Search

検索したいワードを入力してください

「コミュニケーション能力」を自己PRする例文・言い換え

Author nopic iconサン
カテゴリ:履歴書

初回公開日:2017年12月15日

更新日:2020年03月11日

記載されている内容は2017年12月15日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「コミュニケーション能力」を自己PRする例文・言い換え

転職面接で「コミュニケーション能力」を自己PRする例文

転職で自己PRは欠かせないものですが、コミュニケーション能力は大事になります。転職で、コミュニケーション能力を自己PRで伝えるにはどんな文章でしょうか。「自分は前職で接客業をしていたので、相手の考えていることをすぐに察することが得意です。相手が説明不足や話すのが苦手な方でも、すぐに相手の気持ちがわかるということです」などの例があります。

この特技は営業関係の仕事は有利な特技になり、コミュニケーション能力が十分に伝わります。また自己PRをするときに、コミュニケーション能力とそのまま書かないようにしましょう。なので転職面接の自己PRには、コミュニケーション能力を細かくしっかり伝えましょう。

自己PRのコミュニケーション能力の言い換え

企業がコミュニケーション能力を必要としている理由は、パフォーマンスが多い人材と考えているからです。一日中座りっぱなしのデスクワークは、あまりコミュニケーション能力は必要ありません。しかし、コミュニケーション能力がないと仕事をこなすのが少なくなります。社会の好感度が高いので、自己PRでのコミュニケーション能力はとても大事です。

抽象的な自己PRはあまりにも簡単すぎます。単に「コミュニケーション能力が高いので人見知りしません」は、面接官側にも伝わりにくい表現になっていると言えるでしょう。それほど自己PRは大事なポイントになっています。自己PRの時は、細かく相手に伝わるように話し面接に挑みましょう。

協調性

自己PRのときにコミュニケーション能力で「協調性」という言葉はありますが、そもその協調性はコミュニケーション能力の種類なのでしょうか。協調性は、環境が違う複数の人が同じ目標を達成する資質の意味です。同じ目的を協調して、一緒に協力できるという意味になっています。なのでコミュニケーション能力の種類です。

面接でのコミュニケーション能力は、協調性は自己PRにかなり有利になります。理由は、大人数の時に協調性は必要になります。なので、「コミュニケーション能力は相手の話を聞いたりすることに対して自分の意見も話すことができます」など協調性を直接話さずに、自己PRでコミュニケーション能力を説明しましょう。

自己PRとコミュニケーション能力の書き方

履歴書の自己PRで、コミュニケーション能力を伝えるにはどう伝えればいいのでしょうか。「自分は前職で受付の仕事をしていたので、コミュニケーション能力で大切な相手の要望に対する答えを、分かりやすく伝えることができます。」や「自分は相手と意見を言い合うときに、相手とコミュニケーション能力を発揮できます。」などがおすすめになります。

あとは、「韓国に留学していたので自分と違う環境に耐えられますし、コミュニケーションの力を発揮することができます。また、環境の違いがあり意見が対立することがありますが、自分の意見と相手側の意見を一緒に組み合わせたり、協力して任務を果たすことができます。」などが良いです。

職務経歴書の自己PR

職務経歴書でコミュニケーション能力などの自己PRは、他の応募者よりどんなことが優れているかが大事になります。他の人たちよりコミュニケーション能力はあるが、どんなところが他の人たちよりあるかが大事です。自己PRでより細かく簡単にコミュニケーション能力を伝えられるようにしましょう。自己PRでよくあるのは、あることを全部書いてしまうことになります。

自己PRは「結論」「経験」「熱意」の順に、並べて書いたら、相手にもわかりやすく伝わります。「自分は銀行員を務めて受付を担当していました。なので会話するときの知識のコミュニケーションを学びました。これからも経験した知識での会話を使用したいです」などです。

エントリーシートでの書き方

エントリーシートは自分の性格も含めて、自己PRとして自分の強みを書くのをおすすめします。「自分は新しい環境にもすぐなじめる性格です。父の仕事で外国にも転勤していました。そんな環境でしたので、すぐに友人ができるようにコミュニケーション能力を高める努力をしました。日本とはあまり交流がない国のときは、自ら重役に立候補しました」などです。

「人見知りな性格でしたが、学生の時に生徒会などのコミュニケーション能力を作る努力をしました。大学などでもサークルを作ったりなどもして、リーダーとして部員にコミュニケーション能力を発揮しました。入社したら、コミュニケーション能力を発揮して会社の役に立ちたいです」

職業別例文

学生の時にアルバイトをする学生は多いです。ですが就職活動の時に、自己PRでコミュニケーション能力の説明をするのに悩みます。企業はアルバイト経験に興味がありません。アルバイトをしていて、会社を知り働きたいと考えたときは違います。「自分は学生の時に郵便の仕分けのバイトをしていて、郵便局の方の仕事に興味を持ちました。」ならば分かるでしょう。

しかし、バイト関係ではなかった場合は、「自分は学生の時に郵便の仕分けのバイトをしていました。その経験を活かして書類関係の仕事を頼まれたときは、素早く書類を分けれたりできます。先輩方の負担をできる限り減らせることに貢献します。」と自己PRで書くことをおすすめします。

公務員の場合は?

公務員の場合は、自己PRのコミュニケーション能力はどう書いたらいいのでしょうか。「自分は元々公務員志望でしたが、家庭の都合で実家を手伝わなくなりました。実家は農業だったので公務員の方に助けられています。自分もまた公務員になりたい気持ちがありました。農業も余裕が出たので、公務員として働きながら農家の方とコミュニケーションしたいです。」などです。

他にも「大学ではボランティアの部長をしていて、部員を固めていました。また、他の大学との交流でコミュニケーションを自分からとっていました。そこで公務員の仕事を聞いて、公務員として地域のボランティアをしながら、貢献したいです」などと書くのがおすすめです。

学年別コミュニケーション能力を紹介したい