Search

検索したいワードを入力してください

公務員を辞めたいと思う理由・甘いのか・転職方法|女性/辛い

Small 1e5dd230 5266 4f70 a3f0 c61cff3fbc7esyshot
転職・就職 / 2018年01月19日
公務員を辞めたいと思う理由・甘いのか・転職方法|女性/辛い

公務員を辞めたいと思う理由

公務員といってもその職種や仕事内容は、多種多様です。警察官や消防署員、市役所職員や教師も公務員です。公務員は、大きく分けて国家公務員と地方公務員に分けられます。公務員は、景気の変動に左右されることなく給与やボーナス、その他の福利厚生などが一般の企業よりも手厚く保障されていることが最大の公務員のメリットといえるでしょう。

公務員試験に合格するために勉強をして見事合格し経済的安定と社会的信頼を手に入れた人は、傍からみればとても羨ましいと感じます。しかし、公務員生活を送るなかで実際に仕事をこなして公務員を辞めたいという気持に至ってしまう人も少なくありません。公務員を辞めたいという原因と理由について考えていきましょう。

辛い・不安

公務員に限らず仕事内容などが自分に向いておらず仕事に行くのが辞めたいと感じてしまうとなかなか辞めたいという辛い気持ちから抜け出せなくなります。仕事が辛いと感じてしまう原因は、地方公務員などは、細かな地域住民からのクレームなども対応しなければならないことも要因でしょう。仕事上の不安や不満、ストレスが積み重なっている状態です。

公務員は、デスクで仕事をこなしているだけではありません。公務員に対する批判の声を直接耳にすることも多いことでしょう。公務員の大部分の給与は、国民が納めた税金から支払われています。仕事上でも自分の意見は、ほぼとおりにくくルールを重視の傾向があり、思うように身動きできずに辛い思いをすることもあるのではないでしょうか。

人間関係

公務員試験という難しい試験を受けて合格し希望の職種につき目的意識をもって仕事をしていて出世しようと頑張る人もいるでしょう。しかし、組織の現実は、ほとんど年功序列の出世です。公務員の上下関係は、厳しく仕事の行動や報告を上司などに詳細に書面にして報告しなければならないなど一般企業とは、また違った特有の厳しいルールも存在します。

公務員は、個人で仕事をそれぞれこなすというよりも一致団結して大きなプロジェクトを成し遂げる仕事が多いので人間関係は、自然と複雑になることもあるでしょう。コミュニケーションをとることが苦手な人には、少し苦痛を感じてしまうこともあるでしょう。人間関係が原因で公務員を辞めたいという気持ちになる人も多いでしょう。

公務員になりたいと目標をかかげ頑張って希望どうりに公務員になったのに公務員になる前に描いていたような仕事内容や人間関係などにギャップを感じて公務員を辞めたいという気持ちになってしまう人も多くいます。公務員は、よほどのことがない限り定年まで解雇されるという安定を手に入れることができますが仕事を選べない現実もあります。

目的意識を持って公務員になっても仕事は、お客様の相手や書類の整理などの変わらない業務をしていることによって仕事に対するモチベーションが下がってしまったりしてしまう人もいます。仕事中に暇と感じてしまう時間が多くなってしまうこともあるでしょう。仕事に対する物足りなさから公務員を辞めたいと思う人は、少なくないでしょう。

育児

公務員になりたての時期は、独身の人が多いでしょう。しかし、年数を重なるごとに結婚や子どもにも恵まれ家庭を持つ人も多くなっていくでしょう。自身の家庭環境が変わる中で特に女性の方は、結婚や子どもを授かることで仕事や家事の他に育児ということが生活の中で重くのしかかってくる状況になるでしょう。

仕事と育児の両立は、とても大変です。特に子ともが小さい時期など目が回るような忙しさで毎日が過ぎていくでしょう。子どもの人数が増えれば増えるほどに女性への負担は、大きくなっていきます。育児の忙しさから仕事を辞めたいという気持ちになることもあるでしょう。また、子どもの成長を見守りたいという気持ちも大きくなっていくでしょう。

公務員を辞めたいというのは甘いのか

公務員を辞めたいという気持ちは、甘いと感じる人もいるでしょう。しかし、自分の精神状態や生活環境の変化から辞めたいと思うことは、決して甘いことではないでしょう。自身にあった働き方を考えたうえで公務員を辞める選択をすることは、決して甘えなどではないでしょう。

保育士

公務員の保育士さんの最大のメリットは、私立の保育士さんに比べると給与がかなり高いというメリットがあります。公務員は、毎年昇給することが決まっています。昇給は、公立の保育士さんも適用されています。長く勤務することによって給与が高くなり公立の保育士を辞めたいと思う人は少ない傾向があります。

しかし、子ども相手の職業ですので自分の体力や精神力が自身の年齢を重ねることで苦痛になってしまう場合は、無理をせずに辞めたいという気持ちを優先して民間の保育士となり働く選択をしてもいいのではないでしょうか。自分ができる範囲の時間や体力を考えて保育士の仕事をすることもいいのではないでしょうか。

保健師

公務員の保健師は、民間の保健師と比べて給与は、さほど変わりません。諸手当や福利厚生などが手厚く民間企業に比べてかなり配慮されています。また、保健師国家試験を受けるには、看護師の資格を取得していなければならない条件もあります。保健師の仕事は、人気ですが、公務員として保健師として就職するには、かなりの難関といえるでしょう。

公務員の保健師のデメリットは、残業がどうしても多くなる傾向があります。地域の幅広い世代への健康に関する助言や相談など、クレームなども直接受けることもまりますので思ったように定時に帰るということができない場合もあります。コミュにケーションの疲れや残業などが多いという理由で辞めたいという気持ちになる人もいるでしょう。

公務員を辞めたい人の転職のポイント

自身が公務員を辞めたいと思う本気度は、どのくらいなのか自問自答してしっかりと自分の意思をはっきりしておくことが重要です。間違いなく民間企業に比べれば、公務員は、給与や福利厚生、諸手当などもあり安定しています。そのようなメリットをなげうってまでも公務員を辞めたい気持ちがあるなら自身のためにも転職を計画的に真剣に考えていきましょう。

公務員でのスキルを活かして

自分で公務員として働いていて身につけたスキルなどを活かすといいでしょう。保育士や看護師などのその他の民間企業で活かせる免許などは持っていないでしょうか。自分を活かせるスキルや免許などがあれば、それを活かした転職先を優先に探していくといいでしょう。公務員のように給与や残業時間などで安定していないことも認識して転職先を考えましょう。

自分のやりたい仕事

公務員の仕事していて苦痛に感じてしまった事やしたくない作業などがあったら思い浮かべてみましょう。苦痛に感じてしまった作業などが公務員を辞めたいという気持ちの原因になってることも多いでしょう。しかし、民間企業でも似たような作業をする会社や職種は、少なくないでしょう。転職する際には、自身の苦痛の種になる職種を避けたほうがいいでしょう。

自分でやりたい仕事や好きな職種があるなら、目的意識を強くもって新しい環境の仕事にチャレンジしてもいいのではないでしょうか。安定のために辞めたいと思いつつも続けている公務員の仕事よりも前向きに自分のやりたい仕事をしたほうが充実した生活を送れるでしょう。

女性の公務員を辞めたいと思う理由

結婚・出産

一般企業の女性でも公務員の女性でも仕事を辞めたいと思う時期は、人生での節目を迎えたときが多いのではないでしょうか。まずは、結婚という人生の節目に家事と仕事の両立ができるのかどうかと悩み仕事を辞めたいと思い始める人も多いでしょう。結婚しても家事と仕事の両立をして仕事をこなしている人もいます。

また、出産という人生の節目に立たされたときに仕事を辞めたいと思い悩む人は、少なくないでしょう。公務員であれば福利厚生などもしっかりしていて育児休暇も民間企業からしたら取りやすいでしょう。子どもは、出産してからの育児も大変です。結婚・出産、育児などの悩みから女性が公務員を辞めたいと思う理由のひとつといえるでしょう。

職場の集まりの多さ

公務員は、仕事での人間関係も複雑になる傾向があります。職場の人間関係がプライベートの時間を犠牲にしていることも多くあります。職場では、ことあるごとに新年会、忘年会や歓迎会、送別会などの飲み会などの席が多くもたれる傾向があります。飲み会などに頻繁に参加することによってプライベートで使う時間と出費がかさんでしまうこともあります。

飲み会なども半強制的に行われる傾向が少なくない環境でしょう。参加しないことが後ろめたい雰囲気になっていることも多く、仕事以外での付き合いが頻繁なことで公務員を辞めたい理由となっていることも少ないないでしょう。

評価の曖昧さ

公務員の出世は、まだまだ年功序列の傾向もあります。女性が管理職になれるのは、ごく一部の女性でしょう。公務員になってバリバリ働いて上をめざそうとしている女性には、公務員は、それなりのルールとしがらみがあるためになかなか自由に自分の意見や行動が評価されないこともあります。日常的に評価されないことが辞めたいと思う理由のひとつでもあります。

公務員より民間企業で勤めたほうが自分を自由に表現でき自身のスキルも磨くことができるのではないかと考えている女性も多いでしょう。自分の可能性を信じてステップアップを狙って公務員を辞めたい理由となっていることも少なくないでしょう。

自分の会った仕事

公務員となって問題なく真面目に仕事をこなしていれば、出世もして給料も年を重ねるごとに昇給して安定した生活がおくれるでしょう。しかし、そのために自身の体力や精神をすり減らすような仕事をこなしているようだといつか自分がまいってしまいます。仕事をすることは、公務員での仕事も民間企業での仕事もそれぞれにメリットやデメリットがあります。

自分が仕事を辞めたいと思った原因や理由をよく考えることが必要です。会社を辞めたいからといってすぐに辞めるということは、あまりにも無鉄砲です。自分の気持ちと向き合いながら自分は、どんな仕事がしたいのかどんな仕事に向いているのか考える時間が重要です。現状の自分と転職した自分をイメージして前向きに考えていくとが大切でしょう。

関連記事

Related