Search

検索したいワードを入力してください

【特徴別】床暖房の電気代とつけっぱなしにしたときの電気代

Author nopic iconチルヲ
公共料金 / 2018年04月23日
【特徴別】床暖房の電気代とつけっぱなしにしたときの電気代

床暖房の種類とは?

【特徴別】床暖房の電気代とつけっぱなしにしたときの電気代

寒い冬、エアコンなどの暖房器具を使って部屋を暖めても、足元が冷たいとどうしても寒さを感じてしまいます。床面が暖まる床暖房なら、足元が暖かく快適に過ごすことができます。床暖房には、大きく分けると2つの種類があります。温水式床暖房と電気ヒーター式床暖房です。それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

温水式床暖房とは?

温水式床暖房とは、ヒートポンプ式とも呼ばれる床暖房です。ガスや電気を使って温水を作り、それを床下に設置したパイプ内に循環させることによって部屋を暖めます。

電気ヒーター式床暖房とは?

温水式がガスや電気で作った温水を使って床を暖めるところを、電気ヒーター式床暖房は電気を使って床を暖めます。電気ヒーター式をさらに細かく分けると、蓄熱式床暖房、PTCヒーター式床暖房、電熱線ヒーター式床暖房の3種類に分類されます。

蓄熱式床暖房

蓄熱式床暖房は、蓄熱体と呼ばれる物がありそこに熱を蓄え、蓄えられた熱を放射することによって床を暖めます。熱は電気代の安い夜間の内に蓄えられます。24時間快適に暖房を使いたいという人におすすめです。

PTCヒーター式床暖房

PTCヒーター式床暖房は、面状やチップ状の発熱体に電気エネルギーを送ることで床面を暖める仕組みの床暖房です。自身で温度をコントロールする機能が備わっており、効率良く床を暖めることが可能です。床だけでなく、部屋全体を均一に暖めたい人向けの床暖房です。

電熱線ヒーター式床暖房

電熱線ヒーター式床暖房は、床下に電熱線のヒーターを設置し床全体を暖める仕組みの床暖房です。ヒーターを設置するだけで良いので施工が比較的簡単で、安全性が高いです。朝や夜の家族団欒時に暖めたい人にはピッタリです。

電気ヒーター式床暖房の電気代は?

【特徴別】床暖房の電気代とつけっぱなしにしたときの電気代

温水式床暖房や、電気ヒーター式床暖房の中でも蓄熱式床暖房は、施工が大掛かりであるため初期費用が莫大です。その他の電気ヒーター式床暖房は、大きなホットカーペットを床に敷き詰めるような感じですので施工は簡単ですが、消費電力がとても大きいという難点があります。

電気ヒーター式床暖房は、電源を入れてすぐに暖かくなるわけではなく徐々に暖まります。快適な温度に達してからも、その温度をキープするために常に電力を消費しますので、電気代が高くなります。電気ヒーター式床暖房の一般的な電気代とはどのくらいなのでしょうか。

電気代の計算式

床暖房の電気代は「消費電力(kW)×使用時間(時間)×1時間の電気代単価」の計算式で算出できます。消費電力量は、床暖房の取扱説明書や床暖房機器自体に表示されています。電気代の単価は、全国の平均的な単価が27円ですので27円で計算します。各電力会社や料金プランによって違いがありますので、より正確に知りたい場合は確認してみましょう。

床暖房は、さまざまな大きさが販売されています。その大きさによって消費電力量は異なります。ここでは、最も小さい6畳タイプと最も大きな16畳タイプ、最も売れている8畳タイプの3つの電気代を比較してみます。

6畳タイプを1日10時間使用した場合

6畳タイプの床暖房の消費電力量は960Wです。電気代の単価を27円として10時間使用した時の1日の電気代は「0.96kW×10時間×27円=259円」で約259円です。1ヵ月毎日10時間使用したとすると「259円×30日=7,770円」で約7,770円の電気代がかかることになります。使用時間を半分に減らした場合、単純計算で半額の約3,885円の電気代がかかるということになります。

8畳タイプを1日10時間使用した場合

8畳タイプの床暖房の消費電力量は1150Wです。したがって10時間使用した時の1日の電気代は「1.5kW×10時間×27円=405円」で約405円です。1ヵ月毎日10時間使用したとすると「405円×30日=12,150円」で約12,150円と1万円を超える電気代がかかります。使用時間を半分の5時間に抑えると、半額の約6,075円に抑えることができます。

16畳タイプを1日10時間使用した場合

16畳タイプの床暖房の消費電力量は2850Wです。10時間使用した時の1日の電気代は「2.85kW×10時間×27円=769円」で約769円です。1ヵ月毎日10時間使用した場合は「769円×30日=23,070円」で約23,070円の電気代がかかります。使用時間を半分の5時間に抑えた場合は、半額の約11,535円の電気代で抑えることができます。

以上の結果から、16畳の部屋に8畳タイプの床暖房を2つ設置すると電気代が安く済むと考えられがちですが、それは間違いです。8畳タイプの床暖房を2つ使用した時の10時間の電気代は、810円になります。16畳タイプなら1つで良いので、769円で済みます。床暖房は部屋のサイズに見合った物を選びましょう。

特徴別の床暖房の電気代は?

【特徴別】床暖房の電気代とつけっぱなしにしたときの電気代

現在、さまざまなメーカーから床暖房が販売されています。それぞれが持つ異なった特徴を売りにしています。自宅にはどの床暖房を設置すればお得になるのか、それぞれの電気代を比較してみましょう。

エコキュート

エコキュートとは、ヒートポンプの技術を利用し空気中の熱を使ってお湯を作る、電気給湯器システムです。エコキュートの多機能型を使えば、温めたお湯を利用して床を暖めることができます。

エコキュートの最大のメリットは、ランニングコストを大きく下げられることです。設置するための初期費用は100万円ほどと高額ですが、ランニングコストが安いためすぐに元を取ることが可能です。家を建てる際に導入しておけば、毎月の電気代の安さだけを実感することができるでしょう。

床面をムラなく暖めることができ、他の暖房器具が必要ないくらい部屋を暖めることができるのも良い点です。温度は40度くらいまでしか上がりませんので、低温やけどの心配もありません。ただし、貯湯タンクで湯切れが起きてしまうと、昼間の高い電気代で沸き直しますので使用給湯量には注意が必要です。

ユニバーサルホームの床暖房

ユニバーサルホームの床暖房と言えば「地熱床システム」による「エコ床暖」です。ヒートポンプ式の床暖房ですが、地面から床下までの空間をなくすために砂利を敷き詰めコンクリートで覆い、その中に設置されたパイプと地面からの地熱との相乗効果で1階全体を暖めるシステムになっています。

ユニバーサルホームで注文住宅を建てる時は、オール電化が標準です。電力を、夜間に電気代が安くなるプランに変更しておきましょう。床暖房の熱源機を間欠運動モードにしておけば、温水を作る深夜に電気代が安くなりますのでコストを抑えることが可能です。

セキスイハイムの床暖房

セキスイハイムの床暖房には「快適エアリー」が採用されています。

通常の床暖房は設置されている部屋だけが暖まる仕組みですが、「快適エアリー」は冷暖房や除湿ユニットが床下に設置され、広い範囲を暖めることが可能になっています。壁掛けタイプのエアコンと組み合わせることで、より高い暖房効果を得ることができます。部屋から廊下に出た時などの寒さを軽減してくれるでしょう。

エコキュートや「エコ床暖」などのようにヒートポンプ式の床暖房で、空気中の熱をくみ上げ温水を作りますので少ない電力使用で済みます。年間7万円の電気代で抑えることも不可能ではないでしょう。

ツツミ床の床暖房

ツツミの「ツツミダンデー」は、ツツミが独自に開発した電気床暖房システムです。PTCヒーター式の床暖房になります。

温度が上昇すると電気抵抗が増加するPTCの性質を利用した発熱体を使っており、適度な温度になると一定温度で安定し快適さを保ちます。高温になりすぎませんので、低温やけどの心配がありません。一定の温度に達しますと自ら感知して発熱を抑え、余分な電力がかかるのを防ぎます。床上げ材を貼る前にヒーターを置くだけと施工も簡単です。

オール電化にした場合の床暖房の電気代は?

給湯や冷暖房、キッチンなど全ての熱源を電気でまかなうオール電化は、大きな自然災害などが起きた時にライフラインの早期復旧が見込めると、近年人気です。太陽光発電と組み合わせることで、電気代を安く抑えつつも快適な住空間を整えることが可能です。

オール電化住宅の床暖房は、ヒートポンプ式を採用しています。大気の熱をくみ上げて温水を作り、それを循環させて床面を暖める仕組みですので、電気ヒーター式床暖房に比べ少ない電力量で済みます。温水を作るのは夜間ですので、深夜に電気代が安くなるプランに契約しておけば電気代を抑えられます。

注意点は、エコキュートを設置する場合には必ず多機能型の物を選ばなければいけないことです。多機能型でなければ、床暖房に使用することはできません。

蓄熱式床暖房の電気代は?

【特徴別】床暖房の電気代とつけっぱなしにしたときの電気代

床暖房のある快適な生活を実現させながら、少しでも電気代を抑えたい場合には、蓄熱式床暖房をおすすめします。

蓄熱式床暖房は、電気代の安い夜間の内に熱を蓄え、日中使用する際に放熱するためとても経済的です。その恩恵を受けるためには、電気料金のプランを「時間帯別電灯」に変更する必要があります。時間帯に関係なく同一単価である「従量電灯」では、せっかくのメリットを受けることができません。

蓄熱式床暖房を設置するためにコンクリート工事や断熱材などが必要で、初期費用は最低でも100万円程度と高額ですが、ランニングコストが非常に安いため長い目で見ればお得です。

床暖房をつけっぱなしにした時の電気代は?

【特徴別】床暖房の電気代とつけっぱなしにしたときの電気代

エアコンならば、室温の変化をできるだけ小さくすることでフルパワー運転を減らすことができます。つけっぱなしでも条件次第で電気代を安く抑えることが可能ですが、床暖房はそうはいきません。

つけっぱなしにするなら、つけっぱなしにする時の消費電力が、一度切って再度運転させる時の消費電力よりも小さいことが重要です。ヒーター式の床暖房は、常に電熱線に電気を流し続けています。使用している時間中ずっと消費電力の大きいままですので、つけっぱなしにすると当然電気代は高くなります。

それに比べますと、温水式の床暖房はつけっぱなしにしてもそれほど電気代が高くなることはありません。しかし、温水式床暖房の電力は床を暖めるというよりもお湯を沸かすために使われますので、つけっぱなしは無駄になります。床暖房は稼働中の消費電力にエアコンほどの差はありませんので、つけっぱなしにしても大きな得にはならないことが分かります。

床暖房の電気代とガス代を比較すると?

【特徴別】床暖房の電気代とつけっぱなしにしたときの電気代

床暖房の電気代とガス式暖房器具のガス代を比べた時、どちらがよりお得なのでしょうか。パナソニックの「電気式床暖房フリーほっと」の10畳向けタイプにかかる電気代と、同じく10畳向け・35号タイプの「東京ガスファンヒーター」にかかるガス代を比較してみます。

床暖房の1ヵ月にかかる電気代は約7,300円です。ファンヒーターの1ヵ月にかかるガス代は約4,440円です。

コストだけを比べると、ガス式暖房器具にかかるガス代の方が断然お得です。しかし、ファンヒーターなどのガス式暖房器具は狭い空間を暖めるのには適していますが、床暖房のように広い部屋を暖めるのには不向きです。また床暖房は空気を汚すこともありませんし、火災などの心配もないというメリットがあります。

床暖房とエアコンの電気代を比較すると?

床暖房とエアコンにかかる電気代を比べた場合は、どちらがお得なのでしょうか。エアコンは、外気温と設定温度によってかかる消費電力が大きく変化します。確実な比較が難しいため、かかる電気代ではなく定格消費電力で比較してみます。対象の商品は、パナソニックの「電気式床暖房フリーほっと」と、同じくパナソニックのエアコン「Xシリーズ」です。

同じ広さの部屋を暖めるのなら、かかる消費電力はエアコンの方がずっと少ないことが分かります。しかし、床暖房には空気を乾燥させない、温風によって埃を巻き上げないなどのメリットがあります。一概にはどちらが良いとは言い切ることは難しいです。

部屋のサイズ床暖房エアコン
6畳960W440W
8畳1500W515W
16畳2850W1650W

床暖房の電気代を節約するには?

【特徴別】床暖房の電気代とつけっぱなしにしたときの電気代

床暖房を快適に使用しながら少しでも電気代を安く抑えたい場合は、以下の方法を実践してみましょう。

電気料金プランを見直す

まずは自宅の電気料金プランを見直してみましょう。床暖房を長い時間連続して使用することが多い場合は、固定制料金単価が設定されている電気をたくさん使う家庭向けのプランへの変更をおすすめします。

従量電灯など段階性料金が設定されているプランですと、電気代がすごく上がってしまうことがあります。普段は第1段階~第2段階の安い単価で計算されるのですが、つけっぱなしにしていることで1度に使う電力量が多くなり、第3段階の高額な単価で計算されてしまいます。

窓の断熱をする

窓に断熱シートなどを貼り、窓からの冷気を遮断しましょう。体感温度の低下を防ぐことになり、床暖房の設定温度の上げすぎを防ぐことができます。

暖かい服装をする

暖かいインナーを着るなどして、体感温度を上げるようにしましょう。体感温度を上げれば、床暖房の設定温度を上げすぎずに済みます。

床暖房はクリーンで経済的

【特徴別】床暖房の電気代とつけっぱなしにしたときの電気代

床暖房の電気代についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。床暖房はコストがかかるイメージですが、新しく家を建てる際にオール電化などと一緒に導入すれば、長い目で見るととても経済的です。これから家を建てる計画があるなら、空気を汚さずクリーンで安全性の高い床暖房を検討してみてはいかがでしょうか。寒い冬を快適に過ごせるでしょう。

関連記事

Related