Search

検索したいワードを入力してください

【状況別】ラインの連絡や返信の頻度|復縁/友達/片思い

Author nopic iconうさぴんねこ
片思い / 2018年02月23日
【状況別】ラインの連絡や返信の頻度|復縁/友達/片思い

復縁にオススメのラインの頻度とは!

大好きな元カレや元カノ、元夫婦など忘れられず、また寄りを戻したいと想い続けている人も少なくないの実情です。それぞれ事情があって別れてしまったけれど、できることなら、またあの人の特別な存在になりたいと願う人もいます。

復縁に向けてのオススメのラインの頻度をみていきましょう。

元カップルの場合

別れることになった原因によって、復縁が可能かどうかでラインの頻度が変わってきますので、まずは相手の近況を踏まえて、考えていくことから始めてみてください。

交際していたときの感覚でラインを送り過ぎると、返って距離を置かれやすく引かれる危険性もありますので、交際していたときよりラインの頻度は抑えた方が無難でしょう。しかし定期的に送ることで、再び恋愛感情が復活するケースもありますので、元恋人が好きなネタを送ることでラインの頻度を増やす方法もあります。

元夫婦の場合

どんな理由があって離婚したにしても、1度は好きになり家族になった縁もあり、その後どうしているか気になりますし、未練があるなら余計気になるでしょう。

未練があったり離婚してから再び相手の大切さに気づいて復縁したいと想う人もいます。頻度としては、いきなり頻繁にラインを送っても、相手の気持ちの整理ができていない場合は復縁したくても逆効果となってしまうケースもあります。しばらく期間を置いてから、月に1回から返信の具合をみながら徐々に頻度を増やしていのもオススメです。

様々な関係や男女別ラインの頻度とは!

連絡手段で最も普及しているのがラインでしょう。ラインでのやり取りが主要な現代では、スタンプなどフランクなやり取りから、仕事ではグループにて連絡のやり取りまで、幅広く利用できます。それぞれの立場や関係性でのラインの頻度を細かくみていきましょう。

家族間では?

家族間でのラインは、必要最低限のやり取りが多く頻度が定まっているケースは少ないでしょう。

しかし、家族が遠方にいる場合は近況報告のため、最低月に1回や週に1回程の連絡頻度を設けている家族もいます。

友達へ

友達とのラインの頻度は、同性か異性によって変わる場合もありますが、どの程度の関係性かにもよって変動するでしょう。友達でいる以上頻度はあまり気にすることはないでしょう。

メル友

まだライン自体が無いときや、あまり普及していないときは、連絡手段がメールが主流だったときは、メル友という言い方でしたのでその流れで、ライン友達でもメル友という人も居るでしょう。ここではメル友=ライン友達について紹介します。

ネットからメル友になった場合や、面識はあまりない場合など、ラインだけのやり取りをしているケースでの頻度は、定期的にやり取りをしていることが多く、返信がなくてもお互い毎日ラインを送っても、負担に感じるケースは少ないでしょう。

元カップル

別れた後も、元カレや元カノのことが気になることは多いでしょう。未練があったり、友達関係に戻ったりしたとしてもラインのやり取りはしたいと感じる人もいます。

交際していたときに比べると温度差は多少変わり、ラインの頻度も変わります。そんな時は、近況報告や世間話などのメッセージを、さりげな3日に1回や週に1回程度の頻度からやり取りしてみるのも効果的です。

男性へ

男性からするとやっぱり女性からラインがくるのは嬉しいと感じる人は多いです。挨拶だけやスタンプだけでもやり取りが続くと楽しくて気分転換にもなります。

女性は送る内容に困ったとしても、難しく考えず送ってみてください。頻度は何十通も送るのは引かれることもありますが、男性の心理から数回とスタンプくらいなら迷惑に感じる人は少ないでしょう。

女性へ

女性も男性からラインがくるのは嬉しいでしょう。自分のことを意識してくれているのかと考えるてしまうこともあります。

しかし女性に送る頻度は慎重に考えないと、下心があるようにとらえられる危険があります。頻度は返信がくるたびに相手が返信しやすく、やり取りが続く内容を送るのがベストでしょう。

恋愛でのラインのやりとりの頻度

恋愛感情を含むラインの頻度は、それそれの気持ちや状況、立場により変わってきます。

片思い

好きな人とのラインは、嬉しくてずっとやり取りしていたい気持ちになります。片思いで相手のことをもっと知りたい心理から、頻繁に一方的にラインを送り過ぎてしまうと引かれてしまい逆効果になるケースもあります。片思い中の頻度は2日に1回くらいを定着させていきましょう。

ネットでの婚活

環境により出会いが少ないとき、ネットで出会いを探す人も増えています。みんな良い出会いを求めてネットをする気持ちは同じです。

ネットで出会いを求めていることから、ラインでやり取りをするようになれば、携帯をチェックする余裕がある人が多いでしょうから、頻度としては比較的多く、毎日送っても迷惑に感じられることは少ないです。

カップルの場合

交際して始めの頃は、お互い浮かれてラインの頻度は1日に何十回にもなることが多いでしょう。そんな時はやり取りの頻度など考えもしていないケースがほとんどです。始めはお互い好きなだけ頻度は気にせずやり取りを楽しんでください。

交際期間が長くなると自然とラインの頻度が、減ってしまうことも少なくないです。しかし交際している間の頻度は1日1回は送る習慣を作っておくことにより、お互い疎遠になる心配は避けられやすいです。

ラインの頻度が減る理由

今までのラインの頻度から、最近は急にラインの頻度が減ってしまった場合は、やっぱり理由があります。その理由は、事情によりラインを送りたいけども送れないケース、状況や気持ちの変化によりラインの頻度を敢えて減らしているケースがあります。

学生の場合

学生がラインの頻度が減るケースとして代表的なものは、受験やテストで勉強する時間がいつもより多くなっつて、ラインをする余裕がなくなることがあります。

その他にも、部活や習い事で試合やイベントがあり、試合に向けての練習時間が増えたり、イベントに向けての準備や打ち合わせで、ラインを送れないなどがあります。

社会人の場合

社会人の場合は幅広い理由がありますが、なかでも代表的なものは入社したばかりの新人期間中は、業務を覚えることで精一杯になりラインを送る余裕がないケースもあります。

その他では、繁忙期で忙しいなど、重要な会議や一大イベントにより必要最低限のラインしかできないケースもあります。

カップルの場合

カップルの場合は定番として、交際期間が長くなるにつれ頻度を気にせず、たまに連絡するようになるケースがあります。

その他に、交際相手に魅力を感じなくなり恋愛感情が薄れていきラインの頻度が減ってしまうなどがあります。または他に好き子ができてしまい、自然消滅を狙ってラインの頻度を敢えて減らしていくケースもあるでしょう。

ラインの頻度を減らす方法

ラインの頻度を減らす方法で有効なのは、やっぱり少しずつ頻度を減らしていくことでしょう。極端に頻度を減らす場合は、それなりの口実や理由があった方が無難です。

ラインを減らす理由を考える

少しずつラインの頻度を減らす場合や、すぐにラインの頻度を減らす場合は、相手に不快感や不信感を与えないためにも、相応の理由があれば何かトラブルに繋がった際に対応しやすいでしょう。

学生の場合

学生の場合は、試験やテストで勉強するためラインができないという理由や部活の練習時間を増やすためラインができないという理由がベストでしょう。

社会人の場合

社会人の場合は、仕事のジャンルにより変わりますが新人期間や人員不足、会議やイベントなどでラインができないという理由が無難でしょう。

社会人の付き合う前のラインの頻度

お互い社会人の場合は仕事もあるでしょうから、相手がラインをできるタイミングを把握することが、重要になるでしょう。

なかなか毎日はラインができない人でも2、3日に1回は必ずやり取りができるように定着させ、相手の温度差と迷惑にならない頻度を確認していきましょう。最終的に1日1回連絡して返信の様子をみて、朝と夜は比較的に返信がくるくらいの頻度になれば、相手も意識し始めてくるでしょう。

恋愛関係や友達関係でのラインの連絡や返信の頻度について

恋愛におけるラインの頻度は、お互いが負担にならない程度の頻度を作っていく上で、まず毎日1回はラインをしてみて返信が返ってくるようであれば、後は少しずつラインの頻度を増やし、親密感を深めて相手に好意があることを意識させていくのがベストでしょう。

友達などの関係の場合は、他愛もない話でも1日、2日中には確実に返信がくるくらいの頻度になれば、相手も迷惑に感じることは少ないでしょう。

関連記事

Related