Search

検索したいワードを入力してください

日焼け止め入り化粧下地の人気ランキングTOP3|夏/プチプチ

Author nopic iconゆみ
メイク・コスメ / 2018年12月28日
日焼け止め入り化粧下地の人気ランキングTOP3|夏/プチプチ

紫外線のメカニズム

日焼け止め入り化粧下地を選ぶ前に知っていただきたいのが、紫外線のメカニズムです。紫外線には日焼けにつながるための仕組みが実はたくさんあります。紫外線のメカニズムをしっかり理解することで、日焼け止め入り化粧下地を探すときにも、自分に合ったものを選ぶことができます。まず最初に、紫外線について詳しく紹介していきましょう。

紫外線には3種類ある

まず、光は大きく分けると「可視光線」、「赤外線」、「紫外線」の3種類があります。虹の7色は赤から始まり、紫に終わりますが、その赤~紫は目に見える光で可視光線と呼ばれています。逆に目に見えない光は赤の外=赤外線、紫の外=紫外線です。そして紫外線も3種類に分かれています。

紫外線A波

紫外線A波は、肌の奥深くの真皮層まで届き、肌内部に活性酸素を作りだします。活性酸素が作られることによってDNAを傷つけたり、ハリや弾力をつかさどるコラーゲンやエラスチンも破壊され、シワやたるみなどの肌老化の原因になります。

紫外線B波

紫外線B波は、浴びることによって肌表面が赤くなり、炎症を引き起こします。肌表面に発生した活性酸素は、紫外線を浴びなくてもメラニンが生成され、色素沈着となりシミやソバカスの原因につながります。

紫外線C波

紫外線C波は、皮膚病の原因ともいわれていて、B波より有害な紫外線です。通常は、オゾン層によって吸収され地上まで届くことがなかったものが、近年のオゾン層破壊によって地上まで届いてしまう可能性があります。

日焼け止めには紫外線A波と紫外線B波をカットすることができます。

日焼け止めの効果はどの位あるの?

日焼け止めは夏の必需品ですが、パッケージに「SPF」や「PA」と書いてあるのを見たことがあるでしょう。この「SPF」と「PA」はどちらも紫外線を防止する値を表すものになりますが、数値によって紫外線の防ぎ方が変わります。ここで、「SPF」と「PA」について詳しく紹介していきます。

SPFとは?

SPFとは、サン・プロテクション・ファクターの略で、シミやソバカス・皮膚ガンの原因となる紫外線B波(UVB)をカットする値を示しています。 SPFの後に数字がついていますが、これは日焼け止するまでの速度を表しています。

紫外線が当りだしてから日焼けするまで、平均でだいたい15分~20分と言われていますが、たとえばそれがSPF20なら20倍遅らせることができるという意味です。このSPF20では、20×20分=400分、6時間40分まで日焼けを抑制することができます。

PAとは?

PAとは、プロテクション グレイド オブ UVAの略で、皮膚を黒くするだけでなくシワやたるみの原因となる紫外線A波(UVA)の防止効果を表すものになります。このPAの+は全部で4段階あり、強い方から、++++、+++、++、+に分かれていて、日常的な紫外線防止ならPA++がおすすめです。

B波は夏に最も強くなり10月からはガクッと下がるのに比べ、A波は安定して降り注いでいるため、シワやたるみが気になる方で、紫外線を浴びる機会が多い方は、冬もしっかりUVケアをするようにしましょう。

日焼け止め入り化粧下地の効果は?

化粧下地にも日焼け止め効果が入ったものがたくさんありますが、日焼け止めだけのものに比べ、化粧下地と一緒になることによって、スキンケア効果や、ベースメイク効果がプラスされます。

化粧下地には、保湿やテカり防止、カラーコントロールをする働きがありますが、日焼け止めが入ることによって、紫外線を防ぎながらスキンケアとメイクができます。化粧下地にはファンデーションの持ちを良くし、仕上がりをキレイにする働きもあるので、日焼け止め入り化粧下地は季節や肌質によって選ぶようにしましょう。

また、日焼け止め効果が入ることによって、夏でも安心して使うことができます。季節や環境に合わせて日焼け止めの数値を参考にして選びましょう。

日焼け止め入り化粧下地の人気ランキングTOP3

3位

キュレル・BBミルク 自然な肌色 30ml (化粧下地) [並行輸入品]

キュレルは敏感肌の方でも使用でき、肌トラブルが起きにくい処方が肌質問わず人気があります。

乾燥性敏感肌用にセラミドを配合し、肌に潤いを与えながら、美しく仕上がる薄づきタイプのBBクリームです。 色ムラや粉ふきをなめらかにカバーして、顔全体を明るく整え、素肌感のある自然な仕上がりが持続します。SPF28/PA++の日焼け止め効果もあり、一本で保湿・化粧下地・うす化粧の効果があります。

負担感なく肌悩みをカバーしたい方や、化粧下地でスキンケアをしたい方におすすめです。

2位

NOV ノブ モイスチュアベースUV 30g 化粧下地

乾燥しやすいお肌になめらかにのびて、日焼け止め効果も配合されたクリームタイプの化粧下地です。 ヒアルロン酸やスクワランなどの美容液成分を配合し、ケアしながらメイクができます。豊富な美容液成分でエイジングケアもでき、年齢問わずに人気があります。

1位

フリープラス UVフェースプロテクター

フリープラスは、低刺激で肌のうるおいを守り、赤ちゃんやお子様にも使用できる点が人気です。

和漢植物エキスのうるおいバリアで強い紫外線から肌を守り、肌への負担を軽減する日やけ止め入り化粧下地です。肌に優しく馴染み、白浮きしません。さらりとうるおう、ベタつきのない使い心地で、うるおいを持続させ、化粧のりや化粧もちをアップさせます。ノンケミカル(紫外線吸収剤無添加)、SPF36/PA+++が処方されています。

Blockquote firstBlockquote second

顔に塗っても臭くない!!
しかも水のようにサラサラで即浸透、軽い付け心地。
ベタつきは一切ありません。
おまけに普通の洗顔料で落とせる。

特徴別おすすめの日焼け止め入り化粧下地

プチプラ

キャンメイク マーメイドスキンジェルUV 01 40g

SPF50/PA++++処方の日焼け止め入り化粧下地です。お肌にみずみずしくなじむ、水感ジェルでさらっとしたテクスチャーが特徴です。保湿力も高く、日焼け止めとしての使用はもちろん、からだ用としてもお使いいただけます。

キャンメイクはコスパがいいのも人気のポイントです。軽いテクスチャーが好きな方におすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

化粧下地としても日焼け止めとしてもつかえるので、つかいやすいし値段も安いので大満足です

化粧崩れ防止

マキアージュ ドラマティックスキンセンサーベース UV (SPF25・PA+++) 25mL

肌の水分バランスと皮脂をコントロールするセンサー効果で、つけたての仕上がりが長時間持続する化粧下地です。崩れにくくテカり、皮脂崩れ、毛穴落ち、ヨレを防ぎ、さらりと美しい肌が1日続きます。SPF25/PA+++の日焼け止め効果も配合され、日常生活での紫外線カットもできます。

部分的にテカりやすいが、乾燥もするという方におすすめです。

Blockquote firstBlockquote second

鼻のテカりが抑えられて崩れも気にならなくなります。リキッドにもパウダーにもよく馴染みます。

季節別おすすめの日焼け止め入り化粧下地

エテュセ 化粧下地 プレミアム CCアミノクリーム 35g

スキンケア成分を配合し、ツヤのある肌に整える化粧下地です。春は冬の影響で乾燥やくすみが残りやすい時期ですが、アミノプレミアム7が乾燥を防ぎ、うるおいのある肌に保ち、くすみやシミをカバーし、血色のよい透明感がある肌へ導きます。 皮脂や汗になじみにくく、化粧くずれも防ぎます。

Blockquote firstBlockquote second

乾燥せず、ツヤ肌に仕上がります。
この後にファンデやBBクリームを使用していますが、化粧ノリがよいので気に入っています。

カネボウ コフレドール 毛穴つるんとカバー 化粧もち下地UV SPF50+・PA+++ 【02 夏の紫外線対策用】

毛穴の凹凸や黒ずみまで厚塗り感なくカバーし、つるんとキレイな仕上がりの化粧下地です。 高いフィット力と均一な薄膜で、汗・皮脂による化粧くずれを防ぎ、つけたてのつるんとした仕上がりを持続します。 SPF50/PA+++の日焼け止め効果もあり、夏の紫外線対策用として使えます。

ソフィーナボーテ 高保湿UV乳液 SPF50+ PA++++ しっとり 30g

みずみずしく潤い、密度の高いハリ肌へ導く化粧下地です。紫外線や乾燥から肌を守り、潤いを持続させます。秋は夏との季節の変わり目で、エアコンの影響で乾燥したり、紫外線も受けやすいので、日焼け止め効果が入っているものを選ぶようにしましょう。

Blockquote firstBlockquote second

洗顔後、土台美容液、化粧水の次にこのUV乳液で
1日中しっとり、紫外線や乾燥にも負けません。

ライスフォース ディープシリーズ UVプロテクトミルク(日やけ止め化粧下地) 30mL

スキンケアしながら紫外線をブロックする日焼け止め入り化粧下地です。

保湿成分ライスパワーエキスを配合し、潤いのある肌に整えます。SPF25/PA++処方で、毎日の紫外線対策として充分なUV防止力を発揮します。

紫外線吸収剤をシリコンコーティングしているので、肌を直接刺激することなく、敏感肌の方にもおすすめです。

化粧下地は日焼け止め入りにチェンジ!

化粧下地だけのものでも、さまざまな効果があるものもたくさんありますが、日焼け止め効果が入ることによって、幅広い季節に対応して使うことができます。紫外線は夏だけでなく、秋冬も常に降り注いでいます。シミやソバカス、たるみなどの原因を作ってしまう前に、日焼け止めを効果的に使い紫外線からお肌を守りましょう。

また、化粧下地と日焼け止めが一緒になることで、保湿や美白などスキンケア効果もプラスされます。メイクをしながらスキンケアすることで美肌をキープすることにつながります。

日焼け止め入り化粧下地は、季節や肌の状態に合わせて自分に合ったものを選びましょう。

関連記事

Related