Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】おすすめのツイストパーマ・かけ方・手入れ方法

Small c3c5b396 edd3 4133 9fdc c519e761ee9ehydrangea.24
ヘアスタイル / 2018年04月23日
【男女別】おすすめのツイストパーマ・かけ方・手入れ方法

ツイストパーマはどんなパーマ?

ツイストパーマの、「ツイスト」とはねじると言う意味になり、ピンパーマの技法の1つになります。そんなツイストパーマは、名前のとおり「ねじり」を入れたパーマになり、主に男性に好まれているパーマです。

ピンパーマは、パーマで使われるロッドは使用せずに、自分の指に髪を巻きつけて根元をヘアピンを使って固定します。この巻き付けるときに、毛束をねじるとツイストパーマになります。ツイストパーマは、ねじりの強弱によって印象が大きく変わるため、自分の希望をしっかり美容師さんに伝えることが大切です。

そんなツイストパーマをあてるには、髪の長さが最低でも5cm必要になります。それよりも、短い場合にはパーマをあてるのは難しいです。そんな、ツイストパーマをあてるのにベストな髪の長さは、肩口くらいの長さになります。また、ツイストパーマは髪のボリュームがでやすいため、毛量が少ない方におすすめです。

ツイストパーマの注意点

ツイストパーマをあてるのに、注意すべき点がいくつかあります。この、注意点を気にしないと後々後悔することもあるので、気をつけましょう。そんなツイストパーマの注意点を詳しく紹介しますので、ツイストパーマをあてる際には参考にしてみてください。

ダメージ

ツイストパーマをかけると、頭皮と髪に大きな負担がかかります。負担がかかる理由は、パーマの薬剤の強さや、薬剤を付けてからの放置時間が長いためです。ツイストパーマの薬剤は、パーマ液の中でも一番強いものになります。その薬剤を付けてから、放置する時間が長いために、髪にも頭皮にも大きな負担となります。

またツイストパーマを、傷んでしまっている髪にあててしまうと、髪をスタイリングができないほど傷めてしまいます。そのため、髪の状態によっては、ツイストパーマをあてることを断られる場合もあるでしょう。

そんなツイストパーマをかけた後は、自己判断でアフターケアをしたりせずに、美容師さんに相談してサロントリートメントなどで、しっかりとしたアフターケアを受けることをおすすめします。

髪の毛の長さ

先ほども、少し紹介しましたが、ツイストパーマをあてるときには、最低でも髪の長さが5cm程ないとあてることが難しいです。ですが、髪の長さが5㎝さえあれば、ショートヘアであってもツイストパーマをあてることはできます。

ではなぜ、髪の長さが5㎝ないとダメなのでしょうか。その理由としては、髪が短すぎる場合には、ねじりが足りないためツイスト感が出づらくなったり、パーマをあてるためにねじることが難しいためです。

また逆に、髪が長すぎる場合には、ツイストパーマをあてても髪の重さでパーマが伸びてしまい、せっかくツイストパーマで出たボリュームがダウンしてしまいます。

ですが、微妙なくせ毛や猫毛でコシの弱い髪質の方は、ボリュームアップがでる髪型になります。ですが、反対に毛量が多い人はボリュームが出すぎてしまいボンバーヘアになるので、ツイストパーマをあてるときには美容師に相談しながら決めてください。

メンズ・レディース別おすすめツイストパーマ

ツイストパーマは、男性が好んで当てる場が多いのですが、女性でもツイストパーマをあててる方がいます。そんな男女別では、おすすめのツイストパーマが違うのでしょうか。男女別でのおすすめのツイストパーマを紹介します。

メンズ

男性でツイストパーマをかける場合と、女性にツイストパーマをかける場合とでは、目的や印象が違います。そんな男性が、ツイストパーマの特徴を活かしたヘアスタイルをするのなら、ショートヘアであてることをおすすめします。髪の長さが、10cm以上で少しツンツンとした軽い感じで、ツイストパーマをあてることで爽やかな印象になるでしょう。

また、男性のツイストパーマは手でねじりを作るため、毛先ごとに動きが出やすくなります。そのため、男性の方のほうが活動的になり、動きのあるツイストパーマに仕上げやすくなるのが特徴です。

また、ツイストパーマをあてるときに、ねじりながら毛を立ててみたり、流れを作るなど髪型に躍動感を付けることもできるため、男性に人気のある髪型になっています。

また、ツイストパーマは髪色との組み合わせでも、イメージを大きく変えることができるので、ぜひ試してみてください。

レディース

最近では、女性でもツイストパーマをする方が増えています。そんな女性は、ミディアム~ロングの髪の長さであてる方が多かったのですが、おすすめしたいのは、ショートヘアにツイストパーマをあてることになります。そうすることで、女性でも「ボーイッシュ」でかっこいいイメージを作ることが可能です。

そんなツイストパーマはカールを緩やかにあてると、自然なカールが作れます。その自然なカールを、ショートヘアにあてるとボーイッシュなイメージからキュートなイメージに変えることができます。そんなツイストパーマは、髪型やカールの強弱によって、イメージが全く違うため、自身のなりたいイメージを美容師にしっかり伝えましょう。

また、ツイストパーマはセットが簡単にできるのが特徴です。そのため、朝など時間がなくセットが大変だと感じている方におすすめです。また、毛先に動きがでるため、見た目に華やかさがでます。

長さ別でのおすすめツイストパーマ

男女でもイメージが変わってくるツイストパーマですが、髪の毛の長さ別ではどう違ってくるのでしょうか。そんな髪の長さ別で、おすすめしたいツイストパーマを詳しく紹介します。

ベリーショート

ツイストパーマは、最低でも髪の長さが5㎝ぐらいないと、パーマをあてることが難しいです。そのため、ベリーショートの髪の長さの場合だと、長さによってパーマを巻くために必要な髪の長さが足りない場合があったり、巻いてもあまりツイスト感がでない場合があります。

また、パーマは髪にあてることで、髪の毛の長さはがパーマをあてる前よりも短くなります。そのため、スパイダルパーマなどのパーマをあてると、髪型のバランスを取ることが難しくなる場合が多いので、美容師さんから断られる場合もあります。

ですが、同じ短めな髪型であるツーブロックでもトップの髪の長さを5cm以上残したようなベリーショートであれば、ツイストパーマをかけることができ、ベリーショートでツイストパーマをあてた素敵な髪型を作ることができます。

ショート

ツイストパーマをあてる人の中で、1番多い髪の長さがショートヘアの長さになります。ショートヘアなら、パーマをあてる必要性がないとおもっている方も多いでしょう。ですが、同じショートヘアの髪型でも、パーマをあてると毛先に動きを与えられ、毛先に動きができると、同じ髪型でも全く違うイメージになります。

そんなパーマの中でも、特に毛先に動きを出すことができるのがツイストパーマです。そのため「暑い・面倒・うっとうしい」などの理由から、毎回同じような髪型を続けている方は、ぜひスパイラルパーマをあててイメージチェンジをしてみましょう。また、スパイダルパーマは、スタイリングが簡単なことも特徴になります。

またスパイダルパーマは、ウェーブを緩くゆるくすることで「柔らか」な印象になります。そのため、同じスパイダルパーマのショートスタイルでも、また違う雰囲気にすることも可能です。

ロング

ツイストパーマを、あてるのに1番適している髪の長さは、肩口程までの長さになります。それよりも髪の長さが長い場合には、せっかくツイストパーマをあてたとしても、髪の重みで、せっかくボリュームが出たトップがぺったんこになってしまう場合が多くなります。そのため、ロングヘアの人がツイストパーマをあてることはおすすめできません。

ですが、同じツイストパーマの中でも、ツイストパーマとスパイダルパーマを合せた「ツイストスパイダルパーマ」があります。このパーマの技法であれば、髪のトップがぺったんこにならずに、綺麗なボリュームの髪型を保つことが可能です。

また、髪の長さが肩口までの長さである、ミディアムヘアであれば、スパイダルパーマが綺麗にあてられるため、髪の長さを気にしないのであれば、このミディアムヘアの長さまでカットしてからスパイダルパーマあてることをおすすめします。

特徴別おすすめのツイストパーマ

ヘアの長さ別でのおすすめなツイストパーマを紹介しましたが、ツイストパーマには、いろいろな特徴に合せたパーマのあて方があります。そんなツイストのパーマの特徴をそれぞれ詳しく紹介します。

強め

ツイストパーマを強くあてると、ドレッドヘアに似たような見た目になり、「男らしいワイルド感」が強いイメージになります。そのため、同じように女性が強くあてた場合にも「ボーイッシュ」なイメージが強いです。

ただし、女性にはあまり関係ありませんが、スパイダルパーマを強くあてることで、ワイルド感がですぎてしまい、着ているファッションなどによっては、「怖い」イメージを与えてしまう場合もあります。

そんな強めのツイストパーマは、ショートヘアにあてるのがおすすめです。ショートヘアにあてることで、髪の毛をツンツンに立てることもできますし、ツーブロックスタイルにあてることで、同じワイルド感の中にも、スッキリとした爽やかな印象をあたえることもできます。

そんな、ショートヘアに強めのスパイダルパーマをあてたときの、セット仕方でおすすめしたいのは、七三やアシメ風になります。ぜひ試してみてください。

緩め

スパイダルパーマを緩くあてることで、ウェーブが緩くなり「無造作感」と「くせ毛感」がいいように混ざったようないい感じの髪型になります。そのため、同じスパイダルパーマでも、ナチュラル感が高いような仕上がりになります。

先ほど強めにあてたスパイダルパーマは、男性らしくワイルド感がでると紹介しましたが、スパイダルパーマを緩くあてると、強めにあてたときと逆に「優しい」印象をつくることが可能です。イメージで伝えるならば、「韓流アイドル」のような感じになり、おしゃれな感もでるため「いまどきな男性」になることができます。

そんな緩いスパイダルパーマあてたときのセット方法は、髪の全体を9割ほどを乾かした後に、ワックスを少しずつなじませながら髪全体にクセ毛感を作りましょう。ただし、前髪はベトッとした仕上がりにならないように、気をつけながらセットしていきます。

オールバック

若い男性に人気な髪型なのが、「ツーブロック」になります。そんなツーブロックをする男性の多くが、セットするときにオールバッグと組み合せることが多いです。そんなオールバックとツーブロックの組み合せに、ツイストパーマをあてると、オシャレ感が増すだけではありません。

スパイダルパーマの強さで、強くあてると「男らしいワイルド」なイメージになると紹介しましたが、ツーブロックとオールバックの組み合わせと一緒に合せることで、そこに爽やかなイメージをプラスすることができます。そのため、爽やかさがプラスされたヘアスタイルは、ビジネスシーンでも使える万能なヘアスタイルになります。

また、ツイストパーマを緩くあてることで、柔らかい雰囲気がでますが、そこにツーブロックとオールバックが合わさることで、逆にスパイスを与えられ、柔らかいだけではないイメージにすることが可能です。

刈り上げ

先ほども紹介しましたが、ツーブロックなどの両サイドを刈り上げることで、男性らいしいワイルドなイメージに爽やかな雰囲気を出すことがでます。

また、同じような髪型でも、スパイダルパーマの強さを変えるだけで、ルーズなメンズっぽさがでた個性的な髪型にすることもできます。そのため、個性的な髪型を楽しみたい方は、ツーブロックにツイストパーマをあててみてください。また、同じツーブロックに外国人風にスパイラルパーマをあてることで、エッジをきかせた髪型にすることもできます。

その他にも、同じ刈り上げの髪型でも、ソフトモヒカンをベースにすることもできまし、スパイダルパーマのウェーブの強さを数種類混ぜたり、他のパーマとスパイダルパーマを合せることで、全く違うイメージにすることが可能です。スパイダルパーマと、その他の技法など合せることで、たくさんのイメージの髪型を作ることができます。

ツイストパーマの金額

ツイストパーマは、普通のパーマよりもパーマの薬剤が強いや、施術が難しいなどの特徴があります。そうなると施術金額も変わります。ツイストパーマの値段は、施術する美容室によって違いますが、普通のパーマよりも2千円~3千円程高いです。

そんなツイストパーマの相場は、5千円~1万円くらいになりますが、施術金額が高い美容室があり、その場合だと1万5千円~2万円する場合もあります。また、美容室によっては髪の長さによって追加金額がかかる場合もあります。そのため、施術後にお金が足りないと焦らないように、施術前にいくらかかるか確認をしてから受けることをおすすめします。

ただし、スパイダルパーマが安いという理由で美容室を選ぶのはやめましょう。なぜなら、スパイダルパーマは他のパーマと比べ、髪や頭皮にかかる負担が大きなため、安い美容室であてた場合取り返しがつかなくなる場合があるからです。

ツイストパーマの手入れ方法

せっかくツイストパーマをあてたなら、できるだけその「ウェーブ」を持続させたいと考えるのが普通です。そんなツイストパーマのウェーブを、長持ちさせるための方法があります。そんなツイストパーマのウェーブを持続させるためには、「シャンプー」「ドライヤー」「ブラッシ」の3つのポイントがあります。その、ポイントである3つを詳しく紹介していきます。

シャンプー

まず、ツイストパーマのウェーブを持続させたい場合には、ツイストパーマをあてた当日は、「シャンプー」はしてはいけません。パーマをあてた当日にシャンプーをすると、せっかく付けたパーマ液が流れてしまうからです。パーマ液が取れると、せっかくあてたパーマのウェーブが取れやすくなる原因になります。

パーマをあてた翌日からは、シャンプーをしてもいいですが、普段のようにゴシゴシと洗うのはやめましょう。ツイストパーマをあてた後の洗い方は、毛穴を丁寧に優しく、揉み込むような洗い方で洗いましょう。この、正しいシャンプーの方法を実践をすることで、パーマ液が取れにくくなり綺麗なウェーブの形を保つことができます。

温度調節

ツイストパーマをあてた髪は、熱などの温度差の刺激によって、髪の毛が傷んだり、その熱直接髪にがかかることで、ウェーブが取れやすくなります。

普段の生活している中で、強い温度差がかかるのは洗髪後の「ドライヤー」です。髪を傷めたり、熱を長時間当てないようにするためには、ドライヤーをあてる時間を短くしたり、ドライヤーのあて方など大切なポイントがあります。

まず、ドライヤーの時間を短くするためには、タオルで水分を吸い取る「タオルドライ」をしっかりおこないましょう。タオルドライをすることで、ムダな水分がないため早く乾きドライヤーの時間を短くできます。

次に大切なポイントは、ドライヤーのあて方です。ドライヤーの温風を髪にあてすぎると、傷むだけではなく、ドライヤーの熱でウェーブが取れる原因になります。そのため、ドライヤーをあてるときには、「温風」と「冷風」を交互にあてながら髪を乾かしましょう。

ブラッシング

誰しも、1日1回はブラッシングをするでしょう。ですが、そのブラッシングも、髪の毛が濡れた状態で梳かしてしまうと、髪にとっては強い刺激になってしまいます。

そのため、ツイストパーマをあてているときに、そのブラッシング時に強い刺激をあたえてしまうと、せっかくのウェーブが取れる原因になることがあります。そのため、ブラッシングするときは、髪が乾いていることが絶対条件です。また、ブラッシングをするときは、優しく梳かしていくこともブラッシングの条件になります。

ツイストパーマのセット方法

ツイストパーマは、スタイリングがしやすいのが特徴になります。そんなツイストパーマにも、セットのポイントがあるので紹介します。

まず1つめポイントは、髪はセットする前に濡らしましょう。パーマは水分を含むと本来のカールがでます。そのため、パーマをスタイリングするときは、初めに髪を濡らしてから90%ぐらい乾かしてからスタイリングを始めましょう。

次のポイントは、髪を乾かした後にワックスを付けていきます。そのときのワックスの付け方は、髪に揉み込むようにつけるのがポイントです。髪にワックスを揉み込むことで、パーマ独特のクシャクシャ感をだすことができます。

最後のポイントは、髪が崩れることが気になる場合は、髪の毛にワックスを付けた後に、ヘアスプレーをかけましょう。また、コシのない猫毛などの髪質の方は、髪を持ち上げて根元にスプレーをかけることで、髪のボリュームが保ちやすくなります。

ヘアアイロンを使ったツイストパーマの巻き方

ツイストとは、日本語で訳すと「ねじる」と言う意味になります。そのため、ツイストパーマとは、「ねじれたパーマ」のことになります。そのスパイダルパーマは、自分で作ることができるのでしょうか。もちろん、ヘアアイロンを使うことで、自分でも綺麗なツイストパーマのヘアスタイルを作ることができます。

また、ツイストパーマをあてると、髪の毛を傷めるだけではなく、髪が傷むために簡単に元の髪型に戻すことはできません。そのため、ツイストパーマを作るのは、少し難しいヘアスタイルになりますが、練習を積むことでコツをつかむことができ、上手にセットできるようになるので頑張ってみてください。

また、自分で作るツイストパーマのウェーブは、毛束をヘアアイロンで巻いてウェーブを作りますが、このときに巻く毛束の量によってイメージが全く違うので、いろいろ試してみてください。そんな、スパイダルパーマの巻き方を詳しく紹介します。

ツイスト風パーマの巻き方

1:まず、ドライヤーを根元にあてて、髪の毛にボリュームをだします。

2:毛束を細くし、ヘアアイロンを平行にして「ひねり」っていきます。このときにヘアアイロンを最後までとおすことが大切です。ひねるときも、例えるならアイロンを右にとおすのなら、毛束は左に向くようにします。この、アイロンを巻く作業を繰り返していきます。

3:前髪の部分は、「左目尻、左目頭、真ん中、右目頭、右目尻」の5つのブロックに分けて、ねじっていきます。前髪にアイロンをかけると、スカスカの状態になりますが、そのままで大丈夫です。

4:そのまま、ワックスはつけられないので、全体を手で満遍なくほぐしてからワックスをつけましょう。

5:最後に束感をだしてあげて完成。前髪は、毛先を中心にワックスを付けてあげるといい感じに仕上げることができます。

自分だけのスパイダルパーマ

男性に、好む方が多いツイストパーマですが、女性にもツイストパーマをあてている方は多くいます。そんなツイストパーマは、ウェーブのの強さや、パーマをあてる前の髪型などによって、イメージが全く違うのがツイストパーマの特徴になります。

そのため、同じツイストパーマをあてていても「男らしいワイルドなイメージ」と「柔らかく優しげなイメージ」という真逆のイメージの両方を作ることができます。そんなたくさんのイメージをもっているツイストパーマを、いろいろ試して自分だけの特別なツイストパーマを探してみましょう。

関連記事

Related