Search

検索したいワードを入力してください

【箇所別】自転車の寿命年数|ヘルメット/クロスバイク

Small d2954382 5a75 4a34 9695 9c5d3abdd540Ryutaレーシング
車・バイク / 2018年01月14日
【箇所別】自転車の寿命年数|ヘルメット/クロスバイク

箇所別自転車の寿命について

今回は自転車の寿命についてご紹介していき、自転車の各パーツについての寿命も詳しく解説していきますので、自転車が壊れそうな寿命を知っておくことで、故障の前に異変に気付け流可能性もありますので、自転車の寿命について見ていきましょう。

自転車には、あらゆる製品が使用されており、一つでもかけてしまうと自転車が危険せ乗り物になってしまう可能性もありますし、一つのパーツがかけることで、他の部品んい負担をかけることもありますので、自転車を長持ちさせたい方もぜひ覚えておきたい項目です。

チューブ

最初にご紹介するのは、自転車のタイヤの空気圧を維持するチューブです。このチューブが劣化または、古くなってしまうと、チューブの空気が抜けてしまいパンクしたしまうこともあります。

もし、チューブの空気が抜けてしまった状態で、長時間走行を行うと自転車のホイールにダメージを与えて、歪みの発生を起こす可能性もありますので、空気が抜けてしまった場合はできる限り、乗って走行をすることを控えましょう。

そして、自転車のチューブに寿命についてですが、おおよそ5千kmと言われております。自転車の走行距離が増える場合や、太陽の当たる場所に自転車を保管しておくと、より自転車のチューブは劣化し、寿命を縮める傾向にあります。逆に太陽の当たらない場所で保管し、あまり自転車に乗らない場合は、劣化スピードを抑えることも可能です。

虫ゴム

虫ゴムとは自転車のタイヤとホイール部分についているパーツであり、チューブの空気圧を維持している役割をしています。このパーツのおかげでタイヤに空気を入れたり、抜いたりすることが可能となっております。もしこの虫ゴムが劣化していくと、1週間ほどで空気圧が抜けてしまったりすることもあります。

この寿命が発生する時期がおおよそ3年ほどですが、1年に1回程度の交換を行っておくことで、知らないうちに空気圧が抜けてしまうことなどから、避けることが可能ですので、ぜひ交換を行いましょう。

特に、雨や太陽の当たる場所に自転車を保管している方は、虫ゴムの劣化を促進させるので、できる限りこのような場所に保管することを控えましょう。

ホイール

自転車に装着してあるホイールですが、このホイールは簡単には壊れることはありません。おおよそ自転車の寿命は、使用環境によって大きく変化しますが、10年は持つと言われております。ただし走行距離が増えることで、ホイール部分に金属疲労が促進され、少しずつ弱っていきます。

ホイールの寿命を見極めるのは難しく、ある日突然スポークが折れてしまったという事例がほとんどであり、錆びていたりする場合は金属疲労を促進するので、このような自転車には乗らない方がいいとも言えます。特にアルミは疲労に弱い材質ですので、自転車がアルミスポークのモデルの場合は注意が必要です。

カーボンフレーム

自転車の中でも、自転車競技に出る方は「カーボンフレーム」を採用した高価なロードバイクで走行するのが多い傾向にあり、なぜカーボンフレームが高価なのか疑問に感じる方もおられるでしょう。カーボンフレームは、とても丈夫でかつ軽い材質であるために、自転車を軽量化できるメリットと、より丈夫なフレームにすることが可能な材質で、製造工程が複雑なために高価な部品です。

カーボンフレームの寿命は、おおよそ3万kmから4万kmと言われており、これよりも寿命の長ものが多いので、寿命を気にすることは無いとも言えます。ですが、悪路や振動の多い道路を走行する場合は、フレームに疲労を与えるために、これよりも早く寿命が来る可能性もあります。

自転車のグッズの寿命について

次にご紹介して行くのは、自転車に乗るために、必要になってくるグッズの寿命について詳しく解説していき、どんな要因で劣化が進むのか、どの程度で交換すればいいのかについても触れていきますので一緒に見ていきましょう。

ヘルメット

自転車で走行する上で、安全性を上げるためにヘルメットを被りますが、このヘルメットも少しずつ劣化していきます。ヘルメットなどに使用される材質は、直射日光などによって紫外線を受けて、衝撃を吸収する力が減っていき、もしもの時の安全性を確保できない恐れもありますので、適度に交換をすることがおすすめです。

ヘルメットの耐用年数は3年間とされており、これ以上の使用は安全性を確保できない恐れがあるとしておりますので、新品などに交換をすることがおすすめです。自転車での交通事故で身を守ることができるヘルメットは、装着しておくことで頭を守ることができ、重傷をさけることができますので、ぜひ覚えておきましょう。

空気入れ

自転車のタイヤの空気圧が減った時に、空気を補充する「空気入れ」ですが、こちらも月日が経つにつれて劣化していきます。主に、空気入れのバルブの接合部にゴムのパッキンが搭載されておりますが、このゴムは劣化していき、寿命が来ると空気を入れることができなくなってしまいます。

空気入れ自体の寿命は、保管場所によって変化しますが、おおよそ3年間ほどと言われております。適切な保管場所は、太陽や雨風の当たらない倉庫などの中に保管しておくことで、より寿命を延ばすことが可能です。

ライト

自転車のグッズの中でも、一番使用頻度が高いと言える「ライト」の寿命についてご紹介していきます。自転車のライトは、電池の消耗で点灯しなくなることはありますが、電池の交換を行っても点灯しなくなるのが寿命と言えますので、おおよそ3年持ったら良いグッズと言えるでしょう。

電源が自動点灯タイプなどの場合は、車体の下についているライトが多いために、雨の日に直接水分が当たるために、寿命が短い傾向にあります。自転車のライトを選ぶ際は「LED」を搭載しているライトを選択することで、寿命をより伸ばすことが可能です。

種類別自転車の寿命年数について

次の項目では、自転車の種類別の寿命について触れていきます。

自転車によって価格差があり、高いものほど使われている製品の質が良かったりしますので、寿命が伸びたりする傾向にありますが、ブレーキやタイヤ、チューブなどに関しては消耗品ですので、どの自転車であっても消耗します。

ですので、高い自転車であっても劣化はしていき、パーツを交換することによって、より長く走行ができるのも自転車の魅力とも言えますが、おおよその寿命をご紹介していき、買い替えの目安にして見てはいかがですか。

ロードバイク

ロードバイクは、ハンドルがドロップハンドルという特殊な物が搭載されており、とても低い姿勢で走行できるため、走行スピードをあげやすいボジションを取れます。ロードバイクは他の自転車と比べて、非常に軽いために「アルミやカーボン」などが採用されます。

これらのとても軽い材質は、紫外線を受けることによって、少しずつ劣化していき、フレームに歪みなどを発生させることもあります。

このフレームの歪みが発生してしまうと、乗り味に変化が生じて、いつものペースをつかみにくくなるとも言われておりますので、このフレームの歪みが発生すると、ロードバイクの寿命とも言えますので覚えておきましょう。室内保管をすることで寿命を延ばすことができ、おおよそ10年ほどは問題なく使用できますので、寿命に関しては、悩む必要は無いと言っていいでしょう。

クロスバイク

クロスバイクとは、ハンドルはごく一般的な自転車と同じですが、変速などのギアチェンジの段階数がかなり多いものがありますので、坂道などが快適というメリットがあります。クロスバイクは、一般的な自転車に比べて走行に特化した自転車といえ、カゴなどが一切ついておりません。

寿命ですが走行する道路によって大きく変動し、おおよそ10年は快適に走行できると言われております。ただしブレーキやタイヤなどの消耗品は、交換が必要となってきますので、1年間に一度ぐらいの頻度で、点検を行うことでより寿命を伸ばすことができます。

ママチャリ

ママチャリは、日本の家庭に一台はあるほど利便性のある乗り物で人気ですが、寿命は価格帯によって大きく変動します。そしてフレームにどのような材質が利用されているか、ブレーキや変速機のメーカーなどによって寿命は変化します。ただし、タイヤやブレーキなどの部品は、1年間に一度は消耗してくるので、メンテナンスを行うことで、より寿命を伸ばすことができます。

おおよそママチャリの寿命は、10年以上と言われており、乗り方や走行する道路、保管場所によっては、これよりも早く寿命がくる可能性もあります。雨風の当たらない倉庫などに保管しておけば、錆などからママチャリを守ることができますし、悪路を走行しないようにすればフレームにダメージを与えずに済むことができます。

ミニベロ

ミニベロとは、自転車の中でも小さい分類に入る自転車であり、タイヤも小さいものが多いです。ミニベロの寿命で考えられるのは、タイヤやフレームなどが挙げられ、小さい自転車なだけに負担も他の自転車に比べてあります。

その分自転車は軽いものが多く、爽快な漕ぎ心地で、折りたたみなども行えるために非常に高い人気を誇っている自転車です。保管場所や悪路を避けることで、より寿命を伸ばすことが可能ですが、おおよそ寿命は7年ほどと言われており、小さい自転車なだけにフレームに負担がかかると言われております。

自転車の寿命は長い!

今回は自転車の寿命についてや、自転車で走行する際に、必要なグッズなどの寿命についてご紹介してきましたが、ブレーキやタイヤ関係の消耗品をしっかりとメンテナンスを行うことで、自転車は予想以上に寿命が伸びます。

消耗品をそのままほっておくと、より寿命を縮めことにもなりますので、寿命を伸ばしたい場合は、年に一度ぐらいの頻度で点検を行いましょう。点検場所は、ブレーキやタイヤ、チューブなどの回転部分のパーツであり、これらは劣化が早いので、よく点検することが大切です。

お気に入りの自転車を見つけて、適当に点検しながら長く使いましょう。

関連記事

Related