Search

検索したいワードを入力してください

「嫉妬」の意味・「羨望」「束縛」「ヤキモチ」との違い|心理学

Author nopic iconperidot8787
カテゴリ:言葉の意味

初回公開日:2018年01月28日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2018年01月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

「嫉妬」の意味・「羨望」「束縛」「ヤキモチ」との違い|心理学

「嫉妬」と「妬み」の意味の違い

「嫉妬」の「妬」は、「妬む」という意味です。つまり、「嫉妬」と妬みはほぼ同じ意味の言葉であると言えます。「妬み」は、羨ましいという気持ちが高まり、憎い、悔しいといった感情です。

「可愛さ余って憎さ100倍」ということわざがありますが、まさにこの状態が「妬み」と言えるでしょう。

「嫉妬」と「ヤキモチ」の意味の違い

「嫉妬」と「ヤキモチ」は一見すると意味に違いはないような気がします。しかし、「嫉妬」と「ヤキモチ」の違いは、このような気持ちや感情を抱く対象となっている相手が違います。

「嫉妬」の相手は、自分が好きな人の気持ちが向いているであろう相手に対して起きる感情です。「ヤキモチ」は、自分が好きな人に対して抱く感情です。

自分を愛してあげましょう

「嫉妬」は、劣等感からくる「不安」や「恐れ」があるため起きる感情です。劣等感は、自己肯定ができない人が抱きやすい感情です。

「嫉妬」している自分は、嫌な人になった気がしてしまうため、できればあまり抱きたくない感情です。まずは、自分を褒めて、愛してあげることから始めてみませんか。自分に自信が持てるようになると、「不安」や「恐れ」の感情を減らすことができるので、「嫉妬心」に打ち勝つことができるようになるでしょう。