Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】幸せ太りする割合・メカニズム・解消法|結婚

Author nopic icon橘ケイ
ダイエット / 2018年02月07日
【男女別】幸せ太りする割合・メカニズム・解消法|結婚

男女の結婚した後の幸せ太りする割合

「幸せ太り」聞いているだけでほっこりするような、幸せな響きです。まん丸な頬、ぷにっとしたお腹、それはパートナーができて幸せでごはんがおいしくなってしまって、ついつい食べ過ぎてしまったり、家事をやらなくて良くなって動かなくなってしまったり源んはさまざまです。

ですが本当にいったい結婚したあと幸せ太りをする人はどれくらいの割合でいるのでしょうか?それは約半数以上の既婚者が、幸せ太りを経験しています。
それと同時に、女性の約七割が「パートナーができたからキレイになった」とも答えており、どこか矛盾しているような気もします。

幸せ太りを解消する方法

幸せ太りを解消する方法ですが、いくつかあります。まず第一にご紹介したいのが、炭水化物をたんぱく質に変える置き換えダイエットです。これは体にもよく結果もついてくるので、ごはんをお豆腐に変えてみたりしてください。

また、やはり運動です。とくに水泳は全身運動で抵抗の中を進むので、ダイエットにはもってこいです。パートナーと一緒にできるのも続けられそうな気がしませんか。幸せ太りもいいですが、やはりパートナーと自分の、体の健康のことをおもうと、ほどほどにしておかなくてはいけません。

幸せ太りの科学的メカニズム

なぜ幸せ太りをするのか、科学的なメカニズムをみて解明させていきましょう。それが分かれば幸せ太り解消の近道につながるでしょう。

食欲

生活リズムがパートナーに合わせていちじるしく変化したという方はいませんか。例えば、夕飯はお酒を飲むので少しのおつまみで我慢していたという人が、パートナーが食事を作ってくれるので一汁三菜をきっちりとるようになったりしていませんか。

大好きなパートナーがつくってくれたら、自然と食欲が刺激されて、いままで食べていなかったのに、もぐもぐとたくさんたべてしまうでしょう。そして一緒に晩酌してしまうので、結果的に食べる量が増えている。愛の力は恐ろしいです。

ストレス

結婚したはいいけれど、相手との折り合いが上手くいかなくて悩んでしまっていたり、生活リズムが合わなくてイライラが貯まっていたりしませんか。そして思わず、ついつい、ひとりのときにお酒を飲んだり、お菓子を食べたり、食事にしても暴飲暴食してしまったりしていませんか。

ストレス太りは幸せ太りと逆の、寂しい太り方です。せっかく結婚したのにこんな太り方はしたくないものです。

ホルモン・テストステロンなど

テストステロンというホルモンをご存知でしょうか。これは天然の筋力増強剤のことです。幸せなホルモンが分泌されると比例して、分泌量が減っていきます。つまり、幸せいっぱいになることによって、テストステロンが減少し、筋肉量が減少します。すると代謝が下がっていき、消費カロリーが減るという現象が起きます。つまり、太るんです。

さらに食事もふたりでおいしく頂いてしまうという悪循環です。どんどん雪だるま式に志望や贅肉だけが体についていってしまうという悲しい現実が待ち受けています。ですがこれは男性限定のお話です。テストステロンは男性ホルモンなので、余程のことが無い限り、この現象で太るのは男性だけです。

それでは、女性はいったいどんなホルモンで幸せ太りしてしまうのでしょうか。

フェニルエアチミン

「フェニルエアチミン」とはなかなかに聞き慣れないホルモンの名前です。しかしこれは女性の恋と体重、幸せ太りに大きく関係しているのです。よく、「恋をしてキレイになった」とか、「自然と痩せた」とか聞きませんか。

これは「フェニルエアチミン」というホルモンが関係しています。そもそも「フェニルエアチミン」とは、「恋をしたときに分泌され、三年をさかいに分泌が止まる食欲が抑制されるホルモン」のことです。これが女性の幸せ太りの原因のひとつとされています。

「フェニルエアチミン」が分泌されているうちは、無意識のうちに、食事制限ができているわけです。それが年月と共に失われていき、食欲ももどり幸せ太りになっていく。悲しい現実がこれでまたひとつわかりました。三年目以降は自分で節制していくしかありません。

カップルで彼女や彼氏の幸せ太りはありか

カップルで幸せ太りはありなのか、なしなのか。これは人によるとはおもいますが、男性はパートナーの幸せ太りをあまり快くおもっておらず、できたらしないで欲しいとおもっていると、統計がでています。逆に、女性はパートナーの幸せ太りをありだとおもっている人が半数以上で、ここでも男女の考え方の違いがでてきています。

人として、自分の体重も管理できないのかという男性、自分の料理でおいしくおかわりしてくれるなら、うれしくてゆるせてしまう女性、もちろん幸せ太りありと答えた男性の中では「不幸で激やせしてしまうより、幸せ太りのほうがいい」とこたえてくれる人や、「少しくらい肉付きが良い人の方がいい」と答えてくれている人もいます。華奢な女性が好きな男性ばかりではないようです。

幸せ太りは嘘なのか

人間の体にはさまざまなホルモンが出ています、その中でも体や脳が戦闘状態のときに出るホルモンと、非戦闘状態に出るホルモンがあります。つまり恋をして叶えるまで(パートナーを手に入れるまで)の戦闘状態のときは痩せやすいホルモンが出ていて、安息とも言える状態、パートナーと結ばれた状態には痩せにくいホルモンが出ているのです。

その名も「ノルアドレナリン」です。このホルモンは通常、覚醒状態にある人間が興奮や緊張をしている状態のときに脳内で分泌され、これがおおく分泌されていると、脂肪の代謝が燃焼の方へと進むのです。

つまり幸せ太りは嘘とは言いがたいです。ホルモンの関係で太りやすくなったり、痩せやすくなったりするので、「幸せ太り」はたしかに存在すると言えます。

幸せ太りのれい

幸せ太りをするには、いったいどんな状況が考えられるでしょうか。今回はいくつか幸せ太りしやすいシチュエーションを例にあげていきます。

恋をすると痩せるとは言いますが、叶ってしまってからは、愛してもらえる安堵感でついつい食べ過ぎてしまったり、またそのときのホルモンバランスの関係で太りやすい体質になると言えます。

とくに思春期と中年期前の30代からは体重がどんどん増えていきます。じぶんで運動や節制をしないと、ほとんどの人がスタイルをキープできなくなっていきます。糖質を控えたり、野菜を中心にした食生活を心がけて、内臓脂肪を抑えたりすることが必要です。

とくに適度な運動は必要です。思春期は体育の時間があって運動をしたりしますが、おとなになると、特に、デスクワーカーの方だと、なかなか動かないまま、一日が過ぎていってしまいます。水泳をしたりジムに通ったり、自主的な運動が必要でしょう。

子供など

こどもが生まれたあと、体質が変わるとはよく聞きますが、お母さんたちが幸せ太りしてしまうのも、ホルモンバランスや体質の変化だけではありません。そのなかでも代表的なものが、「こどもの食べ残しをたいらげるから」です。

よく見かけませんか。また思い当たる節はありませんか。ファミリーレストランなどで、こどもの分も頼み、結局ほとんど食べずにもったいないなとおもってお母さんたちがキレイに食べていってくれる姿、またご家庭でも、こどもたちがのこした食事を、捨てるのももったいないし、とっておくのも面倒くさいなとおもって、「だったら食べちゃおう」となかば諦めモードで胃に収めるお母さんたちです。

お腹いっぱいに自分の分を食べたのに、こどもたちの分まで、残さず食べるという行為のせいで、幸せ太りしちゃうのです。

幸せ太りはなかなか痩せない?

正直に書きます。あなたが太った理由が、パートナーが太った理由が、本当に幸せ太りなら、なかなか痩せることはできません。愛されているという自信や安心感が、怠惰とも言える思考回路を生み出し、ダイエットに真面目に取り組めなくなってしまっているのです。

これを打開するには、二人で協力する必要があります。愛し合っているなら二人で美しいカップルを目指してトレーニングに励みましょう。

関連記事

Related