Search

検索したいワードを入力してください

タロットカードの種類と意味|スプレッド/占い方/絵柄

Author nopic iconamiangel
タロット / 2018年01月30日
タロットカードの種類と意味|スプレッド/占い方/絵柄

タロットカードの種類と意味

タロットカードは、大アルカナカードの22枚と、小アルカナカードの56枚、計78枚の構成となっています。大アルカナは、一般的に重要なメッセージを伝えているといわれます。全種類のカードを使わずに大アルカナのみで占う方法もあります。

はじめは大アルカナの全種類のカードの意味を理解するといいでしょう。そうすることで、カードの意味を読み取りやすくなります。

占いを始めるときは、まずは色々な種類のタロットカードの絵柄を楽しみましょう。インスピレーションが高まり、研ぎ澄まされます。

「タロットカード」とひとことで言っても、その種類は非常に多く、バラエティに富んでいます。ここでは、世界的に有名な2大タロットを紹介します。

世界的に有名な2大タロット

マルセイユ版タロット

木版画調のラフな絵柄が特徴的なカードで、歴史の長さなどから、多種多様な種類のものがあります。

ウェイト版タロット

アール・ヌーヴォー調の親しみやすいものが人気で、全てのカードが絵札なのが特徴です。

タロットのスプレッドの種類

タロット占いをする際のカードの並べ方を、スプレッドといいます。色々な種類のスプレッドがあります。それぞれのスプレッドに、特徴があります。

恋愛や、仕事、未来など、適したスプレッドを見つけて占うといいでしょう。ここでは、初心者でもできる3つのスプレッドを紹介します。

ワンカード

占いたいことを考えながらシャッフルして1枚だけ引き、そのカードの意味を読みといて占います。

ツーカード

よくシャッフルしたカードから2枚引きます。1枚めは右に配して「結果」のカード、2枚めはその左に配して「対策」のカードとなります。まずは結果を開いて、その対策として2枚めのカードを開いて占います。

スリーカード

カードをシャッフルして、3枚選び、左から並べます。先に選んだカードが過去、順に現在、未来のカードとなります。

タロットの占い方の種類

タロット占いでは、スプレットと呼ばれるカード配置法を用いて占います。どのスプレットを使うかは、運勢、恋愛、健康、未来など質問によって使い分けることができます。

占う目的の種類によって適切なスプレットを使い分けると、より具体的な答えを得ることができます。まずは先ほど紹介した、ワンカード、ツーカード、スリーカードなどで占ってみるといいでしょう。

慣れてきたら、その他のスプレッドを試してみましょう。色々な種類のスプレッドの中から、恋愛を占いたいときにおすすめの、ツーマインドを紹介します。

ツーマインド

心の中で問いながらシャッフルしたカードから2枚を引きます。1枚めは上に配して「顕在意識」、2枚めはその下に配して「潜在意識」となります。カードを表向きにして、意味を読みときます。

このスプレッドは、質問に対して、自分の顕在意識(表層意識)ではどう感じているのか、潜在意識(無意識)ではどう感じているかを読みときます。

タロットのおすすめの種類

長い歴史の中で、色々な種類のタロットが発売され、世界中で広まってきました。有名なもので、ウェイト版、マルセイユ版、ヴィスコンティ・スフォルツァ版があります。

種類によって絵柄などに特徴があります。マルセイユ版はラフな木版画調、ウェイト版はアール・ヌーヴォー調です。ヴィスコンティ・スフォルツァ版は、現存する最古のタロットカードといわれています。

ヴィスコンティ・スフォルツァ版は、博物館や図書館、そして世界中の個人コレククションで保管されている約15デッキのタロットの総称です。

どのタロットカードも占い師によって、使いやすさなどの相性があります。色々な種類のタロットを探したり、直感やインスピレーションで選ぶのも楽しいでしょう。

これから始めたい方は、色彩が鮮やかで親しみやすく、潜在意識に働きやすいウェイト版タロット、別名ライダー版タロットをおすすめします。

タロットの起源とされるジプシー占い

現存する最古のタロットカードはヴィスコンフィ・スフォルツ版といわれていますが、タロットカード占いの起源には諸説あります。

インドからヨーロッパへ放浪の旅をしていたジプシーが、枝や木の葉を使って占っていた方法をタロットカード占いの起源とする説があります。

19世紀のフランス、ジプシーがナポレオンの未来について予言し、助言をしていたとされています。ジプシーたちの中には、その神秘的な的中率で、時の権力者や一部の富裕層から重宝される者もいました。

ジプシー占いは感覚とインスピレーションから、物事の流れを読むことに適しています。ジプシータロットの心得としては、酒の席などで占わないなどがあります。

カードは正直なので、愛情を持って接し、きちんとした気持ちで占うと、ストレートに結果に導いてくれるでしょう。ジプシータロットについてもっと知りたい方は、ここで紹介する外部リンクをご覧ください。

タロットの絵柄の種類

タロットは別名「愚者の旅」ともいいます。「愚者の旅」とは、絵柄に0番の数字を持つ「愚者」が、目標に辿り着くまでのプロセスが描かれている、という考えです。絵柄から世界観を理解すると、よりタロットが読みやすくなります。

大アルカナ0番から14番までの絵柄の解釈

ここでは14番までの解釈を紹介します。15番から21番の絵柄の種類と解釈続きは、一覧の下の外部リンクからご覧になれます。

タロット名絵柄の解釈
愚者全てに自由な青年
魔術師成就のカギを手にしてる人
女教皇穏やかなカウンセラー
女帝豊かさの女神
皇帝一国の王
法王神と人の仲介
恋人アダムとイブと天使
戦車女帝と皇帝の子、王子
ライオンをなだめる女性
隠者神の領域への道案内
運命の輪天国に近づく動物たち
吊るされた男神との合一を果たそうとする人
死神新しい自由を体験する人
節制無意識の流れを調整する天使

タロットのリーディングの種類

多くの種類のタロット占いにおいて、カードを読み取ることをリーディングといいます。リーディングにはいくつか種類があります。

1番スタンダードな方法は、カード本来の意味や、多様なカードの種類の絵柄から連想されることを、正確に読み取る方法です。この方法のメリットは、安定した占いができることです。

もう一つの方法としては、多様な種類の絵柄からの、連想や閃きによるリーディングがあります。この方法のメリットは、霊感や直感などを活かせることでしょう。

また、リーディングの的中率をあげるにはいくつかの方法がありますが、リーディングをするのに適した環境作りや、タロットカードとの信頼関係などが大切と考えられます。

大切に扱って尊重することで、占い師とタロットカードがシンクロして、正しいリーディングができます。場の浄化を行うには、キャンドルやお香などがあります。色々な種類のものを試すといいでしょう。

スタンダードなタロットカードの使い方を覚えて占ってみよう!

タロットカードの種類や、色々なタロット占い方法、占う内容に適切なスプレットの種類、おすすめのタロットカードなどをご紹介しましたが、これから学ぶ方も、すでにカードをお持ちの方も、タロットカードにふれたい気持ちになったのではないでしょうか。

タロットカードの長い歴史を読みといていっても、たくさんの発見と出会いがあって、楽しいでしょう。また、その歴史の中で編み出され愛されてきた、色々な種類のタロットカードや絵柄、スプレッドを嗜むのもいいでしょう。

キャンドルやお香などで浄化したり、日光浴や月光浴をさせたりしながら、直感やインスピレーションを受け取っていると、第六感の力も上がります。

ワンカードなどの1枚だけ引く簡単なタロット占いでも、毎日続けるほど的中率は上がっていきます。まずは気楽におみくじ感覚で1枚引いたり、タロットのある生活を楽しみながら、人生を豊かにしていきましょう。

関連記事

Related

Line@