Search

検索したいワードを入力してください

合気道の技の一覧・技の種類・解説|基本の技/簡単な技

Small 5d21197d 68b7 4d9e 8670 5e2f258060c6beenac
雑学 / 2018年02月19日
合気道の技の一覧・技の種類・解説|基本の技/簡単な技

合気道の技一覧

一教

相半身片手取り一教(表・裏)

相半身(向かい合った二人が同じ足を出す構え)で、相手に片手を持たれた状態から投げる技、表と裏があります。表は一直線に進んで技をかけること、裏は180回転して技をかけることです。

逆半身片手取り一教(表・裏)

逆半身(向かい合った二人が違う足を出す構え)で、相手に片手を持たれた状態から投げる技です。表と裏があります。

正面打ち一教(表1・2・裏)

相手が打ち下ろした手を受け、投げる技です。表1と表2と裏のバリエーションがあります。

二教

相半身片手取り二教(表)

二教は一教を変化させたもので、一教の技が相手の抵抗にあって上手くかからないときに使います。一教は関節を抑えるませんでしたが、二教は関節を抑えて相手の自由を奪いかける技です。片手を取って関節を抑えて倒します。

逆半身片手取り二教(裏)

相半身片手取り二教(裏)と基本的な動作は同じですが、逆半身(互いの出す足が逆)になります。

正面打ち二教(裏)

正面打ち一教の変化技です。相手が打ち下ろしてきた手を取って、関節を抑えて技をかけます。

三教

相半身片手取り三教(表)

相半身片手取り一教(表)が上手くかからないときに使います。相手の片手を取り、手首をから肘の部分を固めて、相手の中心を浮かし力の入らない状態にして倒します。

正面打ち三教(表)

正面打ち一教が上手くかからないときに使います。相手の片手を取り、手首をから肘の部分を固めて、相手の中心を浮かし力の入らない状態にして倒します。

四方投げ

両手取り四方投げ(表・裏)

両手を取られた状態からの四方投げです。四方投げは合気道の基本的な要素が詰まった投げ方です。剣術の切り上げ、切り下げの動きを使い、自分の体を捌くことで、両手首を掴まれた状態でも投げを打つことができます。

横面打ち四方投げ(表・裏)

相手が横からチョップをしてきたのを受けてからの四方投げです。

入身投げ

逆半身片手取り入身投げ

入身とは、相手の横や後ろに自分の体を入れることです。足捌きによって移動し、技のかけやすいポジションにしたり、入身の動きによって相手のバランスを崩したりします。逆半身片手取り入身投げは、相手に片手を取られた状態で相手の後ろに入身して、体重をかけて倒す技です。

正面打ち入身投げ

相手が振り下ろしてきた手を取り、相手の後ろ側に入身して相手のバランスを崩し倒す技です。

小手返し

逆半身片手取り小手返し

相手に片手を掴まれたのを切り、逆に相手の手を取り手首を固め、小手(手首)を返して投げる技です。

正面打ち小手返し

相手が打ち下ろしてきた手を取り、小手返しで投げる技です。

回転投げ

逆半身片手取り回転投げ

回転投げは三教の技を基本とし、相手を自分をコマの中心として相手を振り回して投げる技です。逆半身片手取り回転投げは、逆半身で相手が手首を取ってきたところを回転させながら相手のバランスを崩し投げる技です、

正面打ち回転投げ

相手が降り降ろしてきた手を取り、回転させながら投げる技です。

座技呼吸法

向かい合って座った二人が行う技のことです。

呼吸法といいますが、実際は座った状態で相手を投げる技のことです。その際に必要なのが正しい呼吸法です。丹田を意識して呼吸を行い、丹田から手先にエネルギーが伝わるイメージを持って技をかけます。

後ろ両手取り呼吸なげ

後ろから両手を掴まれたときの投げ方です。全身を波打つように使ってなげます。

腰投げ

後ろから両手を掴まれたときの投げ方です。腰投げという名前ですが、実際は腰に引っ掛ける感じで投げます。

二人掛け・三人掛け

複数の人と同時に戦うときは、人数に応じて二人掛け・三人掛けと呼びます。

合気道の技の種類

体のみを使い掛ける合気道の技

合気道の技の種類は以外と少ないです。同じ日本発祥の武道である柔道は、大外刈り、内股、払い腰、背負い投げなど技の数は100を越えます。さらに、技の組み合わせにより何百ものバリーエションが生まれてきます。

合気道の技の数は体のみを使ったものなら40種類程度で、技の組み合わせもありません。ただ、柔道と違い複数の敵と戦うことも想定しているので、次々と技を繰り出して使うこともあります(二人掛け、三人掛けなど)。

体のみを使う合気道の技には、一教、二教、三教などがあります。十二教までありますが、四教以上は何教という表現はせずに、「四方投げ」や「回転投げ」のように、技の名前で呼ばれることが多いです。

短刀を奪って制す「短刀取り」

合気道は武器を持った相手も想定しています。短刀で襲ってきた相手を制す技を「短刀取り」といいます。「短刀取り突き肘極め」や「短刀取り突き小手返し」などがあります。

相手が短刀を持っていても合気道の基本的な動きは同じです。合気道は体のみを使った技の中でも武器をもった相手に対する動きが含まれていて、合気道の基本技をマスターすれば、自然と短刀取りに発展することができます。

杖(じょう)を使った技

合気道には杖(じょう)という2メートルぐらいの棒を使う技もあります。突きや打ち下ろす動作など技の数は多くはありませんが、杖の基本動作には転換や入身などの合気道の技の基本動作が含まれているので、体のみを使った技の練習にもなります。

また、杖の重みで合気道に必要な筋肉が自然とついてきます。杖をもった同士で組杖をすることで、攻防の感覚を研ぎ澄ますこともできます。

合気道の技の解説

合気道の技が掛かるメカニズム

合気道の技の基本は物理法則です。気功のように相手に触れずに気のエネルギーで投げるのではありません。相手に触れ、相手の力を利用して中心軸をずらし(バランスを崩させる)、少しの力で自然と倒れたり投げられるように仕向けます。

つまり、不思議な力ではなく、身体のメカニズムを使った科学的な技です。合気道は自分から相手を攻撃することはありません。あくまで、防衛術としての武道なので、まず相手に攻撃してもらいます。正面打ちや横面打ち、片手取りや両手取りなどです。

相手が攻撃に使う力を利用して相手のバランスを崩し投げにつなげます。さらに、投げた後には、相手が動けないように固めます。固め方も関節の可動域を考えたもので、関節技ですが、痛くはありません。ただ、固められた状態で無理に動こうとすると痛いので、相手はただじっと動かない状態でいるしかありません。これが、傷つけずに相手を制す合気道のメカニズムです。

一番重要なことは「脱力」

合気道の技のメカニズムのベースとなり、大前提としてあるのが「脱力」です。合気道の技を使えば自分より身体の大きな人も投げることができます。それは、力と力をぶつけていないからです。力まかせに投げようとした場合、当然力の強い人は投げられません。

例えば、合気道では相手に腕をすごい力で掴まれた場合、腕に力を入れずに脱力します。そのまま自分の空いている方の腕で相手の腕を上から押さえて、自分が後ろに下がるか、下に体重を掛ければ、相手の力は相手から見て前方に集中しているので、バランスを崩して前方に倒れかかります。一度バランスを崩せば次の投げ技に持っていくことが可能です。

合気道の技のメカニズムは4種類

脱力を基本とした合気道の技は4種類のメカニズムで成り立っています。「重さ」「崩し」「力」「自由性」です。この4種類のメカニズムを組み合わせて相手の自由を奪いバランスを崩し制します。

重さのメカニズム

重さのメカニズムとは、自分の体重を技に利用することです。合気道では、相手の身体に必ず触れている状態で技を掛けます。その触れている一点に自分の体重を全て掛けることで、最大限の力を発揮できます。

その時に大事なのが「脱力」です。力が入っていると、自分の腕を支えるために力を使ってしまい、相手に向けるエネルギーが弱くなってしまうので、脱力して全体重を相手と触れている一点(合気道では「結び」という)に掛けます。このメカニズムを使うことで、自分より大きな相手のバランスを崩すことができます。

崩しのメカニズム

崩しのメカニズムとは、バランスを崩すメカニズムのことです。人間は二足歩行の動物なので、常に身体を真っ直ぐにしておかないと、非常に倒れやすい状態になります。それを利用して、人間を真っ直ぐに保っている軸である「中心軸」をブレさせて、バランスを崩します。

簡単に言えば、足を並行にして真っ直ぐ立っているときは前後に崩します。足を前後に開いて立っているときは左右に崩します。一番崩れやすいポイントもあります。それは「崩す相手の両足を結んだ線が底辺となる三角形の頂点」です。

つまり、大体50センチくらいの幅で足を開いているとして、後ろに倒すなら相手から50センチ離れた場所に相手の頭を落とすようにします。横に倒すなら、50センチ離れた場所に頭を引き落とす感じです。この崩しの感覚が合気道で一番重要で、さまざまな技に応用して使うことができます。

力のメカニズム

力のメカニズムとは、相手の力が入らない瞬間をとらえるメカニズムのことです。なるべく少ない力で相手を制すには、相手が力を発揮できない瞬間に技を仕掛けるのが一番効率がいいです。その瞬間は「力がでる寸前」「力を出しきった瞬間」「突きを出しきったときの腕の側面」の3つがあります。

「力がでる寸前」は、突きを出す前の腕を曲げて力を貯めているときです。この瞬間に抑えられると相手は動きが止まり、そのまま投げに持ち込むことができます。

「力を出しきった瞬間」は、逆に突きを出しきった瞬間です。当たれば相当なダメージですが、うまく捌き、よけることができれば大きなチャンスです。前に崩れた相手のバランスをさらに崩し投げに持ち込むことができます。

「突きを出しきったときの腕の側面」は突きを出し切ったときの腕の外側のことです。突きをよけながら腕を掴み相手の身体の外側から投げをうちます。

自由性のメカニズム

自由性のメカニズムとは、意識を自由にするメカニズムのことです。人間は突然強い力で腕を掴まれたりすると身体に力が入って動けなくなります。実際は、動かせないのは腕だけで、他の足や身体は動かすことができます。常にその自由に動けるという感覚を意識できるようにすることが合気道の技の習得には大切です。

逆に相手は、頭に血がのぼって腕を掴んでくる場合が多いので、こちらが自由に動いてくると意表を突かれます。その一瞬のスキを突いて相手のバランスを崩し投げに繋げます。常に冷静であることも合気道の大切な考え方です。

相手の意表をつく「当身」

合気道でも投げへのアプローチとして攻撃をすることがあります。例えば「片手取り」の場合です。合気道では片腕を掴まれることを「片手取り」といい、これに対する投げ技は何種類もあります。相手が力を入れれば入れるほど技が掛かりやすくなります。ただ、相手に掴んだ手の力を抜かれると技が掛かりません。

この場合は「当身」といわれる自分からの攻撃が入ります。力を抜いた一瞬のスキを見て、掌底打ち(掌の付け根をパンチのように相手に当てる技)などで攻撃を仕掛けます。当たれば、ある程度のダメージは与えられますし、避けられても避けた方向にバランスが崩れますので、例えば、入身などで相手に近づきアゴを手で捉え投げにつなぐことができます。

合気道の基本の技

小手返し

小手とは手首のことです。小手返しは、受けの手首を返して固め、相手の中心を崩す技です。相手の手をややひねった状態で親指を立てるように握り、その上からもう片方の手を添える状態が小手返しとなり、ここから、抑えと投げの技を繰り出すことができます。

四方投げ

四方投げは四方八方に投げることからそう呼ばれます。入身、転換、体変更などの合気道の基本の足さばきが全て含まれています。剣術の剣の斬り上げと斬り下げの動きを使って投げる技です。

入身投げ

入身投げは四方投げと並ぶ合気道の代表的な技です。相手の側面に入身(横に足さばきで移動すること)して、相手の中心軸を崩して倒す技です。

天地投げ

天地投げは、両腕を掴まれたときに、相手の腕を上と下(天と地)に広げるようにしてバランスを崩し投げる技です。

合気道の簡単な技

手首

手首を捉える合気道の技で有名なのは小手返しですが、習得するには時間がかかります。もっと簡単にできるのがこの動画の技です。相手に自分の片方の手を掴まれた状態で相手の腕を、相手の身体の内側に動かします。

真っ直ぐ押し返しても動きませんが、横への力には弱いので、簡単に動きます。この時点で相手の軸がブレてバランスを崩すので、さらに腕を上げながら相手のうしろに回り込み、相手の開いた足を底辺とする三角形の頂点部分に相手の頭を落とすように倒します。

日本の伝統文化「合気道」

合気道は柔道とともに日本独自の文化です。柔道は国際大会もあり、世界的なスポーツになりましたが、合気道には試合がないためスポーツとして普及しにくい武道です。テレビなどでも放映されないため、どんな武道かわかりづらいところもあります。

合気道は意外と運動量が多く、自分が投げるときよりも、相手に投げられて受け身を取るときの方が体力を消耗します。受け身を習得すれば、転んだときも受け身が自然と取れるのでケガを防ぐこともできます。

日本独自の文化であり、身体の仕組みを研究して作られた、優れた武道である合気道を広め、今後も伝えていくために、合気道を習ってみてはいかがでしょうか。

関連記事

Related