Search

検索したいワードを入力してください

大学中退して公務員を受ける人の割合・給料・年齢制限

Author nopic iconライム
転職・就職 / 2018年02月19日
大学中退して公務員を受ける人の割合・給料・年齢制限

大学中退して公務員試験を受ける人の割合はどのぐらいか?

いわゆるベビーブームの世代の就職活動が就職氷河期として有名ですが、その頃から大学を中退した人は、倒産の心配のない公務員の仕事に就く人がいます。割合で見ると大学を中退した人すべてが公務員を目指す訳でないので、他の仕事を目指すよりも公務員を目指す人は3割いれば良いほうです。

地方公務員や国家公務員は21歳くらいまでの年齢制限があります。大学を中退したから公務員になる場合も、公務員試験を受けるための塾などに通う場合があるので、若いうちにしか挑戦できない仕事と言えます。

公務員でもさまざまな職種があるので、公務員全体で見ても大学を中退した人が公務員になる確率は昔よりも低いです。

大学中退して公務員になった場合の給与など

一般の大手企業で働く場合、高卒の人は18万円で大卒の人が25万円程ですが、大学中退者が公務員を受けて合格した場合は大卒扱いになります。そのため大卒の初任給は保障されるので、公務員の安定した職と安定した給与を得ることができます。

地方公務員でも、国家公務員でも、公務員になるには難しい試験や厳しい面接を受けなくてはならないので、大学を中退した場合は公務員を目指す人がいる反面、一般企業でも大手ではなく中小企業を選んで受ける人が多くなっています。

公務員になった場合の年収など

国家公務員の場合は20万円程になるので、大卒中退の人が20万円の賃金を得るために公務員を目指す人が多いです。学歴は公務員に合格すれば大卒扱いになるので20万円もしくは25万円程です。公務員でも地方公務員として働く場合は新たなチャンスを得られます。

公務員でもさまざまな種類の公務員があります。上級の公務員は大卒見込みまたは大卒でなくては無理な職種が多いので、同じ公務員でも大卒と大学中退は違うので給与も変わってきます。

安定やリストラの心配がなく公務員になる人が多いです。人気のある仕事でもあるので、大学中退の人が公務員になるため専門学校などに通って試験を受ける事がありますが、大学を卒業して公務員の仕事を目指す人が多いので、なかなか公務員になるのは難しくなっています。

公務員になった後の結婚やその後の生活など

初級公務員と上級公務員では給与も出世の早さも雲泥の差がありますが、大学中退した人が公務員となって幸せな結婚生活を送れる場合もあります。公務員は普通の企業とは違い競争する必要がないので、安定した幸せな結婚生活が送れるでしょう。

一般企業で社会的な地位や財を成して人生の幸福を得ることと同じく、結婚をすることは公務員にならなくても可能な事です。人にとっての幸福というのも人それぞれであり、大学を卒業して公務員になって早い出世をするよりもじぶんなりの幸福を探す事が大切です。

大学中退して公務員を受けるには年齢制限があるのか?

59歳まで応募している公務員もあれば警察や消防は20代までとなっており、地方公務員や国家公務員は21歳くらいまでです。公務員は他の仕事よりも年齢制限が厳しく、該当しない方は試験を受ける事もできないので、若い人で大学中退の人が公務員を目指すことが多いのも納得できます。

公務員は年齢制限があります。年齢制限がない公務員は環境保全局などの職員などです。また、公務員になれなくても嘱託や非正規雇用として公務員の仕事をすることも可能です。

公務員は年齢制限があるので若いうちの夢だとも言えます。特に大学中退した人は安定した公務員になることを目指す人も多いです。大学中退者の人にとっては希望の職業とも言えるでしょう。

大学中退して公務員を受ける際は大卒として採用されるのか?

大学中退でも公務員の試験に合格した場合は大卒として採用されます。高卒で公務員を受けた人よりも給与が上がります。大学中退の人が公務員を目指す際は、大学中退したことを面接はもちろん履歴書でも記載して試験に臨みましょう。

大学中退の人が公務員を目指すのはそれなりの知識がある人です。また、職を転々をしている人が一念発起を夢見て行政書士を目指すように、再起をかけて目指す人の希望の職業だとも言えます。

大学中退した人でも公務員として仕事ができるのか?

試験に受かれば大学中退でも公務員として仕事ができます。大学中退した場合、中退をしたショックでその後の仕事を見つけられない人が多く、発想を転換して若いうちに公務員になろうとする人はなかなかいないでしょう。大学中退の場合は、なかなか大学中退という事実を受け入れる事ができない人が多いです。

大学中退して試験に合格して公務員になれても大学中退という事実は隠しとおすことはできません。大学中退して公務員になれたとしても意思を強く持ち、人の目を気にせず我が道を進む気持ちがないと人のため世の中のために働く公務員という仕事は務まりません。

何の仕事でも大学中退した場合はその事実とどう向き合うかが必要です。

初級の公務員になる場合

公務員の試験を受ける際は学歴が重要になり、大学中退の場合は高卒で試験を受けます。年齢の問題もクリアできるかどうかを試験の前に確認しておきましょう。大学中退の人のほとんどは初級の公務員を目指す場合が多いので、他の方よりも努力をしてライバルに差をつけて試験に臨むように頑張りましょう。

嘱託や非正規雇用としての公務員の助手のような仕事も存在しているので、そのような仕事を経験して一般企業に挑戦するという道もあります。

大学中退の場合は公務員になろうと考える人が少ないです。大学中退者や大学を卒業して就職できなかった人が公務員になるという考え方は、今の時代に特化したことだと言えるでしょう。

上級の公務員になる場合

大学中退者は試験に受かれば大卒扱いになります。大卒の資格が必要な上級の公務員になることは可能です。コネで公務員になることも可能ですが、試験に合格すれば上級の公務員を目指すことができます。

公務員になれたら上級の公務員を目指しましょう。始めは収入も低いですが、公務員は安定した生活が約束されています。何より退職したときのことを考えれば一般企業よりも有利な面が多いです。

公務員を目指す人は公務員になれるまで就職しない!

大学を卒業して就職できなかった人で公務員を目指している人は、その後は就職も何もしない人が多いです。アルバイトなどで生計を立てて、26歳くらいになっても公務員になる夢を捨てない人が多いです。

大学に入る時にどのようなことを学んでその後どのような仕事に就きたいのかを明確にしておく事は、卒業後の人生に深く関わってきます。公務員になりたい場合は大学に入学しても公務員を目指す事はやめて、始めから公務員の専門学校などに通う方が現実的でしょう。

大学中退の場合一般の企業に勤めるのも難しい現実

高校中退でも、大学中退でも、専門学校の中退でも途中で学業を放棄してしまった人には世間の風は冷たいでしょう。大学中退した事実とどう向きあっていくかが大切ですが、要は社会人として世の中に貢献できるかどうかです。人のため世の中のために仕事をする公務員という仕事がじぶんに合っていると感じることができれば、続けていくことができるでしょう。

しかし、一般企業におていは差別的な扱いを受けることもあるでしょうが、社会人としての自覚をもち仕事に貢献できれば、その後の人生が変わることもあるでしょう。

大学中退の人で若い人は公務員を目指そう!

公務員は年齢制限がありますが、大学中退の人が公務員を目指すには一般常識やさまざまな知識が必要になりますが、地道に努力を重ねていける人が公務員に向いています。公務員は専門学校に通っても公務員になれない場合もあるので人気のある職業です。しかし、公務員になってしまえば安定した収入が保障されます。

大学中退してまだ間もない人は発想を転換して、他の職業を探しながら公務員を目指すのも良いでしょう。公務員は他の仕事にはない達成感があります。

関連記事

Related