Search

検索したいワードを入力してください

電子タバコの本体・フレーバー・交換用コイルの種類・違い

Author nopic iconみのすけ
雑学 / 2018年02月16日
電子タバコの本体・フレーバー・交換用コイルの種類・違い

電子タバコ本体の種類と違い・値段はいくらぐらい?

「電子タバコ」は、ニコチンを含まないリキッドを専用のVAPEと呼ばれる本体に注入して電気の熱によって発生する水蒸気を吸ってリキッドの味や香りを楽しむものです。リキッドにはたくさん種類があって色々な味や香りがあります。

リキッドを注入するのが面倒な場合は、タバコのような形をしたスティックタイプで使い捨てタイプの「電子タバコ」もあります。こちらは、香りや味に限りがあります。ここでは、「電子タバコ」にはどのような種類があるのか、大体の値段はどれくらいかかるのかなどをご説明していきます。

eGo-t

eGo-tは、初心者でも扱い安いスティックタイプの「電子タバコ」です。スタイリッシュなデザインで携帯しやすくカラーも豊富で値段が手頃なので人気があります。

eGo-tの透明なタンクの中に真ん中に通っている穴に入らないようにリキッドを入れて、電熱で加熱する事で発生する水蒸気を吸ってリキッドの味と香りを楽しみます。水蒸気による煙もでるので、タバコを吸ったような気になり禁煙にもなります。

初心者のライトユーザーとミドルユーザー向けです。値段は、1,000円~5,000円位です。初心者向けスターターキットはamazonで1,700円前後で購入できます。

eGo AIO

こちらも手頃な価格で初心者におすすめの、リキッドを蒸気化させるアトマイザーとバッテリーが繋がっている本体一体型のVAPEです。上記のeGoよりもドッシリとした太目のデザインになっています。大きさは手のひらサイズでコンパクトです。本体一体型なので横にしても液漏れが無く持ち運びに便利です。

eGo AIOはコイルの空焚きを防ぐために、使い始めや交換時には、必ずコイルの中央の穴の部分に数滴ほどたらしておきます。タンクにMAXと書かれてある線までリキッドを入れコイルをセットしたら、リキッドを馴染ませるために、15分ほど置いてから使用するようにしましょう。

トップキャップが下に押しながら回さないと開かないチャイルドロックが付いているのもこのVAPEの特徴です。値段は、amazonで3,000円~4,000円前後で販売されています。スターターキットはネット通販で、2,800円前後で購入できます。

JT

JTが販売している PloomTECH(プルームテック)は、カートリッジ内のリキッドを熱して水蒸気を発生させ、タバコの葉を詰めた専用のカプセルに水蒸気を通過させる事で、タバコの味と香りを楽したのしむものです。「電子タバコ」ではなく、タバコの葉を詰めた専用のカプセルを使用しているので、「加熱式タバコ」になります。

PloomTECH(プルームテック)は、火は使わずに電熱で水蒸気を発生させてタバコを楽しむものなので煙が発生せず、周囲に煙で嫌な思いをさせる心配がありません。煙のように見えているのは、水蒸気です。これをJTでは、「たばこベイパー」と呼んでいます。

購入価格など

2018年1月10日から取り扱い店舗が8都市に増え、東京都内のコンビニのみの販売ですが、予約なしで購入する事ができるようになりました。スターターキットは税込で4,000円です。カートリッジとたばこカプセルは別売りになります。(1組460円)ネット通販でも購入できます。2018年6月末には全国で販売されます。amazonでも、スターターキットが5,000円~5,500円と少し高めですが、購入できます。

kamry

Kamryは、「電子タバコ」と「加熱式タバコ」の両方の種類があります。それぞれの特徴などをご説明していきます。

Kamry Mini X9

Kamry Mini X9は、KamryX7とKamryX8Jよりもコンパクトで、持ちやすいステンレス製のVAPEです。どちらかというと初心者向けのVAPEです。

使い方もシンプルで、アトマイザーにリキッドを入れ過ぎないように注入したら、スイッチボタンを2秒以内に素早く5回押すと電源がオンになります。電源が入ったらスイッチボタンをゆっくり押しながら吸います。終了する時も2秒以内に素早く5回押すとオフになります。

電池残量が色でわかるのも初心者に向いています。白が、「フル充電」で青が、「まだ充電しなくても良い」赤が、「充電が必要」という仕組みになっています。値段は、amazonで2,900円+送料で購入できます。

Kamry ecig 2.0 Plus

Kamry ecig 2.0 Plusは、アイコスの互換品でアイコスのカートリッジを差し込んで吸う事ができる「加熱式タバコ」です。使い方は、アイコスのたばこカートリッジをしっかり差し込んだら、電源をいれて、ボタンを3回押します。ボタンに付いているLEDが自動で5秒点滅するので点滅が終了したら、たばこカートリッジを吸う事ができます。(約3分30秒吸えます。)

電源の入れ方、止め方は、素早く5回ボタンを押すとオンになり素早く5回ボタンを押すとオフになります。たばこカートリッジの燃えカスが残りやすいので、マメに掃除をしましょう。値段は、amazonで約4,600円で購入できます。

電子タバコのリキッドフレーバーの種類一覧

「電子タバコ」には、リキッドの種類がどのくらいあってどのような時に吸うと良いのか、ざっとですが表にしてみました。リキッドを選ぶのに迷ったら参考にしてみてください。

種類フレーバー備考
フルーツ系・アップル・レモン・マスカット・オレンジ・ブルーベリーなど気分転換に
スイーツ系・バニラ・ケーキ・クッキー・チョコ・和菓子などダイエットや疲れた時に
ドリンク系・エナジードリンク・コーラ・ラムネ・ミルクティー・緑茶など一服したい時
たばこ系・マルボロ・セブンスター・メビウス・マイルドセブンなどタバコが吸いたくなった時
清涼系・メンソール・ミントなどガツンとした刺激が欲しい時
その他・ぶどう酒・ピザ・カクテルなど変わり種のリキッド

メンソールは何にでも合う

メンソールは、そのままでも良いのですが、色々な種類のリキッドに混ぜる事ができます。また、喫煙者の人がVAPEで禁煙すると、物足りないと感じる事があります。そんな時は、喉にガツンと来るハードメンソールがおすすめです。初心者には、アップルメンソール味やマスカットメンソール味などがとっつきやすいのでおすすめです。

マルボロ風味のリキッド

一覧表にもあります、マルボロ風味のリキッドは甘めの味にメンソールをきかせているといった感じで、実際のたばこのようにはいきませんが、強めのハードメンソールとブレンドすると喉への刺激があって物足りなさをカバーしてくれます。

Lunar Rover 30ml BLK(ビーエルケー)

アメリカ産のたばこ風味のリキッドです。たばこそのものとはいかなくても、喫煙経験がある人からは、たばこのような風味もあって美味しいと評価されています。BLKにメンソールを混ぜるとよりたばこに近い刺激を味わう事ができます。

電子タバコ交換用コイルユニットの選び方

「電子タバコ」のコイルユニットとは、アトマイザーというリキッドを水蒸気に変える部分の事を言い、コイルはアトマイザーの部品の一部で、コイルには綿(ウイック)が入っておりこの綿(ウイック)にリキッドを染み込ませます。

リキッドが染み込んだ綿(ウイック)に電熱で熱する事で、水蒸気を発生させます。リキッドを入れて溜め込む部分をタンクと言います。VAPEにはアトマイザーとタンクが一緒になっている物が一般的です。

コイルは消耗品なので吸い方にもよりますが、大体2週間~3週間ほどで交換するようにします。アトマイザーによって使用するコイルも変わっていきます。使用しているVAPE専用のコイルを使うようにしましょう。コイルは、amazonで5個入り2,000円~3,000円前後で購入できます。

コイルはVEPEに合った専用の物を買おう

例えば、爆煙のでるVAPEのAtlantisのコイルユニットを交換する時は、Atlantis用BVC交換用コイル(0.5Ω)サブオーム 5pcを購入するようにします。爆煙と味を同時に楽しめるASPIRE の交換コイルは、ASPIRE コイル Nautilus BDC 1.6Ω 電子タバコ用 5個セットを購入するといったように、使っているVAPE専用のコイルを購入するようにしましょう。

電子タバコのカートリッジの種類

「電子タバコ」にはリキッドを入れるVAPEと、カートリッジを交換するだけで良いたばこサイズの物があります。たばこサイズには、1回限りの使い捨てタイプとカートリッジを交換するタイプの2種類があります。ここでは、カートリッジを取り換えるタイプのカートリッジのフレーバーをご紹介します。

FLEVO

FLEVOは、たばこサイズの「電子タバコ」です。VAPEのようにリキッドを注入したり、ボタンを押して使うという面倒な事をしないで、カートリッジを交換して吸うだけで自動的にスイッチが入るお手軽な「電子タバコ」です。FLEVOのカートリッジの中に入っているフレーバーリキッドは、食品衛生法で認可されている成分だけを使った国内産なので安心です。

充電は、附属のUSBアダプタを使ってPCなどに差し込むだけです。FLEVOのスターターキットは、amazonで950円+送料(2,000円以上で送料無料)で購入する事ができます。

FLEVOのカートリッジ

FLEVOのカートリッジは、5種類だけです。・メンソール・タバコフレーバー・ビタミンベリー・ライムメンソール・フルーツミックスの5つです。タバコフレーバーはニコチンの含まれている物ではなく、タバコのような味わいのフレーバーです。カートリッジの主成分は植物性グリセリン、プロピレングリコール、香料です。ビタミンベリーにはビタミンB12が入っています。

カートリッジは、1箱に5個入っています。吸い方にもよりますが、1箱約120回吸えます。値段は、amazonで1,500円前後で購入できます。

成分について

植物性グリセリン(VG)は、保湿成分として化粧品はもちろん、食品にも添加されているほのかな甘みがあり、粘性のあるアルコールの一種です。プロピレングリコール(PG)は、毒性があると言われていますが、薄めて使用する分には問題ないとされています。湿潤性、保湿性、保存性の高い無味無臭の添加物で、主に化粧品や医薬品、日常品、食品など幅広く利用されている物です。

この2つの成分の割合で、煙の量などが変わります。VAPEリキッドにも同様の物が使われています。

特徴別おすすめの電子タバコの種類

「電子タバコ」には、爆煙を楽しみたい人用としかっりとした味を味わいたい人用と爆煙も味も楽しみたい人用などの種類があります。そこで、味や香りを楽しめて、爆煙も楽しめるVAPEと爆煙ではないVAPEをご紹介します。

爆煙も味もタイプ THORVAP ® Ebox 40W TF2 Mini 2200mAh

THORVAP ® Ebox 40W TF2 Mini 2200mAh がおすすめです。普段は煙が控えめな味を楽しむタイプの種類のVAPEです。電力調整モードが付いていて、小数点の第一位まで調整ができるので水蒸気の量とリキッドの風味も細かく調整ができます。爆煙も味も楽しみたい人に向いている人気のVAPEです。amazonで約4,000円で購入する事ができます。

Blockquote firstBlockquote second

スリムタイプでとてもコンパクトなVAPEスターターキットです。
MODが厚み幅共に大きくなく見た目にもとてもスマートです。
男性だけじゃなく女性でも完全に握り込める太さです。
手の中に隠れる程のサイズなので目立つ事もありません。

味わいを楽しむAspire アスパイア 「K2 Quick Starter Kit( pink)」

爆煙を楽しむのではなく、ゆったりとした気持ちでVAPEを楽しみたい人におすすめのVAPEです。カーボン素材で男女兼用の細身のペンタイプのVAPEです。amazonで7,000円前後で購入できます。

国産のVAPEリキッドにはニコチンが含まれていません

日本での「電子タバコ」には、ニコチンを含んだリキッドの販売は、薬事法により禁止されています。ただし、外国ではニコチン入りリキッドを販売しているので、禁止薬物ではない事から、個人輸入は認められています。(使用は本人のみで、人に譲っても、ブレンドしてプレゼントしてもいけません。)

国産のリキッドは、日本食品分析センターで成分を分析を依頼して有害物質は含まれていないかどうかをチェックしているので、安心して使用する事ができます。

電子タバコの注意点

日本での、「電子タバコ」と呼ばれている物に使われているリキッドには、ニコチンが含まれていないので、禁煙グッズとしても人気があります。VAPEリキッドのフレーバーの種類が豊富なので、色々な味の種類が楽しめて、長く続ける事ができます。

「電子タバコ」は、ニコチンが入っていない物ですが、20歳以上の大人が楽しむ物なので、未成年者の方は楽しむ事ができないのでご注意ください。

ビタミンが含まれている電子タバコ

ビタミン入り「電子タバコ」でおすすめは、ビタフルです。8種類のフレーバーが楽しめ、煙もいい香りで女性に人気です。ビタフルは、使い捨てタイプとカートリッジ交換タイプの2種類があります。使い捨てタイプのビタフルはフレーバーによって「電子タバコ」に色が付いています。カートリッジを交換するタイプのフレーバーは使い捨てタイプよりも少ない4種類です。

ビタフルの使い捨てタイプの値段は、amazonで一本1,050円(2,000円以上の注文で通常送料無料)で購入できます。充電式スターターキットは、1,598円(2,000円以上の注文で通常送料無料)で購入できます。

タバコと電子タバコの値段の違い

たばこより「電子タバコ」の方がお財布に優しいです。月にいくらかかるか見てみますと、たばこにかかる費用420円を1日で1箱喫煙するとしますと30日計算で12,600円になります。

電子タバコにかかる費用は、最初の1ヶ月では、本体が4,000円と15mlのリキッドを1,080円とします。交換用のコイル5個入り1,088円を購入すると合計で、6,168円になります。リキッドは1ヶ月に2本使うとすると7,248円が初期費用になります。最初の1ヶ月で5,352円「電子タバコ」の方が、安くなります。

次の月からはリキッド代の2,160円とコイルは2個ずつ交換するとして、2個のコイル代は544円とすると2,704円のみがかかります。次の月からのたばことの差額は9,896円になるので、断然「電子タバコ」の方がお財布に優しくてお得です。

国内製電子タバコリキッドフレーバーの種類のご紹介

国内製電子タバコリキッドフレーバーの種類はスィーツやジュース味もあります。どのようなリキッドがあるのか、amazonの画像でご紹介していきます。リンクが貼ってあるので、気に入ったら覗きに行ってみて下さい。

FANTA ZOO 国内製電子タバコ・VAPE用リキッドフレーバー(コーラ味)

FANTA ZOO 国内製電子タバコ・VAPE用リキッドフレーバー(コーラ味)11ml 天然香料でさっぱりとした味付けになっています。日本人の口に合うように作られているリキッドです。

FANTA ZOO VAPE用日本国内製造電子タバコリキッドフレーバー(キャラメルクリーム)

FANTA ZOO VAPE用日本国内製造電子タバコリキッドフレーバー(キャラメルクリーム)11mlは、天然香料を使ったリキッドで、日本人の口に合うように調整して作られた物です。

Blockquote firstBlockquote second

キャラメルの味が嫌いじゃない方は初めてのリキッド選びでも満足出来るぐらいのキャラメルリキッドです。
私はハーブスティックエコで使うので本来の使い方ではないと思いますが、アップルメンソールよりも飽きない感じが良いです。

5本セット 選べる 電子タバコ リキッド Vaporever ヴェポレバー ブランド E-Liquid 5ml 20種類 フレーバー (レッドブルメンソール)

安全で高品質のリキッドフレーバーです。全世界で人気の高いブランドVaporeverの E-Liquidです。フレーバーは、20種類あります1本5ml×5本セット990円画像のリキッドは、レッドブルメンソール風味リキッドフレーバーです。

電子タバコは禁煙におすすめです!

「電子タバコ」は喫煙者だけではなく、吸わない人にも支持を得ています。副流煙もなく、火を使わないので安全性が高いです。新しい分野のため、健康被害の話も度々とりだたされる事があり、第三者機関である日本食品分析センターに成分の分析を依頼してホルムアルデヒドなどの有害物質が含まれていない旨の検査結果を、メーカーのHPなどで発表しています。

国産のリキッドについては安全が確保されています。外国のリキッドには、残念ながら有害物質が含まれている粗悪品もあるので、外国産のリキッドを買う時はなるべく有名ブランドやメーカーの物を選びましょう。

VAPEは、たばこのように水蒸気が口や鼻からでるのでたばこを吸っている気になり、色んな味や香りの種類のリキッドで、たくさんの種類の味や香りを楽しみながら禁煙ができる「電子タバコ」です。VAPEで楽しく禁煙して健康になりましょう。

関連記事

Related