Search

検索したいワードを入力してください

【種類別】モデムの寿命の目安は何年か・寿命の症状|レンタル

Small 960c7c76 cd24 4626 8511 bf29bcace4daNAZE
カテゴリ:ガジェット

初回公開日:2018年02月20日

更新日:2020年05月19日

記載されている内容は2018年02月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【種類別】モデムの寿命の目安は何年か・寿命の症状|レンタル

種類別モデムの寿命の目安は?

アナログ信号とデジタル信号を変換する機器であるモデムは、近年のインターネット回線の普及も相まってその普及率が高まってきています。それに伴いモデムが寿命によって故障するケースも増えてきているので、自宅で使用しているモデムの寿命の目安を知っておきたい人は多いのではないでしょうか。

また、モデムは高価なのでレンタルが主流ですし、他の接続機器と違って交換の機会が少ないので寿命による故障は頭に入れておくべきです。そこで今回は、種類別モデムの寿命の目安やモデムに寿命が来た時の症状などについて紹介します。

ADSLモデムの寿命の目安は?

ADSLモデムの寿命の目安はおおよそ7~10年程度です。基本的に24時間電源ONで使用するので頑丈に作られており、電話機に近い製品ですから比較的壊れづらいですが、高温・多湿・塵埃などの環境には弱いので設置環境によって寿命は多少前後します。

また、モデムがレンタルの場合にはそれ以前の使用状況や使用年数によっても寿命が変化するので、個体差も関係してきます。ただ、一般的な目安としては7~10年程度だと考えてください。

フレッツ光モデムの寿命の目安は?

フレッツ光モデムの寿命の目安は5年程度、長く見積もってもADSLモデムと同じで7~10年程度です。厳密には、光回線で使用する端末はモデムではなくONU(光回線終端装置)ですが、変換する信号が異なっているだけで一般的には光モデムとも呼称されています。

このONUの寿命が短いのは同じ回線終端装置であるDSUと比較した時に、コストを抑えて製造しているからであり、発熱や過電流による劣化が激しいとされています。またONUの仕様は昔から大きく変わっていないので、年数が経った端末が多いというのもONUの寿命が短い一因です。

NTTモデムの寿命の目安は?

NTTモデムの寿命の目安はADSLやVDSLの場合には7~10年程度、ONUの場合には5~10年程度です。NTTが提供しているモデムやONUは他社製品と大きな違いはないので、寿命に関しても共通していると考えて問題はありません。

とはいえNTTのモデムもレンタルの場合にはリサイクル品がほとんどですから、それ以前の使用状況や個体差によって寿命は変化するという点には注意が必要です。

J:COMモデムの寿命の目安は?

J:COMモデムの寿命の目安は4~7年程度です。J:COMは契約しているコースによってそれぞれモデムが提供されるのですが、製造元はモトローラや東芝などさまざまで型番も複数あります。ですから、一つに絞って寿命や耐用年数を見てもあまり意味がありませんので、ここでは民生品の平均的な寿命である6年程度を目安としてください。

モデムに寿命が訪れた時の症状は?

モデムはインターネットに接続するための基本的な機器なので、寿命によって故障するとインターネット接続に関連した症状が発生します。

軽度な症状としては、スマートフォンやPCなどのデジタル端末でインターネットに接続した際に、通信速度が普段よりも低下する場合があります。通信速度の低下はモデムの故障以外にもルーターや端末側の問題、プロパイダの回線規制などで発生するのでモデムが原因だと断定する事は難しいですが、ブラウジングすら厳しくなった時にはモデムの故障が考えられます。

接続すらできなくなる場合も?

モデムの故障の状況によってはインターネットへの接続が連続して切断する場合もあります。この症状は通信速度の低下と同じくモデム以外も原因になりやすいですが、モデムが原因だと連続した切断が日をまたいで発生するので区別を付けやすいです。

また、故障がひどいと接続そのものができなくなってしまい、こうなるとブラウジングやメールの送受信など、インターネット接続が必要となる全ての作業が不可になります。このようにモデムの寿命から来る故障は大小の差はあれど、一度発生すると日常生活や仕事にも影響が出てしまうので、設置する環境などには気を配りましょう。

レンタルモデムに寿命はきていないのか?

モデムは通常各プロパイダと契約した際にレンタルするのですが、貸し出されたモデムに寿命がきている事もありえます。

なぜならレンタルモデルのほとんどはリサイクル品なので、それ以前に解約した人が使っていたモノや修理したモノもレンタルの対象になります。なので、長期間使用されていたモデムが手元に回ってくる場合もあるのですが、基本的には貸し出す前にクリーンナップや点検を行って問題がない状態に整えます。

とはいえ、モデムの寿命は外見からでは判別が付きませんし、いくら修理保全を行っても経年劣化は避けられないでしょうから、レンタルモデムにはある程度寿命がきているという認識は持っておきましょう。中には劣悪な状態のモデムを貸し出され、1~2年程度ですぐに故障したという報告もあります。

モデムが寿命で故障した場合には?

もしモデムが寿命で故障した場合にはどうしたら良いのでしょうか。そういった時には、まず本当にモデムが故障したのかどうかを確認しましょう。上記のとおりインターネットへの接続が不安定になる問題はモデム以外も原因になりやすいので、それだけで故障したと断定する事は早計です。

基本的にモデムにはアラームや通信状態を示すランプが付いていますから、取扱説明書を見て一つずつ確かめていき、アラームランプなどが点灯しているならば故障していると判断できます。

ただ、最近だとペーパーレス化の流れで電子版しか用意していないメーカーも増えつつあるので、そういった時にはスマートフォンのモバイルデータ通信を使用するか、事前に印刷しておく必要があります。

個人でできる対処法は?