?

お祝いは現金で渡して、好きなものを買ってほしいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。現金での転職祝いの相場は、親族で1万円~3万円、知人・友人で5千円~1万円と言われています。就職祝いを渡して間もない20代の転職では安くなり、30代や40代になると高額になる傾向があります。プレゼントを選ぶときの金額の目安にしても良いでしょう。

年代別おすすめの転職祝いのプレゼントは?

20代など

20代の転職祝いにおすすめなのが、ペンケースです。社会人経験の浅い20代の方の中には、学生時代に使っていたペンケースをそのまま使っている方も多いです。そもそもペンケースを持っておらず、カバンのポケットや手帳に挟んだままという強者もいます。自分ではなかなか購入しない上質のペンケースは、人から貰うと嬉しいプレゼントの代表です。

おすすめなのは、落ち着いたカラーの革製のペンケースです。バッグの隙間に収まる、細身のものがおすすめです。

30代など

30代の方への転職祝いには、コインケースがおすすめです。お財布よりも小さいサイズのコインケースはポケットにも収まるので、ランチのときや休憩時間にちょっとコンビニに行くときにも便利です。普段使い用と職場用で、お財布とコインケースを使い分けているという方も多いです。

デザインも、シックで大人っぽいものからポップでかわいらしいものまで種類も多いので、贈る方に合わせて選ぶと喜ばれるでしょう。

40代など

40代の転職祝いには、名入れグッズがおすすめです。40代になると、身の回りの物はある程度揃っていることが多く、プレゼントされても既に持っているというケースが出てきます。名入れグッズなら、他と重なることがない世界に一つだけのプレゼントを作ることができます。

お酒やお菓子などの食品や、ボールペンやUSBメモリなどのオフィス用品、その他にも化粧品、グラス、キーホルダーなど多くの名入れグッズがあります。贈る相手にぴったりなものが見つかるでしょう。

転職祝いのおすすめのお返しは?

転職祝いをいただいたときにお返しは必要なのでしょうか。状況にもよりますが、ある程度高価な物や、現金での転職祝いをいただいた場合にはお返しをしたほうが良いでしょう。金額は、いただいた転職祝いの3分の1~半額程度が相場と言われています。

タオルのセットや箱詰めのお菓子、コーヒーや紅茶の詰め合わせなどは価格帯も広く、お返しの定番として人気があります。消耗品は喜ばれることが多いので、相手の好みがわからない場合におすすめです。

喜んでもらうことが大切です

おすすめの転職祝いを紹介しましたが、大切なのは新しいスタートを応援する気持ちと、贈る相手に喜んでもらうことです。相場に囚われず、贈る相手を想いながら自分らしい転職祝いを選びましょう。