Search

検索したいワードを入力してください

夏フェスの服装はどうする?おしゃれで動きやすいフェスコーデ14選

Author nopic iconまる
カテゴリ:コーディネート

初回公開日:2018年02月01日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2018年02月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

夏フェスの服装はどうする?おしゃれで動きやすいフェスコーデ14選

フェスの服装の注意点とは?

野外フェス・田舎フェスなどは特に、防寒対策・雨の日のコーディネート・楽なファッションなど、心がけなければいけないことがたくさんあります。夏フェスファッションの注意点を見ていきましょう。

フェスの服装の注意点1:歩きやすく汚れにくい靴

夏フェスファッションに欠かせないのが、歩きやすく汚れにくい靴です。特に野外・田舎フェスは会場内や会場へ行くまでに歩き回ることが多くなるため、靴選びは慎重におこないましょう。

フェスの服装の注意点2:春は動きやすく楽な服装

フェスの服装の注意点として、春は動きやすく楽な服装が必須です。春のフェスに行く服装・コーデは、動きやすく防寒や防水にも優れているアウターなどを着て行くのがです。天気の急変が心配な時期にも重宝できる万能アイテムです。

フェスの服装の注意点3:汚れてもいい服

夏フェスファッションは汚れてもいい服で出掛けましょう。野外や田舎フェスは服が汚れる可能性が高くなります。服の汚れを気にしているとフェスに集中できなくなるため、動きやすい普段着で参加しましょう。

フェスの服装の注意点4:夏の野外フェスは帽子が必須

帽子は夏フェスにはかかせない必須アイテムです。季節に関係なく野外フェスなどで1日中外で過ごすと熱がこもり体力が奪われていくため、帽子をかぶり自分の体を守りましょう。

フェスの服装の注意点5:雨が降ることも考えて

野外フェスは雨の日の服装で出掛けましょう。天気が悪いときは、おしゃれな雨の日のコーディネートでフェスに参加しましょう。雨が降ると体感温度が下がるため、寒さ対策もしっかりしておきます。

フェスの服装の注意点6:他の人の迷惑にならない服装で

フェスの服装の注意点として、他の人の迷惑にならない服装で参加することも大切です。夏フェスは動き回ることが多いため、必要以上に揺れて音がするアクセサリーやヒール、短すぎるスカートなどは控えて、フェス向きのおしゃれコーディネートを考えましょう。

フェスの服装の注意点7:秋は羽織れるものや脱ぎやすいものを準備

フェスに行くときの服装は、秋は羽織れるものや脱ぎやすいものを準備してください。秋は気温の変動が激しいため、持っていくべき服として着脱の簡単なアウターが必要です。少し寒くなった場合に羽織れる服を必ず持っていきましょう。

フェスの服装の注意点8:冬はマフラーなどの小物で帰りまで暖かく