Search

検索したいワードを入力してください

【メンズレディース別】おすすめのスカートパンツ・コーデ

Small 50fc522e 4be1 4d25 bbf2 f6d6433750aamonako
コーディネート / 2018年12月27日
【メンズレディース別】おすすめのスカートパンツ・コーデ

メンズ・レディース別おすすめのスカートパンツは?

ここ数年、社会的ブームとも言えるほど流行したガウチョパンツですが、実はこれはスカートパンツの部類に入りません。詳しくは、後ほど項目ごとにお話ししますが、スカートパンツ、略して「スカパン」と呼ばれるものは、スカートonパンツの意味を持っています。

見た目はスカートそのものですが、実は中はパンツという構造になっています。ですので、見た目だけでは分かりません。それでは、間違いやすいデザインの特徴とおすすめのスカートパンツをご紹介しましょう。

キュロット

「スカートパンツとは何か。」と調べているとキュロットの長いバージョンと説明している記事を見かけます。しかし、実はこれは誤りで、キュロットはショートパンツに分類されます。ショートパンツより裾が広がっているため、一見スカート風に見えることから間違った解釈がされることが多いです。

ガウチョパンツ

ガウチョは、ワイドパンツの一種で裾に広がったシルエットのひざ下〜7分丈のパンツを呼びます。こちらも足を閉じていると一見スカートのように見えますが、股下があるのでパンツに分類されます。

キュロットの長い版とイメージすれば、分かりやすいです。ゆるくふんわりしたシルエットのパンツなので、女性らしさを出すにはぴったりのパンツアイテムです。

スカーチョ

さて、ここからは少し難しくなってきます。ガウチョの次に人気が出てきたスカーチョですが、この意味をはっきりと説明できる人は少ないのではないのでしょうか。次にご紹介するスカンツとの差も曖昧なかたも多く、ほぼ同義語のような感じです。

スカーチョとは、ガウチョパンツの広がりをより多く出し、スカート見えするように作られた物です。しかしこちらも股下はありますので、スカートパンツには属しません。

スカンツ

ここまできたら、なんとなくイメージがつくかたもいらっしゃるでしょう。スカンツとは、スカーチョの長い丈バージョンです。マキシ丈ほどあるものを、スカンツと呼びます。ですので、こちらもスカートパンツではありません。

レース

ここからご紹介するのが、本命のスカートパンツです。スカートonパンツ、スカートの下にパンツがあるスタイルやデザインのことです。

昨年あたりから、街でよく見かけるようになった透け透けのレースのスカートやワンピースですが、「どうやって着るの。」なんて声を聞いたりもしました。これは、あえて中に履くパンツを見せるようにして着こなすのが、トレンドです。お持ちのデニムなどと、すぐに合わせることができるのでぜひトライしてください。

レイヤード

レイヤードとは、「積み重ねる。」という意味で、重ね着スタイルのことです。先ほどご紹介したレースのスカートパンツも、レイヤードの一種です。スカートonパンツで別アイテムを使用したものがレイヤードスタイルとなります。

元々の構造上、スカートのインナー部分にパンツがくっついているものは、レイヤードとは呼ばないのがポイントです。ここでメンズにもおすすめできる、スカート風ボトム+パンツのスタイルをご紹介します。

メンズ編

メンズの人が、スカートパンツを着用すると、少し個性が出てモードな雰囲気になります。メンズのスカートパンツは、かなり丈の長いものから写真のようなシルエットまで、意外と多くのデザインが展開されています。

おすすめは、異素材を使ったスカート風のシルエットのもので、丈もそこまで長くないデザインの方が合わせやすいでしょう。インにはスキニーなどでシンプルにコーディネートすると、バランスが取りやすいです。あまりにもルーズな雰囲気は女子受けがあまり良くなくなるので、要注意です。

レディース編

レースのスカートパンツは、可愛いです。「しかしキュートなイメージなものは苦手。」という肩におすすめなのは、少し張り感のあるチュールスカートとのレイヤードスタイルです。少しクールな印象で着こなすことができるので、中のパンツや足元まで気を使ってみてください。

おすすめのスカートパンツコーデ

スカートパンツとなると、あまり履きなれていないのでコーディネートが難しそうというイメージがありませんか。実は、上手にバランスさえ取れれば、スカートと同じような感覚でスタイリングできます。インスタでも人気の着こなし方をチェックしていきましょう。

重ね着

こちらはキャミワンピースを、デニムのショートパンツの上に重ね着したスカートパンツスタイルです。キャミワンピースの素材のシアー感が、独特の雰囲気を出していて素敵です。シフォン系の素材はフェミニンになりがちですが、他アイテムをボーイッシュなもので合わせているので少しスポーティーな感じがします。

重ね履き

メンズ編

ボトムスにボリュームがあるので、トップスはシンプルなものを合わせている技ありコーディネートが素敵です。メンズがスカートパンツを重ね履きする時は、できるだけシンプルに合わせることをポイントにしすっきりとまとめると好印象なスタイリングができ上がります。

レディース編

おすすめスカートパンツでご紹介したようなチュールの透け感とクラッシュデニムの重ね履きの相性は抜群です。コーディネートのおすすめは、カジュアルに見せることがポイントです。写真のようにスニーカーやロゴTと合わせ、とことんカジュアルにしてコーディネートを楽しんでください。

腰巻き

こちらは、スカートパンツ風のコーディネートです。腰に巻いたデニムジャケットをスカートライクに見せ、スキニーパンツを差し込む定番スタイルですが、ニット帽やクラッチバックとマッチして今年らしいコーディネートですぐにマネできます。

スカートパンツのリメイク方法

スカートパンツのリメイク方法は、さまざまです。例えば、パンツとスカートがくっついているものであれば、合わさっている部分を切り離して、別アイテムにしたりできます。

新たにスカートパンツが欲しいかたにおすすめは、パンツ+手芸屋さんで購入してきたチュールやレースを使用して作るスカートパンツです。レースなどを平ゴムを伸ばした状態で、ミシンで縫ったあと、筒状になるように縫うとギャザースカートのようになります。そこにパンツをプラスするだけで、世界で一つだけの簡単スカートパンツの完成です。

スカートパンツのおすすめ収納方法は?

スカート部分は、シワになりやすくかさばるので「収納に困った。」というかたもチラホラいます。最近、流行りのスカートパンツはみんなどのように収納しているのでしょうか。ハンガー派と畳んで収納派との意見を見てみましょう。

ハンガーで収納しよう

断然おすすめは、かけて収納することです。通常のハンガーだと2つ折りにしなくてはならないので、ボリュームが出てしまいます。

パンツハンガーなどのクリップで挟むタイプをお持ちの方は、ウエスト部分を挟んでかけるだけなので、最もおすすめの収納方法です。どうしても2つ折りにしないといけない場合は、折りじわがなるべくいかないように、太めのハンガーを選ぶことをおすすめします。

畳んで収納しよう

かけて収納するのがベストですが、収納場所によって容量オーバーになってしまうこともあります。そんな時は、畳んで収納します。ここでポイントは、なるべくボリュームが出ないように畳むことと、シワが入らないように気をつけることです。

もし、スカート部分とパンツ部分を分けれる構造なのであれば、別々に収納した方が綺麗に収まってくれるでしょう。履くときには、スチームアイロンなどでさっとシワを伸ばすと見栄えが全然変わります。

スカートパンツの作り方のコツ

スカートパンツは重ね着や重ね履きで、誰でも簡単にマネできるコーディネート方法です。もともとスカートとパンツ一緒になっているデザインのものもあるので、気に入ったものを見つけてください。

トレンド感を出すのであれば、スカートとパンツを異素材のもので合わせるのがおすすめです。ミニスカート+スキニーパンツより、ひざ下ミモレ丈のフレアスカート+パンツの方がより、今年らしいスカートパンツの組み合わせができます。

人気のスカートパンツをゆるかわに履きこなしましょう

スカートパンツは、今持っているアイテムでも簡単に作れます。そして、自分でオリジナルのものを作ることも案外簡単にできるので、世界に1つだけのアイテムを作ってみませんか。頑張りすぎないおしゃれアイテムとして、人気のスカートパンツをあなたも履きこなしましょう。

関連記事

Related