Search

検索したいワードを入力してください

【状況別】スーツのおすすめ色の選び方・色に合うコートの選び方

Author nopic iconSa-ya
ビジネスファッション / 2018年02月09日
【状況別】スーツのおすすめ色の選び方・色に合うコートの選び方

状況別スーツのおすすめの色の選び方

男性にとってはビジネススタイルとしても定着しているスーツスタイルですが、仕事以外のさまざまなイベントでもスーツを着用する機会は多い傾向にあります。まずはそれぞれのイベントで着用するおすすめのスーツの色の選び方をご紹介いたします。

卒業式

お子さんがいる家庭では子どもの卒業式は一大イベントの1つです。卒業式はスーツスタイルで参列するご家族の方が多い傾向にあります。

男性の場合は、ブラックやグレー、ネイビーなどの比較的ベーシックな色を選ぶ方が多い傾向にあります。お祝いの席なので、スタイル全体が暗くなり過ぎないようにネクタイやチーフなどで色を添えると華やかなスーツスタイルに仕上がります。

女性の場合は、男性よりも比較的明るめのスーツスタイルや着物などを着用する方が多い傾向にあります。セットアップスーツであれば、ライトグレーやピンクなどの明るいカラーやシックなネイビーも人気の高い色の1つです。

胸元にコサージュやパールのアクセサリーなどをプラスするとさらに華やかなスーツスタイルに仕上がります。

転職面接

ビジネスやイベント以外にスーツを着用するシーンといえば「面接」です。就活の面接や転職面接など、企業側と面接を行う場合はスーツを着用するのが基本です。

転職の際に面接は、就職活動中の学生と異なり必ずしもブラック系のスーツである必要ありません。比較的ダークな色のスーツを選び、ネクタイや靴の色もスーツに合わせて控えめな色を選ぶようにしましょう。

結婚式二次会

人生で一度の大きなイベントといえば「結婚式」です。身内や親しい友人の結婚式や結婚式の二次会に何を着ていけばいいか悩む人も多い傾向にあります。

結婚式の二次会は比較的自由な服装が多い傾向にあります。披露宴のような少し堅苦しいイメージがなく、男性であれば少し光沢感のあるネイビーやグレーなどのスーツスタイルでおしゃれに決めている方が多い傾向にあります。

結婚式の二次会スタイルでは、ネクタイやチーフの色選びも重要です。結婚式の二次会は華やかな席なので、いつもよりも明るい色のネクタイやチーフに挑戦してみましょう。結婚式の二次会であれば蝶ネクタイなどもおすすめです。自分の好きなスタイルに合わせてさまざまなアイテムや色をプラスしておしゃれなスタイルに仕上げましょう。

結婚挨拶

付き合っている彼女のご両親に挨拶に伺う際の服装は何も着ていけばよいか悩む男性も多い傾向にあります。彼女のご両親へ結婚の挨拶をしに行く際はスーツを着用していくことをおすすめします。

結婚の挨拶におすすめのスーツの色は、ネイビーやブラックなどのダーク系の色のスーツです、暗い色のスーツはスタイル全体もスマートに見え、顔立ちもはっきり見えるのでおすすめの色です。

ネクタイは同じような色でカラフルな色のものは避けるようにしましょう。結婚の挨拶時は「清潔感」や「身だしなみ」がとても重要なポイントです。スーツにシワがないか、靴が汚れていないかなど、事前に身だしなみをしっかりチェックしておくことをおすすめします。

表彰式など

表彰式と一言でいっても、さまざまなスタイルの表彰式が存在します。国や政府が主催する表彰式などはモーニングコートやタキシードなどを着用する人もいますが、一般的な表彰式であれば準礼装と呼ばれるブラックスーツやダーク系のスーツを着用する方が多い傾向にあります。

表彰式は多くの人の前に立つので、ブラックやネイビーなどのベーシックな色がおすすめです。少しフォーマルなスタイルの表彰式であればブラックスーツにすることをおすすめします。表彰式のスーツスタイルは表彰式の規模などによって変えるといいでしょう。

スーツの色に合うコートの選び方

秋冬の季節に肌寒くなると活躍するファッションアイテムといえば「コート」です。スーツの上から羽織るコートはどんな色のものを選べばいいかわからない人も多い傾向にあります。そんな方の目安になるおすすめのスーツとコートの色の組み合わせをご紹介いたしましょう。

黒色コート

黒やグレー、紺色などのスーツにおすすめのコートの色は、黒色のコートです。黒色のコートといっても、素材によってイメージもそれぞれ異なります。

ナイロン素材の黒色のコートの場合は、コートの中でも比較的生地の厚さが薄いためスタイリッシュかつスマートなスーツスタイルに仕上がります。若い男性を中心に人気が高く、ライナーが取り外しできるタイプのコートもあるので春先まで使用することができます。

ウール素材であれば少し生地が厚めなので、落ち着いた大人っぽい印象を演出してくれます。ウール素材は保温力も高いので、寒い冬の季節におすすめの素材です。

黒色のコートは、シンプルで使いやすい色のコートなので、どんなスーツスタイルにも合わせやすくおすすめのアイテムです。

紺色のコート

少しカジュアルなスタイルが好みの方におすすめなのが、紺色のコートです。紺色やグレー系のスーツとの相性がよく、黒色のコートよりも少し軽めのカジュアルなスタイルに仕上がります。シングルタイプのシルエットが主流ですが、ダブルタイプのコートにするとよりカジュアル感がアップします。

ベージュ色のコート

秋冬はダークな色のスーツやコートが多い中、春先は少し明るめのスタイルにしたいと考える方も多い傾向にいます。春先におすすめのコートは、ベージュ色のコートです。

ベージュ色のコートは、黒色やネイビーのスーツと相性がいいコートです。春先はトレンチなどの薄手のコートでおしゃれなスーツスタイルに仕上げましょう。

スーツとベストの色のおすすめの組み合わせ術

スーツスタイルをさらにおしゃれにしてくれるファッションアイテムの1つが「ベスト」です。スーツに合わせるベストも素材や色によってスタイル全体のイメージが異なります。それではスーツとベストの色のおすすめの組み合わせをいくつかご紹介いたしましょう。

同色系ベスト

スーツのスタイルの中には、もともとスーツのジャケットと同じ色の生地でベストを作った3点セットのセットアップスーツがあります。このようなスーツスタイルのことを「3ピース」と呼び、ビジネススタイルからパーティーシーンまで幅広く活用できるスーツスタイルの1つです。

パーティースタイルとして多いのが、紺色やグレーの生地を使用した3ピースが人気を集めています。紺色の3ピーススタイルは少し光沢感のある生地が人気で、シルエットも細身のスタイルが多い傾向にあります。どんな色のネクタイでも合わせやすいので、1着持っておくと重宝するスーツスタイルの1つです。

グレー系のスリーピースであれば、ブラックやダーク系のネクタイを合わせるとよりクールで大人っぽいスーツスタイルに仕上がります。季節やシーンによってネクタイの素材は太さなどを変えてみるといいでしょう。

グレー系スーツ×黒ベスト

スーツの色の中でも少し渋めで大人っぽい印象のあるグレー系のスーツは、黒色のベストを合わせるのがおすすめです。少し膨張色でもあるグレーのスタイルに暗い色を差し込むことでスタイル全体は引き締まった印象になります。黒色のベストに合わせて黒色のネクタイを合わせれば、よりダンディーなスーツスタイルに仕上がるのでおすすめです。

紺色スーツ×グレー系ベスト

紺色のスーツにベストを合わせる場合は、少し明るめの色を入れてあげるとスタイル全体がバランスよくまとまります。グレーのような明るいベーシックカラーやライトブルーなどの爽やかな色でもいいでしょう。

紺色のスーツは比較的カジュアルなイメージがあるので、インナーの色はどんな色でも合わせやすい傾向にあります。春はライトピンク色のベスト、秋はグレー系の小紋柄のベストを合わせるなど、季節に応じてさまざまなスタイルを楽しみましょう。

黒色スーツ×茶系ベスト

秋冬のスーツスタイルでおすすめしたい組み合わせは、黒色のスーツに茶系のベストを合わせる組み合わせです。黒色のスーツは茶色以外にも、紫色やボルドーなどの色とも相性がいいアイテムです。

茶系のベストは色の濃淡によってスタイルのイメージが異なります。渋く大人っぽいスーツスタイルが好きな方は、ダーク系のブラウンを使用したベストにブラックなどのダーク系の色のネクタイを合わせるといいでしょう。

カジュアルなスーツスタイルが好きな方は、明るめの茶色のベストに少しデザイン性の高いネクタイやニットタイなどを合わせるとおしゃれなスーツスタイルに仕上がります。茶色のベストはスーツ以外にもジャケットとも相性がいいアイテムなので、さまざまな着こなしが楽しめるのでおすすめです。

カラーベスト

スーツの定番カラーといえばブラックやグレーなどのダーク系カラーが多い傾向にあります。スーツスタイル全体が暗すぎる場合はオレンジなどの明るい色のカラーを差し色と使用するといいでしょう。明るいカラーのベストは少しカジュアルなイメージになるので、TPOに合わせて色を変えて楽しみましょう。

印象を良くするおすすめのスーツの色

新社会人や新入社員などの場合は早く会社に馴染むためにも身だしなみはしっかりしておきたいと考える人が多い傾向にあります。周囲の人から印象をよくするスーツは何色のスーツを選べばいいのでしょうか。

就職活動中の学生たちが着用するリクルートスーツは、ブラックや紺色などの暗い色のスーツスタイルが中心です。このことからもわかるようにダーク色のスーツは周囲の人にいい印象を与える色として認識されています。

特にフォーマルな場所では礼服と呼ばれる正式なスタイルがありますが、準礼装では「ブラックスーツ」を着用するのが一般的とされています。ブラックスーツはフォーマルな印象を与えるスーツの色なので、周囲の人にいい印象を与えたい場合は黒や濃紺などの暗い色のスーツを選ぶことをおすすめします。

種類別どのスーツの色にも合わせやすいおすすめアイテム

ビジネスからパーティースタイルまでさまざまなスタイルを楽しめるのがスーツの魅力です。スーツは色々な色やアイテムを組み合わせることでさまざまなパターンのスタイルを楽しむことができます。ではスーツの色に合わせやすいおすすめアイテムを種類別にくわしく見ていきましょう。

マフラー

スーツに合わせるマフラーの色は、ブラックやグレーなどのベーシックな色を合わせるとどんなスタイルでもおしゃれに仕上がるのでおすすめです。スーツの色と同じ色ではなく、黒色のスーツであればグレーのマフラーを合わせたり、グレーのスーツであれば反対にブラックの色を合わせるとスタイル全体のバランスが整います。

また紫色やボルドーなどが入ったストライプ柄などのマフラーもスーツに合わせやすいデザインなのでおすすめです。ネクタイや小物の色とマフラーのデザインに入っている色を合わせるとさらにおしゃれ度がアップします。

セーター

スーツにセーターを合わせる場合は、ベストの時と同じような色の組み合わせにするとおしゃれなスタイルに仕上がります。

ビジネススタイルであれば、薄地のVネックのセーターを合わせてネクタイをしめてもいいでしょう。カジュアルなスーツスタイルに着こなしたい場合は、少し厚手のクルーネックでラフなスタイルにするのもおしゃれです。カジュアルなスタイルはビジネススタイルとして不向きなので気をつけましょう。

ワイシャツ

ビジネススーツに合わせるワイシャツであれば、ホワイト系のスタンダードなカラーのタイプのワイシャツが多い傾向にあります。ブルー系やイエロー系の色のワイシャツをビジネススーツに合わせる方もいますが、ホワイト系のワイシャツよりはややカジュアルな印象になります。

パーティースタイルとしてスーツを着こなす場合は、クレリックシャツなどもおすすめです。クレリックシャツとは襟部分が白く、その他の部分が白色以外の色や柄物になっているワイシャツのことを表します。

クレリックシャツは1枚で着ても存在感のあるワイシャツなので、パーティー中にジャケットを脱いだとしてもおしゃれなスタイルに着こなすことができます。
クレリックシャツはさまざまな色やデザインのものがあるので、自分の好きなスタイルに合った1枚を選ぶといいでしょう。

スーツの色に合わせておしゃれを楽しもう

ビジネスからパーティーシーンまで、さまざまなスタイルを楽しめるのがスーツスタイルの魅力の1つです。スーツは色によってイメージも異なり、組み合わせるアイテムの色によっても色々なコーディネートが楽しめます。

スーツの色にコートを合わせる場合は、季節に応じて色や素材を選ぶことをおすすめします。男性が着用する一般的なスーツはブラックやグレーなどのダーク系の色が多い傾向にあります。好きなスーツスタイルに応じて小物で色をプラスするとよりおしゃれなスタイルに仕上がるのでおすすめです。