Search

検索したいワードを入力してください

キャンプでおすすめの食事・作り方やレシピ・必要な道具|初心者

Author nopic iconうみまる
カテゴリ:お出かけ

初回公開日:2018年01月13日

更新日:2018年01月13日

記載されている内容は2018年01月13日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

キャンプでおすすめの食事・作り方やレシピ・必要な道具|初心者

キャンプにおすすめの食事は?

夏を中心に、1年中楽しめるキャンプの食事はどのようなものを作っていますか。せっかくのキャンプですから、キャンプならではの食事を楽しんだり、普段のキッチンでは作れないような食事を作ったりすることがキャンプの楽しみの1つでもあるでしょう。

キャンプに行っても、準備や後片付けが苦手、料理自体が苦手だから食事は作らず、コンビニやスーパーですぐに食べられるようなものを持参する、という方も中にはいるのではないでしょうか。

キャンプの楽しさは、食事作りがあってこそです。大自然の中で、室内とは全く違うキッチンで、限られたものだけを使用して作る楽しさがあります。

今回は、キャンプでおすすめの食事の作り方やレシピをご紹介していきます。

キャンプデビューの初心者おすすめの鉄板レシピをご紹介

キャンプ初心者の方は、キャンプでの食事をどうしたらいいか迷ってしまうことが多いです。初心者の方は、キャンプの食事に定番のBBQを選ぶ方が多いのではないでしょうか。BBQは1番簡単に作れ、誰でも楽しむことができるので人気です。

BBQの他にも、初心者の方でも簡単に作れるレシピはたくさんあります。特別な道具がいろいろ必要だと思いがちですが、特別な道具がなくても、簡単に美味しくできる作り方やレシピはたくさんあるので、チャレンジしてみましょう。

それでは、初心者におすすめの簡単な作り方やレシピを見ていきましょう。

初心者におすすめ簡単レシピ

子供絶賛♪フライパンで簡単鶏ももパエリア。

初心者におすすめのレシピは、フライパンで作ることができるレシピです。その中でも、難しいと思いがちな「パエリア」がとてもおすすめです。

パエリアは、パエリア専用の鍋を使用しないと作るのが難しいと思う方が多いのではないでしょうか。しかし、パエリアはフライパンでも十分美味しく作ることができ、その上とても簡単です。フライパンで作ると、キャンプでの後片付けも楽なのでおすすめです。

現在は、パエリアの素なども販売されているので、ひとつずつ調味料を揃えなくても、誰でも簡単に本格的なパエリアが作ることが可能なので、初心者の方にぜひ試してほしいレシピです。

初心者の作り方のポイント

初心者におすすめのキャンプでの食事の作り方のポイントとして、なるべく少ない道具と食材で作れるものにしましょう。また、自宅で作ったことがある料理ですと、作りやすくて良いでしょう。少し凝ったものを作りたい場合には、自宅から下ごしらえをしてから、キャンプ場で簡単に作れるようにしておくと良いでしょう。

キャンプでの料理で失敗しないために、初心者の場合は使い慣れたキッチン道具を使うと良いでしょう。普段使わない、慣れない道具を使うと、油加減や火加減などで失敗するリスクが高まります。アウトドアに慣れるまでは、使い慣れたフライパンや鍋を使いましょう。

キャンプで子供が喜ぶ食事メニューは?

キャンプで子供が喜ぶ食事メニューとして、定番のBBQも良いですが、キャンプでは大定番の「カレー」がとてもおすすめです。また、「チーズ」を使用した食事メニューや、「パン」を一緒に作るのもおすすめです。

チーズを使用した食事メニューで1番おすすめなのが、チーズフォンデュです。パーティーなどで自宅でやる方が多いですが、キャンプでも楽しめます。食材も子供の好みに合わせ、美味しさはもちろん、食事をしながら楽しめるところが子供に喜ばれるでしょう。

少々手間はかかりますが、フライパンやダッチオーブンなどで作れるちぎりパンは、一緒に作ることや焼き立てのパンを美味しく食べられるので、とてもおすすめです。

ファミリーキャンプの場合

キャンプでカレー

キャンプの食事と言ったら、カレーと思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。大定番のカレーは、子供から大人までどの世代でも大人気です。キャンプで作るカレーは、自宅で作るカレーよりも美味しく感じる方が多いのではないでしょうか。

何かと荷物が多いファミリーキャンプは、鍋1つで作ることができるカレーがとてもおすすめです。キャンプ場で食事を余らせてしまうと、処理や持ち帰りに困ってしまいますが、キャンプ場でたくさん作ってしまっても、カレーはたくさんアレンジが利くので、他の料理にして最後まで美味しく食べられるでしょう。

キャンプで食事を作るときに必要な道具は?

キャンプ場の種類にもよりますが、キャンプで食事を作るときに必要な道具は、料理をする上で必ず必要になる包丁やまな板はもちろん、フライパンや鍋、お玉などのキッチンツールの他に、カセットコンロなどがあると便利でしょう。

焚き火をして食事を作る場合にはカセットコンロは必要になりませんが、万が一焚き火が使えなくなった場合を考えて、カセットコンロを準備しておくと困りません。焚き火とカセットコンロを2つ使用して、たくさん料理を作るのも良いでしょう。

キャンプで食事を作るときにおすすめの道具

キャンプでの食事作りに慣れてきたら、いろいろなキャンプメニューに挑戦したくなります。普段使用しているフライパンや鍋の他に、スキレットを使用してみませんか。

スキレットは、料理の幅を広げたり、料理をよりおいしく仕上げることができるので、多くのキャンパーたちに愛用されています。普段使いのフライパンなどに比べて、重量があるのとお手入れが手間取りますが、使用していくうちに慣れてしまうので、1度試してみてください。

スキレットの種類はいろいろありますが、中でもおすすめのスキレットをご紹介します。

LODGE ロジック 9インチ スキレット フライパン

LODGEは冷めにくい保温性が特徴です。季節によっては、野外でのキャンプはすぐに料理が冷めてしまうことがありますが、LODGEは保温性に優れているので、キャンプでの使用にとてもおすすめです。

LODGEのスキレットのサイズは多くありますが、キャンプをする上で1番おすすめのサイズが9インチです。小さいサイズよりも、9インチならこちら1つでいろいろな料理を作れます。また、調理器具としての使用はもちろん、そのまま器として使用してもオシャレに見えると人気です。

Blockquote firstBlockquote second

ダッチオーブンで焼くと,鶏肉は外側ぱりっと中ジューシー!野菜も甘い!
単純なお料理が,すっごくおいしくなります!
油跳ねは結構すごいけど…でも,とってもおススメです!

キャンプの食事におすすめのレトルト商品は?

キャンプで連泊をした場合など、毎回食事を作るのは大変です。また、キャンプで食事作りに時間をかけることができない場合などもあるでしょう。そんな場合におすすめのなのが、レトルト商品です。

キャンプならではの料理をすることもキャンプの楽しさの1つですが、レトルト商品をそのまま食べたり、アレンジして食べたりすることも良いでしょう。

レトルト商品はたくさんありますが、キャンプでは作るのが難しいものや、余った食材と合わせてアレンジできるものを選ぶのがおすすめです。

無印良品のレトルト商品

数多くあるレトルト商品の中でも無印良品のレトルト商品がおすすめです。キャンプで大定番のカレーが無印良品には種類がたくさんあります。キャンプではなかなか作れそうにない味のカレーもあるので、いくつかの種類を買って食べ比べするのも良いでしょう。

カレーの他にも、パスタソースやスープ、ご飯の素やご飯にかけるものなど、たくさんあります。キャンプの食事を簡単にしたい場合には、無印良品のレトルト商品はとてもおすすめです。

キャンプ飯を楽しもう!

キャンプでの食事は、キャンプを楽しくさせるためにとても大切です。キャンプをしても、いつも同じメニューや普段作らない料理には挑戦しないままではありませんか。難しいと感じている料理も、やってしまえば意外に難しくなかったということは多いです。キャンプをより楽しむために、いつもとは違う料理に挑戦してみませんか。

キャンプにぴったりの料理はたくさんあります。また、普段自宅で作っているものでも、キャンプ場で作ると普段と違う感じ方ができるでしょう。いつもとは違う食事、キャンプ飯を存分に楽しみましょう。