Search

検索したいワードを入力してください

簡易書留の受け取りの郵便局での受取方法・家族でも可能か

Author nopic iconぱんな
カテゴリ:郵便

初回公開日:2018年03月30日

更新日:2020年02月16日

記載されている内容は2018年03月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

簡易書留の受け取りの郵便局での受取方法・家族でも可能か

簡易書留とは?

簡易書留とは、郵便局の窓口で引き受けた時間とその郵便局の名前、および配達状況が記録される日本郵便が取り扱う配達方法です。

万が一、無くなったり、壊れた場合は原則として5万円までの実損額が保障されます。

一般書留に比べて、料金が割安であり、相手先に手渡しで配達する(手渡しで受け取る)ことになるため、個人情報が記載された健康保険証やキャッシュカードなど、重要な情報が記載された大切なものの配達に使われることが多い方法です。

簡易書留は自宅の郵便受け(ポスト)に配達してくれない!?

簡易書留は普通郵便では送ることができない、個人情報が記載された大切な書類や、銀行のキャッシュカードなどを郵送する手段です。

大切なものが入っているため、普通の手紙やダイレクトメールのように、自宅の郵便受け(ポスト)に入れるだけという配達はできません。

必ず、手渡しで配送(受け取り)しないといけないという決まりになっています。

そのため、自宅の郵便受け(ポスト)に配達はしてくれません。

不在時、簡易書留の代わりに入る不在通知書とは?

では、配達時に留守にしていた場合についてご説明いたします。
日中仕事をしていて、不在にしていることが多い場合、せっかく大事な書類が簡易書留で届くと判っていても、自宅に誰もいなければ受け取ることができません。

そういった場合、簡易書留の代わりに「不在通知書(郵便物等お預かりのお知らせ)」が自宅の郵便受け(ポスト)に入ります。
不在通知書(郵便物等のお預かりのお知らせ)には、「再配達受付連絡先」や「追跡番号」「お問い合わせ先」などが記載されています。

この不在通知書が入っていたら、再配達をしてもらうか、窓口での受け取りを選び、簡易書留を受け取ることができます。

郵便局での簡易書留の受け取り方

郵便局といっても、配達局、会社の最寄の郵便局、自宅の最寄の郵便局など自分の周りには、たくさんの郵便局があります。

これらの郵便局の中から、自分が都合のよい郵便局で簡易書留を受け取りをすることができます。

配達当日に簡易書留を受け取りたい場合

簡易書留を、不在通知書(郵便物等のお預かりのお知らせ)が自宅の郵便受け(ポスト)に入っていた当日に郵便局へ受け取りに行きたい場合は、自分が受け取る簡易書留が、配達局である郵便局に戻っているか確認をする必要があります。

配達員と入れ違いだった場合、自宅へ簡易書留の不在通知書が届いているのを見て、あわてて郵便局へ問い合わせをしても、配達員が郵便局に戻ってくるまで、簡易書留は郵便局には戻りません。

まずは配達を管轄する郵便局へ電話をして、お目当ての荷物が戻っているか確認をしましょう。

当日の郵便局での受け取りは配達局で

簡易書留を配達の当日に受け取ることができる郵便局は、いわゆる本局といわれる市区町村内でキーとなる大きな郵便局(配達局)のみになります。

本局は、普通の町中になる郵便局とは違い、荷物の受取窓口や郵便窓口も夜遅くまで開いています。
その郵便局までとりに行くことができれば、当日の受け取りをすることが可能です。

郵便局によって、窓口での受け取り可能な時間が違いますので、不在通知書(郵便物等のお預かりのお知らせ)に記載されている窓口受け取り時間を確認したうえで、郵便局で受け取りをしてください。

最寄りの郵便局で簡易書留を受け取りたい場合

会社の近くや、自宅近くなど他の小規模郵便局の窓口で簡易書留を受け取りすることも可能です。

その場合は、日本郵便のホームページ“配達のお申込受付“から依頼をすることができます。手元に不在通知書(郵便物等のお預かりのお知らせ)を用意してアクセスしてください。

ただし、簡易書留を配送局から他の郵便局へ転送する必要があるため、2~3日の日付を要します。

簡易書留を早く受け取りたい場合は他の方法を検討しましょう。

日本郵便ホームページからの再配達申し込みの流れ