Search

検索したいワードを入力してください

【手相の線別】薄い人の特徴・理由・濃い人との違い|細かい

Author nopic iconmaburutoleo
手相占い / 2018年01月30日
【手相の線別】薄い人の特徴・理由・濃い人との違い|細かい

手相が薄い理由

自分の手相に興味を持ったり、気になったりしたことがある人は多いでしょう。手相見の人に占ってもらったり、自分で勉強したり人によってはまったく気にならない人もいます。人それぞれ手相は違っていますが、手相の各線も濃い人と薄い人がいます。

実際線の濃淡には理由があります。一度でも他の人と比べて薄いとおもったら、何人か同性の人と比べてみてください。本当は薄くなかったりします。では薄い手相の意味とは何なのでしょうか。

手相の線が薄い時の理由は

手相の主要線が薄い人の特徴を表しているのが主要線の濃さです。主に性格や身体の状態などを表していて、人見知りな人が多いと言う点と、初対面の人と会ったりするのも苦手にしている人も手相が薄いです。気力が低下していたり、気の弱い人と言う事もできまく。自己主張をあまりしない人で、常に周りに合わせてしまう人に多い手相です。

当然身体の状態や気持ちが変わってきたら主要線も濃くなってきます。手相は10年に一度ずつ変わると言われています。しかし、本当は本人の状態や環境が変われば手相も変わっていきます。

しわしわで手相に薄い細かい線が多い理由

また、手相の薄い理由には細かい線が多く主要線が見えにくいために薄いと判断される手相もあります。こういう手相の人は、気迷いが多くハッキリ自分の考えを決めるのが苦手、もしくは時間がかかるタイプと言えます。

手相に細かい線が多い人は、何を決めるのも迷ってしまい、本当は一つの結論があるのですが、決まるまでに時間がかかる人です。気持ちや気力が低下している時も細かい線が表れて警告してくれます。

手相が薄い線が少ない理由

手相の基本的な線で薄い線が少ないのは、ハッキリした考え方をもっていたり自己主張が強かったりします。どの線が薄いのか濃いのかによって、どういう性格でどのような縁が持てるのかがわかります。

全ての線が薄い人はかなり少ないのですが、手相の線が薄い人が意外と多くなっています。マイペースな人が多くなったという事でしょうか。

手相の線別薄い人の特徴

手相の薄い人でも、全体に薄いのか部分的に薄い線なのかで意味が違ってきます。全ての線が薄い人もいますが、薄い線の特徴を手相のどの線が薄いのか各線別に見ていきます。

生命線

生命線の線は、文字どおり生命に関わる事や気力また体力を表しています。以前は生命線の長さで、その人の寿命がわかると言われていました。しかし、線の長さだけで寿命の長さがわかる訳ではありません。

生命線が薄い人は、今現在の健康状態が良くないとか虚弱体質の人とか、気力が少し衰えていると言えるでしょう。疲れやすく体力が続かないと感じる時は、少しずつでいいので歩くことや同じ位置で足踏みを行う事から始め、体力を付けていきましょう。

運命線

天下を取った豊臣秀吉は、運命線が真っ直ぐ中指の真ん中まで伸びていたと言われています。日本人だけでなく、運命線がない人や運命線が薄い人が多くいます。運命線がなくても、運勢には問題はありません。社会との繋がりを嫌う人や、関わりを持ちたくない人も多いです。

マイペースな人が多くなってきましたし、社会にでて出世したいとか天下を取りたいと言う人よりも自分の生活を第一と考えている人も多くなってきました。運命線がない人や薄い人も多いです。しかし、社会的に地位が上がったり、家庭を持つような年齢になると、運命線がハッキリしてきたりします。

感情線

感情線が薄い人は、常に冷静でクール感情の起伏も穏やかな人が多いとされています。感情線でわかる事は、性格や感情の起伏と人との関わり方などです。線が濃いとか薄いとか長さなどだけで判断することはできません。感情線の始点から、どのような形で、どこまでで終わっているのかも関わってきます。

ただ、人との関わりを持つ事が苦手な人に感情線の薄い人が多く、クールで冷静なのですが晩年孤独になりやすい傾向があります。

三奇紋

三奇紋とも言いますが、覇王線と言うこともあります。財運線と金運が運命線と繋がっている線のことです。この線があるだけで、莫大な財力が手に入るとされています。三奇紋を持つ事も珍しく、この線が薄くても問題はありません。なぜならめったに見ることはできないからです。

三奇紋の線が濃い人よりも、手に入る金額が少なかったりします。けれども、この線があるだけで、ない人よりも特別な人生を歩めます。先天的に表れる時と後天的に表れる時があり、後天的に表れる時は、初めから濃い人と薄い人がいます。

覇王線など

覇王線は奇紋線です。占い師によって呼び名が違うので間違えやすいですが、同じ線の事です。覇王線があるだけでもすごいラッキーなのですが、人差し指に向かって伸びる向上線があれば、最高最強の覇王線となります。覇王線は、あるだけでラッキーなので覇王線が薄くても関係ありません。

女性からしたら結婚線は気になる線の一つです、結婚した人であれば子宝の線が気になる線です。結婚線が薄いのは結婚への関心が薄い人に多く見られます。まだ本人の気持ちの中で、結婚したいという願望があまり強くない事を意味しています。

感情線の始点に近いところから、上に短い線が出ているのが子供線です。子供線が薄いのは、女に子が生まれる事を意味していると言われています。

男女別手相が薄い人の特徴

手相が薄い線の人でも、女性と男性では違う意味や特徴があるのでしょうか。手相を見るとき男女で見る手が違い、また過去を見る時と現在や未来を見る時で左右の手が違うと言います。男女別手相の線が薄い人の特徴は、それぞれどのように違うのでしょうか。

男性の手相が薄い人

男性で手相の線が薄い人は、自己主張をあまりしないグループの中で自分の仕事に徹する人です。精神的に繊細な人で、強いリーダーシップを発揮するタイプではないと言えます。しかし、リーダーを支えるポジションたとえばナンバー2とかに徹する人に多く見られます。

相手を認める強さや思いやりもあり、気力が弱いとか身体があまり丈夫でないとしても、一概に悪い手相とはいえません。

また、男女ともに言えることですが、若い時には手相が薄く、だんだん濃くなる人もいます。男性では晩年手相の線が薄くなる人が多くいます。企業戦士として若い頃は働き、のんびりと老後を過ごす人に見られる手相です。

女性の手相が薄い人

女性の場合の手相が薄い人は、家庭や仕事で裏方に徹している人に多く見られます。女性の場合は、専業主婦として家族のためにできる事を一生懸命行っている人に多くある手相です。自分が全面に出なくても、家族や仕事が円満に回るように陰にまわって支えていたりします。

女性でも自分で仕事を始めたら、手相はだんだん濃くなります。

手相が薄い人と濃い人の違い

手相の線が濃い人と薄い線の人ではどのような違いがあるのでしょうか。手相の線には主要線と言われる三本の線があります。親指に近いところから出ている生命線、始点を同じところから出ているか少し離れたところからでている頭脳線、そして、小指のしたから出ている長い線が感情線です。

主要線が濃い人は、自我が強く行動力がありリーダーシップを発揮できる意志の強さがあります。自分の意思や意見をハッキリ主張します。線が薄い人は、自我が弱くてハッキリ自分の意思を言う事がなく、周りに合わせたり臨機応変に対応できる人です。

手相は変わるので良い手相に変えていきましょう

手相は常に変わっていきます。手相の線が薄い人でも悪いことばかりではありません。柔軟性があり知的な人も多く、一つ聞いて全体の把握ができたり手助けしてくれる事が多くあったりします。

手相の意味を知って、悪い方ではなく、良い方向に未来を変えられたら素晴らしい人生を歩んでいけます。そのために手相は警告し注意しています。手相を見る時は楽しんで見てください。

関連記事

Related

Line@