Search

検索したいワードを入力してください

【種類別】車のバッテリーの寿命・症状・診断できるチェック項目

Author nopic iconはなふさ英
車・バイク / 2018年04月25日
【種類別】車のバッテリーの寿命・症状・診断できるチェック項目

種類別車のバッテリーの寿命

種類別車のバッテリーの寿命は、最近、複雑化してきています。その背景には車の置かれている環境の変化と気候変動に関係しいます。全世界的なエコロジーによる排ガス規制運動と自然の気候変動要因にあります。排ガス規制では、充電制御バッテリーとアイドリングストップバッテリーです。

どちらのバッテリーとも想定外の過酷な使用条件下にあります。冬と夏の気温差が想像を超えた酷寒、酷暑とその期間が最近は延びています。バッテリーの中味は化学の世界です。蓄電と放電頻度が格段になる事は化学反応も比例し厳しくなっています。バッテリーは、25℃が最も性能が発揮できる温度です。1℃の変化がバッテリー反応に影響します。

そのような背景に置かれているバッテリーの寿命は、いろいろな悪条件が重なった場合アウトになります。高度の技術で耐性力があるバッテリーでも同じ事です。

車のバッテリーは車種と同様に多彩とは!

車のバッテリーは、豊富な車種に応じた最適な蓄電池が揃っています。種類が最も多いのは、自家用で圧倒的普及しています。その背景に、エコロジー対応のバッテリーが主力になり、いろいろな特色性のあるバッテリーが増えています。自家用車の利用は、通勤や家族で毎日使用か、それとも、週1、月1と使用頻度が極端に低い、2つに別けられます。

それに対し、業務用は、車の使用条件が多種多岐で、バッテリーは特殊な使用のされ方に耐えねばなりません。農業機械や建設機械は、繁忙期とそうでない期間があり、自己放電の消耗を抑えたバッテリーが求められています。バッテリーの原理は、鉛蓄電池で、希硫酸電解液タイプです。

ですが、それぞれの利用に際し、最適な対応を目的とした、多くの種類のバッテリーとなっています。多種多様なバッテリーですが、ただ一つ共通している点があります。バッテリー電圧が12Vが一定です。

乗用車のバッテリー3種類とは

始動時のバッテリーには、乗車するたびにお世話になっています。ですが、意外と知られいない点があり、異変の時に調べたりするのが大半ではないでしょうか。最近、エコカーに応じたバッテリーも進化し、種類も増えています。乗用車のバッテリーでは、動画の説明のように3つあり、特徴に違いがあります。

最も普及しているのが、充電制御タイプで、車体の後部側にエコマークのステッカーが貼ってある車です。電子回路で蓄電量を管理、充電と放電の関係を制御されているバッテリーです。2つ目は、交差点でエンストのように静かになる車が増えています。赤信号で、即エンジンが停止するタイプです。

青信号時なれば間髪を入れず瞬時にバッテリーが始動しています。アイドリングストップの時、発電機も停止し、電気の供給も止まり、充電も止るタイプです。3つ目は,従来の普通タイプのバッテリーで充電と放電を繰り返すのみです。

車のバッテリー記号について

バッテリーの記号をご紹介します。バッテリー記号は、(JISバッテリー規格)で決められています。数字とアルファベットで性能と寸法、端子の位置が決められています。所有している車種のバッテリーを記号を確認しておきましょう。記号の意味を例で説明します。

例えば:36B20 R(L)最初の「36」は性能ランク、「B」はケース長方形側の高さ×長さcmのランクです。「20」は端面側の幅cmです。R(L)は端子を位置表示です。バッテリーを手前にし、(-)端子が右の時がRです。Lはその反対、それ以外は表示はありません。アイドリングストップ(IS)タイプのバッテリー記号は「M」記号が表示の最初に付いています。

ハイブリッド車のバッテリー補機は「S」マークが付いています。業務用の場合もJIS指定の記号が付けられています。「PRN」形式の最初に付いています。

バッテリーの価格

バッテリーの価格は、種類によってかなり幅があります。低めの相場を紹介します。
・充電制御の標準車用は、5000円台からで、性能アップと共に価格は上昇します。
・アイドリング対応は、使われ方が過酷です。7800円程度からあり高くなります。
・従来のバッテリーは2000円台の低価格からあります。

バッテリー価格は、性能に比例しています。安価なバッテリーを使う場合、そのバッテリーの仕様を熟知する必要があります。特に、バッテリーへ電気を送るオルタネータ(発電機)と密接な関係を確認します。充電の過不足がバッテリー寿命には大事です。

バッテリーの寿命とは

乗用車のバッテリーは、端的に言ってかなりの幅広い寿命の状態にあります。購入時にあるバッテリーの保証期間は、2~3年です。ですが、普通に使用している状態は3年以上が大半の寿命ではないでしょうか。寿命が長く保たれるには、車全体を丁寧に扱い、小まめにバッテリー点検確認されている方は長く使われいます。

低価格バッテリーでも良質なバッテリー液補水や電圧確認とオイル交換を適切にすれば長期間の寿命が可能です。逆に、管理が不十分な使い方やうっかりミスで蓄電が空(深放電)になった場合、価格が高いバッテリーでも短命に終わっています。

ハイブリット

ハイブリット車のバッテリーは、2つの種類が搭載です。1つ目は、走行用の駆動バッテリーで大型です。車を走行するには高馬力が必要なため大容量の蓄電が必要なため大型バッテリーになっています。この大容量のバッテリーは、ニッケル電池あるいはリチウム電池が使われています。

駆動バッテリーは、始動のみの従来タイプのバッテリーとは、寿命は全く違います。バッテリーの目的が地球環境是正にあります。有限な資源抑止と排ガスゼロのコンセプトで取り組まれたバッテリーです。解決に至っていない問題が一つあります。一回の充電で走行距離が不足とされている点です。自動車業界ではこの1点をテーマしのぎを削って開発中です。

2つ目は、エンジン始動を目的としない、車内の計器、ヘッドライト用の補機バッテリーと呼ばれ鉛蓄電です。保証寿命は4~5年です。定期的なチェック確認が必要です。

駆動バッテリーの寿命とは

バッテリーの寿命に関しては、供給者側から種類別の保証期間や保証距離が提示されています。保証期間、保証距離がバッテリーの寿命のメドになっています。小型バッテリーは利用の歴史が古く、その分、寿命に関するデータも豊富です。種類や車種によりますが、豊富なデータの相場から寿命は、3年以上が通常で、長いものでは5年の寿命も報告されています。

一方、大型バッテリーは、ハイブリットが10年程度の実績です。電気自動車はここ数年の市場走行開始です。初期段階のトラブルの寿命は別にしてみた場合、自動車本体の耐用年数である、5年、5万キロはクリヤーしています。元々、大型バッテリーは、自動車本体の耐用年数と同じか、それ以上の寿命で当然との認識にあります。

また、開発目標もガソリンエンジンに勝るとも劣らない視点で日々研究開発されています。この背景の元、寿命は、現在、実績が積み重ねられ、延長中と言えます。

大型バッテリーの寿命は車体寿命より上では?

ハイブリットや電気自動車使用の大型バッテリーの寿命は、発電機が正常であれば、車本体の耐久性高く、20万Km走行できます。大型バッテリーの寿命は、「記憶充電」と言われ、電離自体の蓄電力の30~50%の使い方で、長持ちします。

携帯電話やパソコンの電池と蓄電原理は共通です。ですが、車は充電、放電の高度なバッテリーシステムでコントロールされて長寿命です。万が一、バッテリーその物の不具合で車が停止してもサポート補助動力があり、多少は動かせます。

ハイブリットで、バッテリーの不具合があった場合、燃費が悪くはなりますが、走行は支障なくします。バッテリーの更新はできますが、金額的には高くなります。

車のバッテリーの寿命症状

バッテリー寿命症状は、毎日のように運転し、慣れっこになって寿命の症状に気付いていない場合があります。ですが、大半の車は寿命直前の症状があります。主な前兆をご紹介します。・エンジン始動時にウィーンと唸り、回転が今にも止まりそうに重くなる。
・街灯がない中の夜の走行で、ヘッドライトが赤黒く暗く感じます。

・ハイパワーにしても暗さの衰えが強く感じます。
・窓の開け閉めやウインカーの動作が鈍くなり動力低下となります。
・バッテリー点検での症状は、液面がレベルダウンし少なくなっています。
・クラクションの音が弱々しく張りのない音の出方です。

電圧のメカニズム

車の電圧は12Vがです。大型車の場合24Vバッテリーの使用の場合があり、12Vを2つ利用しています。乗用車は、電圧12Vでエンジン始動し、始動後は、計器、ライト、オーディオ、電動装飾品へ電力が配分されています。車の12V電圧は、そのような背景で定圧バッテリーとなっています。

エンジン始動の瞬間の機器動作は、ガソリン空気混合燃料噴射、初回動作のピストン運動のセル駆動、ガソリン混合気の燃焼のスパーク点火です。走行を開始した後、バッテリーが消費した電気量は、充電装置が働き、始動後の放電分は、発電機が発電した電気をバッテリーが蓄電します。

この発電役目の発電機がオルタネータと呼ばれています。発電した電気をボルテージレギュレータと呼ばれる制御装置が12Vの定圧監視をし、バッテリー送っています。このオルタネータ、レギュレータ、バッテリーが、車の走行を支えています。

ブースタで上がりバッテリーを充電する

バッテリー寿命の前兆があって無事に始動すれば、ホット安心します。ですが、直ぐに充電ができない場合あります。特に、冬場や行楽先では途方にくれます。その場合、ブースターを常備していれば助けを求め易く、求められた側も即行に応じやすく協力できます。日頃馴染みが無いのがバッテリー充電作業です。

慎重な作業をすれば簡単な作業です。ですが、安全性や充電作業を速やかにするには知っておくべき大切な事があります。作業前に取り扱い説明書のバッテリートラブルの記載部を確認します。動画に順次て説明します。

ワニ口をバッテリー間で繋ぎ救援者の車を始動します。大事なのは、1本目は(+)側を両車に繋ぎます。二本目は救援者の(-)のみを先ず繋ぎ、自車の方は、バッテリーから離れた金属肌部に繋ぎます。大事なのは、(+)(-)を決して間違えないように冷静に作業します。

車のバッテリーの寿命が診断できるチェック項目

バッテリーが寿命に近づいた程度を知る方法は、いくつもあります。毎日乗っているで、スイッチオンの瞬間にセルモーターがグッートした音で始動しない場合、一番危険です。慌てます、ですが、冷静、沈着に数分おきます。

次はアクセルをそっと踏み込み、スターターを掛け、グッート同時にアクセルを踏んでみます。かかった場合はホッート一息入れ、回転計が2000程度で数分し、作動します。最も多い寿命が近い、感覚的診断の第1報です。

次に定量的な診断をします。バッテリーの寿命を診断する方法は、以下のとおりです。

・液量をチェック

・比重をチェック

・電圧をチェック

液量は目視チェックです。懐中電灯を液のレベルを照らし車を揺らしてみます。液面が見えない場合は、バッテリー液がかなり減少しています。

比重や電圧は、数値診断ができます。比重が1.28、電圧が12v以下では寿命です。

車のバッテリーの寿命は何年なのか

バッテリー販売店の展示品の表示品では、保証、2~3年、距離6万Kmが多く見られます。でも、利用者の経験談からは、5年以上や何十万kmと長寿命の話を聞き及んでいます。なぜなのかの経験話をお聞きしますと、バッテリーの性質を良く知り、丁寧な使用や行き届いた管理をされいます。

保証期間段階でも利用条件によっては、短命な場合があります。その短命になる訳に車の利用頻度があります。それは、運転頻度が極度に低い場合です。1日に20分程度の運転、長期の出張、入院で運転停止のケースです。バッテリー上がり、充電効果が低く、バッテリー不具合が重なれば寿命になります。

次に多いのが、ライトの消し忘れです。3つ目に、バッテリーの使用環境の温度が極端に低い、逆に、高温な場合です。気温の差は、意外とバッテリーダメージ影響します。悪条件が重なれば新品段階でも寿命に至ります。

車種別のバッテリーの寿命

寿命を縮める原因として具体的に下記の不具合が取りざたされています。最近のバッテリーとトラブルで多いのが突然バッテリーが上りが増加傾向にあると言われています。その要因に車自体の性能の変化にあります。充電制御タイプではバッテリーに充電、放電の繰り返し頻度が高くなり、バッテリーが耐えきれず寿命になる場合です。

別のケースでは、アイドリング停止車は、頻繁なセルモータの始動が必要で、過酷な大容量の電流頻度あります。アイドリング専用のバッテリでしょうが、使い方によっては充電力不足の可能性があります。突然、交差点の中での停止と聞き及んでいます。

十分に耐性を具備したバッテリーでしょうが、経年変化による消耗とメンテナンスの不十分さが原因と言われています。また、バッテリー更新時の性能のいいものは高額です。予算などの都合で手当てした性能が低い場合、劣化度合いも短期間になり寿命が早い事があります。

プリウス

プリウスがハイブリット車の先鞭をきって、10年経過しています。初期段階の多少の事はあったにしても確固たる地位にあるのは世界が認めています。走行の適所適時にモーターとガソリンで運行し、エコ社会に大きく貢献しています。ハイブリッド車を正確に言えばガソリン-電池ハイブリッドです。

搭載されているバッテリーは、ニッケル水素電池と補機用バッテリーの鉛蓄電池です。最近のプリウスはPHVでプラグインバッテリの最新のリチウムイオン電池の駆動バッテリーです。駆動バッテリーの寿命はかなり高額ですが、走行距離は20万kmの耐性とも言われいます。バッテリー寿命より他の装備の方の寿命が問題になるのではないでしょうか。

バッテリーシステムやオーディオ、計器、ランプ用の電源は従来の鉛蓄電池の補助で支えられています。このバッテリーは4~5年の寿命です。

ノートは充電が自動

ハイブリットと電気自動車の中間に位置しているような車が日産ノートです。この車の駆動バッテリーはリチューム電池イオンです。バッテリー補機は、専用の蓄電池が必要とされています。その理由は、回生制御システムで走行し省エネ効果を発揮することにあります。下り坂での減速ではオルタネータの発電を増やし、専用バッテリーに回収しておきます。

坂道で加速中は、減速で蓄電した電力を供給します。この時オルタネータは停止し、駆動モーターの負荷を減らします。平坦な一定の走行では、バッテリー電力を使い、不足になれば、通常の電力供給となる方法の走行です。通常のバッテリーを搭載しても、充電、放電の機能上問題はないと言われています。

しかしながら、本来の燃費向上効果を最大限に引き出すために、当該車種にマッチした専用バッテリーが必要と言われています。

車のバッテリーの寿命を延ばす方法

バッテリー寿命を延ばす方法はいくつかります。最も大事なのは、ライトをつけたまま長時間置かない、ヘッドライトはですが、ハザードランプの付けたままが意外と多くバッテリー寿命に影響があります。二つ目は、日々の丁寧な点検です。所有者の性格が反映しますが、車好きであれば小まめに点検され長寿命化さています。

このポイントは6つあり難しい事ではありません。ぜひ実践しましょう。
・バッテリー点検を一か月に一回は行う。
・定期的(3カ月)1回、ディーラーあるいはガソリンスタンドなどで詳しい点検を行う。
・長期間走らない場合は、エンジンを定期的に始動させる。

・極力、ライト、エアコン、オーディオなどの電力を多く必要とする電装品を使用しない。
・エンジンを始動するときは大量の電力を必要としますから切っておきます。
・消費電力の多い電装品を後付けした場合は、バッテリー容量を大きくする。

車のバッテリーの寿命になる走行距離

車と走行距離が寿命に関係する事として、走行距離が極端に短い場合と長い走行であっても頻繁な停止があります。・通勤や奥さんや家族に運転者がいなく、週1回の買い物の近距離短時間の運転は充電不足です。・長期出張や家庭の事情で運転者や車の操作ができない場合は自然に消耗してしまいます。

以上の2点がよくあるケースでバッテリー上がりが原因で寿命になっています。バッテリーは、常に、自然放電し、消耗しています。バッテリーの充電は、短い距離で30分以内の運転では放電の方が大きく電圧低下になります。バッテリーの電気は、発電機が発電した電気を受け取り、運転に消費した残りを蓄電しています。

短い距離の走行で大容量の電気作りバッテリーに送り充電すればすと思いつきますが、バッテリーは化学反応で蓄電し、時間が必要です。アイドリングを1日1時間以上の頻度で行えば、最小限レベルに充電はできます。

バッテリー交換のやり方

動画でバッテリーの交換手順をご紹介しています。

手順1エンジン停止ボンネットを置ける
手順2(=)端子を外すステーのナットとスパナ確認
手順3(+)端子を外すスパナが車体に触れない事
手順4ステーを外すナットを別置き
手順5バッテリーの取り出し丁寧に持ち上げ
手順6新品バッテリー装着ゆっくりと受け皿に据える
手順7ステーを取り付け確り取り付け
手順8(+)端子を取り付け赤キャップを外す
手順9(-)端子取り付け 完了
手順10エンジンを始動正常な始動、回転を確認

バッテリー寿命に大切なアドバイス一つとは!

ハイブリットや電気自動車には、「ニッケル水素電池」と「リチウムイオン電池」の2種類がが搭載されています。このニッケルやリチウムタイプの電池での改善改良は限界にあると言われいます。次世代志向の駆動バッテリー開発されるとの予測があります。次世代バッテリーの電池は、大学の研究室の段階で実用化にはかなりの時間が必要との情報です。

小さい電池ですが、補聴器に亜鉛ー空気電池が実用化されています。さらに、ナトリュム電池は実用化の検討中です。資源に乏しい日本です、安価で豊富な資源で自動車電池が日の目を見るのが楽しみです。

自動車バッテリーは、このように日進月歩で大成に向かっています。将来は別にして、一つだけ利用者としてのアドバイスは、バッテリーの保障期間を確認することが大切です。保障期間は、メーカーや車種によってばらついています。購入前の確認は寿命延長のために必要です。