Search

検索したいワードを入力してください

エンジェルナンバー「616」の意味・恋愛における意味

Author nopic iconゆうこ
エンジェルナンバー / 2018年01月31日
エンジェルナンバー「616」の意味・恋愛における意味

エンジェルナンバーをご存知ですか?

「エンジェルナンバー」という言葉を耳にしたことはありますか。エンジェルナンバーは引き寄せの法則やスピリチュアルの分野が好きな方は、一度は耳にしたり、興味を持ったりしたことがあるのではないでしょうか。エンジェルナンバーはその数字によって意味することが異なります。

本記事では特に「616」というエンジェルナンバーの意味するメッセージ、特に恋愛における「616」のメッセージについてをご紹介します。

エンジェルナンバーとは

エンジェルナンバーはその名のとおり、天使が私たちに対して発信するメッセージだととらえられています。天使が何かを伝えたいときに、言語ではなく、印象的な数字を見せることによりわたしたちにアプローチしているという考え方です。数多くの国で使われていて、またその歴史も古い数字は、さまざまな地域で神秘的なかかわりが深いとして使われてきました。

エンジェルナンバーが意味するメッセージは、アメリカの心理学者であるドリーン・バーチュー氏が体系付けて広めています。ドリーン・バーチュー氏はスピリチュアルな活動を世界中で行っている心理学者ですが、その活動には、彼女自身が臨死体験で天使に遭遇したことや、一族に透視ができる者が多かったことなどの実体験が生かされています。

私たちはいかなるときも守られています

ドリーン・バーチュー氏も体験したように、私たちの周りには私たちを守ってくれている存在がいます。それは、天使と言われることもあれば、ガーディアンエンジェル、オーバーソウルなどと呼ばれることもあります。

また、スピリチュアルではない世界であれば、龍がついていると表現されることもあります。

その存在を私たちは目で見ることはできません。また、直接言語で会話をすることもできません。突然心の中に入ってくるアイディアや、度重なる偶然(シンクロ)などが、それらの存在からのメッセージだと言われています。

数字はそのメッセージ

そのメッセージの伝達方法のひとつが、エンジェルナンバーです。その数字がどういう状況で目に入るのかはそれぞれです。とおり過ぎた車のナンバー、録画したドラマをみているときのレコーダーのカウントアップ、などわたしたちの周りにはさまざまな数字がありますが、それらはその存在たちがわたしたちに与えてくれている何らかのメッセージだととらえてください。

エンジェルナンバー「616」の意味

ここからは、今回の記事のテーマである、「616」というエンジェルナンバーをみたときに、わたしたちにどういったメッセージがおりてきているのか、ということについて詳しくご紹介していきます。

エンジェルナンバー「616」

エンジェルナンバー「616」は、「これから、信じられない奇跡が起こる」という意味がこめられた天使からのメッセージです。今目の前で起こっている現実にとらわれるのではなく、これから起こること、これから起こる奇跡に目をむけ、苦しい現実にのみこまれないでほしい、ということを「616」が意味しています。

不安なことや、恐れを手放せないでいるときには、すべては宇宙の采配どおりにうまく進む、ということだけを信じて事態が好転することを楽観的に待ちましょう。必要なことはかならず、一番いいタイミングで私たちにもたらされます。

エンジェルナンバー「616」の恋愛の意味

エンジェルナンバー「616」は、恋愛面ではどういった意味合いを持つのでしょうか。

女性により確立される

エンジェルナンバー「616」は、女性という存在によって新たに魅力が生まれるという意味を持ちます。

周りの女性のことを考えてみてください。親友、母親、姉妹など、たくさんの女性があなたの周りにはいることでしょう。その女性たちが、恋愛におけるアドバイスや重要な意味を教えてくれる可能性が高いです。

特に、恋愛のスタイルは、母親の影響を大きく受けています。そこから影響を受けた価値観が、今の恋愛に大きく関わることも考えられるでしょう、ということを「616」は教えてくれています。

女性としての魅力が最大化する

また、エンジェルナンバー「616」は、あなたの女性としての魅力が最大になるということをも意味しています。女性らしさと一言で言っても、さまざまあります。つややかさ、色っぽさ、可憐さ、母性、しなやかさ、それぞれがあなたの中に大きくふくらんでより女性としての魅力が発揮されるときである、ということを「616」は示しています。

エンジェルナンバー「616」を見たら実践すべきこと

エンジェルナンバー「616」を見たら、実際はどのようなことをしたらいいでしょう。できることはいくつかあります。

自分のことを見つめなおす

エンジェルナンバー「616」が現れたときは、「奇跡が起きる」ということ意味しているとご紹介しました。そのことを信じて、目の前の現実に振り回されないことが大切です。

今、何に悩んでいますか?あなたの心を乱しているのはどんなことでしょうか。まずは、自分が現実に振り回されて自分を見失いかけていることを認めるときです。そして、いったんその悩みはわきにおいておいて、奇跡が起こることを信じる方向へシフトしましょう。

望みを整理する

今、どんな現実に振り回されているのか、なかなか頭の中だけで整理できるものではありません。そういうときは、紙やノートに書くことをおすすめします。今、自分が悩んでいること、どうして悩んでいるのかを書き出していくと、そこから、本当の自分の望みが見えてきます。

悩んでいるときは、自分の本当の望みを知ることができます。そこを見つめずに、悩みにばかり振り回されていると、悩んでいる現実にのみこまれてそこから抜け出すことができません。「616」を見かけたときは自分の望みを知るチャンスです。

リラックスする

「616」をみて、自分の悩みを見つめ、本当の自分の望みを整理することができたら、あとはあれこれ頭の中で思考せずに、リラックスできる時間をとりましょう。

自分の頭の中がクリアになると、悩みにとらわれている段階から、悩みが本当の望みを教えてくれて、だんだんとそこに向かう姿勢が自分に備わってきます。そのためには、リラックスして今自分の気分のいいことをすることをおすすめします。

お風呂にはいってゆっくりする、1杯のおいしいカフェラテを飲む、大好きなドラマをもう一度見る、など、一番自分の大好きなことができる時間をゆっくりとってください。そうすると、またワクワクした気持ちになってだんだんと悩みから抜け出し、そうしたときに待ちに待った「616」の奇跡が起こります。

エンジェルナンバー「616」のそれぞれの数字の意味

最後に参考までに、エンジェルナンバー「616」を構成している数字について、その意味をご紹介します。

エンジェルナンバー「1」の意味

引き寄せの法則では、目の前で起こっていることが事実でそこから私たちの思考がうまれるのではなく、私たちが本当に思考していることが、現実として起こるということが説かれています。いいことを常に考えていれば、いいことが起こり、反対によくないことが起こると考えていれば、よくないことが起こります。

エンジェルナンバー「616」を構成する「1」は、私たちに、いい現実がほしいなら、私たちの頭の中で常にいいことを考えましょう。ということを意味しています。すべての現実創造は私たちの頭の中から始まります。

ちなみに、どちらかというと私たちの思考したことの動機が現実化されると覚えておいてください。そのため、「大好きな彼と結ばれたい」ということ思考したとしても、心の中で「でもきっと彼女とは別れないだろうな」などと考えていたらいつまでも結ばれないことが現実になります。

エンジェルナンバー「6」の意味

エンジェルナンバー「616」を構成する「6」は物質的な地球上のものを示しています。つまりは、不動産やお金など、そういった物質的なものに多く心を乱されていないか、ということを忠告するメッセージと捉えられます。エンジェルナンバー「6」を目にしたら、上記のように一度自分を見つめなおし、大いなるものに身をゆだねてみることが必要だというメッセージがきているととらえましょう。

エンジェルナンバー「616」を見かけたらラッキー

エンジェルナンバー「616」について、ご紹介してまいりましたがいかがでしたでしょうか。いかなるときも私たちは天使に守られていて、どんな悩みも望みに変えることができ、望みは現実になるとわかったら、わたしたちに怖いものはありません。「616」を見かけたら、奇跡が起こるチャンスです。あなたのよりすばらしい人生を、心から願っています。

Line@