Search

検索したいワードを入力してください

スヌーピーの家族構成/兄弟は8人?/怖い都市伝説

Author nopic icon石川由佳
都市伝説 / 2018年06月07日
スヌーピーの家族構成/兄弟は8人?/怖い都市伝説

スヌーピーについて

スヌーピーは、1950年にアメリカ新聞にて掲載が始まったチャールズ・シュルツ作のマンガ『ピーナッツ』に登場する主人公のチャーリー・ブラウンの飼い犬です。スヌーピーはその『ピーナッツ』の主人公のペット、ビーグル犬としての登場でしたが、その後アニメ化され、よりみんなに親しまれる存在となりました。

スヌーピーはどんなキャラクター?

スヌーピーといえば、犬小屋の上によく寝ているイメージがあります。それはスヌーピーが閉所恐怖症で犬小屋の中では寝れないからです。耳がぺったりくっついているため、落ちないでいられるとのことです。

スヌーピーがドッグハウスの屋根で思索にふけっている時には、アメリカ文学の大作を書いたり、月に旅したり、そして隣の猫への復讐をたくらんだりしています。いつも自信にあふれ、自由気ままに過ごしています。

スヌーピーの兄弟/家族/主なキャラクター

スヌーピーによく出てくるキャラクターはお馴染みですが、スヌーピーには個性的な兄弟がいることをご存知でしょうか。今回はあまり知られていないスヌーピーの兄弟や家族についてご紹介します。

兄弟の名前と特徴・性格

スヌーピーの兄弟は、漫画に登場する人数とテレビに登場する人数が違います。漫画では6人兄弟ですが、テレビではモーリーとローバーが加わり8人兄弟として紹介されています。

「スパイク」

スパークは、帽子とヒゲがトレードマークのスヌーピーの兄です。カリフォルニア州のニードルズ近辺の荒野の砂漠で暮らしており、不動産屋を営んでいます。ほとんどの時間を岩に寄りかかって過ごし、時々さみしくなるとサボテンのジョーや岩に話しかけたり、兄弟の中で一番仲の良いスヌーピーに手紙を書いたりしています。

「オラフ」

オラフはスヌーピーの弟で兄弟の中で一番ぽっちゃりした外見です。「醜い犬コンテスト」で優勝したという経歴があります。嫌いな食べ物はココナッツで、好きな食べ物はクッキーです。兄弟の中ではアンディと仲良しで、一緒にスパイクを探しに行くための冒険に出かけています。

「アンディ」

アンディは、スヌーピーによく似た毛がもふもふしています。兄か弟なのかは不明とされていますが、兄弟の中ではオラフと仲良しでよく一緒にスパイクを探す旅に出掛けています。しかし、アンディは方向音痴のためにすぐに道に迷ってしまいます。旅の途中で見知らぬ女の子に飼い犬として連れ去られ、オラフによって助け出されたこともあります。

「マーブルス」

マーブルスはスヌーピーの弟で、ぶち模様が特徴です。マーブルスは、スヌーピーの変装癖が理解できず、性格も合わないため放浪の旅へと出かけています。そのため、消息不明の存在となっています。兄弟の中で一番賢いと言われています。

「ベル」

ベルはスヌーピーの妹で、クリクリしたお目めと長いまつげが特徴です。兄弟の中で唯一子どもが登場します。背が高く痩せているティーンエイジャーの息子とカンザスシティで2人で暮らしています。

「モーリー」

モーリーはスヌーピーの女兄弟で、まつ毛が長くリボンとネックレスを付けています。ローバーと同様、「スヌーピーズ・リユニオン」で登場していて、『ピーナッツ』の世界では登場していません。

「ローバー」

ローバーはスヌーピーの兄弟で、スヌーピーによく似た外見ですが背中にブチの模様があります。1992年のテレビスペシャル「スヌーピーズ・リユニオン」で登場しています。『ピーナッツ』の世界では登場していません。

スヌーピーの主要キャラクター

スヌーピーの主要キャラクターは、飼い主のチャーリー・ブラウンの友達がたくさん登場します。また、黄色い鳥のウッドストックはいつも一緒にいるスヌーピーの一番の親友です。中でも一番登場する人物は、チャーリー・ブラウンの妹であるサリーやチャーリーの一番の親友であるライナスでしょう。

スヌーピーの両親

実はスヌーピーの両親が存在するのをご存知でしょうか。両親の見た目の特徴やどんな生活を送っているのかなどご紹介します。スヌーピー好きの方はスヌーピーの両親のこともぜひ覚えておきましょう。

スヌーピーの父

スヌーピーの父は、ふっさふさな白髭にメガネかけています。仕事は定年後、フロリダで隠居生活をしています。今まで父の日の話に1度だけ登場しており、とってもレアな存在です。

スヌーピーの母

スヌーピーの母は、ミッシーという名前でスヌーピーそっくりな見た目でとっても優しい顔をしています。現在はパリに住んでおり、ファックスを持っていると言われています。またなぜだか家族への手紙を断っているそうです。テレビアニメ「スヌーピーの誕生」の回に登場しています。

スヌーピーのデビュー作から厳選したシーンを解説する「スヌーピーの50年 世界中が愛したコミック『ピーナッツ』」は非常におすすめの一冊です。今までのスヌーピーの歴史がこの一冊で分かります。

Blockquote firstBlockquote second

素晴らしい、素晴らしい!
子ども時代のシュルツ先生が描いた絵が載っている。
その絵を観に、カリフォルニア州サンタロサのシュルツミュージアムへ行きました。
泣けました…。
ミュージアムの隣にはアイスリンクが在り、そこにはシュルツ先生が毎朝座ったお席に今でも“予約席”の札が…。

ピーナツ好きのあなたは、この本を買わなくてはいけない。

スヌーピーに関連する怖い話

スヌーピーの家族構成/兄弟は8人?/怖い都市伝説

実は、スヌーピーは既に死んでいるという都市伝説がアメリカや日本で流れ、大きな話題になりました。スヌーピーが誕生したのは、1950年であり70年近く経過しています。犬の寿命は20年程度ですので、スヌーピーは既に死んでいるとみて間違いないでしょう。しかし、なぜこのような都市伝説が生まれたかは不明です。

かわいさだけでないスヌーピーの世界観をしろう!

スヌーピーの家族構成/兄弟は8人?/怖い都市伝説

今では誰もが知っているほど有名なスヌーピーですが、その人気は愛らしい外見に自由なキャラクター設定にあるといえます。ウッドストックやスヌーピーの兄弟にもさまざまな個性があり、それぞれが活き活きと存在しています。これらを知るとさらにピーナッツの世界を楽しむことができるでしょう。

本当は怖い童話の世界

関連記事

Related