Search

検索したいワードを入力してください

【職業別】夜勤をする人の寿命の統計・対策・日勤との差|縮む

Small d2954382 5a75 4a34 9695 9c5d3abdd540Ryutaレーシング
社会問題 / 2018年01月17日
【職業別】夜勤をする人の寿命の統計・対策・日勤との差|縮む

夜勤は寿命が縮むの?

今回は夜勤をする人の寿命はどのくらい縮んでしまうのかや、なぜ寿命が縮んでしまうのかについて詳しくご紹介していきます。

夜勤という仕事は、とてもしんどい仕事であり、人間が夜中に仕事をするだけの力や能力は本来ないために、とても体に負担をかけてしまいます。一般的な朝起きて、夜寝るという生活スタイルと真逆なために、慣れるまでに時間を要します。そして、寿命を縮める一番の要因が、食生活や生活習慣が乱れてしまうところにあります。

これらが乱れてしまうと、うまく体を休めることができないため、次の日に疲労を蓄積したまま仕事をすることになるために、疲労が蓄積していくという問題もあります。これが夜勤が寿命を縮めると言われている要因であり、夜勤を行なっても疲労を感じない方は、少なく労働環境の問題にもなっております。

寿命が平均的に短い傾向にある

夜勤のお仕事をしている方は、一般的な日勤の方に比べて寿命が短くなってしまうと言われております。これらの要因は、精神的な疲労と肉体的な疲労が同時にあることで、体の疲労が蓄積することが一番の要因となっています。

これらの体の疲労があると、生活習慣も食生活も乱れてしまう傾向にあるために、生活習慣病に慢性的になってしまうこともあります。そして、夜勤の方は夜の時間帯に睡眠ができないために、本来に夜の時間帯のみに出る睡眠ホルモンなどが上手く発生せず、がん細胞を倒すホルモンが少ない状態となるために、あらゆるがんのかかりやすいことも、寿命が短い要因と言われております。

職業別夜勤をする人の寿命の統計・論文

次の項目では、夜勤の職業別の寿命について見ていき、夜勤の中でも寿命に比較的に影響が出てしまう仕事などを見分けていき、なぜ寿命が比較的に短くなる傾向にあるのかについて見ていきます。

介護師

介護師は、主にお年よりの方のお世話をするお仕事であり、夜中などにも体調の悪くなる方もおられるために、夜勤という時間帯のお仕事が現在も設定されております。主に、お年寄りのお世話という形になりますが、あらゆる病気を持った方もおられ、時にはストレスがかかる時もあるとの声もあり、精神的に不安定になる方も多い職業です。

このような精神的なことは、肉体的な疲労よりも、あらゆる病気になる確率が高く、これらの要因が寿命が平均的に影響しているとも言われております。主に、日勤の方と夜勤の方を比べると、寿命に10年ほどの影響があるとも言われており、夜勤となると合う人や合わない人によっても、寿命に差が現れると言われております。

看護師

看護師の方のお仕事内容は、介護師の方と少し似通った部分がありますが、どの程度寿命に影響するのかについて解説していきます。

看護師のお仕事は、病院内での患者のお世話となりますが、夜勤の仕事量は少ないイメージを持たれる方もおられるでしょう。実際のところは、事務作業などもあるために目に疲労が来るとの声もあり、夜中の時間帯にも症状が悪化する方もいるので、肉体的にも疲労を感じるという方もおられます。

そのような中での、仕事となるために精神的にも疲労が溜まりやすいとも言えます。他にも、寿命に影響するのが時間外での勤務なども発生しており、勤務時間が10時間を超えていることもよくあると言われております。

肉体的にも、精神的にも疲労するために、寿命については平均値よりも低いと言えるでしょう。

警察官

警察官の夜勤が寿命に与える影響について詳しくご紹介していきます。警察官の夜勤は、夜中の事故対応などにより、疲労が溜まった中で、車を運転するような状態もよくあると言われております。

そして、休みが極端に少ないともよく指摘されており、連続勤務時間が24時間を超えることもあったとの声もあり、休日の呼び出しもあると言われており、十分に体を休めることができないのも問題となっております。

警察官の夜勤は一般的に職業と比べて、10年は寿命が短くなる言われております。

工場勤務

最後に工場勤務の夜勤の方が寿命に与える影響について解説していきます。

工場といっても、あらゆる製造業がありますが、病気の要因ともなっているのが、仕事環境が悪いということです。空気が汚染されていたりする中で、長時間の間を夜勤で過ごすこととなるために、疲労が溜まったまま、お仕事されている方は体調を崩しやすいとも言われております。

日勤と夜勤では、体の疲労を回復できるかの違いがあり、夜勤では生活習慣が崩れてしまうために、より寿命に影響するという説もあります。おおよそ10年ほどの寿命を促進するとも言われており、空気の問題もあるために非常に体に害が発生する可能性が高いと言えます。

夜勤をする人の健康対策

夜勤をする方が行なった方が良い健康方法や、疲労回復におすすめな方法をご紹介していきます。

夜勤終了後に帰宅したあと、すぐに眠る習慣を作ることがとてもおすすめな方法と言えます。夜勤後にやけ食いをしたり、食事をしたりすることで、体を修復する機能よりも、消化する機能が働くようになってしまうために、体の疲労が取れずに睡眠を終えることになりやすいと考えられます。

そして、睡眠後に野菜を中心とした食事を行うことで、体を酸化させる活性酸素を減らすことができ、がんや疲労の対策となる食事となります。夜勤明けに甘いものや糖分の多いお菓子などを食べたくなる方もおられるでしょう。

しかし、糖分を摂ることで体の疲労を取ることができなくなってしまい、糖尿病となる危険性が倍増しますので、野菜または穀類を食事に中心とするようにしましょう。

夜勤と日勤の寿命の差

次の項目では、夜勤と日勤の寿命の差について詳しく解説していき、どのくらい夜勤の仕事をしていると寿命に影響が出てしまうのかについて解説します。

自律神経失調症が要因

主に、夜勤を行うことによって、自律神経失調症を患う可能性が高く、睡眠障害やイライラ、うつの症状、胃に悪影響を及ばすことが多くあり、病気になる確率が高いと言えます。このため、夜勤を行うことによって、病気にかかる可能性が高くなるために寿命が平均的に短いと言われております。

評判の中では、日勤と比べて夜勤を行う方は、寿命が10年短くなると言われており、健康に害を及ばす可能性が高いと言えます。

夜勤は寿命と健康に悪いのか

夜勤の仕事に就労すると、健康や寿命に悪いのかについて解説していきます。

夜勤を行うことによって、生活習慣が乱れて健康を害し、寿命が短くなるのが一般的な人間の寿命を縮める可能性の高い順序と言われております。夜勤を行うと、このような順序にハマりやすい時間帯の仕事なるので、寿命を縮める可能性がとても高いとも言えます。

生活習慣が乱れることで、食生活が乱れ、糖分などの体に負担を与える食事を多くとってしまうために、糖尿病のリスクや全体的ながんのリスクにもつながる可能性が高く、睡眠不足が夜勤だと溜まることが多く、これががんの発生要因とも言われております。

このため、夜勤は健康や寿命を悪化させて、少しずつ体を害していきますので、おすすめできない仕事とも言えます。

上手に休んで夜勤を乗り切ろう!

今回は夜勤を行う方の寿命について解説してきましたが、夜勤がなぜ寿命に影響するのかというと、夜勤で生活習慣が乱れて、食生活や睡眠に影響し、体の疲労が取れず、がん細胞を促進させてしまうことが要因とも言えます。

夜勤を行なっている方は、睡眠と食生活について改めて考え直し、野菜中心とした料理や、睡眠をしっかりと取るなどの、対策を行いましょう。

そして、あなたの寿命を増やすためにも、無理に夜勤を行わず、自分に合わないと感じた場合は、日勤などの仕事に転職するなどの対策もしっかりと行いましょう。