Search

検索したいワードを入力してください

契約社員の面接の服装・内容・正社員との違い|質問/志望動機

Small 6ceb6355 1ad3 4b86 a1f6 baee16ebf1f4マサ
転職・就職 / 2018年01月28日
契約社員の面接の服装・内容・正社員との違い|質問/志望動機

契約社員の面接の服装

私服

契約社員であっても面接はスーツを着用した方が、好印象を与えるケースが多いです。しかし職種によっては、私服での面接でも構わないと思っている面接官もいるでしょう。わざわざ求人票に、面接時は私服で来てくださいと明記しているケースもあります。

そんな場合はあまりに派手な私服は着用せずに、地味な色の私服で面接に臨めばいいでしょう。面接には私服で来てくださいという会社は、ありのままの応募者の姿を見たいと思っている可能性があります。私服での面接を受け付けている会社の面接では、素直に自分の能力や意欲をアピールしましょう。

スーツ

求人票に面接時の服装のことを書いていない場合は、スーツを着用して面接に臨んだ方が無難でしょう。スーツを着用するのは、最低限の礼儀を示す意味もあります。だらしない服装で面接に臨めば、性格もだらしないと思われてしまうでしょう。

契約社員であっても、面接時にだらしない印象を与えたら不利益になります。意欲をアピールしたら服装なんで関係ないと思う人もいるでしょう。しかし人間は見た目で評価されるケースが、思いの外多いです。

職業別契約社員の面接の質問内容

郵便局

郵政民営化に伴い郵便局は民営化されましたが、国が大株主です。そのせいか一部の郵便局では、公務員の意識が抜けていないことがあります。そんな郵便局では、無難な人材を採用する傾向が強いと推測されます。

面接のときの質問でも、無難な人間かどうかを確かめる質問がある可能性があります。郵便局にとって無難な人材とは、休まず遅れず個性が強すぎない人でしょう。面接のときは落ち着いて聞かれたことだけ、ハキハキと答えた方が面接官の印象がいい可能性があるでしょう。

郵便局では最初は契約社員として募集して、優秀な人だけを本職員にするケースが多いです。よって契約社員として働いているときも、強すぎるアピールはしない方が無難でしょう。

工場

工場も契約社員の採用が多い業界です。工場は期間工も多いですが、期間工の構成は契約社員と、派遣社員が大半である可能性が高いです。そんな工場での面接は、工場経験があり人間的に問題がなければ採用されるでしょう。しかし、現場によっては応募者が多数で違う現場を勧められることもあります。

工場は人の入れ替わりが激しい業界でしょう。こまめに工場での仕事を探したら必ず見つかるでしょう。契約社員であればなおさら見つけやすいです。大切なことは、常に求人を探すアンテナを張っておくことです。

カード会社

カード会社も契約社員の比率が高い業界です。カード会社で働いている契約社員は多いですが、職務内容によっては覚えることが多いでしょう。面接ではその点を、質問される可能性が高いです。

時給も高めのカード会社の契約社員ですが、試用期間があり試用期間内に業務に付いていけないと判断されたら、継続して働くことが難しくなる可能性があります。入力ミスや審査ミスが許されない業界なので、几帳面な人が向いているでしょう。面接官も契約社員であっても、几帳面な性格かどうかを真剣に見ているでしょう。

契約社員の面接の難易度

契約社員の面接の難易度は、会社によって異なります。期間が決まっている契約社員での採用であっても、人気企業では競争率が高く採用の基準も高くなる傾向です。どうしても受かりたい場合は、大量に求人を募集している会社を選べばいいでしょう。たとえ契約社員での応募であっても、募集数と求職者数のバランスをチェックすることは大切でしょう。

ハローワークを通して応募すれば、応募した人の数を教えてくれます。無駄な面接活動にしないためには、事前に入手できる情報は極力仕入れておきましょう。

契約社員の面接の内容

志望動機

契約社員の場合は期間が決まっている雇用契約なので、詳細な志望動機は必要ないでしょう。しかし職務内容に関連する経験は、必要とされることが多いです。過去に同じような仕事をしていたのであれば、その仕事の経験を伝えましょう。

伝えるときは決して、前の会社の悪口だけは言わないようにしましょう。それだけで採用面での、マイナスになる可能性が高いです。前の会社の離職理由を聞かれた場合は、少し脚色を加えてもいいので前向きな理由にしましょう。これぐらいの駆け引きは許されるでしょう。

履歴書には契約期間が満期になって離職した場合は、必ず契約満期につき離職と記入しましょう。面接官は応募者に対して、一抹の不安を抱いていることが多いです。そんな不安を増幅させないように、履歴書に記入するときも気を配りましょう。

契約社員として働くメリット

契約社員として働くメリットは、正社員のようにサービス残業や休日出勤が多くないことでしょう。ノー残業デーという言葉があります。残業しない日を決めるスローガンですが、正社員の場合は、守られていないケースが多いでしょう。

その点、契約社員であれば残業を断りやすいです。夜間に将来を見越して専門学校に通っている人などは、残業が少ないことは都合のいいことでしょう。契約社員としての雇用形態のメリットを活かして、将来のために自己投資することは有意義なことでしょう。

身分が不安定な契約社員ですが将来への希望が見えたら、契約社員であっても生き生きと働けるようになるでしょう。将来にやりたいことが決まっている人は、新卒から契約社員として働く選択をする人もいるでしょう。

契約社員と正社員の面接内容の違い

正社員の場合は採用の基準が高い

正社員であっても契約社員であっても、共通する面接内容はあるでしょう。しかし、正社員の面接の方がハードルが高いです。契約社員は有期契約ですが、正社員の場合は基本的には無期契約になります。無期契約の場合は勤務態度や勤務内容が悪くても、簡単にはクビにはできないでしょう。

一般的に正社員の面接が厳しいと言われる理由は、そこにあるのでしょう。しかし契約社員の場合は、有期契約になります。勤務態度や勤務内容が悪かったら、契約満期のときに契約更新をしなかったらいいだけです。雇用する側にとっては、ありがたい雇用形態です。

契約社員から正社員への道もあります

不安定な契約社員の雇用形態に嫌気がさして、正社員への道へ進む人はいます。しかしあまりにも契約社員としての勤務期間が長ければ、面接のときに質問される可能性があります。そのときになって慌てないように、事前に契約社員として働いた期間が長かった理由を、考えておきましょう。

契約社員としての勤務期間が長いからと言って、自己を卑下するような言動は慎みましょう。前向きな理由で契約社員を続けていたことを伝えると、少なくとも面接官は悪い印象は受けないでしょう。

「出世よりも得意な仕事をずっと続けたかったので、契約社員として働いていました。しかし結婚を機に正社員として働きたいと願うようになりました。」契約社員から正社員への道へ進みたい人は、このような理由で応募しましたと面接官に伝えてもいいでしょう。しかし面接官から質問されない場合は、こちらから伝えない方が無難です。

契約社員から正社員への道

昔は少なかった契約社員は、今では当たり前のようになってきました。回りでも契約社員として働いている人は、少なくはないでしょう。しかし特別な人生プランがある人以外は、契約社員としてずっと働くことは、メリットよりもデメリットが多い可能性が高いです。

大きなローン審査が認可されない可能性もあるし、結婚しても生計が不安定になります。契約社員であっても、社員としての採用を秘密裏に進めることはよくあることです。安定した家庭を築きたい方は、正社員の話があれば飛び込みましょう。そのためには契約社員としても、真面目に働くことです。

真面目にコツコツと働く契約社員を、会社は手放したくないでしょう。そんな社員は欠員があれば、社員の話が舞い込む可能性が高いでしょう。会社にとって良い人材は、会社を背負う宝です。