Search

検索したいワードを入力してください

【年代別】アメリカ人の平均身長と体重・推移|黒人/白人

Author nopic icon咲弥歌
雑学 / 2019年05月30日
【年代別】アメリカ人の平均身長と体重・推移|黒人/白人

【年代別】アメリカ人の平均身長と体重・推移|黒人/白人

アメリカやヨーロッパへ海外旅行に行くと、その国の人の体格の良さに驚くことがあるでしょう。アメリカ人は日本人と比べて体格がいいイメージがあります。食べ物や環境、人種が違えば、国の違いによって身長と体重は違ってくるでしょう。

なじみのあるアメリカを例にして、実際アメリカ人の平均身長と体重はどのくらいなのでしょうか。主な理由はなんなのでしょうか。年代別、人種別、性別によっての違いとその推移について紹介していきます。また、日本との違いについても紹介していきます。

アメリカの平均身長の推移とは?

アメリカ人の現在の平均身長は男性が175センチ、女性が162センチです。時代による推移を見てみると、19世紀の平均身長はアメリカが世界一位でした。比較的身長の高かったイギリス人(アングロ・サクソン系)出身者が多かったためと、食料品の豊富さから平均身長が世界一だったという説があります。

19世紀始めの頃に172センチだったアメリカの平均身長は、1890年頃に169センチまで落ち込みスウェーデンに抜かれました。そこからアメリカの平均身長は右肩上がりですが、ヨーロッパ諸国に抜かれている状況です。

ヨーロッパ諸国、特に平均身長世界一で有名なオランダ人は良質な高タンパクのものを良く食べる習慣があるためだと言われています。ニシンやチーズ、豆、じゃがいもがその代表食品です。日本人もマネしたい食習慣です。

アメリカ人の平均身長と体重

では年代別アメリカ人の平均身長と体重はどのくらいなのでしょうか。10代に焦点を当てて見ていきましょう。

小学生は?

アメリカの小学生(12才)は男が身長154センチ、体重50.8キロで女が身長156センチ、体重52.9キロです。ちなみに日本人女性全体の平均が身長158センチ体重53キロです。アメリカの小学生の女子と、日本の女性全体の平均がほぼ同じであることに驚いた方も多いではないでしょうか。

中学生は?

中学生(15才)は男が身長173センチ、体重70.2キロで女が身長162センチ、体重60.9キロ。この時点で日本人の男女の平均身長・体重(男性172センチ64キロ、女性158センチ53キロ)を超えてしまっています。ここから、日本人がアメリカでは幼く見えることの意味が分かります。

高校生は?

高校生(18才)は男が身長176センチ、体重77.2キロで女が身長163センチ体重67.8キロです。個人差がありますが、日本人は早熟で骨格的成長が止まるのが白人よりも早いと言われています。近年は食の欧米化により日本人の平均身長は上がってきていますが、成長が止まるのが早いという遺伝的なものはなかなか変えられないのでしょう。

アメリカの白人男性の平均身長は

アメリカの白人男性の平均身長は178.2センチです。アメリカ全体の平均身長と比較すると
3センチ程高い結果となりました。

身長が高いと年収も上がる?

アメリカの調査によると、身長が2.5センチ高くなると年収が1.8パーセント高くなるという結果が出たといいます。さらに、アメリカで能力が同じで身長が異なる二人に昇進の人事を選ぶという実験を行ったところ、72パーセントの人事担当者が背の高い方を選んだという結果も出ています。

この他にも、アメリカの空軍入隊試験の合格者のうち、180センチ以上の者は25年後に180センチ未満の人と比べて23万円年収が多いという調査結果もあります。一概には言えないでしょうが、身長と年収には切っても切れない関係があるという興味深い調査結果が多くあります。

アメリカの黒人男性の平均身長は?

アメリカの黒人男性の平均身長は177.4センチです。白人よりも約1センチ低い結果となりました。黒人はバスケットボールやアメリカンフットボールの選手のイメージで身長が高いイメージがあるでしょうが、平均すると白人の方が高いです。

アメリカの女性の平均身長

アメリカの女性の平均身長は162センチです。対して日本の平均身長は158センチです。4センチしか差がないことに驚く方もいるでしょう。日本でも有名な歌手のテイラー・スウィフトは身長177センチです。来日して日本人と横に並んだ時、テイラー・スウィフトがとても大きいことを知った方もいるでしょう。

アメリカの平均身長といっても人種のるつぼであるアメリカにはたくさんの人種がいます。そのなかでもアジア系とヒスパニック系が平均値を下げていると言われているので、アメリカ人の平均身長としては少し低めに感じるでしょう。

平均身長世界一はオランダ

平均身長世界一は男女ともオランダです。男性183.8センチ女性170.7センチです。オランダ人がこんなに身長が伸びた理由はなんなのでしょうか。理由は大きく分けて3つあると言われています。

オランダ人女性はスカートをあまり履かない?

オランダ人女性はパーティなどでスカートを履く以外ではあまりスカートを履かず、タイトパンツスタイルの人が多いです。日本ではかわいらしいスタイルが好まれますが、オランダではダークカラーでコーディネートしたパンツスタイルの女性が多いです。

国によって、それぞれの体型を生かしたスタイルをしているのはとても興味深いです。

なぜ日本人はアメリカ人より平均身長が低いの?

日本人とアメリカ人との平均身長の差は約4センチです。これは長年の遺伝的要素も大きいですが、特に生活習慣も大きな要素となっています。日本とは違い、地べたに座らずに椅子に座る生活習慣や、靴を寝るときまで基本的に脱がないことが主な要因でしょう。

体重も当然違ってくる?

それと同時に体重も日本と差があります。日本の平均体重が男性64キロ、女性53キロに対し、アメリカの平均体重は男性87キロ、女性74キロで、差は男性が23キロ、女性21キロも重い計算になります。アメリカでは3人に1人が肥満と言われています。

妊娠時の体重制限も違ってくる?

妊娠から出産まで、日本では通常、BMIが標準の人は7~10キロまでしか増えてはいけないという厳しい体重制限がありますが、アメリカでは標準のBMIの人でも「体重増加は17~25キロまで」というのが通常です。

もちろん太りすぎは良くないですが、特に近年の日本女性の痩せ志向によって、低体重児が増えていることなども問題になっていることも事実です。どちらが正しいかはここでは問題ではありませんが、言えることは国が違えば常識も違うということでしょう。

日本では痩せている=スタイルが良いという風潮がありますが、アメリカではセクシーな曲線美のある、カーヴィーな女性が好まれる傾向にあります。そのため、日本人は海外では幼く見られることが多いのでしょう。

世界の平均身長と体重の推移を観察しよう

いかがでしたでしょうか。今回はなじみのある国、アメリカの平均身長と体重について紹介してきました。みなさんのイメージと同じでしたでしょうか、それともヨーロッパと比較すると意外と平均身長が低いと感じた方もいたでしょう。アメリカにはたくさんの人種の方が生活しているので、それらの平均値という意味で低くなっていると知ることができました。

長い年月で見ると、平均身長のランキングは変化してきました。今後も生活習慣の変化や人種の混ざり合いなどによって、国別、性別、年齢別にランキングの変化が期待できます。興味本位で観察していってはいかかでしょうか。

関連記事

Related