Search

検索したいワードを入力してください

【用途別】IHの電気代・一人暮らし・1時間の電気代|コンロ

Small f244bd48 fb9b 49dd a396 304abf96a742sukesan
公共料金 / 2018年03月16日
【用途別】IHの電気代・一人暮らし・1時間の電気代|コンロ

用途別IHの電気代って?

【用途別】IHの電気代・一人暮らし・1時間の電気代|コンロ

最近はマンションやアパートでも「オール電化」という物件も増えており、調理器具もIHを使用したものが主流となりつつあります。クッキングヒーターを最初から装備したキッチンや湯沸かしでもIHが使用されています。非常に便利で安全なIHですが、それに伴い電気代の問題も大きく、使い方にとっては大きな出費となってしまいます。

そこで今回は各IH調理器具によってのお得な使用方法や、実際にかかる電気代、またおススメの料理も紹介いたします。特に一人暮らしの方にお得な情報をまとめてみましたので参考にしてください。

IHクッキングヒーターの電気代

【用途別】IHの電気代・一人暮らし・1時間の電気代|コンロ

火を使わず、安全簡単に調理ができるとあって最近人気のクッキングヒーターですが、今は備え付けのものから持ち運びができるようなものまで色々なタイプが発売されています。またそれに比例するようにHIクッキングヒーターに対応した鍋やプライパンも多く、ガスを一切使用しないという家庭も増えています。

このように非常に便利なクッキングヒーターですが、やはり気になるのが「電気代」です。使い方によってはガスの料金を大きく上回ってしまい、生活を圧迫しかねません。そこで今回は平均的なIHの電気代やかしこい仕様方法、さらに簡単にできる電気代をい意識したHIヒーター料理メニューを紹介いたします。

IHコンロ

現在はHIを使った器具が非常に多く発売されていますが、このHIコンロというジャンルの商品は家族団欒での使用やちょっとしたパーティーにも最適といえます。その中でも今人気なのが焼き鳥やバーベキュー(室内)ができるという商品です。火を使用しないため安全というメリット、そして商品によっては余分な脂が下に落ちる仕様になっており非常にヘルシーです。しかし電気代には注意が必要です。

IH調理器

一口にIH調理器といってもその言葉の示すのはIHを使用したすべての商品を指しますが、ここではIHに対応の比較的持ち運びも可能なIH調理器の紹介をいたします。最近多く普及してきたIH関連商品ですが、まだまだガスを使った調理器が備え付けられている家も多くあります。そこでそういった家庭向けに特に工事もいらない、コンセントがあれば持ち運びも可能なIH調理器が発売されています。

パワーや大きさにそれぞれ差がありますが、基本的には卓上においてみんなで囲めるようなものが主流となっています。また値段の幅も広く、3000円台からありますので非常に使いやすくお求めやすいのが特長です。また節電機能の付いた電気代に嬉しいものもあります。

IH炊飯器

最近の炊飯器にはこのHIの技術がほとんどの商品で使われています。かつての方式である電熱線での温め方式と違い、IHの意味する「誘導加熱」という方式で実に多くの温度や加熱のタイミングをお米に与えることができます。また最近はお釜にもこだわった商品が多く、炭を含んだもの、プラチナを含んだものも発売され非常に本格的なご飯を家庭で楽しめるようになりました。

卓上IH製品

火を使わず安全、そしてお手軽に持ち運べるという利点もあるIH系の調理器具は、家族でのちょっとした団欒や一人暮らしにも最適です。日本の家庭事情を考えますと、決して大きなテーブルを使っている家庭がすべてではなく、その限られたスペースにお皿やコップを数人分ならべると、もうテーブルの上のスペースはなくなってしまいます。

そういった場合、鍋やフライパンを置くスペースはありませんのでキッチンで調理し運んでくることになります。しかし最近の小型のIH卓上の調理器を使うことによって、テーブルの上で熱々の料理をいただくことができるようになりました。

また卓上のIH調理器には目の前で食品を焼いたり煮たりすることのできる、お店にきたような醍醐味を味わうこともできる楽しさもあります。しかし電気代に対しては常に気を払うようにしましょう。

キッチンのIH製品

卓上のコンパクトなIH製品と違い、比較的スペースに余裕のあるキッチンにはガスコンロの代わりに大型のIH製品を置くことが多くなっています。また最近は「オール電化」という、家の高熱においてガスを一切使わないという家やマンションも増えています。電気代もその分高くなりますが、ガス代の基本使用料の存在を計算するとお得だという考えもあります。

キッチンに置くことができるIH製品にはそれまでのガスコンロのように、3口という多くの誘導加熱部分を備えているものもあり、電気代は気になりますが非常に安全で便利に使うことができます。また通常の場合、IH調理器というのはフラットな盤面になっているため、凹凸の多いガスコンロと違って掃除がしやすいのも好まれる条件の一つです。

IHで湯沸かし

【用途別】IHの電気代・一人暮らし・1時間の電気代|コンロ

お湯を沸かす場合、現在では大きくわけて3つの方法ですることができます。

まずは昔ながらの「ガスとヤカン」で沸かす方法です。非常にシンプルな方法ですが、デメリットとしては「から沸かし」という安全面で不安もあり、実際この「から沸かし」で火事になるという例も多く報告されています。

次にメジャーなのは電気ケトルで沸かす方法で、電気代も比較的安価ですので現時点でほとんどの家庭がこの方式を使っています。

そして最近流行ってきているのがIHクッキングヒーターでお湯を沸かすという方法です。準備するのはIHクッキングヒーターとIH製品に対応しているケトル(ヤカン)や鍋です。驚くべきことに、HIクッキングヒーターでお湯を沸かすと、電気ケトルの約半分の時間で沸かすことができます。

また最近はお湯が沸くと電気代に嬉しい自動的にスイッチが止まるものもあり非常に便利です。

オススメの簡単安い・美味しい・IH料理

【用途別】IHの電気代・一人暮らし・1時間の電気代|コンロ

非常に簡単に、安全に調理ができるIH製品ですが、一人暮らしの場合何を作っていいのか悩んでしまう場合もあります。そこでここでは一人暮らしの方向けに簡単美味しい、しかも安い食材の値段でできるIH料理をご紹介いたします。

まず用意するのは「鳥の手羽先」です。大きさに差がありますが、比較的小さなものを選ぶようにしましょう。手羽先はお店によって非常に安く、20本で400円程度で購入できる場合もあります。そして、次に用意するのは「コーラ」です。飲み物のコーラを1、5リットル用意しましょう。次に「生姜」をひとかけら。

これらをすべてIHに対応した鍋に入れ、弱火で煮ます。コーラをあえて蒸発させるため、蓋はしないようにします。1時間程度煮たら、スプーン2杯程度の醤油と砂糖を少々くわえます。次第にコーラーの黒い「アク」がでてきますのでそれを丁寧にすくいます。そしてさらに1時間程度込めば完成です。

一人暮らしのIHの電気代

【用途別】IHの電気代・一人暮らし・1時間の電気代|コンロ

調理にもちょっとした湯沸かしにも、そして安全面、掃除にも非常に便利なIH系の調理器具ですが、やはり気になるのは「電気代」です。IHを使う際、電気代を計算して仕様することは非常に大事で、ある大学生の方は便利だからという理由ですべてをIH製品で行い、その月の電気代が30000円を超える請求があり結局ガスに戻したという例もあります。

製品によっても違い、火力(設定温度)によっても差はでてきますが、IH製品の電気代は基本的にはガスより高くなります。簡単な計算になりますが、同じ料理を作る場合、ガスの利用とIH製品の電気代とを比較すると、約15パーセントほどIH製品での調理は割高となります。

また使用頻度などにもよりますが、オール電化で通常の一人暮らしの場合の電気代は約7000円前後となっています。この電気代が安いのか高いのかを以下で解説いたします。

一見高いように見えますが…?

【用途別】IHの電気代・一人暮らし・1時間の電気代|コンロ

一人暮らしを想定した場合、IH製品を含めた一人暮らしの電気代は約7000円(お風呂を沸かす値段なども含む)と高く思えますが、ガス代がゼロだと考えると実はさほど高いとはいいきれません。例えば、ガスと電気を併用するという普通のスタイルの場合、電気代の平均が5000円として、ガス代も5000円程度。すると合計では10000円となります。

つまりは使い方によってはオール電化のほうが特な場合があります。そのカラクリの大きなポイントとしては、「ガス代の基本料」がその要因です。

ガス代の基本料というのはガス会社いにょって差がありますが、月におよそ2000円であり、これはガスを一切使わなくても発生する料金です。この基本料がかからない分、この範囲内であればIHを使ったオール電化の電気代オンリーのほうがお得だといえます。

IHの一時間の電気代

【用途別】IHの電気代・一人暮らし・1時間の電気代|コンロ

便利ですが電気代が気になってしまうIH製品の使用ですが、実際にどれくらいの電気代がかかるのかをご紹介いたします。これは使用するIH製品のしようワット数や、同時にいくつのIH製品を使用するのかにもよりますが、例として一台の卓上IHクッキングヒーター、一台を1時間使用するとして計算します。

すると、通常使用する設定の多い、約500wの出力で1時間付けっ放しにしたとして、約14円という電気代になります。例えば、カセット式の簡易型のガスコンロを使用すると、カセット式のガス缶は一本の価格が約130円(メーカーやお店によります)、1時間でなくなると計算するとIH製品での調理は非常にお得だとも言えます。

IH製品と上手く付き合うには?

【用途別】IHの電気代・一人暮らし・1時間の電気代|コンロ

現在は非常に手頃な価格で手に入るようになり、使用方法も簡単で掃除も便利なIH系の調理器具ですが、使い方によっては高い電気代に悩まされることにもなります。IH製品と上手に付き合うには、まず今の自分にとって本当に必要なものなのか、そしてどんな機能がついているのか、節電などの機能は付いているのか、としっかりと計算してから購入することです。

一人暮らしでも一般家庭にもよくあるパターンなのが、IH製品の存在を知って便利だと考えて購入したまでは良いのですが、数回使用して使わなくなってしまい、キッチンの下の棚や押入れのなかに眠りっぱなしというパターンです。

また電気代に対しても十分な注意が必要で、現時点の電気プランの確認、ガスの契約の確認も必要だと言えます。さらにご自身がIH対応のプライパンや鍋を持っているかも確認しましょう。非常に便利な調理器具ですが、デメリットも存在することも知っておきましょう。

関連記事

Related