Search

検索したいワードを入力してください

鬼の名前・種類一覧|最強/妖怪/女/お面/鬼を表す漢字

Small a315f440 d6a4 48eb 8ee5 26e95e681a9cSyalna*
雑学 / 2018年01月15日
鬼の名前・種類一覧|最強/妖怪/女/お面/鬼を表す漢字

鬼にも種類がある

鬼と言えば、どんな鬼が思い浮かぶでしょうか。青鬼、赤鬼、など鬼にもさまざまな種類がいて、それぞれに役割があったり、逸話が存在しています。
 
今回は、そんな鬼の種類を紹介していきます。ぜひ、お気に入りの鬼をみつけてみてください。

鬼の種類

霊鬼

人が死んだ後の魂が、恨みをもち鬼になったものを指す種類です。

邪鬼

鬼のなかでも病をふりまくとされているもの。毘沙門天像をみると、その足に踏まれている鬼がいて、それが邪鬼であるとされる種類です。
 
毘沙門天は蛇(みずち)を踏んでいる場合もありますが、その場合は邪鬼とは別のものとして認識されています。

羅刹

仏教においては護法善神の1人とされる種類です。毘沙門天に仕える神とされていますが、獄卒と解釈されている場合もあります。

夜叉

こちらの夜叉も、仏教においては護法善神の1人とされる種類です。羅刹と同じく毘沙門天に仕える神とされています。

般若

こちらは人に強い恨みを抱きながら死んだ女性が死んだ後に鬼になったものとされる種類です。
 
あるいは、強い恨みを抱き、生きたまま鬼になる場合もあり、有名な話では嵯峨天皇に寵愛を受けるも子を授からず、悲恋の末に鬼になった逸話などが残っています。

悪鬼

邪鬼と同じく病をふりまくとされる鬼です。実はこの悪鬼は私たちにとても馴染みのある鬼で、節分の際に「鬼はそと福はうち」と払われるのがこの悪鬼だとされる種類です。

山姥

山姥はよく昔話などにも出てくる鬼であり、老婆の姿をしている種類です。
 
諸説ありますが、山の奥に住み、美しい姿の女性、あるいは人の良さそうな老婆の姿をしており旅人に宿を与え、騙して喰らうとされています。

獄卒

地獄において、地獄に落ちた死者の魂を責める鬼の事を指す種類です。

餓鬼

小さな鬼で、下腹が異常に膨れた姿の鬼の種類です。
 
飢餓に苦しむ人の姿をしており、地獄の中にある餓鬼道と呼ばれる場所へと転生した人の姿です。

子鬼

人にいたずらをしたりする小さな鬼を指します。英語ではゴブリンなど呼ばれる事もあり、無害なものから残虐ないたずらをするものまで特性はさまざまな種類の鬼です。
 
外国で有名な子鬼の一つにレッドキャップと呼ばれるものがいます。レッドキャップは古い古城に棲み着いており、旅人が古城で一夜を越そうとすると現れ喉を掻ききって殺し、その流れた血で帽子を染めて喜ぶとされています。

鬼神

荒ぶる神とされており、神とされる物の中でも特に気性が荒く、祟る神は主に鬼神と呼ばれる種類の鬼です。

妖怪の鬼の種類

基本的に、鬼と呼ばれる存在はそれそのものが妖怪としてカテゴリされます。ただし、妖怪の中で特に私達がイメージするのは角があり恐ろしい姿をしているものです。そのような鬼の種類では、人の呼びかけと真逆の事ばかり言う「天邪鬼」や人に取り憑き首を括らせる縊鬼(いつき)という妖怪が筆頭に挙げられます。

鬼の色の種類は5種類

一般的に私たちがよく知っているのは赤鬼と青鬼ですが、他にも緑、白(黄)、黒の鬼がいて全部で5種類の鬼がいます。
 
なぜ5色はと言うと、仏教に関係があり「平穏に過ごすためには、心を縛る5つの煩悩を外して過ごしなさい」という五蓋(ごがい)という話が由来しています。
 
それでは、5種類の鬼の意味を紹介していきます。

赤は貪欲を表します。欲望や求めすぎる心をさしています。

人間の悪い心を象徴しており、節分の際にこの赤鬼に豆をぶつける事で自分の中に巣食っている悪い心が取り除かれると言われます。

青鬼は自分の中の悪意や憎しみなどを表します。
 
節分の際には、何かに過剰に怒り、他人を憎む自分自身に豆をぶつけることで自身を浄化し、福に恵まれるようにという意味を持ちます。

緑の鬼は、怠惰や眠気などの不健康を表します。
 
節分の際に緑の鬼に豆をぶつける意味は、不摂生である自分の生活を反省しながら、健康を保つことを心に言い聞かせながら豆をぶつけることで健康に過ごせるようになると言われています。

黒の鬼は、自身の中にある疑う心や愚痴などを表します。
 
節分の際に緑の鬼に豆をぶつける意味は、自分の中にある不平不満を言う心、卑しい気持ちをさっぱりと落とし、この先に平穏な生活がおくれるようにという願いを込めるとされています。

白(黄)

白の鬼はしばしば黄色ともされ、白、あるいは黄色の鬼は、同じ意味を持っています。白の鬼が表すのは浮ついた心や甘え、執着など、自身の心の有様を表します。
 
この白い鬼に豆をぶつける意味は、自分の心が自己中心的であることを恥じいり、反省しながらぶつける事で、公平な判断をし、心の平穏が保てるようにという意味合いを持っています。

最強の鬼「酒呑童子」

平安時代に京都の都付近で暴れていた、最強の鬼と称される酒呑童子。丹波の国の端にある大江山に棲み着き、身長は6m、角は5本あり目が15ある姿をしていると伝えられています。
 
酒を好み、人をさらっては喰う悪鬼でしたが、最後、毒を盛られた酒を飲まされて坂田金時や源頼光らに斬り殺されます。
 
その後、討伐の証として酒呑童子の首を持ち帰ろうとした源頼光らでしたが、京の都へと入ろうとしたところで地蔵尊に「不浄なるものを都へと持ち込むな」と言われ、その場で首を埋め埋葬したという逸話も残っています。

女の鬼の種類

鈴鹿御前

女の鬼の中でも特に有名な鈴鹿御前。鈴鹿御前は室町時代の後期に登場した伝説です。
 
鈴鹿御前は昔、都へと奉納される年貢や御物を奪う盗賊として悪行を重ねていました。その鈴鹿御前を討伐するため、田村の将軍と呼ばれる男が鈴鹿御前の元へ赴きましたが、2人は恋に落ちそのまま子を設けてしまいます。その後、鈴鹿御前は清い心を持つようになり、同じく悪鬼として悪事を働いていた鬼達を退治し、その後天命により25歳で命を落としてしまいます。
 
しかしその後、亡くなった鈴鹿御前を取り戻そうと田村の将軍が冥土(あの世)へと乗り込みその魂を現世へ連れ戻し、めでたく2人は夫婦として結ばれ幸福な暮らしを送る、という話です。
 
鬼と言うと恐ろしいエピソードが思い浮かぶものですが、この鈴鹿御前の物語はハッピーエンドかつ勧善懲悪の物語として人気を誇り、現在にも語り継がれでいます。

鬼のお面の種類

般若

恨みを持った女性が鬼になったものを表す般若。この般若のお面は、能劇などにおいては死魂、あるいは生霊を表します。あるいは冥土から現れる幽霊や嫉妬に狂った女性など、さまざまな役割を持ちますが、いずれも人の魂が鬼へと成り代わった姿です。

鬼神

人が鬼に成り代わったものではなく、荒ぶる祟る神を演じるために鬼神のお面は使用されます。鬼神といっても二種類存在し、一つは人々に病を振り撒く神として、もう一つはそれを祓う荒ぶる神がいます。能によりその種類や名前は変わり、有名所では天神、猿飛出などがあり、どれもユニークで恐ろしい印象です。

鬼を表す漢字や言葉

魔という漢字は魔物や妖怪など人ではない物の中でも特に悪いものを表すために使われます。
 
この「魔」という文字の中にも鬼という意味が含まれており、その場合は人の理でははかりきれない邪悪なもの、恐ろしいものという意味合いを持ちます。

魑魅魍魎

魑魅魍魎とはさまざまな妖怪、鬼などの奇々怪々なものを全て表す四字熟語です。鬼という意味ももちろん含みますが、この場合は一匹ではなく、複数匹の意味合いを持ちます。
 
何か悪い事が起こった時に何が原因となるか解らない、鬼のせいだろうか妖怪のせいだろうか、とう際に総称として「魑魅魍魎」という言葉が使われます。

刺青の鬼の種類

刺青をする際に、鬼の模様を彫る場合がしばしばあります。その際にどのような鬼の種類が掘られているのかと言いますと、基本的には般若や生成り、あるいは風神雷神の絵柄が多いです。
 
なぜこの絵柄が多く好まれるかというと、やはり知名度でしょう。風神雷神、般若、いずれにしてもパッと見てそれだとわかる絵柄で、おどろおどろしい物が好まれていると言えるでしょう。

知れば知るほど楽しい鬼

いかがでしたか。今回は、さまざまな鬼の種類やその逸話などを紹介しました。もちろん、今回紹介した鬼だけではなく、もっともっとたくさんの鬼の伝説が日本には存在し、どれもこれも興味深いものばかりです。
 
ぜひとも、自分でも調べてみてお気に入りの鬼をみつけてみてください。

関連記事

Related