Search

検索したいワードを入力してください

集団行動が苦手な性格の人の特徴・おすすめの仕事・理由

Author nopic iconsej
カテゴリ:人間関係

初回公開日:2018年02月06日

更新日:2018年02月06日

記載されている内容は2018年02月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

集団行動が苦手な性格の人の特徴・おすすめの仕事・理由

子供・大人別集団行動が苦手な性格の人の特徴

私たちの日常生活では、学校や会社など社会のさまざまな場面において集団行動というのがつきものです。しかし、そんな中でも集団行動が苦手だという方は少なくありません。もしくは、自分自身が比較的集団行動が苦手だという方も多いのではないでしょか。

では、そんな集団行動を苦手とする人たちにはどんな共通の特徴や原因があるのでしょうか。また、そういった集団行動に苦手意識のある人たちにおすすめの仕事や自分が集団行動が苦手なタイプの人なのかがすぐにわかる診断項目などについて今回はご紹介していきます。

色々なことに対して興味を持つ子

まずは、集団行動が苦手だという子どもに共通する特徴についてご紹介していきます。集団行動が苦手な子の多くは、他の子よりも意欲や興味が非常に盛んであるパターンが多いです。特に、目や耳などが人よりも優れていて感覚的に繊細な子というのは、見たものや聞こえたものに細かく反応し、周りのものに注意が向いたり色々なことに対してすぐに興味を持ちます。

こういったタイプの子は、自分のやりたいことや興味を持ったことを優先してしまいがちであるため、その場の状況や周りの人たちの様子を把握し、自分自身の行動や意欲をある程度抑制しなければならない集団行動を苦手とする子が多いのが特徴です。

自己分析/自己表現が下手な人

続いて、集団行動が苦手だという大人に共通する特徴についてです。集団行動の苦手な大人の多くは、自己分析が上手くできず自己表現が下手なパターンが多いのが特徴です。自分について深く考えて自分がどんな人間であるのかを理解しようとすることを怠ってしまうと、自分で自分自身のことをあまりわかっていないので、いざ集団の輪の中に入るとその中で自分のことを上手く自己表現することができなくなってしまいます。

そうなってしまうと、相手にも自分のことを理解してもらうことは難しくなり、結局自分の居場所を見いだせず孤立してしまいがちになるのが集団行動が苦手な大人に共通する特徴の一つです。

集団行動が苦手な人におすすめの仕事・職業

続いて、集団行動が苦手な人におすすめの仕事・職業についてご紹介していきます。

トラック運転手

集団行動が苦手な人におすすめの仕事・職業の一つ目は「トラック運転手」です。トラックに限らず宅配・運送関係の仕事や職種は集団行動を苦手とする人にはおすすめの職業です。出勤や積み荷・荷下ろし作業の際には多少人と関わる時間がありますが、勤務時間のほとんどは「運送」になるので基本的に人とはあまりかかわらず一人で黙々と取り組むことのできる仕事となっています。

芸術家・作家

集団行動が苦手な人におすすめの仕事・職業の二つ目は「芸術家・作家」です。芸術家というと、例えば画家や彫刻家、また陶芸家や作曲家なども含まれます。これらの職業もまた一人で黙々と作業に打ち込むタイプの仕事がメインなので、あまり人と関わらずに済む仕事です。

またさらに、こういった何か作品を制作することを仕事とする職業の場合、自分自身の発想力であったり自分のこだわりを活かすことができますし、またそういった独自性が世間からの評価にもつながるので、他の人との考え方の違いや自己中心的な態度が原因で集団行動を苦手としている人には特におすすめの職業です。

集団行動が苦手な人の心理

続いて、集団行動が苦手な人に共通する心理についてご紹介していきます。

連帯責任が嫌い

まず、集団行動が苦手な人に共通する心理の一つ目は「連帯責任が嫌い」という点です。集団行動するということは、自分一人ではなくその集団のなかのみんなと情報や作業、またお互いの気持ちなどあらゆるものを共有するということです。そんな中で「責任」というのも例外ではありません。

「連帯責任」という言葉があるように、集団で何かに取り組む際には必ず責任というのはだれか一人が負うものではなくみんなで背負うことになります。つまり、もちろん自分ではない誰かのミスや失敗の責任も自分の責任になってしまうということです。集団行動が苦手であったり嫌いな人というのは、このように他の人の責任まで自分が背負わなければならないということを無意識に嫌う心理傾向にあることが多いです。

集団行動が苦手なタイプか診断できるチェック項目

続いて、集団行動が苦手なタイプか診断できるチェック項目についてご紹介していきます。以下にいくつかのチェック項目をまとめてみました。

□約束やルールに縛られるのが嫌い
□他人の分まで責任を背負いたくない
□人が大勢いる場は気が引ける
□一人行動が好き
□独特な価値観や考え方を持っている

これらの項目に当てはまる数が多い人ほど集団行動を苦手とするタイプの人になります。

社会人で集団行動が苦手な人の対策方法

続いて、社会人で集団行動が苦手な人の対策方法についていくつかご紹介していきます。

自分の立場をしっかりと見極める

まず、営業職における集団行動の対策方法についてご紹介します。営業職というのはチームワークが非常に重要になってきます。例えば、複数人で自社の商品を他社に対して売り込みに行く際には、相手にとってどんなメリットがあるのかをわかりやすく説明する人、またどれだけ魅力的なものなのかをアピールできる人など、一人一人が役割を持ちそれらがかみ合うことが大切です。

集団行動が苦手な人であれば、単純に仲良くなってチームワークを深めようとするのではなく、そのチームの中で自分がどんな役割を担い、営業を成功させるためにはどのように他の人たちと連携していけば良いのかを考えて行動することで、自然と集団行動をすることができます。

相手の尊敬できる面を見つける

続いて、職場・会社などにおける集団行動の対策方法についてです。職場や会社で上手く集団行動を取るには、「周りの人たちの尊敬できる面を見つける」ようにするとよいです。職場などの広い範囲の場合は関わる人数は多い反面、あまり深い関係ではない人というのが多いです。そのため元々集団行動が苦手な人にとっては、みんなと足並みそろえて仕事をするというのは難しくなります。

こういった場合は、あまり関わりのない人でも、その人の尊敬できる面や学べることに焦点を当ててみてください。自分にないものや自分よりも優れている面、輝いている面を探して発見できれば、興味が湧いたりこの人と少し関わってみたいという気持ちになりやすいです。それをきっかけに日々コミュニケーションを続け、関わる人の幅を増やしていけば自ずと集団行動につながっていきます。

男女別集団行動が苦手な理由

続いて、男女別集団行動が苦手な理由についてご紹介していきます。

プライドが高い

男性が集団行動を苦手とする場合に最も多い理由が「プライドが高すぎるから」です。集団行動をするということは、様々な面で自分よりも優れている面を持っている人は必ずいます。また、自分の悪いところや弱みを相手に握られてしまうということもあります。

しかし、男性はプライドが高い人が多いです。つまり集団行動が苦手な男性の場合は、このプライドや自尊心が高いがために自分の実力が認められないことを嫌ったり、自分の弱い一面をさらすことに恐怖心を抱くことが大きな理由の一つとなっていることが多いです。

女の嫉妬深さが苦手

女性が集団行動を苦手とする場合に最も多い理由は「嫉妬深さが苦手だから」です。特に女性の場合、みんな平等で同じような立ち位置の人と集団行動を共にする傾向にあります。そのため、集団のなかで一人だけ優れていたり恵まれていたりするとその人を妬みがちです。

しかし、その中でもそういった女の嫉妬や妬みを嫌う女性も多いです。つまり、女の嫉妬深い性格やあまりにも平等性を保とうとする関係性が嫌いというのが、女性が集団行動を苦手とする理由の一つだということです。

A型とAB型は比較的集団行動が苦手

続いて、集団行動が苦手な血液型についてご紹介していきます。先に結論から言いますと、集団行動が苦手な血液型は「A型」と「AB型」です。血液型別の性格的特徴で言うと、A型の場合は几帳面で計画的な性格の持ち主が多く、AB型の場合は変わり者で個性豊かな人が多いとよく言われています。

まずA型ですが、A型はしっかりもので基本的には周りからも頼られるようなリーダーシップのある存在であるため、むしろ集団行動に向いている人が多い傾向にありますが、几帳面であるため時に周りの人の理解できない行動や発言に我慢できなかったり、過度な指摘をしてしまったりとチームの輪を乱してしまうこともあるので要注意です。

一方でAB型は、普段はA型のようにしっかり者ですが、他の血液型とは比べ物にならないくらいの自由奔放な素質も兼ね備えているため、人によっては集団行動が大の苦手という方も多い血液型です。

自分を知ることが重要

集団行動が苦手な人が克服する方法として最も最適なのは「自己分析」です。まずはじっくりと、そして普段からこまめに自己分析することを心がけましょう。

「自分にとって足りないもの」、「知りたいこと」、「身につけたいこと」、「どんな性格」、「自分はいつもどんなポジションなのか」、「どのような人とどんな関係を築きたいのか」。自分のことを深く理解することで、足りないものを得ようとしたり興味のあるものを知ろうとしたり、自然と周りのものや人に目が行くようになります。

そうすることで周りの人たちと積極的に関わって行くようになり、集団行動が苦手な人でも、より多くの人と集団行動を共にする足掛かりになります。

集団行動は社会の中では大切

皆さんいかがでしたでしょうか。今回は「集団行動が苦手な人」に注目し、共通する特徴や心理、またその克服方法などについてご紹介してきました。

人は一人きりでは生きていけないというように、社会の中で生活していくには集団行動というのは非常に大切なものです。また、より多くの人たちと関わっていくことで、様々な経験をしたり大きなことを成し遂げたりすることができます。

皆さんも学校や会社、日々の生活の中で誰かと集団行動を共にする機会があれば、その場と時間を大切にしてみてはいかがでしょうか。