Search

検索したいワードを入力してください

初めてのスーツの買い方・賢い・お得な買い方|店員/就活

Small 7156793d 9422 4eed 800e 6f02552d275cおはよ
ビジネスファッション / 2017年12月26日
初めてのスーツの買い方・賢い・お得な買い方|店員/就活

教えて!初めてのスーツの買い方

スーツの買い方を考えたことはありますか。初めてスーツを買う人のほとんどは、これから就職活動を始める人でしょう。スーツを持っていない人にとって、どのようなスーツを買ったら良いのかとても悩みます。ここではスーツを買う時にどんな点に注意すれば良いのか、初めてのスーツの買い方を、一緒に見ていきましょう。

店員に相談しましょう

スーツを初めて買う時はやはり緊張感が伴います。カジュアルな服装と違い、企業訪問や面接など、自分のスーツ姿は評価される一つのチェック項目ともなります。特にスーツに関する知識があまりない人は百貨店や紳士服量販店の店員に相談するのが賢いスーツの買い方とも言えるでしょう。

知ってる?スーツの賢い買い方

初めてのスーツの買い方で失敗しないように、スーツの賢い買い方について一緒に考えていきましょう。

初めてスーツを買う人におすすめする、スーツの賢い買い方での一番のポイントは、流行に流されすぎないことです。カジュアルな服装なら流行を取り入れて、おしゃれに気をつけたいところですが、初めてのスーツの買い方では、カジュアルとは一線を引いて考えなければなりません。

スーツは購入した年だけでなく、購入後何年か使用することになります。数年経ったら流行遅れのスタイルになっていて周りから浮いていた、とならないためにも、初めてのスーツは定番型のオーソドックスなタイプを選ぶようにしましょう。

先に述べたように、初めてスーツを購入する人は百貨店や紳士服量販店などにいる店員とよく相談して、流行に流されないオーソドックスなスーツを選ぶことが、賢いスーツの買い方と言えます。

就活で必要なスーツの賢い買い方は?

次は就活で必要なスーツの賢い買い方を見ていきましょう。就活で使用するスーツは、主に企業訪問や面接などで活躍しますが、相手側に好印象を与えなければなりません。

しかしまだ入社もしていないのに、とびきり高額なスーツを着用していくのもふさわしくありません。なぜなら就活で必要なスーツは、まじめさ、やる気、清楚感、フレッシュ感など、スーツを着た表面上から滲み出る自分自身のスーツ姿が評価の対象ともなるからです。

また就活で必要なスーツは会社説明会や面接と、色々な場所を回ることになるので、動きやすいスーツを選ぶことが、賢いスーツの買い方のポイントとも言えます。

男女別 スーツのお得な買い方

次はスーツのお得な買い方を男女別に見ていきましょう。男性も女性も、初めてスーツを購入する人は、収入のない学生が中心です。ですので男女ともに、まずは家の近くにある、値ごろ感のスーツが揃う紳士服量販店を訪れてみることをおすすめします。紳士服量販店には比較的買いやすい価格で、就活用のスーツが男女とも豊富に揃っています。

スーツ以外にもシャツやバッグ、靴など、男性の場合は就活8点セット、女性の場合は5点セットとして全身のコーディネートでも提案してくれるでしょう。就活用のスーツということで、全身スタイルでコーディネートできるのは非常に安心です。価格も値ごろ感がありお得な買い方と言えるでしょう。

スーツの買い方で気をつけたいサイズ

次はスーツの買い方で気をつけたい、サイズの話です。イメージと違う、サイズ感がいまいちなど、せっかく購入したスーツに後悔しないよう、どんな点に気をつけたらよいか、スーツの買い方で気をつけたい、サイズの注意点を見てみましょう。

自分サイズを確認

スーツの買い方で特に気をつけたいのはサイズです。自分のサイズを知ることで、より一層フィット感のよい一着を選ぶことができます。

そしてスーツの買い方で大切なことは、試着することです。試着でぴったりとフィットすれば、非常に満足度の高いスーツを選ぶことができます。何着かを試着することで、自分の希望にぴったりと合ったスーツを見つけることができるでしょう。

また紳士服量販店ではジャケット・スカート・パンツともにサイズの展開が豊富です。上下で号数が違っていても安心して選ぶことができます。既製スーツが少ないスモールサイズ(1〜3号)やクイーンサイズ(19〜37号)も揃っているので、サイズでいつも悩む人には嬉しいスーツ選びとなるでしょう。

スーツスタイルを確認

次はスーツスタイルです。初めてスーツを試着した時に気になるのはスーツシルエットです。

初めて買うスーツは、適度なゆとりがあり、あらゆるシーンで大活躍する定番スタイルのスーツを選ぶことが、賢い買い方と言えます。例えばジャケットはテーラードタイプでスカート丈は膝下くらい、パンツはスリムすぎない、ゆとりのあるタイプが良いでしょう。

スーツをたくさん持っている人でも、定番スタイルのスーツを必ず一着は持っています。あらゆるシーンに活躍する定番スタイルのスーツは揃えておきたいスーツといえます。

初めてのスーツは黒で

次は、初めてのスーツの買い方で、気をつけたい色についてです。就活などではやはり黒のスーツ姿が無難。黒のスーツはどの業界でも通用する就活の定番カラーとなります。

ベージュやライトグレーも素敵ですが、それらのスーツは入社後にとっておきましょう。やはり初めてのスーツの買い方ではフレッシュ感やまじめさ、やる気、清楚感、協調性などを求められる就活用スーツということを忘れずに選ぶようにしましょう。

オーダースーツ

次はオーダーメードです。背が普通の人よりもかなり低い・高い、肩幅がある、太ももや腕が太い・細いなど、いつもサイズでいつも困る人はスーツ選びにも悩みそうです。サイズで悩む人にはオーダーメードをおすすめしたいのですが、初めてスーツを買う人にはかなり高額で、スーツの着こなしにも慣れていないため控えた方が良いでしょう。

オーダーメードはスーツの生地選びから始まり、採寸、仮縫い、試着、縫製と仕上がるため、フィット感の良いぴったりなスーツができ上がります。しかし自分の希望スーツをオーダーするにはおよそ50万円くらい必要となります。まだスーツの着こなしにも慣れていない初めてスーツを購入する人にはおすすめできません。

サイズで悩むなら、オーダーメードよりも買いやすい、イージーオーダーでスーツを購入するのが良いでしょう。

サイズ悩み解消!イージーオーダー

では次にイージーオーダーを見てみましょう。先ほどオーダーメードは非常に高額で、スーツの着こなしに慣れていない初めてのスーツ選びには控えた方が良いとお話ししました。

サイズで悩む人は、イージーオーダーでスーツを選ぶのが賢い買い方と言えます。イージーオーダーはオーダーメードを少し簡易にしたようなもので、価格も5万円前後から購入することができます。気になる肩幅など、体の各部位に合わせた体型補正調整ができるため安心できます。

イージーオーダーは、サイズで悩んでいる人にとっては問題がすっきりと解決できるスーツ選びです。既製品に比べて少し割高ですが、着心地は抜群です。企業訪問や説明会、面接中に服のサイズが気になったりするようなことはありませんので、集中して取り組むことがでるのでおすすめです。

スーツに合わせるコートの選び方

次はスーツに合わせるコートの選び方です。初めてのスーツに合わせるコートは、基本的にトレンチコートやステンカラーコートです。コートの価格はスーツと同じくらいの価格で選ぶと良いでしょう。

また初めてのコートは、取り外しができるライナー付きを選べば何かと便利です。寒い冬はライナーをつけて暖かく、また春先にはライナーを外してスプリングコートとして着こなせます。一着でオールシーズン使えるのは、とても便利でおすすめです。

スーツをもっと着こなしましょう

スーツの買い方について色々と見てきましたが、いかがでしたか。スーツの知識が少しあれば初めてのスーツの買い方にも迷うことなく安心して選ぶことができます。まずは自分の目で見て気に入ったスーツを見つけてみましょう。