Search

検索したいワードを入力してください

【場所別】ファーストピアスの期間・最短の期間|ニードル

Author nopic iconFelick
カテゴリ:ヘルスケア

初回公開日:2017年12月27日

更新日:2020年02月15日

記載されている内容は2017年12月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【場所別】ファーストピアスの期間・最短の期間|ニードル

ファーストピアスって何?

ファーストピアスとは、ピアスの穴を開けてから穴が完成するまでの期間中、ずっと外さずにつけているピアスのことを指します。ピアスの穴を開ける際に使う道具であるピアッサーに付属しており、穴を開けた瞬間にファーストピアスが埋め込まれるようにできています。

ファーストピアスの長さについて

ファーストピアスには、スタンダードとロングといった2種類の長さが存在します。耳たぶが薄いという人はスタンダードを選び、それ以外の人はロングを選ぶのがおすすめです。

ファーストピアスをした時に、前後に動かせるくらいの余裕を持たせられる程度の長さを選びましょう。長さがぴったりすぎるファーストピアスを選んでしまうと、ピアスホールを洗浄する際、ピアスを前後に動かしながら洗浄をしなくてはいけないため、非常に洗浄がやりづらいです。そのため、自分の耳たぶの厚さよりも3㎜程度長いピアスを選ぶことがポイントです。

ファーストピアスの太さについて

ファーストピアスの太さについては、1.2㎜程度がおすすめです。16Gと書かれているピアスがその太さに該当します。将来的には穴の小さい18Gのピアスを開けたい場合でも、ファーストピアスは16Gが良いです。

18Gで開けた場合、穴の太さに余裕がないため、18Gのピアスをつけた際にぎちぎちになってしまいます。そのため、穴が完成して間もないころに18Gのピアスを脱着していると、穴が傷つきやすく、最悪の場合、穴の開け直しになる可能性があります。

ファーストピアスのデザインについて

ファーストピアスの多くは非常にシンプルなデザインをしています。飾りがごちゃごちゃついているピアスの方がデザイン性も高く、見栄えが良く見えますが、服や物などに引っかかるおそれがあります。まだ穴が完成する前に引っかけてしまうと、出血してしまったり、穴の完成が遅くなる可能性があるので、おすすめできません。

そのため、ファーストピアスはスタッドピアスのような石が一個ついているだけのシンプルなデザインを選びましょう。

また、ピアスを開けていることを周りに知られたくないという場合は、透明の樹脂でできたピアスもあります。ただし、金属アレルギーやどうしてもファーストピアスを目立たせたくないという場合以外は、金属のファーストピアスをおすすめします。

ピアスを開ける時の基本的な手順は?

ピアスを開ける人の中でも特に多いのが耳たぶの穴です。そこで、耳たぶに穴を開ける際の基本的な手順について紹介します。耳たぶに穴を開ける場合は自宅でも簡単にできます。

まず、耳たぶを消毒液で消毒します。次に、穴を開けたい場所を決め、その場所をペンでマークしておきます。垂直になるように鏡で確認しながらピアッサーをセットして、両手を使って一気に穴を開けます。

この時、穴を開ける恐怖から手を途中で離してしまう人もいますが、そうしてしまうと中途半端に穴が空いてしまったり、耳たぶから出血してしまって、穴を開ける日を改めなくてはいけなくなる場合もあるので要注意です。無事ファーストピアスがついたら、最後に貫通していることを確認して完成です。

ちなみに、耳たぶ以外に穴を開ける場合は、ピアスの穴を開けてくれる専門のお店があるので、そこで開けてもらうことをおすすめします。

ファーストピアスはどのくらいの期間が必要?

ファーストピアスは一度つけたら、穴が完成する4週間目~6週間目までは基本的に外しません。寝る時も、お風呂に入る時も、ずっとつけっぱなしの状態にします。一体どのくらいの期間ファーストピアスをつけていれば良いのか、以下の項目で詳しく解説します。

最短の期間だとどれくらい?

通常だと1か月以上かかりますが、耳たぶが薄い人などは3週間程度で完成する場合もあります。ホールが乾いており、ファーストピアスを回転させてみてスムーズに周るようであれば、ファーストピアスの期間は終了です。セカンドピアスにつけかえることができます。

1週間でも穴は完成するの?

どんなに耳たぶが薄い人でも1週間程度の短い期間では穴は完成しません。穴が完成していないのに、無理やりセカンドピアスに切り替えてしまうと、穴を傷つけてしまう原因になるのでやめましょう。

場所別に紹介!ファーストピアスの期間について

【場所別】ファーストピアスの期間・最短の期間|ニードル
※画像はイメージです
出典: Piercing - Free pictures on Pixabay

ここまでは耳たぶに開けた穴について書いてきましたが、穴を開ける場所によって、ファーストピアスの期間は異なってきます。

ですので、以下の項目より場所別にファーストピアスの期間について紹介していきます。耳たぶ以外に穴を開ける人はぜひ参考にしてみてください。

おへそに開けた場合の期間はどのくらい?

おへそにピアスを開ける場合、耳たぶにつけるピアスよりも太い14G(1.6mm)のファーストピアスをつけることがあります。また、耳たぶと比較して、へそピアスは穴も安定しにくいため3ヶ月~半年程度の期間がかかります。

舌に開けた場合の期間はどのくらい?

舌にピアスを開けた場合、ファーストピアスの期間は少なくとも2週間程度はかかります。穴を開けてからしばらくの期間は痛みや腫れが出る場合もあるので、ピアスを口の中でゴロゴロと転がすのは避けましょう。また、食べ物などのカスにより、雑菌なども発生しやすいため、口腔ケアはこまめに行いましょう。

口元に開けた場合の期間はどのくらい?

口元にピアスを開けた場合、個人差はありますが約3〜4ヶ月の期間で完成します。穴を開けてから最初の2日間はピアスを動かさないようにし、舌ピアスと同じく、細かい口腔ケアを行うことがポイントとなってきます。

鼻に開けた場合の期間はどのくらい?

鼻にピアスを開けた場合は、穴が安定するまでに最低でも1か月程度の期間がかかります。わりと安定するまで時間がかかりませんが、鼻は敏感な場所で、穴がまだ安定しない期間に誤ってぶつけてしまうとかなりの痛みが走ることもあるので注意が必要です。

手に開けた場合の期間はどのくらい?

指と指の間である、指間膜の部分にピアスの穴を開けるスタイルもあります。指間膜のピアスが安定するのは、2か月~1年以上と人によってかなり期間に差があるので、開けてみないと何ともいえないといった所です。

耳たぶに開けた場合の期間はどのくらい?

耳たぶに開けた場合は、先述したように約1か月程度の期間で完成します。ファーストピアスを早く外して、おしゃれなピアスに付け替えたい気持ちにかられることもありますが、安定するまでの期間はファーストピアスをいじらないで我慢することが、早く穴が安定しやすいポイントでもあります。

耳の軟骨に開けた場合の期間はどのくらい?

耳の軟骨にピアスを開けた場合は、安定するまでに6か月程度の期間が必要となります。耳たぶのピアスと比較をすると、安定するまでに長い期間が必要となるので忍耐が必要です。

ニードルで開けた場合のファーストピアスの期間について

ピアスを開けることに慣れていない人はピアッサーを使って開けることが多いですが、ピアッサーではなく、ニードルという鋭い針を使ってピアスを開けることもできます。

ニードルを使うと、穴が綺麗に開きやすいといったメリットがあります。また、ピアッサーに比べて、短期間で穴が安定するともいわれています。ニードルを使ってピアスの穴を開けた場合、確かに短い期間で穴が安定する傾向にありますが、耳たぶの厚さによってその期間はさまざまで、2週間程度で安定する人もいれば、1か月程度かかる人もいます。

正しい知識をつけてピアスを開けよう

ピアスを開ける際には正しい知識をつけた上で、適切に行うことが重要となってきます。誤った方法で穴を開けたり、ケアや期間を守らないで穴をいじってしまうと、なかなか穴が完成しない原因にもなりかねません。ピアスを開けようか迷っている人は、正しいピアスの知識をしっかりと勉強した上で開けるようにしましょう。