Search

検索したいワードを入力してください

自営業の年収ランキングTOP3・年収の分布と業種別の平均

Small d2954382 5a75 4a34 9695 9c5d3abdd540Ryutaレーシング
年収・給与 / 2018年02月22日
自営業の年収ランキングTOP3・年収の分布と業種別の平均

自営業の年収ランキングTOP3について

今回は、自営業の年収ランキングについてや、自営業の年収分布について詳しく解説していきます。

業者別の平均年収などについても詳しく解説していきますので、自営業をこれから始めたいと考えている方や現在自営業として収入を得ている方には参考になる内容になっております。また、業界の年収がどのくらいなのかについて気になる方もおられるでしょうから、こちらについても詳しく解説いたします。

3位:建設業

自営業の年収ランキング第3位は、建設業となっております。

建設業では、大工の請負や一人親方などの自営業が行われております。個人で大工の請負を行い、自分の知識やノウハウを利用した働きが可能ですので、これらが豊富なほど、年収や一度の報酬もアップして行きます。

一般的には個人の自営業で、おおよそ平均年収が417万円となっております。自営業の中で比較的に、年収の高い職業ということがわかりました。近年では、女性の進出も増えてきているので、大工という職業が幅広く浸透してきております。女性の方で大工が好きな方にとってはとても魅力的な自営業と言えます。

やはり、平均年収が高い理由に、不動産などの建設となるので、請負の単価も高く、これらが影響して、平均年収が高いことが挙げられます。

2位:情報通信業

自営業の年収ランキング第2位は、情報通信業となっております。

近年のスマホやインターネットの幅広い普及によって、仕事の幅が増えるとともに、急速に業界は発展しています。そのため、慢性的に人手不足が続いており、一人一人の仕事の単価は高くなっています。仕事は多く、人手は足らないという、利益を出すために優れた環境のために、自営業の中でも、平均年収が高い結果となることがわかります。

ちなみに、平均年収は421万円となっておりますが、平均となるので、これよりも多く利益を出している方もいることがわかります。そして、この通信業界は、SEやプログラマー、ウェブディレクターなどの高い案件の依頼が多いため、一つ一つの単価が高いことが魅力的です。これも、平均年収を上昇させる理由の一つと言えるでしょう。

1位:教育・学習支援業

自営業の年収ランキング第1位は、教育関係の個別塾などや、個人契約している委託の講師さんが挙げられます。

そして、この業界では専門性がとても重視されます。人気講師や大学教授などの年収は非常に高くなるため、これだけ平均年収が上昇しています。

その理由として、年収の高い方から、再開までの年収差に1,800万円ほどの差があります。とても専門性の高い人や人気講師に仕事の依頼が傾くのも、これだけ年収差を出している理由でしょう。平均年収は、2,090万円となっております。

自営業の年収の分布について

これから自営業は始めようとしている方は、どの業界がどの程度の年収なのかきになるでしょう。ですので、自営業の年収の分布について解説して行きます。

300万

自営業の年収がおおよそ300万円の分布として挙げられるのは、美容師や本屋などの営みや、カフェ、フードの店員となっております。現代の日本では、おおよそ年収300万円あれば、ゆとりを持った生活を行えるので、特に生活に支障は無いと言えます。

これらの方が年収をアップさせるためには、より専門性の追求が必要となります。美容師の方などは、独立を目標に知識や専門性を磨いている方も多く、それに伴い年収が格段にアップしている方もおられます。

600万

先ほど美容師の方の年収などを挙げましたが、美容師の店長クラスとなると年収600万円ほどと言われております。しかし、この年収を導き出すには、無駄な時間を省き、より多くのお金を持った層を呼び込むなどの工夫を行なわないと、到達するのは難しいとも言われております。

他にも、中古車販売店や焼肉店などのフード関係も年収600万円に到達可能です。繁盛させるために、販売や評判などをあらゆるもので、伝達し広めることも必要となってきます。しかし、自営業で年収600万円を得ているのは、ごくわずかで、他の店との差別化がとても重要と言えるでしょう。

2000万円

年収2,000万円の業界となると、大きく狭まっていくことになります。普通に営業をしていてもこの年収を稼ぐことは難しく、業界は絞られていきます、その中でも、不動産業界や情報IT関係、インフルエンサー、YouTuberなどが挙げられ、独自の差別化と、効率性を持ったビジネスが必要となってきます。

これらの業界のポイントは、自分だけではなく、誰かに仕事を依頼したり、不動産などの権利収入があることで、より年収を増やすことが可能という点です。この年収を目指すには、自分だけの仕事量ではとても難しいとも言えます。

業種別自営業の年収について

業者別の自営業の年収について解説して行きます。

カフェ

業者別の自営業として目立つのが、カフェなどの喫茶店と言えるでしょう。

カフェなどの自営業は、主に食べ物や飲料による利益ですので、顧客を増やすことができて、より回転率をよくすれば、利益が増えて、より年収を増やすことが可能です。

おおよその平均年収が300万円となっており、都会などの顧客の多い敷地などにお店を開けている方が、年収が高いとも言われております。ただカフェなどは、ゆったりする場となっているので、回転率は悪い傾向にありますので、単価をあげるなどの工夫や、差別化を測る必要性があると言って良いでしょう。

営業など

次に自営業の中でも、営業のお仕事の平均年収ですが、おおよそ500万円と言われており、営業は、自分の販売したい商品を紹介したりすることですが、現代はインターネットの普及によって、数多くの方に見てもらえる環境が整っており、仕組みや差別化を測ることによって、この平均年収よりも、上昇させることは可能です。

自営業の年収別税金について

次の項目では、自営業の年収によって、おおよそどのくらいの税金が発生するのかについて、わかりやすくご紹介していきます。

自営業とは、個人事業主と節税対策などの要因で個人の法人化なども含まれるために、ある程度に年収が増えた場合は、法人化を行い、節税対策を行うことをおすすめします。これによって、経費の幅が広く、節税が行えるメリットがあります。

年収別税金について

自営業として営む場合、個人事業主と合同会社などの法人化によって、税率が変化します。

個人事業主の場合は、累進課税での税率になり、最小5%から最大45%の税率となっておりますが、法人化を行なっている場合は、800万円以下は15%、800万円以上は23%の税率となっております。

年収300万円

年収300万円の場合は、税率10%となり、約1割を年収から引いた金額が税金となり、おおよそ30万円程度となります。

年収300万円であれば、法人化する必要性はなく、個人事業主の方が税率が安くすみます。

年収600万円

年収600万円では、税率が20%となり、おおよそ2割が年収より税金が引かれます。ですので、おおよそ60万円ほどの税金となります。

ですが、この年収600万円であれば、法人化することによって、税率を15%に下げることが可能ですので、節税を行うことが可能となります。

業界によって年収に差がある!

今回は、自営業の年収ランキングについてご紹介していきましたが、自営業の年収は業界によって、大きく幅があり、業界によっては年収の限界があることもあります。

しかし、そのような業界であっても、現代はインターネットの普及により、告知などを行うことが可能となっており、差別化を測ることができれば、よりお客様を呼ぶことが可能ともなっておりますので、年収をアップさせることも可能となっております。

ですので、この年収ランキングを一つの業界の稼げる単価ということも認識し、新たな差別化とネットの力を使って、より利益を生み出す糧として見ましょう。