Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】中卒におすすめの就職先・就職率|ニート/フリーター

Author nopic iconYugure
転職・就職 / 2018年02月01日
【男女別】中卒におすすめの就職先・就職率|ニート/フリーター

中卒からの仕事市場とはどんなふう?

中卒が、最終学歴となると、就職が難しいといえます。企業は、中卒者の応募を考えてないケースも多く、面接までいかずに、書類選考で落とされてしまうこともあります。高校に進学しなかった理由は、いろいろあるはずですが、中卒で会社に応募したら、採用担当者は「勉強が嫌いで、高校に進学できなかったのか」と考えます。

勉強が嫌いということは、学ぶ意欲が低くて、向上心がないから仕事が続かないと判断されがちなので、採用にはつながりません。中卒のハンデを打破して、就職するためには、対策を考える必要があります。

中卒でおすすめの働く場所ってどこなの?

住み込みの仕事ってどんなのがある?

中卒で住み込みの仕事をしたいなら、期間従業員として働くことが、高い給料をもらうためにお勧めです。期間工は、1年ぐらいの間に、自動車工場で働く契約社員になります。期間工の募集は大企業が多くて、寮完備がほとんどのために、よい待遇で働ける可能性が高いです。旅館や牧場で、「住み込み」で働くこともできます。

住み込みで、知らない土地で働く場合は知り合いがいないので、仕事や生活で、悩みがあっても相談できません。慣れない土地で、生活をするストレスも考える必要があります。デメリットもありますが、職種を限定すれば、給料がたくさんもらえて、仕事をすることができます。

正社員になるならどんな道がある?

中卒を対象にした正社員の求人募集は非常に少ないですが、「学歴不問・未経験者歓迎」で、誰でも応募ができる企業もあります。昔からある「とび職、大工」は、正社員になれる可能性が高いです。レストランや居酒屋のスタッフも、就職できる道が広がります。

介護職も、慢性的な人手不足で「学歴不問・未経験者歓迎」が多いために、仕事への意欲が高ければ、中卒でも正社員として就職できる可能性が高いです。不動産関係の営業職は、数多く学歴不問がありますので、就職の道が開けています。営業では「数字を出すこと」がすべてですから、学歴は関係ありません。

営業は、「メンタル」が強くないとうまくいかないこともあり、ガッツがある方が多い中卒の人だからこそ、長く続けられ仕事といえます。

男女別の中卒からの就職方法とは?

中卒の就職率とは?

高校が、義務教育化している現在では、中学を卒業して、就職する人は、1割にも満たないといわれていて、仕事に就ける人は、おおよそ6割になります。この数字は、「中卒新卒者」になり、卒業してから何年もたった人は入っていません。

残念ながら、中卒の就職内定率は低いですが、ゼロではありませんから、あなたが仕事につけるかどうかを考える必要があります。あなたは、どんな仕事がしたいのか、何が優れていてたりないところはどこかと客観的にみつけなおしてみることです。

自己分析をすることで、あなたと相性がいい会社を見つけられ、自己アピールができて、就職できる可能性が高くなります。

就職するためにどうしたらいいのか?

中卒で就職したいなら、ハローワークに行って、正社員で働きたいと希望して、担当者と相談します。ハローワークに数回通って、担当者と顔見知りになれば、面接までこぎつけられる道は広がります。

男性なら、大工・とび職・工場ライン・営業とかの体を動かす仕事に応募することが、就職への近道です。中卒の女性が就職を考えるなら、人手不足な介護職がお勧めです。

就活をはじめて、数ケ月たっても、仕事に就けないなら、アルバイトからはじめて、正社員になることも、目指してみるとよいです。就職を目指すアルバイトとして働くなら、社員以上にがむしゃらに働くべきです。

勤務先が新しい事業をはじめる時に、「○○さんは、能力が高いので、正社員として働いてください」とスカウトされることも考えられます。

中卒でニート・フリーターからの就職方法とは?

ニートで仕事をするのはどうしたらいい?

中卒からのニートは、きっかけがないと何もせずに、数十年たってしまうことも多いです。ニートが長くなると、自分は社会不適合者だろうかと家族や友達に負い目を感じてしまって、よくありません。就職への意欲が高まり、履歴書を書いても、職歴もなく、書類選考でおちる可能性も高いです。

面接まで、こぎつけても、うまくこたえられずに不採用の可能性があります。何社もおちまくると、自信がなくなって再び落ち込んでいくことになります。中卒のニートの方は、何らかの就職支援をうけた方が、就職できる可能性が高いです。

最近では、「地域若年サポートステーション」という就職支援がありますので、最寄りの場所に見学にいくことをお勧めします。地域若年サポートステーションは、働きたい若者とスタッフが向き合い、社会のマナーや職業能力を身につけさせ、就職や職場定着を目指す場所になります。

紹介予定派遣を活用しよう

中卒で、すぐに就職することに自信がない方は、紹介予定派遣を利用してみることもお勧めです。紹介予定派遣は、企業で派遣社員として、数ケ月働いて、正社員になれるかどうかが決まります。縁がないこともありますが、適正がなかっただけと前向きに考えることが大切です。

紹介予定派遣は、企業との相性がわかり、あなたの実力をアピールするよい機会になります。派遣会社との相性もあるために、複数の派遣登録をして、紹介予定派遣を活用されることをお勧めします。

中卒から大手企業に就職するのは可能でしょうか?

中卒から大手企業に就職するのは厳しいですが、ゼロではありません。大手企業で働きたいなら、面接でなぜ中卒なのか、きちんと説明しましょう。そして、学歴をカバーできるぐらいの努力をしてきたことをアピールできるかがポイントです。

たとえば、経済的に苦しくて、進学できなかった。電話のオペレーターの仕事に就いて、応対のコンクールで優勝した経験があります。企業から評価をうけて時給もアップしました。高卒認定の資格もあり、高校卒業と同じレベルの学力ですと、アピールをしたら、大企業に採用された話もあります。

就職するのに有利な資格とは何?

中卒で、就職するために、有利な資格は、自分がしたいことと、社会のニーズを見極めて選びましょう。慢性的な人手不足が続いている業界は、「介護、飲食、建設業」です。最も仕事に就きやすい資格は、介護職で必要な「介護職員初任者研修資格」取得することになります。

料理に興味があるなら、3年制の専修学校(調理関係)に通い調理師免許を目指すのもお勧めです。応募資格に、高卒以上とされている店でも、仕事への意欲が高いからと、面接官に判断されて採用の可能性は高いです。

就職支援制度ってあるの?

ハローワ―クには「求職者支援制度」があります。求職者支援制度とは、職探しをしていて、失業手当をもらってない人が、無料の職業訓練をうけられる制度です。たとえば、一般のパソコン教室に通って、無料(テキスト代は必要)で勉強ができます。

中卒で、仕事をしたことがない人は、ビジネスマナーやパソコンの基本操作を勉強すると、就職できる可能性が高まります。希望したコースに必ず通えるとは限りませんが、ハローワークの職員に相談して、制度を使うことはお勧めです。

中卒と高卒の就職状況の違いとは?

中卒と高卒は、就職状況は違います。高卒の方が、給料も高いですし、就職する職場もたくさんあります。その理由は、企業は、仕事ができる人を雇用したいからです。しかし、雇用してもどれぐらい能力があるのかは、雇う側は把握できません。会社と働いている人がマッチしているかは、働いて数ケ月すぎないとわかりようがないです。

人を雇う時に、能力が高くて長く働いてくれると判断するものが、「学歴」です。試験に合格して、高校を卒業したことを、企業は評価しています。高卒として同じ扱いをうけたいなら、通信制高校か定時制高校進学することを考えるとよいです。学校を卒業したら、高卒として、就職活動ができます。

諦めないことが大切

働く意欲を強くもちましょう

中卒で就職するのは、残念ながら難しいはずです。それでも、あなたが、仕事に就きたいと考えるなら、企業が要求しているのは何か、そこで何ができるのかを考えます。企業が求めるスキルをどこで身につけるかも、考えてみることは大切です。就職支援とかを使って、社会人としてのスキルを身につけましょう。

企業が求めている人材は、その業界で働いた経験があり、戦力になる人を採用している傾向です。社会経験すらない人を採用して、イチから教えてくれるほど余裕はありません。

履歴書の空白期間は作らない

学歴が中卒ということより、面接で悪い印象を与えるのは、履歴書の空白期間です。企業側は、その間、応募者は何をしていたのかと疑問をもちますし、面接官を納得させる対応ができないと採用にはつながりません。

空白期間が長いのなら、「病気で療養していたけど、完全になおった。就労支援を使って訓練をうけながら、転職するために、資格を勉強していた」と、面接担当者が納得いく理由がつたえられるなら、印象もよくなり、採用につながりやすくなります。

資格取得は意欲をアピールできます

現在は、どんな業界にいってもパソコンが必要です。だからこそ、パソコン関連の資格取得は就職への近道になります。ビジネスマナー系の資格も取得しておくと、社会経験がなくてもマナーがあり、向上心がある人と面接官から判断されます。

雇う側とすれば、「仕事に興味をもっています」という応募者よりも、「この仕事に就きたいから、勉強して資格を取得しました」そんな人と働きたいはずです。中卒というハンデを乗り越えるために、この人と働きたいというと面接官に思わせることが大切になります。

諦めないことが大切

今まで、中卒の方向けの就職先を紹介しました。中卒で就職することは、厳しいですが、諦めることはありません。また、中卒であることを面接官から、指摘されて、不採用になった会社があっても、落ち込むことなくあわなかったと思うことが大切です。

世の中は、進歩していますので、今までの中卒としては、考えられなかった仕事に就けることもありえます。たとえば、インターネットの普及によって、正社員として働きながら、通信を利用することで、出社しない働き方が主流になってくる可能性があります。

求人の選択肢が広がれば、仕事につける可能性は広がります。仕事に就くことを諦めずに就活を続けることです。この記事が、中卒で就職に悩んでいるあなたの参考になれば幸いです。