Search

検索したいワードを入力してください

スマホの温度と湿度の測定道具と管理・目安|下げる/上がる

Small d2954382 5a75 4a34 9695 9c5d3abdd540Ryutaレーシング
趣味 / 2018年01月13日
スマホの温度と湿度の測定道具と管理・目安|下げる/上がる

スマホの温度の測定・表示道具などについて

スマホの温度と湿度の測定道具と管理・目安|下げる/上がる

今回はスマホの温度の測定方法やスマホの使用環境の限度や、スマホが熱くなる原因について詳しくご紹介していきます。

スマホを使用している際に、スマホ本体がとても熱くなったことがあるでしょう。これには、スマホの内部に要因があったりし、高温の状態で使用することは、バッテリーにあまりよくありません。

そして、スマホ自体にもあまりよくありません。スマホの温度があげる原因などをご紹介していきますので、どのようなことに気をつけたらいいのかについて一緒に見ていきましょう。

赤外線「FLIR ONE」

スマホに搭載することで使用できる「FLIR ONE」という製品があります。ただし、この製品を利用する場合は、もう一つスマホが必要ですので、もう一台用意することでスマホの温度を赤外線で調べることができます。

この製品をスマホに取り付けることで、スマホが「サーモグラフィガジェット」になり、温度をカラーで表してくれるようになり、一目瞭然で温度が確認できます。

ちなみに他の用途にも利用できるので、利用した後の使い道があるのもオススメな理由です。

アプリ「端末温度計測」

次にご紹介するのは、GoogleplayのAndroidアプリです。「端末温度計測」というアプリがありますので、こちらをインストールして利用する形になります。こちらのアプリを利用することで、スマホ内部の温度を即座に測定してくれる機能を持っておりますので、一番手っ取り早い方法とも言えます。

どのような操作をしているときに、温度が上がるのかを確認しておけば、その操作を行わないようにすることで、スマホの温度を控えることができます。

温度計「Temp+CPU V2」

次にご紹介するのは、AndroidスマートフォンでCPU温度が、気になる方のために作られたウェジェットです。「Temp+CPU V2」という名称で、Android専用となります。こちらをインストールして、ウィジェットを追加を行うことで、スマホの内部温度をリアルタイムで表示するので、すぐに確認できるところがメリットと言えるでしょう。

ウェジェットであれば、すぐに閲覧することもできますので、スマホが熱いなと感じた際にすぐに温度を確認することが可能です。

センサー「Thermodo」

次にご紹介するのは、スマホのイヤホンジャックに取り付けることで、温度が測定できるというアイテムです。イヤホンジャック取り付けタイプであるために、機種を選ばないのも大きなメリットと言えるでしょう。センサーを搭載した製品ですので、確かな温度測定が可能で信頼性がある製品と言えます。

スマホの温度を下げる方法

スマホの温度と湿度の測定道具と管理・目安|下げる/上がる

次にご紹介するのは、スマホの温度を下げる方法です。スマホの温度を下げる際にしてはいけないことが一点あります。それは、冷蔵庫に保管してスマホの温度を下げる方法であり、なぜ行なってはいけないかというと、結露する可能性があるからです。

結露がスマホ内部で発生すると、スマホを水の中に落としてしまったことと同じぐらいダメージを与える可能性があります。スマホ内部に水分が付着し、その水分が基盤などに付着するとショートする危険性もありますので、スマホを故障させてしまうこともあるからです、

この注意点だけは必ず覚えておきましょう。

バックグラウンドアプリを消す

スマホのバックグラウンドアプリとは、スマホからホーム画面に戻る際に表示されるアプリのことで、これらのアプリは起動している意味を持っております。これらをバックグラウンドといい、いつでもすぐに起動できるように待機しているアプリのことを言います。

そして、なぜこれらを消すことで、スマホの温度が下げるのか疑問に感じる方もおられるでしょう。これらの待機待ちのアプリは、CPUというスマホの内部に中でも、負荷をかけると熱を発するパーツであり、バックグラウンドアプリが多ければ多いほど負担をかける傾向にあります。

ですので、バックグラウンドアプリを解除することで、スマホのCPUの負担を減らし、結果スマホの温度を下げることができます。

再起動する

もし、スマホの温度がとても熱くて、動作が遅いと感じる場合は、スマホにダメージを与えることがあるので、一度電源を切るなどの対策を行うことをオススメします。

10分ほど休めることで問題なく、使用できたりしますし、スマホ内部の熱を発する部分の熱の発生源を食い止めることができるので、早く温度を下げることができます。

もし、スマホを使用しなくてはならない場合は、1分ほど休めて利用するなどの対策を行ってみましょう。

充電中にスマホを操作しない

一番にスマホの温度を上昇させる要因が充電中です。そして、このスマホの充電中にスマホを操作すると、CPUの熱とバッテリーの発する熱で急激に温度が上昇します。ですので、できる限りスマホの充電中には、スマホの操作を行わないようにしましょう。

スマホの温度と湿度の管理方法・目安

スマホの温度と湿度の測定道具と管理・目安|下げる/上がる

次にご紹介するのは、スマホの適切な使用環境や目安などについてご紹介していきます。

ほとんどの温度や湿度でも、問題なくスマホは操作することができますが、長い時間利用していると何らかのダメージを与える可能性もあります。ですので、スマホの温度や湿度の管理する目安についてご紹介していき、スマホの耐えることができる限度を確認しておきましょう。

使用時の目安

スマホの温度と湿度に関しての、使用時の使用環境の目安についてご紹介していきます。

スマホを使用しているとき、アプリを利用していたり、スマホを操作しているとき使用環境の目安について解説していきます。

温度についてですが、0度から35度の温度であれば問題なくスマホを使用することが可能ですが、これよりも温度が低かったり、温度が高かったりする場合は、スマホにダメージを与える可能性があります。

温度が高い場合や、低い場合にスマホに不調を与えるのは、スマホのバッテリーの温度を調整する機能があるために、一時的にバッテリーの消耗が早くなったり、スマホ自体の処理速度が制限される機種もあります。

湿度に関しては、ほとんどの機種が湿度100%でも使用可能ですが、長時間にかけて使用すると不調になる要因となりますので、あまり使用しないようにしましょう。

保管時の目安

次にスマホの温度と湿度の保管の際の目安についてご紹介していきます。

保管の際とは、スマホを操作している状態ではなく、スリープとして待機している状態を示します。そして、本題のスマホの保管時の温度の限度についてですが、「−20度から−45度」まで対応しています。

ですので、国内であればいつでもどこでも保管が可能と言えます。

湿度に関しては、80%以上の場所での保管はあまり良くない環境であり、長期間保管する際は、できる限り湿気の少ない場所で保管するようにしましょう。

スマホの温度が上がる原因

次にスマホの温度が上がる原因についてご紹介していきます。

スマホの温度が上がる原因は、ほとんどがスマホの内部に搭載されているバッテリーによってであり、スマホのバッテリーに使用方法や充電方法に気をつけることで、対策することが可能です。

それでは、スマホの温度が上がる原因について詳しくご紹介していきますので、一緒に見ていきましょう。

バッテリーの劣化

スマホの温度と湿度の測定道具と管理・目安|下げる/上がる

スマホの温度が上がる原因の一つとして、バッテリーの劣化が関係してきます。

スマホを長期間利用していくと、少しずつバッテリーが劣化していき、充電を行なっても長くバッテリーが持たなくなっていきます。

それによって、一日に何回もの充電を行う会するが増えて、充電や放電を繰り返すことで、さらにバッテリーを劣化させていきます。

これがスマホの温度を上げる原因の一つと言えます。

充電方法の問題

スマホを利用していて、充電中にスマホが熱くなった経験がある方もおられるでしょう。これはスマホを充電しているときが、一番スマホの内部の温度が上がる状態であり、夏時期に充電を行うとすぐに熱くなったりすることもあります。

そして、スリープ状態で充電を行なっているのであれば、そこまで熱くなることはありませんが、スマホを充電したままの状態で、スマホの操作を行う「ながら充電」を行うと、よりスマホの温度が上昇します。

スマホが発熱する原因のほとんどは、バッテリーと考えられますので、バッテリーを充電している際の、スマホの使用を抑えることで、これらを解決することができます。

スマホの適正と異常の温度について

スマホの温度と湿度の測定道具と管理・目安|下げる/上がる

最後にスマホの適正温度についてや、異常と考えられる温度について詳しくご紹介していきます。

スマホの温度が操作していて、熱いなと感じていても大丈夫なこともあり、異常な温度の際は、いつもよりスマホ本体が熱いなと感じた際の温度に近いです。なので、いつもよりスマホが熱くて不安に感じる方は参考にして見ましょう。

65度以上に達する場合は危険

スマホの温度と湿度の測定道具と管理・目安|下げる/上がる

スマホの内部が65度以上に達する場合は、とてもスマホの故障率が上がります。

ですが、65度に達するとスマホを手に持つことが難しい状態となるために、スマホを操作できているなら、心配の必要は無いとも言えます。

この65度というのは、電子機器の故障率が上がる限度の温度と言われており、スマホもこの温度にあたります。

ですので、もしいつもより温度が高いなと感じた時は、ながら充電を行なっている可能性が高いので、ながら充電を避けましょう。

もし、どうしても不安だなと感じる方は、バッテリーの劣化による要因がほとんどですので、スマホのバッテリーの交換を行いましょう。

ながら充電はバッテリー劣化・温度上昇の原因

スマホの温度と湿度の測定道具と管理・目安|下げる/上がる

今回はスマホの温度や湿度の管理の目安についてやスマホの温度が上がる原因について解説してきましたが、スマホの温度が上がる原因のほとんどは、バッテリーと関係していることが多いです。

特に、夏時期に車にて充電を行いながら、スマホのマップなどを利用すると、簡単にスマホの温度が上昇します。あまり長い時間でなければ問題ないとも言えますが、バッテリーが劣化することで、長く使用できなくなってしまう傾向にありますので、控えるようにしましょう。

そして、ながら充電を行うことを控えることで、スマホの温度上昇を避けることもできます。もしスマホが熱いなと感じた方は、バッテリーの交換を行うことで解決することもありますので、交換を行なって見ましょう。

関連記事

Related