Search

検索したいワードを入力してください

日本人の横顔はブサイクなのか・特徴とEライン|おでこ/鼻

Author nopic iconyuuharu
メイク・コスメ / 2018年12月28日
日本人の横顔はブサイクなのか・特徴とEライン|おでこ/鼻

日本人の横顔ブサイクなのか

イケメン

横顔イケメンの条件は、Eライン(鼻の先端と顎を結んだ直線)の中に唇が収まっていること、鼻筋が通っていて、輪郭がシャープ、口元が上品であることなどが挙げられます。

芸能界のイケメンはたいてい横顔イケメンでもあるのですが、特に横顔がきれいな俳優では岡田将生、佐藤健、向井理、菅田将暉などが横顔イケメンとしてあげられるでしょう。鼻の高さ輪郭、口元の上品さを全て兼ね備えています。

海外・欧米人との比較

日本人の横顔は、海外・欧米人と比べて「頭の絶壁」「低い鼻」「口が出ている」「あこがない(へこんでいる)」人の割合が高く、横顔をブサイクにさせています。

「頭の絶壁」は、日本人の赤ちゃんの多くが仰向け寝かされることのよって、柔らかい赤ちゃんの頭蓋骨が潰れてしまい、顔も重力に引っ張られて平たくなるという傾向があります。ちなみに海外・欧米では、仰向け寝の習慣はありません。

「鼻」は海外・欧米人に比べて、軟骨の成長が遅く、そのため軟骨でできている鼻は育ちにくく高くなりにくい傾向にあります。もともと日本人は肉食をあまりしない民族でした。そのため甲状腺ホルモンが低下気味で、鼻の軟骨が成長しにくかったといわれています。

日本人の横顔はEラインが多いのか

Eラインとは

Eラインは、アメリカの歯列矯正医師が横顔の美しさの基準として発表したもので、「エステティックライン」の略です。Eラインは鼻の先端と顎を結んだ直線のことです。その直線の中に唇が収まっている状態が、横顔の理想といわれています。

自分の横顔がきれいなEラインでできているかか調べる方法は簡単です。まず人差し指を鼻の頭に置き、そのまま「シー」というポーズをとるように顎まで指を下ろしましょう。顎につく前に指が唇に当たれば、口が顎より前に出ているので綺麗なEラインの横顔とはいえません。

指が全く当たらずEラインの中にきれいに収まった人は、かなり綺麗な横顔の持ち主なので、自信を持ちましょう。正面はメイクや髪型で変えることができるけれど、骨格はなかなか自力で直せません。横顔イケメンや横顔美人の人は素材が素晴らしいといえます。

男女別日本人の横顔の特徴

おでこ

コーカソイド(白人)とモンゴロイド(日本人を含む東洋人)の頭蓋骨の違いは、はっきりしています。コーカソイドの特徴は、顔や頭の部分の横幅が狭く、前後に長い形です。東洋人の特徴は、比較的おでこが狭く、目から口までの間隔が長いこと、そして後頭部が絶壁になっています。

日本人の男性にとって、おでこは横顔イケメンであるなしよりも、薄毛であるかないかの方が重要視しています。他の人種の薄毛に対するコンプレックスは少ないですが、ここまで気にするのは日本人特有といえるでしょう。ちなみに10代~30代までの平均的なおでこの広さは約5.9センチで、7センチを超えると薄毛と見なされます。

モンゴロイドとコーカソイドの頭蓋骨は形状が違います。上から見ると分かりやすく、モンゴロイドは円形に近いのに対し、コーカソイドは前後に長い形をしています。そのせいで、コーカソイドの方が、おでこが広く見えるのでしょう。

日本人の多くは横顔も正面も平たい顔ですが、優しくて幼い顔立ちなので、ほとんどの人が前髪を作っておでこを隠しています。コーカソードは、どちらかというとキリッとした彫の深い顔をしているので、おでこを出すヘアスタイルをしています。おでこが広いため、前髪のバランスが難しくなるのも一理あるでしょう。

日本人女性は、おでこの広さにコンプレックスを持つ人も少なくありません。しかし、安室奈美恵や井上真央など、おでこの広さもチャームポイントにしている芸能人や、中村アンなどのラフに恰好よく髪をかきあげる仕草がサマになる女優が出てきたことで、コンプレックスをもつ日本人女性も減りつつあります。

日本人は欧米人と比べると鼻が低いイメージがあります。欧米人は鼻が高く顎がしっかりしているので、Eインの中に口とが綺麗におさまる横顔です。しかし日本人の多くは、鼻と唇と顎が、直線上に並んでいます。

また、美容外科なのでは、額と顎を結んだ線に対して、横から見た鼻の角度を突出率といいます。ただ高ければよいというのではなく、「鼻」「唇」「顎」の最適なバランスを考えた時、理想的とされる突出率は30度~35度の範囲で、男性は32~33度、女性の場合は35度です。

女性の理想の突出率は35度になります。外国人の女性のような高い鼻に憧れる人も美意識が高い女性の方が強いといえます。しかし、外国人の一部には、日本人女性の、凹凸が少なく老けにくい年齢不詳なところや、アジアンビューティ(一重で細い目、エラのはった黒髪の女性)を好む人も多くいます。

また、今や全世代に知られ安定した存在感を持つ「きゃりーぱみゅぱみゅ」も童顔で可愛らしいですが、外国人を目指している感じではないです。最近、若者の間で人気の藤田ニコルも、外国の血が入っているのに、どとらかというと鼻は団子っ鼻で、親しみのあるキュートな顔です。

骨格から違う外国人を目指すのには無理があると気づいて、自分たちの魅力を活かすファッションやメイクに凝る女性が増えてきていると見られます。

日本人は、歴史的に草食で肉を食べない民族であったため、咀嚼筋の発達が不十分です。加えて、小魚などを食べなくなり、ますます顎がない日本人が増加しています。

対する欧米男性は、咀嚼筋が発達しており、顎が割れた状態(いわゆるケツアゴ)の人も多くいます。日本では「ケツアゴ」といわれていますが、欧米ではセクシーなイメージで身直的とされています。

また骨格的な問題で、日本人を含むモンゴロイドの頭は、横に長く頭が縦に短いので、顎の奥行が小さいです。このため歯の数が収まりきらずに歯並びが悪くなりがちです。歯並びの悪さが、横顔を残念にしていることも多々あります。

女性は、男性よりさらに頤が小さく、先ほども記載したように日本人の骨格上、歯の生えるスペースが少ないです。歯並びやかみ合わせが悪くなることが多く、現代の20代女性が「顎関節症」になることが多いです。

口を開けるときに「カクン」と音がする、口を開けにくい、痛みを感じるなどの症状があります。顎関節症の患者な割合は男性が9.9%に対し17.3%と非常に高くなっています。

歯列矯正は、欧米や諸外国では当たり前のこととされています。日本人は矯正器具を付けることに抵抗を持つ人が多く、値段も高額でもあるので、浸透していません。きれいで健康な横顔を目指すために、歯並びに気をつかいたいところです。

女性の顎の悩みの一つに二重頤もあります。女性は男性に比べ皮下脂肪がつきやすいので、二十頤になりやすいです。痩せるだけでなく姿勢に気をつけたり、顎の筋力を鍛えるマッサージや体操を行いましょう。

日本人の横顔の平均

Eラインを調べた際、日本人の多くは、鼻と唇と顎が、直線上に並んでいます。鼻だけ高ければよいというものではなく、頤がしっかりしており、歯が出ていたりしゃくれていたりしないことも重要なポイントです。

上戸彩さんは、老若男女問わず認知され、家族を持って母親になっても第一線で活躍している女優さんです。しかし、上戸彩さんは鼻と唇と顎が直線上に並んでいる、日本人の平均な横顔です。けれども、とても魅力的でチャーミングです。日本人には日本人に合った美しさもあるということでしょう。

Eライン=美?

Eラインの中に口が収まることは、ひとつの美醜をはかる際の目安であって、すべてではありません。外国人に憧れてからかは定かではありませんが、鼻だけ高くした結果、おでこや顎とバランスがとれず、不自然な鼻になってしまう人が、芸能人の中にさえいます。

たしかに、日本人は骨格的にも、長年続けてきた食習慣でも、Eラインをクリアするのは難しい民族といえます。しかし、歯列矯正などはもう少し、欧米並みに保険適用内で気軽にできる世の中になった方がよいでしょう。かみ合わせは、美容上だけでなく健康上においても軽視できません。

骨格は変えられなくても、Eラインに近づくために表情筋を鍛えるマッサージや体操が、たくさん紹介されているので、毎日の習慣の中に取り入れるとよいでしょう。日本人のバランスを活かした自分の魅せ方を考えていくのが、きれいな横顔への第一歩になります。

関連記事

Related