雇用保険の被保険者番号の調べ方・番号が変わった場合

Author nopic iconaaam
ビジネスマナー / 2018年02月13日
5085cba8 3598 45af aaf3 69c8c9fbce2f

雇用保険とは

トピック1033829/要素3394982

雇用保険の被保険者番の調べ方を知る前に、まずは雇用保険とは何かということから説明いたします。「雇用保険」という言葉は、社会人であれば誰もが耳にしたことのある言葉だとおもいます。

雇用保険とは、失業中の生活の期間において、新しい仕事を探し、1日も早く再就職できるようにとの考えで作られた制度です。失業中に受けることのできる基本手当は、一般的に失業保険と呼ばれます。そのほかにも、就職の促進や、安定した仕事に就くための教育訓練などもハローワークから、受けることができます。

雇用保険の趣旨に沿うため、会社では一人でも従業員を雇えば、雇用保険の対象事業所となります。雇用保険には、会社を示す事業所番号と、従業員個人を示す被保険者番号が存在します。

被保険者番号とは

会社に就職すると、誰もが雇用保険の被保険者となります。勤務期間や、一定の条件を満たすことができると、失業給付や教育訓練を受けることが可能になります。

雇用保険の被保険者番号とは、雇用保険の資格を持つ個人、ひとりひとりを示す番号です。最初に就職した企業が、ハローワークに被保険者資格取得届を提出すると、雇用保険被保険者証が発行されます。この雇用保険被保険者証に、各個人の被保険者番号が付与されることになります。雇用保険被保険者番号は、基本的には変わることのない、一生使用する番号となりますので、大切に保管しましょう。

雇用保険のしくみ

雇用保険の被保険者番号は、個人に一度限り付与される番号となります。これには、不正受給防止の役割があります。1人で複数の被保険者番号を持ってしまうと、誰がいつ離職したのか、またいつ失業手当を受給したのかが把握しにくくなります。1人につき1つ限りの番号を付与することで、受給の不正を防ぐという理由があります。

雇用保険の被保険者番号の調べ方・確認方法

トピック1033829/要素3394987

雇用保険の被保険者番号は、普段仕事をしているときには使用することがないので、被保険者番号を聞かれても、すぐに答えることができず、調べなければならない場合が多いでしょう。その際、雇用保険の被保険者番号は、どのようにして調べるのでしょうか。

基本的敵には、雇用保険の被保険者番号は、雇用保険被保険者証に記載されているので、そちらで確認するのが最も良い方法です。しかし、雇用保険被保険者証を紛失してしまう方もいらっしゃるでしょう。その場合には、まずは退職した会社に問い合わせてみましょう。担当者であれば、退職者の被保険者番号を調べることができる場合もあります。

また、ハローワークからもらった書類が手元にある場合には、そちらの書類の控えに記載されています。離職票があれば、その控えに記載されていますので、確認することができます。

雇用保険の被保険者番号が変わった場合

トピック1033829/要素3394976

雇用保険の被保険者番号は、会社を退職し新しく会社に就職する際には、番号が変わってしまうのでしょうか。以下で詳しく説明いたします。

転職

転職したら新しく、雇用保険の被保険者番号が付与されるのでしょうか。結論からいいますと、雇用保険の被保険者番号は、基本的には変わることがありません。雇用保険事業所番号は1つの事業所につき1つ、また個人に与えられる雇用保険被保険者番号も1人につき1つという決まりがあります。そのため、退職や転職でも、雇用保険被保険者番号は変わらず使用し続けることになります。

退職して新しい会社に入社する際に、雇用保険被保険者番号を求められることがあります。これは、過去に雇用保険に加入している方であれば、新しく雇用保険被保険者番号を取得することができないためです。退職する際には、雇用保険被保険者証をもらえますので、紛失しないように大切に保管しておきましょう。

万が一、雇用保険被保険者番号を2つ持っている場合などがありましたら、ハローワークにその旨を伝えてみてください。何らかの処理をしてもらえます。

雇用保険の被保険者番号がわからない場合

トピック1033829/要素3394972

前の会社を退職し、転職をする際には、新しく入社する企業から被保険者証の提出を求められる場合があります。雇用保険被保険者番号は、雇用保険加入者に対し、個人に一度限り付与された番号となりますので、転職し、新しい会社に入社した場合でも同じ番号を使用します。

しかし、被保険者証を紛失してしまった場合など、雇用保険被保険者番号が分からない場合があります。この場合には、どのようにすればよいのでしょうか。まずは、退職した会社に問い合わせてみることが一番でしょう。以前勤めていた企業の担当者であれば、退職者の雇用保険被保険者番号を調べることができる場合があります。

また、ハローワークからもらった書類が手元にある場合には、離職票などの書類の控えを見てみるのもよいでしょう。また、これらの方法でもわからない場合は、ハローワークに問い合わせてみるとよいでしょう。そちらで検索をかけてもらうこともできます。

雇用保険の被保険者番号は保険証にあるのか

トピック1033829/要素3394969

雇用保険の被保険者番号を確認したい際には、雇用保険被保険者証を確認するのが一番よい方法です。雇用保険被保険者証には、会社の番号である事業所番号が、各事業所で1つ付与されており、記載されています。そのほかに、雇用保険の加入者であることを示す雇用保険被保険者番号の記載もあります。

雇用保険被保険者証には、事業所番号、被保険者番号のほかに、被保険者氏名、生年月日、事業所の名称、交付された年月日の記載があります。

雇用保険の被保険者番号はハローワークで必要か

トピック1033829/要素3394965

雇用保険被保険者番号は、普段仕事をしている際には目にすることはめったにありません。では、どのようなときに必要なのでしょうか。

雇用保険被保険者番号が必要な場面は、会社を辞めるときでしょう。会社を辞める際には、ハローワークに求職の登録をしたり、失業給付の申請をしたり、ハローワークを通して教育訓練受けたりと色々な手続きがあります。雇用保険被保険者番号は、上記の場合すべてに必要となります。

そのほかにも、高年齢雇用継続給付の申請や、育児・介護での休業給付の手続きで雇用保険被保険者番号が必要になります。このような手続きの場合では、会社が書類を作成してくれた際に、被保険者番号も記載されている場合が多いです。

雇用保険の被保険者番号の桁数

トピック1033829/要素3394960

雇用保険の被保険者番号は、基本的には11桁で構成されています。11桁の番号の中でも、4桁・6桁・1桁という数字で構成されています。雇用保険の加入者であることを示すこの番号は、退職や転職などでも変わることのない、個人に1度限り付与された番号となります。

10桁

まれに雇用保険の被保険者番号が10桁の方がいらっしゃいます。これは、1981年7月6日以前に、雇用保険に加入した方に付与された番号となっています。番号の構成は、16桁の数字が書かれています。同日以降にハローワークから発送された書類には、11桁の被保険者番号が記載されるようになりました。その書類が手元にある場合は、11桁の被保険者番号を利用してください。

また、同一以降に雇用保険の手続きが発生していない場合には、16桁の被保険者番号が付与されたままとなっています。その場合には、16桁の下段に記載されている10桁の番号を使用しましょう。その旨をハローワークに伝えると、新しく11桁の被保険者番号を取得することができますので、確認してみてください。

雇用保険の被保険者番号のしくみを学ぼう!

トピック1033829/要素3394958

いかがでしたでしょうか。雇用保険の被保険者番号は、雇用保険加入者であることを証明するための重要な番号です。被保険者番号は、各個人に一度限り付与される番号であり、基本的には番号が変わることはありません。まずは、雇用保険の被保険者番号のしくみを知り、被保険者番号が記載されている雇用保険被保険者証をたいせつに保管するようにしましょう。

関連記事

Related