Search

検索したいワードを入力してください

男女別おすすめのアッシュの髪色・作り方・ランキング|暗め

Author nopic iconぱさぱさご飯
ヘアスタイル / 2018年02月05日
男女別おすすめのアッシュの髪色・作り方・ランキング|暗め

髪色のアッシュ

アッシュとは髪色の色表記のことで、ねずみ色に近い色合いのことをさします。髪色のにアッシュを加えると色合いが変わり、かすみがかったような見た目になります。髪色のアッシュカラーには多くの種類があり、大きく分けて青系、紫系、赤系、緑系、茶系がある。その中でトーンによって名前が変わってくるためアッシュの髪色は複数存在する。

髪色のアッシュカラーについて

2017年頃から人気の髪色になっていて、2018年の今年もトレンドとの呼び声が高い髪色がアッシュです。

個性を出したい人やおしゃれ重視の方は、1度はチャレンジしたことがある髪色でしょう。しかしセルフで染める場合も美容室で染める場合も好みの髪色になりづらく、それに加えて色落ちもとても早いためアッシュの髪色のカラーリングには少しがっかりしてしまうこともあります。

アッシュというだけでおしゃれ系女子・おしゃれ系男子と呼ばれる髪色です。そこで髪色をアッシュに染める方法、人気の髪色アッシュランキング、髪色をアッシュに染めるときの注意点をご紹介します。

アッシュの髪色バリエーション

アッシュベージュ

グレーとベージュが合わさったような色合いの髪色をいいます。透明感を演出することができ外国人のような髪色のこと。ブリーチが必須なカラーです。

ブルーアッシュ

グレーとブルーが合わさったような色合いの髪色です。ブリーチなしでもカラーリングができますがブリーチ1度するか、2~3回市販のブルーアッシュのカラー剤で染めるといいでしょう。

ピンクアッシュ

グレーに赤みを加えたような髪色です。ピンクアッシュは男女ともに人気なヘアカラーとなっています。黒からのブリーチ、あるいはライトブラウンの明るめの色から髪色を染めましょう。

オリーブアッシュ

グレーにオリーブ(緑)を加えた髪色。大人な雰囲気を楽しめる髪色でしょう。緑系の髪染めは最も難しく、市販のものではなかなか理想の色にはなりづらいです。

ミルクティーアッシュ

ミルクティーにグレーを混ぜた色合いの髪色です。特に女子に人気の髪色で雰囲気も柔らかく演出できます。

ダークアッシュ

暗めのアッシュカラーの髪色のことをいいます。暗めのアッシュは肌の透明感を演出できクールな女性・男性になれちゃいます。

シルバーアッシュ

銀髪のような明るいグレーカラーの髪色のこと。かなり個性的な印象になり、少々現実離れしたその見た目からコスプレイヤーなどに多く見られる髪色です。

メンズ・レディース別おすすめのアッシュの髪色

髪色アッシュのおすすめ メンズ

おすすめカラーはダークアッシュ

一見黒髪に見えるダークアッシュは知的でクールな印象を持たせ、清潔感もあるので女性にも好印象を与えるでしょう。またダークアッシュはブリーチなしで色が入るので、頭皮をいためることなくおしゃれを楽しめる髪色でしょう。

髪色アッシュのおすすめ レディース

おすすめカラーはミルクティーアッシュ

ポップ系女子にもクール系女子にもなれる万能な髪色で男子受けも抜群。単純なブラウンよりも雰囲気の柔らかさやおしゃれ気もあるのでおすすめです。

特徴別アッシュの髪色の作り方

暗め

もともと明るめの色やブラウン系の色の場合は、一度黒に戻してからアッシュの染め剤を使うことをおすすめします。

準備1

アッシュのカラーリングをする前に髪の毛を綺麗にしましょう。

<ポイント>リンス(トリートメント)をしてしまうと染め剤の入りが悪くなるのでリンス(トリートメント)はせずに髪染めに挑みましょう。

準備2

髪の毛はしっかりと乾かしましょう。髪の毛が濡れていると染め剤がしっかり入らないのでよく乾かすことを心がけてください。

手順1

アッシュの染め剤を髪につけていきましょう。

<ポイント>アッシュの染め剤を使用するときは根元から染め剤を塗っていき、毛先は最後にしましょう。※市販の染め剤に説明書が入っている場合は説明書の手順に従ってください。

手順2

染め剤を髪の毛に馴染ませたら頭にラップを巻いていきましょう。

<ポイント>ラップを巻くことで染め剤が流れるのを防ぎ、頭皮にしっかりと浸透させることができます。

<ポイント>表記されている待ち時間より5分ほど長く待つといいでしょう

手順3

待機時間を過ぎたら髪の毛を洗い流しましょう。

<ポイント>頭にシャワーを当てて、髪の毛から流れる水が目視で透明になったらシャンプーでよく洗いましょう。シャンプーの泡が白になるまで洗っては流しを繰り返しましょう。

手順4

タオルドライした後、ドライヤーでしっかりと乾かしましょう。

<ポイント>ドライヤーで乾かすときに一箇所に当ててしまうと色が変わってしまうので細かくドライヤーを動かして全体的に乾かしていきましょう。

明るめ

明るめのカラーリングをしたい場合は、ブリーチで完全に色を抜いてから、市販のカラー剤で染めましょう。もともと明るめの髪色の方もプラチナ系の色になるまでブリーチしましょう。

・準備1

アッシュのカラーリングをする前に髪の毛を綺麗にしましょう。

<ポイント>リンス(トリートメント)をしてしまうと染め剤の入りが悪くなるのでリンス(トリートメント)はせずに髪染めに挑みましょう。

準備2

髪の毛はしっかりと乾かしましょう。髪の毛が濡れていると染め剤がしっかり入らないのでよく乾かすことを心がけてください。

手順1

ブリーチをしましょう。ブリーチの染め剤はアッシュカラーの染め剤よりも刺激が強いので頭皮以外の肌につかないようにできるだけ気をつけましょう。

<ポイント>ブリーチの染め剤を使用するときは根元から染め剤を塗っていき、毛先は最後にしましょう。※市販の染め剤に説明書が入っている場合は説明書の手順に従ってください。

手順2

染め剤を髪の毛に馴染ませたら頭にラップを巻いていきましょう。

<ポイント>ラップを巻くことで染め剤が流れるのを防ぎ、頭皮にしっかりと浸透させることができます。

<ポイント>表記されている待ち時間より5分ほど長く待つといいでしょう。

手順3

待機時間を過ぎたら髪の毛を洗い流しましょう。

<ポイント>頭にシャワーを当てて、髪の毛から流れる水が目視で透明になったらシャンプーでよく洗いましょう。シャンプーの泡が白になるまで洗っては流しを繰り返しましょう。

手順4

タオルドライした後、ドライヤーでしっかりと乾かしましょう。

<ポイント>赤みを残したアッシュにしたい場合は1回~2回ブリーチ行います。赤みを残さない場合は髪の毛の色がしっかり抜けるまでブリーチ繰り返します。

手順5

アッシュの染め剤を髪につけていきましょう。

<ポイント>アッシュの染め剤を使用するときは根元から染め剤を塗っていき、毛先は最後にしましょう。※市販の染め剤に説明書が入っている場合は説明書の手順に従ってください。

手順6

染め剤を髪の毛に馴染ませたら頭にラップを巻いていきましょう。

<ポイント>ラップを巻くことで染め剤が流れるのを防ぎ、頭皮にしっかりと浸透させることができます。

<ポイント>表記されている待ち時間より5分ほど長く待つといいでしょう。

手順7

待機時間を過ぎたら髪の毛を洗い流しましょう。

<ポイント>頭にシャワーを当てて、髪の毛から流れる水が目視で透明になったらシャンプーでよく洗いましょう。シャンプーの泡が白になるまで洗っては流しを繰り返しましょう。

手順8

タオルドライした後、ドライヤーでしっかりと乾かしましょう。

<ポイント>ドライヤーで乾かすときに一箇所に当ててしまうと色が変わってしまうので細かくドライヤーを動かして全体的に乾かしていきましょう。

カーキ

緑系のカラーリングは最も難しいとされています。不安なら美容室でやってもらうのがよいでしょう。セルフで髪を染める場合はブリーチで完全に色を抜いてから、市販のカラー剤で染めましょう。2回同じカラー剤で染めるのがおすすめです。

準備1

アッシュのカラーリングをする前に髪の毛を綺麗にしましょう。

<ポイント>リンス(トリートメント)をしてしまうと染め剤の入りが悪くなるのでリンス(トリートメント)はせずに髪染めに挑みましょう。

準備2

髪の毛はしっかりと乾かしましょう。髪の毛が濡れていると染め剤がしっかり入らないのでよく乾かすことを心がけてください。

手順1

ブリーチをしましょう。ブリーチの染め剤はアッシュカラーの染め剤よりも刺激が強いので頭皮以外の肌につかないようにできるだけ気をつけましょう。

<ポイント>ブリーチの染め剤を使用するときは根元から染め剤を塗っていき、毛先は最後にしましょう。※市販の染め剤に説明書が入っている場合は説明書の手順に従ってください。

手順2

染め剤を髪の毛に馴染ませたら頭にラップを巻いていきましょう。

<ポイント>ラップを巻くことで染め剤が流れるのを防ぎ、頭皮にしっかりと浸透させることができます。

<ポイント>表記されている待ち時間より5分ほど長く待つといいでしょう。

手順3

待機時間を過ぎたら髪の毛を洗い流しましょう。

<ポイント>頭にシャワーを当てて、髪の毛から流れる水が目視で透明になったらシャンプーでよく洗いましょう。シャンプーの泡が白になるまで洗っては流しを繰り返しましょう。

手順4

タオルドライした後、ドライヤーでしっかりと乾かしましょう。

<ポイント>髪の毛の色がしっかり抜けるまでブリーチ繰り返します。

手順5

アッシュの染め剤を髪につけていきましょう。

<ポイント>アッシュの染め剤を使用するときは根元から染め剤を塗っていき、毛先は最後にしましょう。※市販の染め剤に説明書が入っている場合は説明書の手順に従ってください。

手順6

染め剤を髪の毛に馴染ませたら頭にラップを巻いていきましょう。

<ポイント>ラップを巻くことで染め剤が流れるのを防ぎ、頭皮にしっかりと浸透させることができます。

<ポイント>表記されている待ち時間より5分ほど長く待つといいでしょう。

手順7

待機時間を過ぎたら髪の毛を洗い流しましょう。

<ポイント>頭にシャワーを当てて、髪の毛から流れる水が目視で透明になったらシャンプーでよく洗いましょう。シャンプーの泡が白になるまで洗っては流しを繰り返しましょう。

手順8

タオルドライした後、ドライヤーでしっかりと乾かしましょう。

<ポイント>ドライヤーで乾かすときに一箇所に当ててしまうと色が変わってしまうので細かくドライヤーを動かして全体的に乾かしていきましょう。

ホワイトアッシュ

ホワイトアッシュのカラーリングはブリーチを何度か使って完全にプラチナにした状態から染め剤を使いましょう。

準備1

アッシュのカラーリングをする前に髪の毛を綺麗にしましょう。

<ポイント>リンス(トリートメント)をしてしまうと染め剤の入りが悪くなるのでリンス(トリートメント)はせずに髪染めに挑みましょう。

準備2

髪の毛はしっかりと乾かしましょう。髪の毛が濡れていると染め剤がしっかり入らないのでよく乾かすことを心がけてください。

手順1

ブリーチをしましょう。ブリーチの染め剤はアッシュカラーの染め剤よりも刺激が強いので頭皮以外の肌につかないようにできるだけ気をつけましょう。

<ポイント>ブリーチの染め剤を使用するときは根元から染め剤を塗っていき、毛先は最後にしましょう。※市販の染め剤に説明書が入っている場合は説明書の手順に従ってください。

手順2

染め剤を髪の毛に馴染ませたら頭にラップを巻いていきましょう。

<ポイント>ラップを巻くことで染め剤が流れるのを防ぎ、頭皮にしっかりと浸透させることができます。

<ポイント>表記されている待ち時間より5分ほど長く待つといいでしょう。

手順3

待機時間を過ぎたら髪の毛を洗い流しましょう。

<ポイント>頭にシャワーを当てて、髪の毛から流れる水が目視で透明になったらシャンプーでよく洗いましょう。シャンプーの泡が白になるまで洗っては流しを繰り返しましょう。

手順4

タオルドライした後、ドライヤーでしっかりと乾かしましょう。

<ポイント>髪の毛の色がしっかり抜けるまでブリーチ繰り返します。

手順5

アッシュの染め剤を髪につけていきましょう。

<ポイント>アッシュの染め剤を使用するときは根元から染め剤を塗っていき、毛先は最後にしましょう。※市販の染め剤に説明書が入っている場合は説明書の手順に従ってください。

手順6

染め剤を髪の毛に馴染ませたら頭にラップを巻いていきましょう。

<ポイント>ラップを巻くことで染め剤が流れるのを防ぎ、頭皮にしっかりと浸透させることができます。

<ポイント>表記されている待ち時間より5分ほど長く待つといいでしょう。

手順7

待機時間を過ぎたら髪の毛を洗い流しましょう。

<ポイント>頭にシャワーを当てて、髪の毛から流れる水が目視で透明になったらシャンプーでよく洗いましょう。シャンプーの泡が白になるまで洗っては流しを繰り返しましょう。

手順8

タオルドライした後、ドライヤーでしっかりと乾かしましょう。

<ポイント>ドライヤーで乾かすときに一箇所に当ててしまうと色が変わってしまうので細かくドライヤーを動かして全体的に乾かしていきましょう。

緑系

緑系のカラー剤は赤みを抑える性質があるので、ブリーチを1~2回してから染め剤を使うことをおすすめします。

準備1

アッシュのカラーリングをする前に髪の毛を綺麗にしましょう。

<ポイント>リンス(トリートメント)をしてしまうと染め剤の入りが悪くなるのでリンス(トリートメント)はせずに髪染めに挑みましょう。

準備2

髪の毛はしっかりと乾かしましょう。髪の毛が濡れていると染め剤がしっかり入らないのでよく乾かすことを心がけてください。

手順1

ブリーチをしましょう。ブリーチの染め剤はアッシュカラーの染め剤よりも刺激が強いので頭皮以外の肌につかないようにできるだけ気をつけましょう。

<ポイント>ブリーチの染め剤を使用するときは根元から染め剤を塗っていき、毛先は最後にしましょう。※市販の染め剤に説明書が入っている場合は説明書の手順に従ってください。

手順2

染め剤を髪の毛に馴染ませたら頭にラップを巻いていきましょう。

<ポイント>ラップを巻くことで染め剤が流れるのを防ぎ、頭皮にしっかりと浸透させることができます。

<ポイント>表記されている待ち時間より5分ほど長く待つといいでしょう。

手順3

待機時間を過ぎたら髪の毛を洗い流しましょう。

<ポイント>頭にシャワーを当てて、髪の毛から流れる水が目視で透明になったらシャンプーでよく洗いましょう。シャンプーの泡が白になるまで洗っては流しを繰り返しましょう。

手順4

タオルドライした後、ドライヤーでしっかりと乾かしましょう。

手順5

アッシュの染め剤を髪につけていきましょう。

<ポイント>アッシュの染め剤を使用するときは根元から染め剤を塗っていき、毛先は最後にしましょう。※市販の染め剤に説明書が入っている場合は説明書の手順に従ってください。

手順6

染め剤を髪の毛に馴染ませたら頭にラップを巻いていきましょう。

<ポイント>ラップを巻くことで染め剤が流れるのを防ぎ、頭皮にしっかりと浸透させることができます。

<ポイント>表記されている待ち時間より5分ほど長く待つといいでしょう。

手順7

待機時間を過ぎたら髪の毛を洗い流しましょう。

<ポイント>頭にシャワーを当てて、髪の毛から流れる水が目視で透明になったらシャンプーでよく洗いましょう。シャンプーの泡が白になるまで洗っては流しを繰り返しましょう。

手順8

タオルドライした後、ドライヤーでしっかりと乾かしましょう。

<ポイント>ドライヤーで乾かすときに一箇所に当ててしまうと色が変わってしまうので細かくドライヤーを動かして全体的に乾かしていきましょう。

青系

青系の髪に染めるには、1度ブリーチをしてから染め剤を使用しましょう。

準備1

アッシュのカラーリングをする前に髪の毛を綺麗にしましょう。

<ポイント>リンス(トリートメント)をしてしまうと染め剤の入りが悪くなるのでリンス(トリートメント)はせずに髪染めに挑みましょう。

準備2

髪の毛はしっかりと乾かしましょう。髪の毛が濡れていると染め剤がしっかり入らないのでよく乾かすことを心がけてください。

手順1

ブリーチをしましょう。ブリーチの染め剤はアッシュカラーの染め剤よりも刺激が強いので頭皮以外の肌につかないようにできるだけ気をつけましょう。

<ポイント>ブリーチの染め剤を使用するときは根元から染め剤を塗っていき、毛先は最後にしましょう。※市販の染め剤に説明書が入っている場合は説明書の手順に従ってください。

手順2

染め剤を髪の毛に馴染ませたら頭にラップを巻いていきましょう。

<ポイント>ラップを巻くことで染め剤が流れるのを防ぎ、頭皮にしっかりと浸透させることができます。

<ポイント>表記されている待ち時間より5分ほど長く待つといいでしょう。

手順3

待機時間を過ぎたら髪の毛を洗い流しましょう。

<ポイント>頭にシャワーを当てて、髪の毛から流れる水が目視で透明になったらシャンプーでよく洗いましょう。シャンプーの泡が白になるまで洗っては流しを繰り返しましょう。

手順4

タオルドライした後、ドライヤーでしっかりと乾かしましょう。

<ポイント>髪の毛の色がしっかり抜けるまでブリーチ繰り返します。

手順5

アッシュの染め剤を髪につけていきましょう。

<ポイント>アッシュの染め剤を使用するときは根元から染め剤を塗っていき、毛先は最後にしましょう。※市販の染め剤に説明書が入っている場合は説明書の手順に従ってください。

手順6

染め剤を髪の毛に馴染ませたら頭にラップを巻いていきましょう。

<ポイント>ラップを巻くことで染め剤が流れるのを防ぎ、頭皮にしっかりと浸透させることができます。

<ポイント>表記されている待ち時間より5分ほど長く待つといいでしょう。

手順7

待機時間を過ぎたら髪の毛を洗い流しましょう。

<ポイント>頭にシャワーを当てて、髪の毛から流れる水が目視で透明になったらシャンプーでよく洗いましょう。シャンプーの泡が白になるまで洗っては流しを繰り返しましょう。

手順8

タオルドライした後、ドライヤーでしっかりと乾かしましょう。

<ポイント>ドライヤーで乾かすときに一箇所に当ててしまうと色が変わってしまうので細かくドライヤーを動かして全体的に乾かしていきましょう。

シルバーアッシュ

シルバー系のカラーリングはブリーチを何度か使って完全にプラチナにした状態から染め剤を使いましょう。

準備1

アッシュのカラーリングをする前に髪の毛を綺麗にしましょう。

<ポイント>リンス(トリートメント)をしてしまうと染め剤の入りが悪くなるのでリンス(トリートメント)はせずに髪染めに挑みましょう。

準備2

髪の毛はしっかりと乾かしましょう。髪の毛が濡れていると染め剤がしっかり入らないのでよく乾かすことを心がけてください。

手順1

ブリーチをしましょう。ブリーチの染め剤はアッシュカラーの染め剤よりも刺激が強いので頭皮以外の肌につかないようにできるだけ気をつけましょう。

<ポイント>ブリーチの染め剤を使用するときは根元から染め剤を塗っていき、毛先は最後にしましょう。※市販の染め剤に説明書が入っている場合は説明書の手順に従ってください。

手順2

染め剤を髪の毛に馴染ませたら頭にラップを巻いていきましょう。

<ポイント>ラップを巻くことで染め剤が流れるのを防ぎ、頭皮にしっかりと浸透させることができます。

<ポイント>表記されている待ち時間より5分ほど長く待つといいでしょう。

手順3

待機時間を過ぎたら髪の毛を洗い流しましょう。

<ポイント>頭にシャワーを当てて、髪の毛から流れる水が目視で透明になったらシャンプーでよく洗いましょう。シャンプーの泡が白になるまで洗っては流しを繰り返しましょう。

手順4

タオルドライした後、ドライヤーでしっかりと乾かしましょう。

<ポイント>髪の毛の色がしっかり抜けるまでブリーチ繰り返します。

手順5

買ってきたアッシュのカラー剤をしましょう。髪を染めるときは染め剤に入っている説明書の手順に従ってください。

手順6

染め剤を髪の毛に馴染ませたら頭にラップを巻いていきましょう。

<ポイント>ラップを巻くことで染め剤が流れるのを防ぎ、頭皮にしっかりと浸透させることができます。

<ポイント>表記されている待ち時間より5分ほど長く待つといいでしょう。

手順7

待機時間を過ぎたら髪の毛を洗い流しましょう。

<ポイント>頭にシャワーを当てて、髪の毛から流れる水が目視で透明になったらシャンプーでよく洗いましょう。シャンプーの泡が白になるまで洗っては流しを繰り返しましょう。

手順8

タオルドライした後、ドライヤーでしっかりと乾かしましょう。

<ポイント>ドライヤーで乾かすときに一箇所に当ててしまうと色が変わってしまうので細かくドライヤーを動かして全体的に乾かしていきましょう。

髪色アッシュ人気 メンズ編

第3位 アッシュベージュ

ダークアッシュよりもベージュを強く入れた髪色です。この髪色にするだけで柔らかい雰囲気になるので、物腰の柔らかそうな男子に大変身。塩顔系男子にもおすすめの髪色です。

第2位 ピンクアッシュ

最近では赤系の髪色が女子に好評、中でも奇抜すぎず中世っぽさを演出できる髪色です。肌の白めの男性によく生える髪色となっています。

第1位 ダークアッシュ

黒っぽいヘアカラーは女子からの人気間違いなし。「知的」や「クール」な印象を受け男らしさもUP。女子からモテモテでしょう。

髪色アッシュ人気 レディース編

第3位 ミルクティーアッシュ

ミルクティーにアッシュを混ぜて落ち着かせたカラーです。アパレル系の仕事をしている方や学生さん、おしゃれを楽しみたい方におすすめです。

第2位 ダークアッシュ

黒めのアッシュでクール系の髪色です。髪色が厳しい職場などでもOKで社会人にも大人気。女性の色っぽさを際立たせる髪色でしょう。

第1位 ピンクアッシュ

灰色とピンクを混ぜた落ち着いたピンクカラーです。奇抜な色ではないため万人受け間違いなし。おしゃれが楽しめて男子ウケもいいなんて一石二鳥です。

髪色を染めるときの注意点

注意1

まず髪を綺麗にしましょう。髪の毛が油で固まっていたり、まとまっているとカラー剤が浸透しづらいので必ず綺麗にしてから染め始めましょう。

注意2

髪色を染めるときにお風呂場で染めるのはやめましょう。お風呂場は湿気が多く染め剤が入りづらいためお風呂場で染めるのはおすすめしません。

注意3

部屋で髪色の染め剤を使用するときは、飛び散りや垂れに気をつけましょう。髪色の染め剤は付着すると服も床も色落ちしてしまうので自分の周りや風呂場までの動線に新聞紙を敷いておくことをおすすめします。

注意4

髪色の染め剤を落とすときはしっかりと洗い流しましょう。しっかり洗い流さないと匂いが残ったり、タオルや服などに色移り、髪の毛もパリパリしてしまうのでよく洗うようにしましょう。

注意5

髪を乾かすときはドラーヤーをこまめに振りながら乾かすと髪色がムラにならずに綺麗に乾かせます。一箇所に当ててしまうとそこだけ髪色が明るくなってしまったりするので注意しましょう。

注意6

毛質や地毛の髪色によってブリーチする回数や、待機時間は変わるので染めているときに何度か色の入り具合を確認しながら見極めてください。

髪色をアッシュにするには

男女別おすすめのアッシュの髪色・作り方・ランキング|暗め

いかがでしたか。髪色をアッシュにするカラーリングは自分の毛質やもともとの髪色によって差異が出てしまい完全に同じ色、自分の理想の色にならないことが大抵でしょう。そして髪色アッシュのカラーリングはプロである美容師でも難しいとされています。たとえ理想の髪色にならなかったとしても、何度も挑戦していると理想の髪色に近づいてくるので諦めずに何度かトライしてみてください。

関連記事

Related