Search

検索したいワードを入力してください

【家庭別】オール電化の電気代の平均・時間帯別の電気代|冬

Author nopic iconかの
家事 / 2018年01月20日
Acfd1190 5349 4724 82d2 2546e4b25bfd

オール電化の電気代の平均

オール電化とは、ガスや灯油代といった住宅のすべての設備を電気によって賄う住宅のことを言います。そのため火事になる心配が少なく、光熱費も安いということでオール電化住宅も人気が高まっています。維持費も安いことから、年々オール電化住宅の普及率が高くなってきていますが、実際には電気代といった光熱費はどの程度かかるものなのでしょうか。

オール電化とは

オール電化とは、おふろやシャワー、洗面台、キッチンでの給湯や冷暖房のすべてを電力により賄う住宅のことを言います。もともとは都市ガスやプロパンガスが併用されていましたが、最近では光熱費のすべてを延期により賄う住宅がほとんどです。すべての光熱費を電気により賄う住宅のことをオール電化住宅、または全電化住宅と言います。

光熱費のすべてを延期により賄うか、それとも都市ガスやプロパンガスも併用させるかどうかはお好みによってえらぶことが可能です。それではオール電化住宅にした場合、電気代はどの程度になるのでしょうか、電気代の節約方法についてもご説明しましょう。

オール電化の年間の電気代は

東日本大震災の後は電気代が値上げになったため、オール電化住宅の電気量の平均は年間19万円程度になっていました。

この時のひと月当たりの平均は約1万6千円程度です。東日本大震災後も中国電力や北陸電力は、電気料金の値上げがなかったため、中国電力や北陸電力の電気代を基準にしてオール電化住宅の電気代の平均を考えていきます。

その場合の電気代は、1年間にしておよそ13万5千円、ひと月当たりに換算すると11万円程度になっています。

オール電化住宅は、ガス台や灯油代といった光熱費がかかることがないため、19万円程度に抑えることが可能です。これが一般残家庭の場合には、電気代のほかにガスや灯油代を合わせておよそ23万円程度になります。

オール電化にするにあたって必要なもの

オール電化住宅にされる場合には、キッチンやお風呂、空調といったものが、今までのものをそのまま使用できなくなる場合があります。

それではオール電化住宅にするにあたっては、どういったものが必要になるのでしょうか。オール電化住宅に必要なアイテムについてご紹介しましょう。

IHクッキングヒーター

IHクッキングヒーターは、オール電化住宅にする場合にガスコンロの代わりとして用いる物です。火を使わずにすむため安全性が高く、鍋やフライパンといったものを直接加熱することで調理する仕組みになっています。

IHクッキングヒーターは、板のような形状をしているため、お掃除は拭くだけで簡単にすませられ、お掃除をするにも時間をかける必要がありません。

ただしIHクッキングヒーターは、それに対応する鍋やフライパンを用いる必要がありますので、ご自宅に導入される場合には注意が必要です。

エコキュートとは

エコキュートとは、オール電化に用いられる給湯器のことになります。この給湯器は、「電気温水器」と「エコキュート」の2種類がありますが、どちらの給湯器も動かすための動力源は電気にになります。

エコキュートは、空気の熱でお湯を沸かす電気給湯器のことをいいます。室外に設置されたファンが外気の熱を吸収して、その熱を利用し水を温めます。

また電気だけではなく、外の温度を利用してお湯を沸かすため、電気代を節約可能になるといったメリットもあります。

エコキュートのメリットとデメリット

エコキュートを導入するにあたって気を付けたいことは、エコキュートは電気温水器に比べて本体価格が高額になるということと、構造が複雑なため、不具合が発生した場合には修理費用は高くつくというデメリットもあることを覚えておく必要があります。

そのため、初期費用や維持費を抑えたいのであれば、電気温水器を購入することをおすすめします。

電気温水器は月々3千円程度の電気代がかかりますが、エコキュートの場合は月々の電気代が千円程度と約1/3程度に抑えることが可能になりますので、長い目で見ればエコキュートの方が電気代を節約できます。

また、エコキュートを長くご使用になるというのであれば、すぐに本体価格の元をとることが可能です。

床暖房と蓄熱暖房機

オール電化住宅はガス管を必要としないため、石油やガスを用いた暖房器具は使用できません。そのためオール電化住宅での暖房器具には、床暖房やエアコン、電気ストーブを用いることになります。

オール電化での暖房機には床暖房と蓄熱暖房機がありますが、床暖房はエコキュートと同じくヒートポンプを利用した物です。

ヒートポンプとは

ヒートポンプは空気中の熱を利用する物です。暖房器具としては風を送る必要がないため、空気を乾燥させずにすむということと、火を使わないので高齢の方やお子さんがいらっしゃる方にはおすすめの暖房器具と言えるでしょう。

また蓄熱暖房機は、深夜に発熱した熱を貯めておき、使用するときにその熱を放出してお部屋の中を温める暖房器具になりますので、ガスを用いた暖房機に比べ、においが気にならず、燃料が無くなった際に補給するといった手間もかかりません。

ただし、これらの暖房器具を用いる場合には設置する場所が必要になります。そのほか、設定が複雑なため、使用には注意が必要でしょう。

オール電化にするメリット

何事においてもメリットだけが存在するわけではありません。オール電化にする場合にもメリットとデメリットが存在します。

オール電化にするメリットは、すべての光熱費を電気でまかなうため、光熱費や電気代の計算がしやすいということです。

またオール電化ではガス漏れの心配がなく、火事になる危険性が低いということもあります。ガスを利用しての調理には、火力が高いため部屋中が暑くなってしまう場合がありますが、オール電化の場合には、その心配がありません。

IHクッキングヒーターには、空気を汚す心配がなく、レンジの周りもガスに比べ、汚れる心配がありませんので、お掃除に手間がかからないというメリットがあります。

そのほかオール電化にするメリットには、深夜に電化製品を利用するということが多い方の場合には、電気代を抑えることが可能です。

火を使わないことによる安全性

オール電化にした場合、まずメリットの一つとして挙げられることが、火を使わないため、ガス爆発や火事のリスクが低くなるということです。

また、火の消し忘れの心配がないため、火事になるリスクを低く抑えられます。特に昼間に高齢者の方やおこさんしかしかいらっしゃらないお宅の場合には、特にオール電化がおすすめでしょう。

最近ではバリアフリーに配慮したオール電化住宅もありますので、こういった設備も併せて利用されると良いでしょう。

オール電化にするとキッチン周りが汚れない

IHクッキングヒーターはガスを利用したガスコンロと違い、板のように平らな形状をしているため、お手入れも簡単です。

IHクッキングヒーターのお手入れには、アルコールや洗剤を含ませた布巾で拭くだけで、簡単に掃除が可能です。そのためキッチン周りを常に清潔に保つことができます。

環境にも配慮したオール電化住宅

オール電化住宅はガスといった火力を必要としないため二酸化炭素を排出しません。二酸化炭素を出さないということで部屋の空気を汚さずにすみ、環境にも配慮されています。火を用いないのでキッチンの壁が汚れる心配がなく、お掃除が楽にすむというメリットがあります。

オール電化にするデメリット

オール電化にすることのデメリットは、電気を使った調理器具は、ガスを用いたものよりも火力が低いため、調理する際に火力が物足りなく感じる方も多くいらっしゃいます。

そのほか、ペースメーカーを使用している方はオール電化を利用することができない場合もあります。

また電気を使っての調理器具は、使用する鍋やフライパンを、それ専用のものに買い替える必要があります。

初期費用が高くつくこと

オール電化にされる場合には、初期費用が高くつくことがあります。ガスコンロやガスを用いた給湯器と比べると、IHクッキングヒーターやエコキュートは設置する際に工事費といった費用が高くつく場合があります。

調理器具を買い替えなければならないということ

オール電化にすることのデメリットとしては、料理をする際に用いる調理器具にオール電化のものに合わせて専用のものを購入する必要があるということです。

オール電化にすると火事になるリスクは減らせますが、その分アルミ製の鍋や、通常のフライパンでは使用できない場合があります。

そのため、調理器具を購入する場合には「IH可」というマークがついたものを購入しなければなりません。「IH可」といったマークのないものでも、磁器に反応する製品であれば使用可能ですが、例えば土鍋といったものが使用することができません。

そのため IH対応ではない調理器具を使う場合には、ほかにガスコンロを用いる必要があります。

オール電化は火力が弱い

お料理をされる場合には火力が必要になるメニューもあります。例えばチャーハンといったメニューには、火力が必要になり、お米を火にあてて炙るように炒める必要がありますが、IHの場合には火力を使わないため、特に料理に凝っている方は火力について物足りなさを感じる方も少なからずいらっしゃいます。

IHのクッキングヒーターは、コンロから離すと熱を得られないため、「鍋を振る」、といった調理方法はできませんので、あらかじめそういったことも覚えておいてください。

二人暮らしの場合のオール電化

最近ではテレビや雑誌でもオール電化住宅についての記事やCMをよく目にするようになりました。また、賃貸のアパートやマンションでも、オール電化のものが増えてきています。

それでは、オール電化にすると人数によって何が変わるのか、人数ごとのオール電化のメリットにはどういったものがあるか、その電気代についてもお話ししていきましょう。

4人家族の場合のオール電化の電気代は

オール電化住宅での 4人家族での電気代は、年間にするとおよそ1万4千円程度になります。ひと月当たりの電気代は、約1万2千円程度になります。

これはあくまでも大体の電気代の相場となりますので、それにくらべて電気代が高くついているかどうか比較してみましょう。

またどうすれば電気代が抑えられるかどうかについても考えてみましょう。

二人暮らしをする場合の電気代は

二人暮らしをされる場合には、当然一人暮らしの場合に比べて電気代は多少上がります。一人暮らしの場合の電気代は、およそ3千円から3千5百円程度と考えておくと良いでしょう。

では、二人暮らしの場合にはそれからどの程度電気代が上がるものでしょうか。二人暮らしの場倍の電気代は、年間にすると平均10万円程度となっています。そのためひと月当たりに換算すると約9千円程度の電気代が必要になると覚えておきましょう。

単純に一人暮らしの場合に比べて、一人暮らしの場合の電気代を2倍にした6千円から7千円程度、と考えていらっしゃる方が多くいらっしゃいます。

では、二人暮らしをするとどうして一人暮らしの場合の3倍程度にも電気代が上がってしまうのでしょうか。

二人暮らしで電気代が高くなるのはなぜか

その理由としては、二人暮らしの場合お互いの生活時間がずれていることが関係しています。同じを家に住んでいるからと言って、同時に出かけたり、帰宅するわけではありません。

そのため、食事を作る場合にも2回分の電気代が必要になります。また、電気代がかかる電化製品の中には、ドライヤーや電子レンジといったものがありますが、これも二人同時に使うわけではなく、バラバラの時間帯に使うことになりますので、その分電気代がかかるということになります。

また生活サイクルも違いますので、すべての電化製品を共有するというわけではなく、お互い使うものや使わないものがあるため、電化製品を 1種類でも多く使う方と暮らした場合には電気代が加算されるということが考えられます。

一人暮らしをされている方の場合の電気代は

一人暮らしをされている方の場合は、外出すると家に誰もいなくなるため、火の消し忘れといった、火事の原因になる事に対して十分注意する必要があります。

オール電化にすると、調理器具にIHクッキングヒーターを利用したり、暖房器具もオール電化を利用することで、その分火事の心配がなくなります。

賃貸のお部屋にお住まいの方の場合は、どこかの部屋で火事が発生してしまうと、その周りのお部屋も火事の影響を受けてしまいます。そのため、ガスや灯油を使った賃貸アパートやマンションよりも、オール電化住宅に人気が集まっています。

一人暮らしをされる場合の一般的な光熱費は、電気代やそのほかの光熱費と合わせてだいたい3千円から、高くとも7千円程度に抑えられます。一人暮らしの方の場合のオール電化の電気代は、約千円から3千円程度に費用が抑えられます。

一人暮らしの場合の電気代の注意

一般的な住宅や賃貸アパート、またはマンションの場合は、それにガス代や灯油代がかかります。一人暮らしの方の場合のガス代は、月々およそ3千円から5千円となっていますので、その分節約することが可能です。ただしここで注意しておきたいのは、オール電化住宅に住まわれる場合には、夜間の電気代が安くなる代わりに、昼間の電気代が約2割程度高くなるということです。

日中は通学や通勤のため、お留守にされる場合が多い方の場合であれば、電気代を節約することが可能ですが、在宅の仕事をされている方の場合には、かえって光熱費といった電気代が高くつくことが考えられます。

その場合には、電気代のプランを考え直すといった方法をとると良いでしょう。オール電化住宅に住まわれる場合には、自分の生活サイクルにあった電気代のプランに変更するといった電気代の見直しをすることをおすすめします。

冬のオール電化の電気代には

オール電化住宅にお住まいの方は、特に冬に電気代が高くつく場合があります。オール電化住宅にすると、夏の場合はだいたい月々の電気代が8千円程度で収められますが、冬になり暖房が必要になってくると電気代は上がり、およそ1万2千円から1万4千円と高くなってきます。

特に北の地域にお住まいの方の場合には、十月の中旬あたりからすでに暖房器具が必要になりますので、雪が降らない地域にお住まいの方に比べ、電気代が高くなってしまう場合が考えられます。

特に東北や北海道といった、寒い地域にお住まいの方の場合には、電気を利用した暖房器具では部屋が暖まりづらく、灯油を使った暖房器具を使わなければならなかったりと、電気代のほかにも灯油代がかかる場合があります。

電気代を抑えて乾燥を防ぐには

またオール電化住宅での暖房器具は、窓の結露がひどく部屋が乾燥してしまう場合が多かったり、電気代が高くついてしまうというデメリットがあります。

夏の場合はエアコンをつけっぱなしにしていても2万円以内に電気代が抑えられますので、北国にお住まいの方の場合は、オール電化にするのではなく、一部を電力に頼り、暖房にはほかの燃料を使った暖房器具を用いた方が電気代を安く抑えられます。

時間帯別のオール電化の電気代には

オール電化住宅に住まわれる場合には、当然のことながら、電気を多く使うことになるため、電化製品を使用する時間帯や、電気代のプランを見直す必要があるでしょう。

電化製品を使う時間帯を意識して調査に工夫をすることで電気代は大きく変わります。また、電力会社を変えることによって電気代をおよそ1万8千円近くも安くすることが可能です。

ご自分の生活スタイルに合わせプランを検討し直してみるというのも一つの方法です。

電気料金を安くするためのポイントは

オール電化の電気代を安くするためには、電気代のプランを変えると良いでしょう。オール電化の電気代のプランは、夜間の電気の単価が安く設定されているものがありますので、そういったプランに変更することをおすすめします。

この場合には、日中の電気代が高く設定される場合がありますので、日中を留守にされることが多い方の場合におすすめです。

時間帯によって電気代が変わるプランは、何時から何時まではいくら、といったように時間帯ごとに単価が設定されていますので、ご自分の生活サイクルと電気代の単価を照らし合わせ、プランを考え直してみてください。

電気料金の高い時間帯には電化製品を使わない

電気代の単価が高い時間帯と安い時間帯を確認し、電気料金の単価が高い時間帯には、なるべく電機の消費量が高い電化製品はなるべく使わないように注意する必要があります。

消費電力の高い電化製品を使う場合には、電気代が安い時間帯えお選び、使うようにすると良いでしょう。

例えば、洗濯機や炊飯器といったものにはタイマー機能が付いていますので、このタイマー機能を使い、時間帯を電気代の安い時間帯に設定し上手に電気代を節約してみてください。

電気料金の高い電化製品には

電化製品をご利用になる場合には、消費電力について調べておくと良いでしょう。消費電力は大きければ大きいほど電気代は高くついてしまいます。

消費電力の高い電化製品を使う場合には、ご自分の電気代のプランを確認し、電気代が安くつく時間帯にそれらの電化製品を使用します。

消費電力が特に高い電化製品は、例えば電子レンジ、電気ケトル、炊飯器、ドライヤー、アイロン、洗濯乾燥機、といったものがあります。IHのクッキングヒーターが特に消費電力が高いので、使用する際には注意が必要になります。

電気料金が節約できるプランには

オール電化住宅に住まわれる場合には、電気代のプランを設定する際に時間帯について注意するということと、消費電力が高い電化製品について覚えておく必要があります。

オール電化の電気代のプランには、夜間に及をためたり蓄熱をするため、夜間の電気の単価が安く設定されている電気料金のプランがあります。

夜間の電気代が安く設定されていプランにはいくつかの種類があり、その中からあなたの生活サイクルに合ったお好みのプランを選ぶと良いでしょう。

深夜型プラン

主に夜間に電化製品を使用する方には、夜間にお得な電力プランを選び契約することをおすすめします。

例えば、深夜から朝にかけて最も多く電気を使われるというのであれば、早朝に電気代が割引きになるプランもあります。

そういった方の場合には、深夜型の料金プランを選べば電気代を節約することが可能です。この深夜型のプランは、もともと電気代が安く設定されていて、一般家庭や企業で電気が使われていることのない時間帯に電気代が安く設定されています。

キャッシュバックやポイントがためられるプラン

深夜型の電気代のプランには、割引き率が少ないものが多くあります。ですがこ、ういったプランの場合には、電子マネーのポイントが付いているものや、キャッシュバック、またはポイントがためられる機能が付いているものがありますので、還元率の高いサービスを選ぶと良いでしょう。

電気代を払ったことにより、貯まったポイントを使ってコンビニやスーパーでショッピングをすることが可能です。

蓄熱設備にお得なプラン

最近では、太陽光発電を設置すると電気代が安くなるといったプランが用意されています。蓄熱式機器は夜間に電力を使って日中は電気代を節約するという目的もありますが、昼間使用するお湯を、電気代が安い夜間に使っておき、電気代を節約するというプランもあります。

蓄熱式の機器は購入する際に高額になりますので、蓄熱式機器を設置することにより、どの程度の費用がかかり、どのくらい使用を続けることで元が取れるのか、といったシミュレーションをしておくと良いでしょう。

また、オール電化対応プランに申し込むことにより、電気代が安くなるプランに設定することも可能です。

アパートの場合のオール電化の電気代

電気代に差がつく原因としては、家族構成や人数、または一戸建て住宅にお住まいか、それともマンションにお住まいかによっても違いが出ます。

また、マンションにお住まいの方の場合には、お住まいのお部屋が2階にあるのか3階になるのかによっても違いがあります。

一戸建ての方が部屋数が多い場合があり、また、マンションのようにほかのお部屋に囲まれていないため、外気の影響を受けやすく冷暖房を多く使うため、余計に電気を使用することになります。

ご自宅を新築される方の場合には、オール電化にすると条件によっては初期費用が高額になってしまう場合が考えられます。

ただし、アパートやマンションに住まわれるのであれば、オール電化の設備が整った物件を探すのもおすすめです。

賃貸の場合のメリット

最近では電力の自由化が始まっており、電力会社を選ぶことが可能になったため、電気代を安く抑えたれる可能性が高くなりました。

そのため、オール電化の物件を探すことができれば、電気代の節約にもつながるでしょう。アパートでは火事を起こした場合、自分のお部屋ばかりではなく近隣のお部屋にもご迷惑をかけてしまうことになります。

オール電化の場合には火災になるリスクが低いため、オール電化のアパートやマンションに住まわれる場合には、そういった心配がないためおすすめです。

一般のアパートとオール電化のアパートの電気代の比較

オール電化のアパートに住まわれる場合には、一般的なアパートに比べるとどれだけ電気代がお得になるのでしょうか。

最近ではパソコンやゲーム機器、電子レンジ炊飯器といった電気代がかさむ電化製品を多く利用していますので、できるだけ電気料金が安く上がる物件があれば、安く上がるほうを選びたいところです。

オール電化のアパートに住まわれた場合には、およそ8万円以上の電気代が節約可能となっていますので、電気代を節約したいとお考えの方にはおすすめです。

オール電化アパートのデメリット

それではオール電化のアパートに住まわれる場合には何のデメリットもないのでしょうか。オール電化に限らず、どういったものにもメリットとデメリットが存在します。

オール電化のアパートは、確かに電気代の節約になりますので、長い目で見れば光熱費をお得に抑えることが可能ですが、鍋やフライパンといった調理器具を買い替える必要があるため、初期費用は高くなる可能性があります。

また日中は電気代が高くなりますので、オール電化のアパートに住まわれる場合には、電化製品を使用する時間帯にも注意しておきましょう。

オール電化の電気代は高いのか

オール電化の電気代については、どれだけ電化製品を多く使っているか、また日中に自宅に人がいるかどうか、そのほか電気代のプランによっても大きく異なってきます。

日中は電気代がかさんでしまいますが、例えば夜間の電気代が安くなる時間帯を選べば、都市ガスやプロパンガスに比べて、電気代を安く抑えることが可能になります。

そのため、電気代が高いのか安いのかどうかについては、その方が頻繁にご使用になる電化製品やその頻度、それぞれの電気代のプランによっても変わってしまうため、「必ずこうなる」といった結果にはなりません。

日中に自宅に多くいらっしゃる方の場合であれば、都市ガスやプロパンガスも併用した住宅に住まわれている方に比べ、電気代が高くつく場合もあります。

オール電化を上手に利用してストレスのない快適生活

トピック1028513/要素2996334

キッチン周りのお掃除は大変なものですが、IHクッキングヒーターといった、オール電化に 関わる調理器具を用いると、お掃除のストレスを少なくすることが可能です。

また、日中高齢者に留守番をさせていらっしゃる方の場合や小さなお子さんがいらっしゃる方の場合は、常に火事の心配も伴います。

ですが、オール電化にすることでそういったリスクを減らすこともでき、電気を使う時間帯を工夫すれば、電気代を節約することも可能です。また、ご自分の生活サイクルに見合った電気代のプランを選べば、大幅に電気料金をカットすることも可能ですので、こういったものを利用して光熱費の節約に役立てましょう。

関連記事

Related