Search

検索したいワードを入力してください

【年齢別】高校教師の年収・ランキング|福岡県/埼玉県

Small 03916949 9506 4d5f 92d1 b0a0de918300sana
年収・給与 / 2018年02月20日
【年齢別】高校教師の年収・ランキング|福岡県/埼玉県

私立・公立別高校教師の年収は?

私立、公立別の教師の年収には違いがあるのかそれを説明したいと思います。

どちらが高い?

まずは私立と公立の高校教師ではどちらが年収高いかというと、私立の方が高いイメージありますが、実際はさほど変わりません。なぜなら私立の年収は公立の高校教師の給料に準じているからです。

しかし公立は時間外手当が一定時間を超えてしまうとつきません。それに対して私立は時間外手当が多くつくところもたくさんあります。

私立高校

それでは私立高校の年収です。平均して700万円ほどあります。しかし大卒と短大卒では給料に差があります。また当たり前ですが年齢によってももちろん差があります。手取りは大体20〜40万円ほどです。

公立高校

公立高校も私立とそんなに変わらず平均年収は700万円ほどです。また公立も学歴によって違います。また初任給は大体28万円台です。公立も経験と年齢によっても年収に差が出ます。

年齢別高校教師の年収は?

高校教師の年収を年齢別に紹介します。

20代

まずは20代です。20代の平均年収は大体300万後半台です。初任給が20万円台なので普通の企業よりも安いですが、公務員ですし、安定している上にこれから増えていく一方なのでとても良いです。また残業代が一律してつくというところもあり、安心して働けます。また、長く勤めていれば民間よりも多くお給料がもらえますし、人事評価がよければお給料がアップします。

30代

30台は平均して500万円程度です。月給は平均して27万円と手当5万円ほどです。また年二回のボーナスもあります。やはり30代になると家庭を持つ人も増えてきますが年収もアップしていきますし安定しているのでものすごく安心です。またこれからもアップしていくのでこれからも期待できます。

40代

40代で大体700万〜800万ほどです。40代になると結構な年収になってきます。経験もたくさんできますし公務員として安定できます。しかし高校教師としきになるところはやはり土日の部活指導です。部活指導で残業手当がもらえないとこも多いですし、夏休みも子供達は休みでも出勤しなければならないのでそういう部分は高校教師として大変です。

50代

50代になると850万以上が平均です。また50代後半では校長先生に昇格する高校教師も多く年収がもっとアップします。どれぐらいかというと950万円代です。なのでこれぐらいになると他の民間よりも年収が多くなりますし安定した公務員として働けます。また公務員なので社会的な地位も高いですし、安心です。

都道府県別高校教師の年収について

次は都道府県別で高校教師の年収を紹介します。

福岡県

福岡県は都道府県ランキングで11位であり高校教師の平均年収は682万円です。全体的な平均年収比べてあまり変わりません。ボーナスもきちんともらえて残業手当もきちんと出されているところが多いです。また外国の方が多いことから生徒にも外国の子が多いので多少なりとは英語ができるといいです。

埼玉県

埼玉県の高校教師の平均年収は628万円です。平均月収は41.9万円、平均賞与は125万円ほどです。これもほかとあまり変わらず平均的です。全国ランキングも高いほうです。

千葉県

千葉県の高校教師の平均年収は692万円です。平均月収は44.3万円。平均賞与は160万円です。全国平均と比べて千葉県は高いです。

大阪府

大阪は日本でも大都市です。大阪の高校教師の平均年収は692万円、平均月収は44万円、平均賞与は160万円です。大阪は全国平均と比べてあまり変わりません。

高校教師の年収高いランキングTOP3

高校教師の年収が高いランキングです。

3位

3位は692万円の千葉県です。
千葉県は東京にも近く人気のある場所です。そのため、他の県に比べて年収が高い傾向にあります

2位

2位は695万円の神奈川です。
やはり都心に近いためこれもまた年収が高いです。

1位

堂々の1位は東京都です。
やはり日本の首都であって人を集まるので高校も多く仕事も多いので年収は高いです。

高校教師になるには?

では高校教師にはどうしたらなれるのでしょう?

高校教師なるにはまずは教員採用試験を受けて教員免許を取らなければなりません。高卒後教職課程のある大学を出て終了させることが必要です。またどの科目かは自分で選べるのであらかじめ選んで決めておくことが大事です。また倍率は9倍で小学校や中学校と比べて難しいです。

教育免許は公立の場合各都道府県で行なっている教員採用試験を受け、私立の場合は各学校で行なっているのでそこに行って受けれます。これに合格すれば教員として働くことができます。また地方の方が都市部よりも倍率が高い傾向が見られます。どこで受けるかは自分で決めてぜひ挑戦してみるべきです。

高校教師のやりがい

次は高校教師のやりがいです。

生徒の関係

高校教師はものすごくやりがいのある仕事です。高校教師ならではの経験がたくさんできます。小学校や中学校だと生徒は子供ですが高校生になると大人に近づく青春期です。また大人に近づいているので生徒ともすこし大人の会話ができます。話の対象にもなりますし色々な家庭で生まれ育った生徒と関われて自分の世界も広がります。

また高校卒業後の進路で大学に通ったり専門学校に行ったり、就職したり初めて自分の人生を決めるお手伝いができます。大人としてのアドバイスもできればいろんな考えに触れることができます。自分でも考えつかなかったことを生徒がやってるのをみてあっと驚くこともたくさんあるでしょう。

学校行事

学校行事はきっと学生の気分になれると思います。体育祭、合唱祭、文化祭、そして修学旅行。生徒だけでなく先生も楽しめるのが学校行事です。自分も一緒になって青春気分が味わえます。また修学旅行は特に思い出に残れます。生徒や教員とすごす時間はきっと宝物です。

高校教師の大変なところ

高校教師の大変なところです。

授業

高校教師としてやりがいはもちろんたくさんありますがその反面大変なこともたくさんあります。まずは授業に慣れることです。高校教師になってからの特に最初の一年はたくさん学ぶことがあります。まずは自分が請け負っている科目で何個もクラスを請け負います。そこで一人ひとりの名前を覚えることも大事です。

また授業の進む早さも調整しなければなりません。クラスごとに進む早さが違うので各クラス合わせなければなりません。また授業時間内に教えることをどれだけわかりやすく教えるかもかかっています。きちんと時間配分して教えなければなりません。

教員との関係

また生徒だけでなく教員との関わりもあります。なので生徒だけでなく他の教員のなまえも覚えなければなりません。そして教員と関係も築かなければなりません。また部活でも関わるのでその部活での教員や生徒の関係も大事です。なので高校教師は覚えることがとにかく多いです。また人間関係もものすごく大事になってきます。しかしその分たくさんの経験ができます。

高校教師のお金事情

ちょっと気になる高校教師のお金事情です。

この記事では年収や月収などお金事情をメインに書いているのでもうわかりますがやはり安定します。最初の初任給はすこし他の民間企業に比べて少ないです。また教員生活一年目は覚えることも多く大変ですが後々実を結びます。年齢に比例してきちんと昇給していくのもいいところです。また経験が積んでいくとほかの民間企業に比べて明らかに多くなります。

地域別は東京都が一番いいです。なぜかというと地方に比べて東京都の方が教員採用試験も倍率が少ないからです。そのため年収もすこし多めです。しかし地元に残って公務員という安定した仕事ができるのはとてもいいことです。また東京都よりは少ないとはいえ年収は高いです。

高校教師という仕事

高校教師の仕事内容を紹します。

高校教師は公務員ということから割と人気のあるお仕事です。公務員は将来が安定ですし地位のあるお仕事です。またお給料も読んでいただければわかるとおり高いです。初任給は民間企業と比べてやや少ないですが経験を重ねれば重ねるほどどんどんレベルが上がります。また学校が好きな人からすれば理想の職業とも言えるでしょう。

しかしその分教員採用試験は難しいですし、残業代がすくないなどもちろんマイナスな部分もあります。でも高校教師はやりがいのある仕事なのでぜひ目指してる人は頑張ってください。