Search

検索したいワードを入力してください

切手の貼り方・水でもいいのか・複数場合・結婚式|封筒

Small 63327851 a3a6 4399 8db9 21a3e443162e佐野理子
カテゴリ:ビジネスマナー

初回公開日:2018年01月06日

更新日:2020年06月04日

記載されている内容は2018年01月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

切手の貼り方・水でもいいのか・複数場合・結婚式|封筒

切手の貼り方とは?

近年は友達とやりとりする時にメールやLINEといった電子媒体で済ましてしまうことが多いでしょう。特に10代~30代は、明けましておめでとうも年賀状ではなく、メールで済ましてしまう人がほとんどではないでしょうか。また、仕事でも資料を郵便局まで行って送ることは少なくなり、PDF化して添付するという会社が多いのではないでしょうか。

友達に手紙を送ったり、仕事で資料を送るなどの機会はとても減りました。そんな機会が減った中でたまに手紙を送ろうとすると、どう送っていいか迷ったりしませんか。特に、切手をどう貼っていいか、何円分貼ればいいのか、複数貼るときにはどうすればいいかなど意外に迷ってしまうでしょう。

切手には正しい貼り方がある

切手には貼り方がちゃんとあります。分からないからといって「適当に貼っちゃえ」と勢いで貼っていませんか。とりあえず余白に貼れば確かに相手に届きます。しかし送り先が友達であれば構いませんが、大事な人であったり目上の人であれば、切手の貼り方がきちんとしていないのは相手の方に悪い印象を与えかねません。正しく切手を貼りましょう。

はがきも封筒も切手の貼り方は同じ

切手を貼る場面は、はがきや封筒を使う時が多いでしょう。はがきや封筒を使う時、はがきの場合と封筒の場合で切手の貼り方が違うのではと考えてはいませんか。はがきと封筒で大きさも違うし、切手を貼る金額も違うので、何となく違うんじゃないかと考える人は多いでしょう。

でも実は、はがきも封筒も切手の貼り方は一緒なんです。貼る位置が全く一緒というわけではなく、貼り方の考え方が一緒ということです。それはどういうことでしょうか。

縦に使うか横に使うかで切手の貼り方が違う!

はがきでも封筒でも大事なことは、はがきと封筒を縦に使うのか横に使うのかということです。縦に使うのか横に使うのかで切手の貼り方が異なってきます。

もしはがきや封筒を縦に使う場合、左上に貼りましょう。そして実は貼る範囲というのも決まっています。その範囲というのは、左上の縦7㎝×横3.5㎝です。なぜこの範囲になっているのかというと、この範囲にあれば郵便局の機械で切手に消印を押せるからだそうです。この範囲外の場合は、人の手で消印を押さなければならないそうです。

そしてはがきや封筒を横に使う場合は右上に貼りましょう。右上に貼る際の範囲は、左上に貼る範囲と縦横の比率が反対になります。右上の縦3.5㎝×横7㎝ですので、その範囲内に切手を貼りましょう。

貼るときに大事なのは縦に置いた時の切手の位置!

今まではがきや封筒を縦に使おうが横に使おうが切手の貼り方を気にしなかったのではないでしょうか。縦に使うか横に使うかで切手の貼り方が違うということは分かりましたが、なぜ縦か横かで切手の貼り方に違いがあるのでしょうか。

実は、郵便局の消印を押す機械にその秘密があります。郵便局の消印を押す機械を使う際、はがきや封筒を縦長に置いてから消印を押します。すでに説明しましたが、基本的にははがきと封筒を縦にした時の左上の縦7㎝×横3.5㎝の範囲に消印が押されます。

はがきと封筒を横に使った場合もこれは同じです。消印を押すときははがきと封筒を縦に置いてから消印を押します。右上にあった切手は、はがきと封筒を縦に置き換えると、左上にきます。これで自動的に消印を押すことができます。

ただし、上記の範囲内に余白がなければどこに貼ってもいいという決まりもありますので、絶対範囲を守る必要があるわけでもありません。

絵はがきの場合の切手の貼り方は通常のはがきと一緒!

これまでは通常のはがきの場合、つまり表には宛名しか記入せず、文章は裏に書く場合のご紹介をしました。しかしはがきの種類には、絵はがきというものがあります。絵はがきはその名のとおり、裏面に絵が描いてあるはがきのことです。

絵はがきの場合でも切手の貼り方は通常のはがきと一緒です。絵はがきを縦に使う場合は左上に、絵はがきを横に使う場合は右上に切手を貼るのが正しい切手の貼り方です。

絵はがきで注意すべきは宛名の位置

絵はがき切手の貼り方は通常のはがきと同じですが、注意すべきは絵はがきの宛名の位置です。そもそも絵はがきに文章を書くとき、どこに書くでしょうか。絵の上にそのまま文章を書く人もいるでしょうが、多くの人は表面、つまり宛名と一緒の面に文章を書く人が多いのではないでしょうか。

絵はがきを縦に使う場合は、宛名ははがきの上半分、文章ははがきの下半分に書くようにしましょう。そして絵はがきを横に使う場合です。絵葉書を横に使う場合、切手の貼り方は右上となりますので、それに合わせて宛名もはがきの右半分に書くようにしましょう。そして文章は左半分に書くのが正しいはがきの位置になります。

切手を貼るときは何が一番いいのか?水でもいいのか?

切手の貼る位置についてご紹介しましたが、その次に気になるのが実際に切手を貼るときです。実際に切手を貼るときの貼り方に決まりはあるのでしょうか。

切手を貼る時の貼り方はさまざまな選択肢があります。水やのり、テープといった貼り方がありますが、どのような貼り方でもよいのでしょうか。実際の切手の貼り方についてご紹介します。

水で貼ってもいいのか?その貼り方は?

切手を貼るときに一番多い貼り方が、水で貼る貼り方ではないでしょうか。一番身近にあって、手っ取り早く切手を貼ることができます。

しかしその時に悩むのがどうやって水を付けるか、ということです。コップなどに水を入れてその中に切手を入れる、水道の蛇口から水を出してそのまま切手を付ける、など色々方法はあるでしょう。ただ水をそのまま直接つけすぎると、切手自体がデロンとなってしまって、あまり気持ちいいものではありません。しかも切手ののりが流れ去ってしまう可能性もあります。

そこでおススメしたい貼り方としては、濡れタオルや濡れティッシュを用意してそこに切手を付ける方法です。固く絞り過ぎない濡れタオルであれば適度に切手に水を付けることができます。

また切手というものは、切手を濡らしてから2~3秒後ぐらいに最適な粘着力になるようにできています。濡らしたあと少し待ってから貼る貼り方がベストでしょう。

のりで貼っても良いのか?

水で切手を貼ってもいいけれど確実に切手を貼って安心したいという人は、のりを使う貼り方もあります。

のりで貼る貼り方でも問題はありません。ただし、のりで貼ったとしても絶対に剥がれないという保証はありません。しっかりと剥がれないことを確認してから、投函するようにしましょう。

テープで貼る場合は?

のりがない場合、テープで切手を貼ろうとする人もいるでしょう。

テープで切手を貼る場合、まず、両面テープではる貼り方であれば問題ありません。しかし、注意して欲しいのは、切手の上からテープを貼る貼り方です。

切手の上からテープで貼る場合、その貼り方が必ずしてはいけない貼り方ではありません。しかし、切手には消印を押さなければなりませんので、消印を押すスペースは空けておく必要があります。一部でもいいので消印を押せるようにテープで貼りましょう。

もしもすでに切手を覆うようにテープで貼ってしまったのであれば、直接郵便局に持ち込んで局員に確認してみてください。

のりがなく両面テープもないようであれば、水で切手を貼るようにしてください。

舐めて貼る人もいる!

のりもテープもないけど水を用意するのも面倒だという人は、舐めて切手を貼る人もいます。

舐めて切手を貼る貼り方は、特にNGというわけではありません。送られた相手としても、その切手がどういう貼り方で貼られたかということは見た目上分かりませんので、舐めて切手を貼る貼り方でも問題はありません。

しかし、舐めて切手を貼っている瞬間を他の人が見ている場合、その方々はいい気持ちがしません。なんとなく不愉快な気持ちになるので、もしも貼るならこっそり貼る方が良いでしょう。

香水を吹きかけるとほのかな香りが

ワンランク上の切手の貼り方として、切手に香水を吹き付けて貼るという貼り方もあります。香水も水と同じ役割を果たしますので、切手に吹きかければ貼ることができます。

香水を吹きかけると、お相手に手紙が届いた時に、素敵な香りも届けることができるのでとてもおススメです。ぜひやってみてください。

複数の切手の貼り方

消費税が8%に増税されるに伴い、切手を貼る金額も変わりました。それまでは封筒であれば80円切手一枚で済んでいましたが、変わる前の切手を持っている場合は1枚では済まなくなりました。今では82円切手、52円切手もありますので1枚だけ貼れば良いでしょうが、複数貼る必要があるときもあります。

そして中には、わざと複数切手を貼って楽しむという方もいらっしゃいます。そこで、複数の切手を貼るときの貼り方についてご紹介します。

2枚

切手を2枚貼るときはどのような貼り方が正しいのでしょうか。

はがきや封筒を縦に使う場合、縦に2枚並べて貼る貼り方が正しい貼り方になります。そしてはがきや封筒を横に使う場合は、横に2枚並べて貼る貼り方が正しい貼り方です。

2枚並べて貼る場合も、消印の押せる範囲である縦7㎝×横3.5㎝、もしくは縦3.5㎝×横7㎝内に2枚とも貼るようにしましょう。

3枚

切手を3枚貼る場合、綺麗に見える貼り方は、はがきと封筒が縦の場合は縦1列、横の場合は横1列に貼る貼り方です。

しかし3枚の場合は消印を押せる範囲である縦7㎝×横3.5㎝、もしくは縦3.5㎝×横7㎝を超えてしまいますので、局員が手で消印を押すことになります。そのため、3枚目の切手は自由に貼って良いことになります。

局員が手で消印を押さなければならないので、おススメの切手の貼り方は田型貼りです。漢字の田のように、縦2列、横2列に切手を貼ります。今回は3枚ですので、田の1つが欠けた状態で貼ることになります。この貼り方であれば、局員が一度に全ての切手に消印を押すことができます。

4枚

切手を3枚貼る時の貼り方でも紹介したとおり、4枚貼る時におススメの貼り方が、田型貼りです。漢字の田のように縦2列、横2列で切手を貼ります。

切手を4枚貼ると、機械で自動的に消印を押せる範囲外に切手を貼ることになりますので、局員が手で消印を押すことになります。田型貼りであれば、局員が一度に全ての切手に消印を押すことが可能です。

5枚

切手を5枚貼る時の貼り方も、基本的に3枚の時と4枚の時で変わりません。機械で消印を押せる範囲に切手が収まりませんから、局員が手で消印を押すことになります。そのため、切手はまとまっている方が消印を押しやすいです。

4枚の時の田型貼りに1枚切手を追加するように貼る貼り方がベストでしょう。つまり、はがきや封筒を縦に使う場合は、縦3列×横1列と縦2列×横1列を横に隣通しで貼ります。はがきや封筒を横に使う場合は、縦1列×横3列と縦1列×横2列を縦に隣通しで貼ります。そうすることでまとまりで切手を貼ることができます。

6枚

切手を6枚貼る貼り方も、5枚貼る時と同じ貼り方で貼りましょう。6枚の場合ももちろん、消印の押せる範囲には切手は収まりません。そのため局員が手で消印を押すことになります。

局員が手で消印を押すことになりますので、できるだけ切手は固めて貼った方が局員が消印を押しやすいです。そのため、はがきや封筒を縦に使う場合は、縦3列×横2列、横に使う場合は縦2列×横3列で貼るようにすると切手を固めて貼ることができるでしょう。

切手は何枚貼ってもOK!

切手を複数貼る場合気になるのが、何枚まで切手を貼っても良いのか、ということです。はがきや封筒に切手を貼る場合、もちろん貼るスペースに限界があります。となると、切手を貼る枚数に限界があるのではと考えるのではないでしょうか。

実は切手は何枚貼ってもOKです。切手の枚数に制限はありません。しかも、宛名のある方に切手を貼らなければならないという決まりもありません。裏面に切手を貼る貼り方も許可されています。

ただし裏面に切手が貼られていることに気づかず、料金不足で返される可能性もありますので、裏面に切手を貼る場合は、「裏面に切手あり」などの注意書きを書いておくと良いでしょう。

結婚式の招待状の切手の貼り方

ほとんどの方が一生に1度しかおこなわないのが結婚式です。結婚式の準備はとても大変で、細かいところまで意識がまわりません。そこで招待状を送る段階になって気づくのが、招待状の切手の貼り方です。ほとんどの方が初めて結婚式の招待状を出すので、どのように切手を貼れば良いのか困り果てるのではないでしょうか。

人によっては忙しすぎて頭が回らず、普通の切手で送ってしまう人もいるでしょうが、普通の切手を貼るのはNGです。結婚式の招待状には招待状用の切手があります。どのような切手を貼れば良いのでしょうか。結婚式の招待状の切手の貼り方をご紹介します。

結婚式の招待状には招待状用の切手がある!

結婚式の招待状に通常の切手を貼って投函というのはしないようにしましょう。せっかくのおめでたい招待状です。ちゃんとおめでたいときに使用する切手があります。

結婚式の招待状に使用される切手は、「寿切手」「慶事用切手」と呼ばれます。これらは、結婚や出産といった喜び事やお祝い事の際に使う切手です。郵便局で購入することができます。52円切手は「梅」、82円切手は「竹」、92円切手は「松」のデザインが施されています。

切手の料金は封筒の重さによって変わりますので、招待状を作成して郵送できる状態にしてから郵便局に持っていくと良いでしょう。

定形外の場合は普通の切手を

招待状を送る際、一般的なサイズよりも大きいサイズの封筒で郵送する人もいるでしょう。その際の切手はどのようになるのでしょうか。

一般的な慶事用切手は、52円、82円、92円しかありません。そのため普通の切手、もしくは自分で探して結婚式の招待状に合う切手を探してきて貼る貼り方しかありません。定形外で送る場合は、郵便局で金額を確認した上で切手を探すようにしましょう。

返信用の切手も慶事用切手を使用すること

招待状の切手の貼り方ばかりに気を取られていてはいけません。忘れてはいけないのが、返信用の切手です。返信用の切手を貼り忘れると、招待された方々が切手を貼らなければならないことになります。必ず貼るようにしましょう。

返信用の切手も慶事用切手を貼るようにしましょう。返信用の場合は、多くの人がはがきを使用するはずですので、一般的な慶事用切手を貼れば問題ありません。

注意すべきは、招待状の封を閉じる前に返信用のはがきに切手を貼らなければならないということです。郵便局で確認してから貼ろうとしてそのままにしてしまうと間違えて封を閉じてしまうので注意しましょう。

切手の貼り方は通常の貼り方と同じ

結婚式の招待状の場合、貼る切手は慶事用切手を選ばなければなりません。しかし、切手の貼り方は、通常の貼り方と変わりません。封筒を縦に使う場合は左上に、横に使う場合は右上に切手を貼るという貼り方で郵送するようにしましょう。

結婚式の招待状、返信用であれば、基本的に切手は一枚で済むはずです。そのため、消印の押せる範囲を守って切手を貼るようにしましょう。

こだわりの切手を選んでも良し

一般的には郵便局で購入することができる慶事用切手を使う場合が大半ですが、結婚式の招待状に合う切手もさまざまな場所でたくさん販売されています。

好きなキャラクターがある人は、そのキャラクターの切手を貼るのも良いでしょう。実際の結婚式の雰囲気に合わせた切手を貼る人もいます。和の雰囲気を大事にしたいのであれば、それが伝わる切手を選ぶ人もいます。

中には返信用のはがきに、相手の人をイメージして切手を貼る方もいます。例えばムーミンであれば、さまざまなキャラがいますが、送る相手に合わせてキャラクターを貼ることができます。貼り方は自由なので自分のこだわりの切手を探してみましょう。

せっかくなら消印にもこだわりを

切手にこだわるだけでなく、消印にこだわる人もいます。

普通に招待状を投函すると、通常の消印が押されます。しかし窓口に招待状を持っていきお願いすると、名所旧跡の風景入りの消印を押してくれます。結婚式を挙げる土地に思い入れがある人にはぜひおススメです。切手もその土地の切手を使用するとなお良いでしょう。

もしもディズニーが好きなのであれば、ディズニーリゾート内の郵便局で風景印を押してもらいましょう。ディズニーの絵が入った消印を押してくれますので、ディズニー好きにはたまりません。

せっかくなら可愛い切手を選びましょう♪

はがきや手紙を送る時、とりあえず送ることができればいいやと考えて普通の切手を送っている人が大半でしょう。

しかしせっかくなら相手が手紙をもらった時に嬉しいと感じる手紙を送りたいでしょう。そんな時は、はがきや封筒の可愛いものを選ぶだけではなく、切手も可愛いものを選んでみましょう。

季節感のある切手はおススメ

切手を選ぶ際に、季節感のある切手はおススメです。

正式に手紙を書くときに、手紙の冒頭や最後に季節の話について触れる人は多いのではないでしょうか。例えば、「近頃寒くなってきたのでお体にお気を付けください。」などの言葉を添えた手紙を書いているのであれば、切手も同じように冬に関連する切手であると何となく統一感があってもらえる人も嬉しいのではないでしょうか。

このように、手紙の内容に関連していたり、手紙をもらった瞬間に今の時期との関連性がわかる切手はおススメです。

ちょっと変わった切手の貼り方

これまで切手の正しい貼り方についてご紹介してきましたが、この正しい貼り方というのは、消印が機械で自動的に押せるかどうかによるということでした。つまり、郵便局員の手間を考えた上での正しい切手の貼り方、ということになります。

切手というのは自由に貼っても問題はありません。特にこだわりがないのであれば、既定の位置に貼るようにしましょう。しかし切手の貼り方にもこだわりがある人もいます。ちょっと変わった切手の貼り方をご紹介しますので、試しにやってみてはいかがでしょうか。

切手を仕切り代わりに

絵はがきを送る際に、表面に宛名と文章を書きます。その時、宛名と文章の間に切手を貼るという貼り方があります。切手を宛名と文章の仕切りにするという貼り方です。こうすることで、宛名と文章の区切りが分かりやすいので、絵はがきをもらう方も読みやすいでしょう。

切手を仕切り代わりに使うのであれば、1枚だけ貼るのではなく、3枚など複数枚で貼ると良いでしょう。そうするとより仕切り感が出てわかりやすくなるのではないでしょうか。

切手で封をする

切手は基本的に表面に貼る方が良いです。しかし裏面に貼っても問題はありません。そこで封筒を封するその場所に切手を貼る、という貼り方があります。

雑なように見える切手の貼り方ではありますが、一石二鳥とも言えます。封筒をもらった方はびっくりしてしまうでしょう。驚かせたいという方にはおススメの切手の貼り方です。

ただし、裏面に切手があると気づかれなければ金額不足で返ってきてしまいますので、表面に「裏面に切手あり」などの注意書きを書いておくと良いでしょう。

切手から派生して絵を描く

切手には絵柄がありますが、そこから派生して絵を描く人がいます。例えば切手にキャラクターが描かれていた場合その切手からセリフが出ているように描いてみたり、切手に花の絵が描かれていればその花の茎をのばしてみるなど、絵を描いている人がいます。

切手から派生して絵が描かれているという手紙をもらった人は多くはないのではないでしょうか。せっかくなら相手をあっと言わせてみたいという方も多いでしょう。思い切って切手から派生して絵を描いてみてはいかがでしょうか。

ランダムに切手を貼ってみる

オシャレな封筒を選んだ場合、切手もオシャレに貼ってみたいと考える人はいるのではないでしょうか。そんな人におススメの切手の貼り方が、ランダムに切手を貼る方法です。

切手を貼ると言うと、どうしてもきっちり縦横に合わせて切手を貼らなければならないと考えがちです。しかしきっちり縦横合わせて切手を貼らなければ、封筒が届かないわけではありません。どんな風に貼っていても、正しい料金が貼られていれば封筒は届きます。

そこで少し斜めにしてみたりランダムに切手を貼ってみてはいかがでしょうか。ランダムに切手を貼る場合は、1枚では物足りません。わざと何枚かに切手を分けて貼ると良いでしょう。2枚よりかは3枚くらいあるとランダム感が出てよりオシャレに見えるでしょう。ランダムに切手を貼る際は、切手もオシャレなものを選びましょう。

とにかくたくさん切手を貼る

切手を貼る時に1枚でまとめてしまいたいと考える人が多いのではないでしょうか。切手を貼る時にわざとたくさん切手を貼るという人もいます。

例えば、有名な切手の貼り方が、5円の白鳥の切手を4×4で貼って1羽だけ群れから外させるという貼り方です。群れから外れた白鳥というのは、川に流されてはぐれてしまったということを封筒に絵を描いて表現しています。

このようにたくさん貼ることで、1枚しか貼らない時よりも味のある貼り方ができます。もちろん絵を描かなくてもただ単に切手をたくさん貼る人もいます。このような人はたまたまたくさん切手を貼る羽目になったのでしょう。とくに海外からのエアメールはたくさん切手を貼る人もいます。手紙をもらった方としてはびっくりしてしまうことでしょう。

アートな感じで切手を貼る

切手を貼る時に少しアートチックに切手を貼る人もいます。例えば、切手を少しずつずらしながら貼ってみたり、格子状のように切手を貼ってみるなど、何となく意味もなくやってみたという人もいます。また、ちょっと面白半分にアートな感じで切手を貼るという人もいます。

中には少しストーリーをにおわせるような切手の貼り方をする人もいます。花と蝶々の切手を使って、花に寄って来る蝶々を表現してみたりなど切手の貼り方はさまざまです。今持っている切手を眺めてみて、ストーリーが思いついた人はぜひアートな感じで切手を貼ってみてください。きっと手紙をもらった相手はびっくりするでしょう。

思い切って真ん中に貼ってみる

何となくインパクトを与えたいという人は、ぜひ封筒のど真ん中に切手を貼ってみてください。もらった人は、なぜ真ん中とびっくりすること間違いなしです。

その代わり、宛名を書くときにどこに書けばいいのか難しくなってしまうので、その場所も確保した上で切手を貼ってみましょう。

正しい切手の貼り方を学んでこだわりを持ってみよう

正しい切手の貼り方についてご紹介しました。適当に切手を貼っている人もいたでしょうが、実は切手には正しい貼り方もあり、変わった貼り方をすることで送付先の方を楽しい気持ちにもさせてくれます。

郵便局員としては正しい切手の貼り方で貼っていただきたいと考えているでしょう。正しい貼り方で貼るのが一番ですが、せっかくなら切手の貼り方にこだわりを持ってみてもいいのではないでしょうか。

可愛い切手を選ぶのはもちろん、面白い切手の貼り方によって、手紙を受け取った方が楽しい気持ちになります。切手にもこだわりを持って、送ってみましょう。