Search

検索したいワードを入力してください

結婚パーティーの服装とマナー|男/女/冬/40代/カジュアル

Author nopic iconふくぷく29
カテゴリ:フォーマル

初回公開日:2018年01月23日

更新日:2020年07月29日

記載されている内容は2018年01月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

結婚パーティーの服装とマナー|男/女/冬/40代/カジュアル

結婚パーティーとは?

近年では若者を中心に「結婚パーティー」形式の結婚披露が人気になっています。結婚パーティーとは、結婚式の披露宴のように堅苦しくなく、二次会ほどカジュアルでもないパーティー形式のもので1.5次会とも呼ばれています。

従来の結婚披露宴のようにご祝儀制ではなく会費制にしたり、食事も着席だけではなく立食スタイルにできたりとオリジナリティ溢れた結婚式を行うことができます。また、場所もレストランで行うのが人気で結婚披露宴よりもパーティー感覚で行うことができる点でも人気になっているウエディングスタイルです。

結婚パーティーに着ていく服装とマナー

結婚パーティーに出席する際に考えるのが服装です。結婚披露宴ならフォーマルな服装が必須ですが、結婚パーティーの場合はどのような服装がマナー違反にならないのでしょうか。ここでは、結婚パーティーでマナー違反にならない男女別の服装を紹介します。

男性

男性の結婚パーティーでの服装は、結婚式や披露宴と同じようにフォーマルスーツが無難です。服装は、結婚パーティーが開かれる場所によっても違ってきますが、ホテルで行われる場合はフォーマルスーツがおすすめです。レストランやカフェなどアットホームな感じで行われる場合は、スーツもしくはジャケットでも構いません。

女性

女性の結婚パーティーでの服装は、結婚式や披露宴ほどフォーマルな服装の必要はありませんが、ドレスやワンピースがおすすめです。行われる場所がホテルの場合や出席者に仕事関係の人がいる場合は、できるだけフォーマルな服装が良いでしょう。

【結婚パーティー】画像で見る季節別の服装

結婚は季節に関係ありません。そのため、結婚パーティーに着ていく服装も季節によって違ってきます。ここでは、季節別におすすめの結婚パーティーの服装をご紹介します。

3月・4月・5月の春に結婚式を行うカップルは多いです。春に行われる結婚パーティーに出席する場合におすすめの服装は、明るい色のワンピースやドレスです。

春をイメージしてピンクや最近人気のグリーン、そして年代を選べずに好まれるベージュがおすすめの色になります。シルエットがふわりとした素材のシフォンドレスやワンピースが人気になっています。

夏におすすめの結婚パーティーの服装は、見た目が爽やかな色のワンピースやドレスです。暑い時期なので、少しでも涼しい印象を与えられる寒色系がおすすめの色になります。

夏場はどうしても露出が多くなってしまいますが、肩が見えてしまうのは結婚パーティーにはあまり相応しくありません。ノースリーブのワンピースやドレスで出席する場合は、薄手のボレロやストールを羽織るようにしましょう。

秋に結婚パーティーに出席する場合におすすめの服装は、ネイビーやパープルのワンピースやドレスです。

ネイビーのワンピースは、秋には定番の色とも言えますが、誰でも似合う色なのでおすすめです。小物に黒やゴールドを入れるとより秋らしいコーディネイトになります。

冬場におすすめの結婚パーティーの服装は、ベロアやジャガードといった少ししっかりした生地がおすすめです。ワンピースの色も黒が定番になっていますが、暖かみのあるオレンジやワインレッドなどの暖色系の色のワンピースやドレスを着ると華やかになります。

年齢別での相応しい結婚パーティーでの服装

20代後半を過ぎると結婚パーティーに呼ばれる機会も多くなります。その時に注意しなければいけないのが、着ていく服装です。

結婚パーティーには、色んな年代の人が出席しています。そして、年齢によってきている服装にも違いがあります。特に女性は、服装の種類や色も男性よりも種類が多いため、どんな服装が好ましいのか悩んでしまいます。

ここでは、年齢別に結婚パーティーに相応しい服装をご紹介します。

20代

20代におすすめなのは、サーモンピンクなどの優しい色合いのピンク系のワンピースがおすすめです。色をネイビーや黒にするならフレアタイプのドレスやワンピースにすると大人っぽさと可愛さがミックスされます。

30代

30代になると結婚式や結婚パーティーに出席する回数も増えてきます。友人の結婚式に会社関係の結婚式も増えてくるので、洋服も1着ではなく買い足す人も多いです。

20代のようにデザインが可愛い物より、30代になるとデザインよりも質の良いドレスを選ぶようになります。30代の結婚パーティーでの服装の人気色は、落ち着いた黒やネイビーです。上質な素材で上品なデザインがおすすめです。

40代

40代になると可愛らしさを演出するのではなく上品な落ち着きのある地味になりすぎないワンピースがおすすめです。色はベージュや黒を主にすると着回しもでき、落ち着いた上品な印象も与えられます。

【結婚パーティー】おすすめのカジュアルな服装

結婚式の披露宴に出席するとなると、一番に考えるのが服装です。披露宴ならフォーマルの服装で出席するのは当然わかるのですが、結婚パーティーとなると考えてしまいます。その理由には、結婚パーティーにも種類があり行う場所によって服装も変わってくるからです。

格式のあるホテルや高級なレストランでは、服装もフォーマルが相応しいですが、一般的なレストランやカフェを貸し切って行う場合は、服装があまりフォーマル過ぎると浮いてしまう可能性があります。

ここでは、一般的なレストランで開かれる結婚パーティーで相応しい服装をご紹介します。

平服とは?

結婚式や結婚パーティーの招待状に「平服でお越しください」と記載している場合があります。「平服?」と考えてしまう人は多いです。そして、平服というと普段着と考えてしまいます。しかし、ここで記載されている「平服でお越しください」は普段着のことは指しません。平服とは、フォーマルドレスやカクテルドレスなど堅苦しい服装ではなく、上品なコーディネートの服装のことを指します。

平服でお越しくださいと記載されている場合は、派手なカクテルドレスやイブニングドレスは相応しくありません。そして、カジュアル過ぎるジーンズやチノパン・短パン・丈が過度に短いスカート・スニーカー・カラータイツなどは相応しくないので注意するようにしましょう。

おすすめのカジュアルな服装

カジュアルなスタイルで出席できる結婚パーティーでのおすすめの服装は、ブラックやネイビーなどのワンピースかパンツスタイルです。最近の流行りとしてトレンド感のあるパンツドレスが人気です。特にオールインワンのパンツドレスは、レースやデザインがお洒落な物が多く、1着持っておくと役立つ1着になります。

結婚パーティーの服装は開催される場所で決めよう!

年々増えてきている結婚の披露の形が、結婚パーティーです。結婚式での披露宴では、親族や会社関係の人が多いので、出席するゲストの服装はどうしてもフォーマルになってしまいます。そして、二次会の場合は披露宴に出席できなかった友人や親しい友人を迎えて開かれるので2次会の服装はカジュアルになります。しかし、結婚パーティーは、披露宴と2次会の中間なので服装に迷ってしまうゲストも多いです。

服装は開催場所を知ってから決めよう

結婚パーティーの服装は、開催される場所で決めるようにすると迷う心配も少なくなります。格式のあるホテルやレストランの場合は、結婚式の披露宴とおなじようにフォーマルの服装が相応しいです。

そして、レストランやカフェのようなカジュアルな場所では、フォーマルな服装でなくてもOKですが、カジュアル過ぎないようにするのがポイントです。カジュアルな場所でも出席する人に親族や会社関係の人がいる場合は、フォーマルに近い服装がおすすめですし、友人のみの場合ならカジュアルなスタイルでOKです。

女性ならワンピースに小物でお洒落感をプラスし、男性ならスーツにカラーシャツやカフスボタンなどでお洒落するとカジュアルの中にもお洒落感がでて、素敵な印象を与えることができます。

\新郎新婦の服装が知りたい方はこちらから/