Search

検索したいワードを入力してください

【種類別】ミヤタ自転車の評判・歴史・部品|フリーダム

Author nopic iconカミュ
車・バイク / 2018年04月21日
【種類別】ミヤタ自転車の評判・歴史・部品|フリーダム

種類別ミヤタ自転車の評判

ミヤタ自転車はいろいろな自転車を私達に提供しています。さまざまな種類があり、現代社会において私たちが自転車に抱くイメージは1つではありません。

ロードバイクがいま流行りですが、ロードバイクに乗る人たちと、ママチャリに乗る人たちとでは、自転車に対しての思い入れには、全然違うものがあります。

ロードバイク

ロードバイクによって、自転車が再評価されたとも言っていいでしょう。最近、ロードバイクの魅力を知ったという人たちもいるでしょうけど、古くからロードバイクにも意識を傾けていた企業といえばミヤタ自転車です。

1981年には既に自転車ロードレースの最高峰「ツール・ド・フランス」で区間優勝を果たしたロードバイクのメーカーとして世界に名を馳せていました。いま再び、ミヤタ自転車は海外にも攻勢をかける勢いです。

ミヤタ自転車のロードバイクの特徴は、見た感じ美しい、そして乗ってしなやかな細身のクロムモリブデン鋼製フレームです。

ブーム

実際に、ミヤタ自転車は、マウンテンバイクを開発するなどスポーツ自転車事業を本格的におこなおうとするものの、バブル崩壊などの試練も抱えて、いったんはブームは沈静化して行くことになります。

そのような背景のなか、ミヤタ自転車はママチャリを主力とすることを余儀なくされてしまうことになります。しかし、ミヤタ自転車は、クロモリの加工技術という強みを持っていることも未だ忘れた訳ではありません。

「ミヤタ・ジャポン」

ミヤタ自転車は、スポーツ自転車市場に復帰する夢はいつでも持ち続けていました。ミヤタ自転車には、「ミヤタ・ジャポン」という威信をかけ投入した最上位シリーズもあります。

ツール・ド・フランスを制したモデルの復刻版あり、世界最軽量の6.54kg(ペダル未装着時における)で国際自転車競技連合(UCI)の最小重量制限6.8kgを下回る鉄製フレームといった強力ラインアップがあり、クロモリ素材の開発や、フレームを補強するオリジナルの技術によって、より軽量を意識した自転車です。

ロードバイクとクロスバイクの違い

ロードバイクとクロスバイクにはどのような違いがあるのでしょうか。既に紹介したロードバイクは、舗装路用の自転車として、ハイレベルのスピードを期待できる自転車です。

前傾姿勢が取れるドロップハンドルあり、700×25cのタイヤサイズに代表する細めのタイヤが使われています。

重さは軽いもので6kg~10kg前後のものが多く、実際にママチャリは、20kg近くあるので相当軽いことがわかります。

クロスバイク

一方クロスバイクは、適度な前傾姿勢を取って、握りやすい一直線のハンドルが特徴です。スピードや軽さはロードバイクに叶わないですが、ロードバイクよりもタイヤが太く、乗り心地の良さも実感することができます。

クロスバイクとは、ロードバイクとマウンテンバイクの中間に位置するものを言います普段の街乗りにも使いたいし、ちょっとした遠出やサイクリングにも行きたい、通勤にも使いたいという欲求をしっかり受け止めてくれるものが、クロスバイクです。

E-クロスバイク CRUISE

ミヤタ自転車にも、E-クロスバイク CRUISEという優れ商品があります。連続アシスト距離115kmです。

「STEPS」、ディスクブレーキなどを搭載する次世代を予感させるクロスバイクと言っていいでしょう。

実際にアシストの規制もあって依然として普及の足が重たい日本ですが、ようやくEバイクの流れが起こりつつあります。その一角を担っているのかミヤタ自転車ともいうことができます。

Eバイクの心臓部とも言えるアシストユニットにはシマノ「STEPS E8080」を使用しています。36V、11.6Ahという大容量バッテリーを採用することで、HIGHは78km、NORMALは106km、ECOは115kmもの距離をアシストしてくれるランタイムを実現しました。

ママチャリ

ミヤタ自転車の主力商品のなかにはママチャリもあります。お母さんだけでなく、いろいろな人たちが気楽に乗ることができる自転車です。

ミヤタ自転車では、創業125周年を迎えることを記念して高級ママチャリを限定125台売り出したということです。価格は税込み15万8000円です。ミヤタオリジナルの技術で国内生産によるステンレスの車体をベースにし、ハンドル、ペダル、変速機、サドル、タイヤなどメインパーツも国内メーカーの高級品です。

ママチャリには、チープなチャリというイメージがありますが、まさに、記念品ではありますが、その概念を100%裏切ろうとする商品です。

ミヤタ自転車では、このママチャリに対して、まるで高級腕時計のようにして、親から子へと、そして孫の代まで乗り継げる自転車を目指したと言います。

ジュニア

自転車といえば、子供さんが乗るものに対しての開発も決しておろそかにすることはできません。子供さんの頃から自転車が楽しいと感じるから、生涯通して自転車に乗ろうというモチベーションも培われるでしょう。

もちろん、ミヤタ自転車は、子供さんのための自転車作りも、全精力を傾けて来たと言うことができます。

ラインアップ

ジュニア用には、[ミヤタ]2017 SPIKYKIDS(スパイキーキッズ)14[FCK147]14インチ 子供用、[ミヤタ]2017 SPIKYKIDS(スパイキーキッズ)18[FCK187]18インチ 子供用などいろいろな種類があります。

さらにミヤタ ブイサイン ジュニア オートライトタイプ 22インチ 2018、【MIYATA】(ミヤタ)エアーコブラ 16 CAC1651 子供用BMX16、ミヤタ ブイサイン ジュニア ダイナモライトタイプ 22インチ 2018、ミヤタ]2017 STARMELODY(スターメロディ)18[FSM187]18インチ 子供用など、ミヤタから発信した魅力的なさまざまなラインアップがあります。

気軽さ

子供さんに気楽に自転車に乗って楽しんでもらうためにも、やはり価格帯も重要な問題です。ミヤタ自転車は、子供さんに安心して自転車を楽しんでもらうために技術を優先するともに、リーズナブルな価格ともしっかり向き合い取り組んで来ました。

ミヤタ自転車の歴史

いま、ちょっとした自転車のブームです。そのブームを支えてきたのはミヤタ自転車です。みなさんは子供の頃からミヤタ自転車の名前とともに暮らして来ました。私達の日常生活にとても近い距離にある企業の名前です。

ミヤタ自転車・ミヤタサイクルのことを知らないという人たちもまずいないと言っていいでしょう。そんなミヤタ自転車は、まだまだ現在進行形であり、高級ママチャリを限定125台売り出したということです。

ここには、日本製の部品に対しての拘りがあります。そして、すべて手作りの魅力があります。

歴史

ミヤタ自転車はどのような歴史に支えられているのでしょうか。私達が生まれる遙か以前から、自転車作りに力を注いでいます。

ミヤタ自転車の前身は、江戸時代の鉄砲鍛冶(かじ)だった宮田栄助・政治郎親子によって開業された、東京・菊川町の製銃所です。それは、1890年(明治23年)のことです。しかし、製銃所が、自転車製造へと身を翻すことになります。なぜ自転車製造へと翻ったのか、理由は、1人の外国人から修理の依頼を受けたことがキッカケと言われています。

宮田製作所

政治郎は、そのとき自転車に対して将来性を確実に感じいたと言います。そして、銃に使っていた鉄パイプの製造技術を応用できないかと考えていました。そして、やがて試作品が完成することになり、これが、まさに、皆が求めている国産自転車第1号です。

その頃既に猟銃使用に関する法律がどんどんきびしくなる背景があり、やがて、1902年、「宮田製作所」に社名を変更して、自転車作りに専念することになります。

松下電器(現パナソニック)

自転車といえば、ミヤタ自転車だけではありません。ブリヂストン自転車もです。片倉自転車工業という存在もありました。自転車は、このようなライバルもしっかり存在していたから、より我が社が素晴らしい自転車を作ろうというモチベーションも高まって行くことになります。

そして、確実に、自転車推しの時代背景もあり、第2次大戦後、軍需から民需へと産業が大きく変化するなか、確実に自転車が推される時代が来ます。

そのような背景のなか、ミヤタ自転車は、よりしっかりとした基盤作りを作るために、既におなじ自転車事業を開始させている、松下電器(現パナソニック)と資本提携を組むことになります。

世界

ミヤタ自転車は、世界のミヤタと言ってもいいでしょう。やがて、ミヤタ自転車の自転車作りの精神・技術は、海外にも認められることになります。

60年代から既に、輸出や欧米メーカーの受注生産(OEM)がどんどん増えて来ることになります。しかし、オイルショックや円高の影響で輸出が不調な時期がありました。そのようなとき、ミヤタ自転車は、国内へ意識をより向けることになり、その主力商品はママチャリでした。

ただし、ミヤタ自転車は、ママチャリだけに注力し開発して来たメーカーではありません。得意の鉄の加工技術を生かして、スポーツ自転車作りにも力を注いでいくことになります。

スポーツ

80年にはオランダの自転車メーカー「コガ」と組んで、世界最高峰のロードレースの国際大会の「ツール・ド・フランス」のチームに自転車を提供することになります。

そして、チームのエースが賞を受賞することによって、ミヤタ自転車の名前が、世界に響き渡ることになります。

量販店主導の価格競争

自転車作りには価格という問題もいつも大きく関わって来ます。自転車は安いから乗るという人たちも多くいます。

ひとつひとつ手作りで一生懸命職人が作り、結果価格が高いものがもたらされたとしても、ニーズが果たしてそこに存在しているでしょうか。

ミヤタ自転車も、量販店主導の価格競争の問題に行く先を阻まれることになります。海外で、ミヤタ自転車は評価されるものの、強いブランド力を持つ欧米メーカーが登場して、伸び悩みを見せてしまうことになります。

「モリタホールディングス」の傘下

ミヤタ自転車の歴史には決していい歴史ばかりが存在している訳ではありません。2008年、親会社のパナソニックがリーマン・ショックで大打撃を受けてしまうことで、ミヤタ自転車も相当なダメージを受け、消火器の製造で関係があった「モリタホールディングス」の傘下に留まることになります。

そして、やがて、自転車製造部門が独立することになり、台湾の自転車メーカー「メリダ」の子会社となり、「ミヤタサイクル」として新しいスタートをすることになります。

自転車メーカー「メリダ」は、なにを隠そうミヤタ自転車が、70年代初頭に技術を教えたメーカーです。

ミヤタサイクルはいま

ミヤタ自転車は、新しく変わろうとしています。クロモリの強さ・しなやかさを生かすスポーツ自転車も、メイン商品であり、そしてママチャリもです。

新しくミヤタ自転車は変わらなければならないですが、それは、ミヤタ自転車の原点に立ち戻ることでもあります。そして、ミヤタ自転車が一貫していることは、丈夫で長持ちする自転車づくりを心がけていることです。

自転車のメリット

ミヤタ自転車が、このような感じで、しっかり歴史を作りだしてきたのも、私達が、自転車という存在を求め、私達が自転車という存在と切っても切れない生活をして来たためです。

自転車よりもクルマという時代もありましたが、いままた自転車が評価されようとする時代です。自転車は、健康や環境にいいだけでなく、クルマのようにガソリン代、車検費、メンテナンス費用もそれほど掛からないそれほどかからないメリットがあります。

多くの人たちが、手軽に乗ることができるものが自転車です。500mから5㎞足らずの移動距離では、クルマや他の交通手段よりも、自転車が都合いいと考えているでしょう。

自転車なら、交通渋滞に巻きこまれることもなく時間のロスもほとんどありません。自転車は、実際に遙かにメリットが存在しているのに、まだその評価を軽視している人たちもいます。

放置問題や自転車事故

まだまだ、自転車は実際に、日本においてしっかり認識が定着しているとも言えない可能性もあります。その過程のなかで、放置問題や自転車事故などのデメリットばかりがいま、語られようとしています。実際に、事故といえば、自動車事故のほうが圧倒的に多いのにです。

メリット

自転車にはいろいろなまメリットがあります。しかし、それが、まだまだ多くの人たちに浸透していない理由は、自転車があまりにも当たり前の乗物として認識されてしまっているからの可能性もあります。

当たり前過ぎる乗物だから、人間たちは進化のために、そこから離脱して成長しようとしている可能性はないでしょうか。しかし、日本人も自転車からスタートして、やがて戻る場所もきっとここのはずです。

クルマによってステイタスをアピールするのもいいですが、クルマばかりの生活をしていては、どんどん運動不足になってしまうことでしょう。

自転車を上手く生活に取り入れることで、大腸がん発生の危険性を40~50%、乳がんの場合は34%減少するというデータもあります。

ミヤタ自転車の部品の評判

ミヤタ自転車の評価は、自転車の部品の評価とも言っていいのでしょうか。部品ひとつひとつが、間違いなく自転車を作りあげています。

クォーツエクセルライト

そして、ミヤタ自転車は、軽くて速い、そしてさびにくいクォーツエクセルライトを生み出しました。

部品と部品の総合体として、高級激軽ママチャリ「クオーツエクセルライト」のようなレベルの高い完成品が登場することになります。重量17㎏のママチャリです。

ママチャリに対してこのような拘りは、他の自転車メーカーではなかなかできないことではないでしょうか。ここにも、航空機の製造時にも採用されている、ミヤタ独自のフレーム接着技術が使われています。

ウルトラレーザービーム6は、夕方くらいに走ってると、勝手に点いてくれる自動点灯ライトです。

シティサイクルタイプの「クオーツ エクセルアルファ」もラインアップされております。こちらは3段変速付きです。

部品へのこだわり

ミヤタ自転車の多彩の拘りの技術をぜひみなさんにより深く理解していただきたいです。レーザービームライトシリーズは、高輝度で広い範囲に照射してくれて、前方を明るく照らします。

いままでの電球と比べて電力消費量が少ないから、低速時や押し歩きの時でもしっかり発光させることができます。

フレームテクノロジーにはMIYATA独自の特殊フレーム工法のPFT工法が採用されています。それは、航空機の製造に使われている接着剤に改良を重ねたもので、圧力をかけてフレームのそれぞれチューブを接着して行きます。

そして、防犯のためにもしっかり鍵と向きあう必要があります。ミヤタ自転車の、頑丈W一発ロック は、一発操作でハンドルと後輪を同時Wロックします。

後輪のロックを施錠・解錠すれば、連動で前輪のハンドルロックも施錠&解錠し、1回の操作で2ヶ所のロック操作を同時に行うことができ、強固な盗難対策が実現できます。

ウルトラレーザービームW、LEDセンターレーザービームオートライト砲弾型、オリジナルフロントリフレクター/バスケット内蔵式フロントリフレクター、セーフティリフレクションサドルなどがミヤタ自転車を支えている部品です。

ミヤタ自転車のフリーダムの評判

MIYATA フラットロードバイク フリーダムフラットなどもミヤタ自転車の評判のいい主力商品です。フラットバータイプのハンドルは初心者でも乗りやすいのが特徴です。

しかもフォルムは抜群にスタイリッシュ。クロモリフレームにロードバイク用コンポーネントを組みいれて、快速仕様にまとめられました。はじめての人たちでも、気軽に乗ることができる自転車です。

とにかくいまこの現代社会において、ミヤタ自転車が本当の底力を発揮しはじめたという気持ちの人たちも多いです。

ミヤタ自転車で街が楽しい

いかがでしょうか。ミヤタ自転車とともに自転車の魅力も知っていただけたのではないでしょうか。ミヤタ自転車の歴史を知れば、「自転車がいつも庶民のためにある」ということに気付かされることになります。