Search

検索したいワードを入力してください

満月の願い事の書き方・願いが叶ったときにすること|恋愛

Author nopic iconゆうこ
カテゴリ:都市伝説

初回公開日:2018年01月27日

更新日:2020年03月06日

記載されている内容は2018年01月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

満月の願い事の書き方・願いが叶ったときにすること|恋愛

月に癒されませんか?

月を見ているとなんだか癒されませんか。

本記事では、特に満月についてご紹介します。願い事をすることができるのか、その願いはどのように行うかなどについて詳しくお話します。どうかあなたの願いも叶いますように。

満月の願い事と新月の願い事

満月に願い事をすることはできるのでしょうか。またその願い事はどのようにしたらいいのでしょうか。実は、満月にする願い事と、新月にする願い事は少し種類が異なります。

あなたのお願いしたいことは新月のほうがいい

実は満月は、「○○がほしい」「○○になりたい」などの願い事をするのには向いていません。そういったお願いは、ぜひ新月の日にしましょう。

では、なぜ満月にはそのような願い事をしないほうがいいいのでしょうか。

満月と新月の違い

満月は、そのエネルギーが満ちて、これまでに行動してきたことや願ってきたことが達成されるパワーを持っています。反対に、新月はそのエネルギーが0(ゼロ)に戻り、これからスタートするというエネルギーを持つ日です。

そのため、新月には願い事を月にかけ、満月にはそれが達成されるということになります。満月と新月にはそういった違いがあります。

満月の願い事の書き方

前章でご紹介したように、「○○がほしい」「○○になりたい」などの願い事は新月にするほうがいいでしょう。では、満月にはどういったことをすればいいのでしょうか。

満月には自分と向き合う

自分の気持ちや感情をしっかりと受け止めていますか。毎日知らず知らずのうちに、相手のことを優先して自分の気持ちを我慢したり、感情を押し込んだりしていませんか。

満月の夜には、自分と向き合うことをおすすめします。満月は達成のエネルギーがあります。そのため、これまでの自分を振り返って、できたこと、できなかったことを自分の中で整理してみてください。そうすると、今自分に必要なものと、もう自分にはいらないものがはっきりと分かってきます。

自分の中の不要なエネルギーを解放しよう

毎日の中で、いいことや嫌なこといろいろなことがあります。また、叶えたい願いがあるのとは反対に、叶ってほしくないと思う願いもあるのではないでしょうか。

叶えたいけれども叶わない願いに執着していませんか。ほしいと思うのに、願っても手に入らないものに気をとられていないでしょうか。また、叶ってほしくないと願う、強い否定のパワーを出していませんか。

そういった、ものごとに執着してしまう自分、いつか叶うことを信じられずに悲しい気持ちになってしまう自分、そういう自分の中をめぐっている負のエネルギーはなかなか手放せません。しかし本当にそのエネルギーはあなたにとって必要なものでしょうか。

しっかり自分の中の気持ちを整理して、ぜひ満月の日に解放して、手放すといいでしょう。

満月の願い事の書き方

このように、満月には「○○がほしい」「○○になりたい」という願いの書き方ではなく、「○○に執着してしまう自分を手放します」、「○○を信じられない自分を手放します」、などのように願い事を書くことをおすすめします。

そうして満月の夜には、自分の中の手放したい癖や、もうさようならしたい思い込みなどをどんどん手放してしまいましょう。

満月の恋愛の願い事の書き方

満月は、自分の中の手放したいエネルギーを手放し、解放する日であるとご紹介しました。ここからは、誰もが一度は思い悩む恋愛の願い事についてをご紹介します。恋愛においては、どのようなことを手放せる日になるのでしょうか。

復縁の願い

別れたけれども忘れられない人はいますか。復縁への願いは、「○○がほしい」、「○○になりたい」のように、ハッピーな気持ちでかけられるような願いではないことが多いでしょう。なぜなら、一度別れているということは、苦しい思いや寂しい思いをしているでしょうし、別れるときにはけんかをしたり、涙を流したり、辛い思いが多かったことでしょう。

そういう思いを多く経験してしまうと、自分に自信を失ってしまうことになります。自信を失ってしまっているときの願いは、どうしてもネガティブで、「○○がほしい」、「○○になりたい」と思っていても、心の奥では「でも手に入るわけない」、「私にはそうなれる価値がない」と思い込んでしまっていることが多いです。

そういうことから、復縁を願う願いは、どうしても心の奥で「叶うわけがない」と思い込んでしまっていることが多いでしょう。

復縁への近道は、自分に自信を取り戻すことから

そういった理由から、復縁したいという願いの裏には必ず「叶うわけない」という思い込みがくっついています。言葉や願いとしては「復縁したい」と言っていても、心の中で叶わないと思っていたら、それが本当の願いとして月に届いてしまうことでしょう。

復縁への近道は、そういった思い込みを手放してしまうことです。そのため、復縁への手放しの願い事は満月にすることをおすすめします。自信のない自分、「どうせ復縁なんてできない」というネガティブな思い込み、そういった自分のことを大切にして、そして満月の夜にはぜひ手放して、さよならをしてしまいましょう。そこから、魅力的なあなたがはじまり、思い続けている彼との復縁へと続いていくことでしょう。

満月の願い事が叶ったときにすること

では、願い事が叶ったときにはどうしたらいいでしょう。

願い事は新月にするということと、満月には達成の解放のエネルギーが流れるということをご紹介しました。ぜひ、新月にした願い事が叶ったことの感謝を満月にされることをおすすめします。

方法はどういった方法でもかまいませんが、心の中で行うよりも紙に書いて感謝されるといいでしょう。紙に書いて、自分の願い事や、叶ったこととそれらへの感謝が目に見えることで、もう一度自分の中に落とし込むことができます。

満月の願い事の方法

では、具体的にはどのような方法で満月への願いを放てばいいのでしょうか。

願いの時間

満月はその都度時間が異なります。真夜中に満月を迎えることもあれば、日中に満月を迎えることもあります。本来はその時間に願い事を放つのが一番いいですが、日中や深夜だと難しい場合もあります。入浴してリラックスし、ご自身が一番ゆっくりできる時間に願い事を放つのがいいでしょう。

星座によって異なる満月~双子座の場合~

2017年12月3日は、双子座の満月を迎えた日でした。特に2017年の中で一番月が大きくみえるスーパームーンの満月でした。こういったスーパームーンには、増えすぎて抱えられない思いを手放すのにとてもいい日と言えます。特に双子座は、「コミュニケーション」や「情報」、「知性」をつかさどる星座です。

他の星座も、それぞれに特徴があります。ぜひ満月の日にはどの星座の満月なのかも調べ、願い事を放つ参考にしていただくといいでしょう。

手放しを願い燃やしましょう

願い事は、ぜひ紙に書きましょう。心の中で思い描くよりも、紙に書いたほうが再度自分の中で願いを実感することができます。

また、満月に不要な思いを手放すためにその紙を燃やしてしまうことをおすすめします。お気に入りのオイルや香水などを振りかけて願いをこめて燃やしましょう。なお、火気の取り扱いには十分にご注意ください。

満月に不要な思いを手放しましょう

満月の願い事については、お分かりいただけましたでしょうか。月に願いをかけることで、自分の中の幸せな気持ちだけでなく、苦しい気持ちに向き合ったりすることができます。

満月の夜には、自分の中での不要な思い込みや、手放したいのに執着してしまう思いをどんどん手放してしまいましょう。そして、次の新月には叶えたい思いを月に放ちましょう。あなたの願いが叶うよう、心からお祈りします。