Search

検索したいワードを入力してください

やんわり断られた時の対処法・断る方法|デート/ビジネス

Small f244bd48 fb9b 49dd a396 304abf96a742sukesan
ビジネスマナー / 2018年01月31日
やんわり断られた時の対処法・断る方法|デート/ビジネス

やんわり断られた時の対処法って?

ビジネス、就職においても恋愛においても、友達同士のやりとりにおいても「断られる」ということは必ず誰もが経験します。逆に、断るという経験も誰もがしています。日本人は基本的に優しく、また、日本語には完全な否定でないにせよ結果として否定になっているという表現が存在します。

今回はこの「やんわり」をどうやって上手く使っていけばいいのか、また、やんわりと断られた際の対応を紹介してきます。

やんわりってどういうものなのか?

「やんわり」というのは日本ならではの表現で、日本語のもつ独特の比喩表現に日本人の遠慮の精神が合わさった表現と言えます。アメリカではこのような「やんわり」はほぼ存在せず、断る時には「NO」の一言になる場合が多くあります。それでは具体的なこの「やんわり」がどう使われているのかを例を出して解説してきます。

就職での不採用通知のやんわり

まずはビジネスにおいてです。例えば就活をしていて、企業に履歴書を提出し、面接も受け、採用不採用の連絡を待っているとします。そして、企業から通知が届きます。

結果的には「不採用」であっても、日本の場合はその「不採用」の言葉だけでなく、「こちらで検討した結果、ご期待に応える事ができない結果となりました。また、いつか御縁があれば光栄です。」「厳正なる選考の結果、誠に残念ではございますが、今回は採用を見合わせていただくことになりました。」といった内容が送られてきます。

正直逆に凹むという意見もありますが、これが日本のビジネスの礼儀です。

恋愛でのやんわり断りって?

これは男女によって差がありますが、こちらも例を出してみます。例えば、A君がちょっと気になっているCさんにデートの誘いをメールでするとします。

A君「こんにちは、26日なのですが、もしよかったら映画スタートレックを観に行きませんか? チケット、知り合いからもらって2枚あるんです。」

これに対し、Cさんは実はAさんを好みでなく、しかし、共通の友達でもありますので「やんわり」断るとします。するとこのような「やんわり断り」が使われます。

Cさん「ごめんなさい、スタートレック? スターウォーズなら知ってます。興味あるのですが、26日は友達とカフェ巡りの約束が入ってしまっているんです。」

ここで注目したいのは、Cさんのこの断りの文章なかに「やんわり」にするための要素がいくつか入っていることです。それを次項で説明いたします。

Cさのやんわり断りの文章の要素

上記のCさんの断りの文章を解析しますと、まず、最初に「ごめんなさい」という完全な否定を入れいてることが挙げられます。これはいきなりキツイと思われがちですが、言葉というのは最後の部分が最も印象に残ってしまいます。つまり、最初にキツイ否定をあえて入れ、そしてそこから話の流れを変えてます。

まず、Cさんはそもそも映画はおろか、このAさんとデートに行きたくありません。つまり、本当はスターウォーズだろうがスタートレックでもどっちでもいいです。しかし、冒頭の「ごめんなさい 」をやんわりさせるために、行く行かないから話の筋を見事にズラしています。

本当は無い約束ですが、26日、カフェ、友達という「具体性」を提示することによって映画に行けないことを明確にしています。そして、笑、を文章中に入れることで全体の断りメールの雰囲気を和らげています。

何かを催促するにもやんわり言葉を

お金がからんでしまうビジネスでの場合、催促の文章はキツい内容になってしまいがちです。しかし、日本人は「やんわり」の表現によって今後の関係を壊さないように伝える場合がほとんどです。

例えば、提出の期限を過ぎても送っていただけない相手に対して、「まだですか、 こっちはもう2日も待っているんです。」と書くのは論外です。(※もちろんこれは相手との関係によります。)

この場合、次のようにな「やんわり」に変換するのが良いでしょう。

「お世話になっております。先日メールにで〇〇の件について、〇〇様にお願いしております資料ご提出についてお送りさせていいただきましたが、その後の進展はいかがでございましょうか。可能でございましたら、本日中にご一報、もしくは目安をいただけますと光栄です。」

そして、それでも連絡、進展の無い場合は徐々に内容に変化をつけていきます。

営業ビジネスでもやんわりは大事です!

営業においても「やんわり」で包んだ言葉は非常に大事な要素となります。営業種にもよりますが、営業というジャンルの場合、この「やんわり」の使い方を覚えることが営業の成績を上げることの80パーセントの要素を占めるといっても過言ではありません。

「弊社からこの度、〇〇という商品が出ました、是非お買い求めください。」というのはもちろん論外です。

明確な正解はありませんが、
「突然のご連絡大変失礼いたします。私、株式会社〇〇にて〇〇の担当をしております〇〇と申します。この度、弊社より2017年に発売させていただきました〇〇より、通気性を30パーセントアップいたしました新商品を発表させていただきました。つきましては、お時間がございましたら御社でのご利用をご検討いただければ光栄です。」

と、回りくどくはなりますが、このような文例が当たり前とされています。

やんわりと断るには?

営業をする側にもやんわり表現は必要ですが、ビジネス上の場合、断る側にもやんわりが必要になってきます。全く付き合いのない営業メールなどは放っておくのがベストですが、付き合いのある相手に対してはしっかりと、やんわり断りの文面を送りましょう。また、この際に重要なのは、次につながる可能性のあることを含めたものにすることが大事です。

お願いは急がば回れの気持ちで

ビジネスに限らず、何かを誰かにお願いする場合、日本人のもつ性格上、その目的をメインに伝えつつも他の表現を含めて伝えることが逆に近道になる場合があります。もちろんメインのものを伝えるのが真の目的ですが、そのやりとりの中で結果的に伝えることに成功すれば結果としては問題なかったという事だからです。

例えば、時間がなく、明確にそのお願いだけを伝える際も「時間がないからそれだけ先に言うけれどね」の前置きをすることによって表現はやんわりとなり、逆に伝わることが多くなります。

男女別のやんわり断る方法!

基本的には男女ともに、やんわりと断るという根元には「相手を傷つけないようにするため」というテーマが存在します。それには、相手側が「それなら仕方ないな」と無理せずに納得させる必要があります。

特に、女性の誘い、お願いを断るには男性側は「仕事の要素」を引き合いに出すと円滑に解決する場合が多く、逆に女性の場合は「友達との約束」が引き合いに出されることが多くなっています。

男友達にやんわり断るには?

これはお互いの距離感に起因する場合が多くなります。普段から非常に仲の良い、お互いの勝手知ったる関係の場合は、断る理由の真実が異性との約束だったりするならば、そのまま真実を伝えることが、よりその後の二人の関係を深くします。

しかし、まだそれほどの関係でなく、異性との予定を盾にするとイメージの悪化が考えられる場合は、やはり「仕事」を口実にするのが良いでしょう。それは仕事でのことなら、自分にも当てはまる可能性があるという、同族意識を感じるからです。

やんわりデートを断る方法

やんわりというのはその相手との関係によって変化します。しかし、「事前に予定が入っていいた」もしくは「親族」の口実は誘った相手にとって切り込みにくい要素です。また、次になんとなく希望を残してあげるというのも、やんわり断りのテクニックの一つです。

例えば、単純に「26日は無理です。」と言い切ってしまうより、「27日なら大丈夫でした、 でも、さっき友達から連絡が来ちゃって、27日もうまってしまうかもっ、 汗」と、半分事実で、半分冗談の雰囲気を醸し出し、先の可能性はゼロではないという表現はやんわり断りとして大事です。

逆にわんわりデートに誘うには?

やんわりというのは言い換えると「曖昧」「なんとなく」という言葉に置き換えることができます。そして、日本人はこの雰囲気の場合、逆に不思議と断らない、断りにくい傾向にあります。

例えば、「1月26日にデートしませんか?」と直球を投げると相手は「YES NO」のどちらかの選択肢から選ぼうとします。これは2択クイズと同じで、その時点でYES NO以外の選択肢から頭が離れてしまいます。しかし、やんわりの誘い方法を使うと誘い方によって「行くのを前提に」話を進めることができます。

例、「そういえばこの間〇〇ちゃん、餃子好きだって言ってたよね、餃子が美味しいのって宇都宮って言われているけれど、実は宇都宮が最強だとは僕は思わない。笑 証明するっ。」
と書くとどうでしょう。これは行く行かないの答えを相手に強要していないんです。これによって、非常にやんわりと、しかも冗談、知識の混じった誘いになります。

やんわりとはやさしさのこと

やんわりというのは突き詰めると「やさしさ」です。そして、相手にすぐに結果を求めず、考える余地を与えるという事にもつながります。それは受ける側も同様で、その人と今後円滑に物事を進めて行くための潤滑油のようなものです。

もちろん人間はその都度「ねらい」「目的」が存在します。しかし、車のエンジンの歯車でもハンドルの遊びでも、そのやんわりの余裕があるからこそスムーズに進むことが多々あります。自分がこう言われたらどう思うだろう、言ったら相手はどう感じるか、それを中心に置いて発言すると、ビジネスも恋も上手くいきます。