Search

検索したいワードを入力してください

依存体質な彼女の特徴11個・恋愛の依存症を改善する方法5つ

Author nopic iconnaru
恋の悩み / 2018年10月05日
依存体質な彼女の特徴11個・恋愛の依存症を改善する方法5つ

依存体質な彼女との関係は長続きしない

依存体質な彼女の特徴11個・恋愛の依存症を改善する方法5つ

依存体質の彼女を持ち、困ったことはありますか。恋愛に関して依存体質とは、相手の存在や愛情を常に感じていなければ気が済まないといった性格のことを指します。はじめのうちはかわいく見えても、後々になって疲れてしまう大変な性質です。

話し合いを重ねても努力や改善が見られない場合、終わりの見えない疲労感により依存される側は愛情をなくしてしまうでしょう。依存することは決して愛情とは言えません。

依存体質な彼女の特徴11個

女性は気持ち的な充足感を重視する傾向にあり、寂しさに敏感な性質です。そのため、「寂しい」という言葉だけで依存体質と決め付けてはいけません。彼女が寂しい思いをしている原因がきちんと存在する場合には、彼氏側の努力が欠けていると言えるでしょう。

依存体質な彼女の場合、彼の言動はいたって普通であるにも関わらずひどく寂しさを感じ、なおかつ攻撃的な言動を示す傾向にあります。この場合、改善するには根気が必要です。

彼女の特徴1「友だちが少ない」

依存体質な彼女の特徴としての1個目に「友だちが少ない」ことが挙げられます。友だちが少ないために、恋人へ意識が集中してしまいます。友だちが少ない理由を彼女の性格から推測し、問題があればお付き合いは難しいと考えましょう。

自分勝手でわがままな場合には、依存体質の中でも攻撃的で、相手を束縛する傾向が見られます。自分の思いどおりにならなければ怒り、けんかに発展することが多くなるでしょう。

彼女の特徴2「寂しがり屋である」

依存体質な彼女の特徴11個・恋愛の依存症を改善する方法5つ

依存体質な彼女の特徴としての2個目に「寂しがりやである」ことが考えられます。寂しいと感じるのは多くの女性に見られる性質ですが、依存体質の場合はその程度が深刻です。常にスマホを手放さず、相手からの連絡が数分ないだけでも寂しさを感じてしまいます。

また、自分が寂しさを強く感じている分だけ相手から寂しがっている様子が見られないと、さらに寂しさが増してしまうという場合もあります。

彼女の特徴3「感謝の気持ちが持てない」

依存体質な彼女の特徴としての3個目に「感謝の気持ちが持てない」ことが考えられます。恋人としてそばに居てくれることや連絡をくれることに対して感謝の気持ちが持てません。それが当たり前の基準となっており、彼氏の言動がその基準に達しなければ不安や不満を感じてしまうでしょう。

彼氏が尽くしてくれていることに気が付けず、足りないと感じる部分にのみ意識が集中していると言えます。

彼女の特徴4「問題解決の意欲が低い」

依存体質な彼女の特徴としての4個目に「問題解決の意欲が低い」ことが挙げられます。依存体質であるということは、2人の関係を長く良好に保つためには大きな問題と言えます。

2人の問題はお互いが歩み寄ることでしか解決できないため、互いが反省し改善する意思がなければ何も変わりません。依存体質であることを自覚せず、相手のことばかりを責める傾向のある人はその性格が元来のものである可能性が高いです。

彼女の特徴5「励ましてもらいたがる」

依存体質な彼女の特徴としての5個目に「励ましてもらいたがる」ということが挙げられます。自分が落ち込んでいたり疲れていることをアピールすることで、相手から構ってもらえると考えているでしょう。

心配する気持ちを利用して、相手の意識を自分に向けようとします。これは意図的な場合もあれば無意識的な場合もあるでしょう。無意識である場合には長く愛情に飢えていた可能性もあり、懇親的な対応により改善が望めます。

彼女の特徴6「捨てられるのが怖い」

依存体質な彼女の特徴としての6個目に「捨てられるのが怖い」という闇を抱えていることが挙げられます。これに関しては、過去の経験が大きく関わっている可能性が極めて高く、自信を大きく失っている状態と言えるでしょう。

家庭での愛情が足りなかったり、恋愛経験で失敗を繰り返していたり、心に傷を負っている場合が多いです。そのため、彼女を安心させてあげることに務めれば、少しずつ状況は改善されるでしょう。

彼女の特徴7「必要とされたがっている」

依存体質な彼女の特徴11個・恋愛の依存症を改善する方法5つ

依存体質な彼女の特徴としての7個目に「必要とされたがっている」ということが挙げられます。これもまた「捨てられること」に対する恐怖心から関連し、必要とされていると実感することにより自分を安心させようとする心理です。

求められているという実感が安心感となり、実感がなければ直ちに捨てられるという発想が生まれます。根気よくケアに務め信頼関係が築ければ、改善の見込みもあるでしょう。

彼女の特徴8「自分の気持ちを第一に考える」

依存体質な彼女の特徴としての8個目に「自分の気持ちを第一に考える」ということが挙げられます。依存体質というものは、「相手のことが欲しい」「全てを自分のものにしたい」という欲求が極限にまで達した状態です。つまり、欲求がその根本にあるということです。

そのため、自分が主体となり、相手の状況や気持ちを考えられません。自分の欲求でありながら、それが愛情であると勘違いしている場合も多いです。

彼女の特徴9「将来的な展望を持っていない」

依存体質な彼女の特徴としての9個目に「将来的な展望を持っていない」ということが挙げられます。自分のことに関しても、2人のことに関しても、将来的な見通しが立てられないということです。

依存体質な彼女は、今現在自分が相手を欲しているということしか意識できず、今後どうしていきたいかという部分まで思考が回りません。2人で生きていくために必要な仕事への理解、自分自身の自立など、重視することができないでしょう。

彼女の特徴10「相手を癒してあげようと意気込む」

依存体質な彼女の特徴11個・恋愛の依存症を改善する方法5つ

依存体質な彼女の特徴としての10個目に「相手を癒してあげようと意気込む」ことが挙げられます。一見かわいらしく見えるポイントですが、癒しを与えることで相手に自分の存在を意識してもらうことを目的としているため、少し注意が必要です。

相手が癒されることを想定して努力できているため、想定どおりの反応がない場合に混乱してしまいます。そして、その混乱がただちに「必要とされていない」という発想に至ります。

彼女の特徴11「過保護に育てられた」

依存体質な彼女の特徴としての11個目に「過保護に育てられた」ということが考えられます。決して一概には言えませんが、過保護に育てられたことにより愛情が常に満たされていないと気が済まないという性質に育ってしまった可能性が考えられます。

過保護というのは、必要以上に面倒を見てしまうことを言います。そのため、それが愛情の形であるという認識が形成され、当然のように恋人にも求めてしまいます。

依存体質も相性次第でストレスフリーに

依存体質な彼女について特徴をご紹介してきましたが、依存体質の素は誰にでもあると言っていいでしょう。相手との相性が悪いことにより発現してしまうこともあります。同時に、相性が良ければ改善されるということも考えられるでしょう。

マッチングアプリ(with)では、共通点から理想の相手を探せるサービスです。依存体質が好きな人も中にはいるでしょう。凹凸がかみ合えば、ストレスなく改善も見込めます。

恋愛の依存体質を改善する方法5つ

依存体質な彼女の特徴11個・恋愛の依存症を改善する方法5つ

恋愛においては、相手を好きだと感じることからさまざまな欲求が生じ、依存に発展することが多いです。確かに相手を好きであるがために生まれる感情ですが、度が過ぎると大好きなはずの相手に負担をかけることになります。

反対に相手が依存症である場合、どのように受け止めようとしてもやはり限度というものがあり、いつしか疲労を感じることでしょう。お互いが辛くなるだけの関係は長く続きません。改善法を見つけましょう。

方法1「自分を褒める癖をつける」

依存体質を改善する方法の1つ目は「自分を褒める癖をつける」と言うことです。依存体質の人は、相手の中に自分の価値を見つけようとする心理があり、自分自身に自信のない人が多く見られます。

そのため、自分自身を認め褒めることにより自信を取り戻すことができれば、依存体質から脱却できるでしょう。自分を認めることで自分の存在を独立させられ、精神的な自立が図れます。

方法2「不安なことを言葉にする」

依存体質な彼女の特徴11個・恋愛の依存症を改善する方法5つ

依存体質を改善する方法の2つ目は「不安なことを言葉にする」と言うことです。依存体質な人は相手に対し欲求を口にすることが多いですが、その根本には不安があります。その不安を解消するために欲求を言葉にします。

しかし、欲求だけでは相手に気持ちは伝わりません。根本的な不安の解消につながる可能性も低いでしょう。きちんと不安を伝えることで問題は解決に導かれ、言葉にすることでも発散されることが期待できます。

方法3「嬉しかったことを確認する」

依存体質を改善する方法の3つ目は「嬉しかったことを確認する」と言うことです。依存体質な人はどうしても不安な感情にばかりフォーカスしてプラス面をないがしろにしてしまいます。喜びを見失うことで自分自身も辛く、相手もまた虚しさを感じてしまうでしょう。

失敗を恐れることも大切ですが、状況はもっと俯瞰的(ふかんてき)に全体を見た方が良いです。せっかく恋愛をしているのですから、今ある幸せを大切にしてください。

方法4「本当に必要な相手なのか考える」

依存体質を改善する方法の4つ目は「本当に必要な相手なのか考える」と言うことです。依存体質な人は、残念ながら相手の本質を見ていない可能性も考えられます。自分の価値を見出すために、恋人を欲している場合があるからです。

相手を深く知らないうちに付き合っている状態であれば、単純に相性が悪いと考えることもできるでしょう。自分が好きなのは相手自身であるのかという点は非常に重要です。

方法5「専門の医者に見てもらう」

依存体質を改善する方法の5つ目は「専門の医者に見てもらう」と言うことです。相手に依存してしまう状態は精神的に自立していないということであり、不安感や喪失感が日常的にひどい場合には医師に診てもらうことをお勧めします。

過去の経験や日頃のストレスが原因である場合もあるため、自分の状態を明確にしておく必要があります。それにより対処法もさらに具体的となり、改善も大きく見込まれます。

依存体質な彼女の性格を改善しよう

依存体質な彼女の特徴11個・恋愛の依存症を改善する方法5つ

この記事では依存体質な彼女について、その特徴や改善法をご紹介しました。一口に依存体質と言っても、さまざまな種類が考えられます。自分勝手な性格なのか、臆病なのか、トラウマがあるのか、その性質により改善策は異なります。

彼女との将来を望むのであれば献身的に、そして相手の姿勢を見極めましょう。彼女自身に解決の意思があれば、いつか必ず回復します。2人の問題は2人の努力が必要です。

その他の性格に関する内容も見てみよう

この記事においては「依存体質な彼女」についてご紹介しましたが、少し性質が異なれば「一途」や「尽くす性格」と言えるでしょう。恋愛では理想と言われる性格です。

依存体質も努力次第では「一途」や「尽くす性格」に昇華できると考えられます。反対に、「一途」や「尽くす性格」から依存体質に陥ってしまうこともあるでしょう。両者を見比べ、よりよい性格を作れるように努力してみてください。

関連記事

Related