Search

検索したいワードを入力してください

【種類別】スピーカーのノイズの原因・おすすめノイズ対策

Small ba7ad130 f9f9 4de6 b2b3 1e1fc7ed43e6佐賀裕司
カテゴリ:ガジェット

初回公開日:2018年04月25日

更新日:2020年02月17日

記載されている内容は2018年04月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【種類別】スピーカーのノイズの原因・おすすめノイズ対策

そもそもノイズとは

さまざまな場合にノイズというのは発生します。よく世間で聞かれる「ノイズ」という言葉も、マイクの調子であったり、電磁波を受けての妨害信号によるノイズであったり、また懐かしいカセットテープの録音や再生でも「ノイズ」という言葉が頻繁に聞かれます。

そもそもノイズというのはどういうものを言うのでしょうか。一般的にノイズというのは「信号の乱れ」のことを意味し、本来発信する際に必要な音声以外にも「余計な音声」が入ってくることを「ノイズ」と呼び、多くの場合は「オーディオやステレオに関する機械設計をする際に、そこから流れ出る電波受信が妨害されたことによって起こる音」をノイズと言います。

カセットテープのノイズ

昔、オーディオカセットテープレコーダーをよく使っていた人はわかるでしょうが、このカセットテープを録音・再生する際にも「ノイズ」というのは頻繁に入ってしまうことがあります。しかしこの場合は、いわゆる「電波を受信する際に発生する乱線・混線によるノイズの発生」とは違い、テープや機械そのものの不調によって発生する場合がほとんどです。

つまり、外部からの信号や電波の混流によって発生するノイズではなく、目の前にある機械・機材そのものの不具合によって発生するノイズとなるため、この場合のノイズを払拭する際には、その機器類のメンテナンスをすることによってたいていの場合は収まります。

どんな音がノイズなのか

いわゆるノイズというのは「本来その機器類から発声される音とは違った音が発声された場合」によく使われ、「ピー音」や「ガサガサ」といった半ば不快な音を指して言われます。これは騒音にも近い音となり、電話やステレオをはじめ、現代ではスカイプやLineに接続されているビデオ電話などからも頻繁に発声される場合があります。

しかし「ピー」という音や「ジリジリ」という音、また「ガサガサ音」や「バリバリ」という不快音だけを指すのではなく、ノイズというのは「その機器類が本来発声しないすべての音」を指して言うため、上記のような音でなくても「その機器類からは絶対に流れ出ない音がある場合」でもノイズという形で表現されます。

種類別スピーカーのノイズの原因

基本的に「その機器類が高級であればあるほどノイズの発生率は高まる」と言われます。この原因について言えば、たとえば高級なパソコンを購入した場合、そのパソコンには従来のパソコンよりもさらに性能を上回る「多元情報からの受信」が可能になっている場合が多いです。

ウィンドウズ10などはこの「膨大な受信許容量」に加え、さらに機器類そのものの性能もよいため、いわば二重の高性能が認められます。しかしこの「高性能」を賄うためにはそれなりのリスクも背負い込むことになります。

それはたとえば「電波をより広く受信する代わりに、不要な情報もキャッチしてしまう場合」があげられ、この不要な情報源にノイズを発生させる影響力などがあれば、それだけでノイズは簡単に発生することになってしまいます。

PCの場合のスピーカーノイズ発生原因

パソコンの場合でもやはり、パソコンに搭載されたスピーカーにノイズがキャッチされて発生させられ、それが表面化する形で「ノイズの発声」が明確にわかるようになります。そもそもスピーカーという機器には、半導体を用いて電気が流れます。そしてこの電気をもって正しい音源を伝えることによって、たとえば電話などの音声が伝えられることになります。

この際に、その半導体に何らかの不具合があった場合、また先述しましたように「何らかの不要な情報によって音源に影響が与えられ、それによって本来なら不要な音声がキャッチされてしまった場合」などにノイズは起こります。

パソコンの場合は特に「電波受信」を駆使して情報が交換されることにより、この膨大な伝播をキャッチする際に「不要な音源がそのまま傍受されてしまうこと」がよくあります。こうした不要な情報・音源というのはいわゆるシールドアプリによって払拭されます。

USBの場合のノイズ発生原因

いわゆるUSBヘッドセットから聞こえるノイズの原因となりますが、このUSBを使用することによって発生するノイズのバイアでも、主に「電波受信によるノイズ」か、「機器類そのものの不具合」によって起こる可能性がほとんどです。

USBヘッドセットというのは基本的に「パソコン周辺機器」としてあり、いわゆるヘッドホンと同じ役目を果たす機材と理解してもらってかまいません。この場合、「ブーン」というノイズや「キーン」という高音のノイズが発生する場合が多く、耳をつんざくような不快音が発生する場合もあります。

このUSBヘッドセットのノイズの場合は、上記の「機器類の不調」によって発生する場合が多く、「ブーン」という比較的重低音のノイズの場合であれば「USBポートが設定されたパソコン本体の不具合」が多いです。「キーン」という高音のノイズであれば「ヘッドセットの端子の不具合」を疑う必要があります。

車の場合のスピーカーノイズ発生原因

基本的に車にはさまざまな機器類が同室に設置されてあるため、たとえばオーディオのスピーカーから流れる音声にノイズが混流することも非常に多くあります。この場合も「電波の乱流」が目立ってあり、主にトランジスタが音を処理しきれずにそのまま「ノイズ」の形で流してしまう場合がほとんどです。

またこの電波磁気などによるノイズ発生に加える形で、スピーカー機材の設置状態によってもノイズが生まれ、たとえば回線が正しく配線されていなかったり、正しく配線されていても他の機材のとの接触によってノイズが発生する場合もよく見られます。

また電波の混線によってノイズが発生することも非常に多く、GPSなどの衛星電波をはじめ、Line電話やカーテレビなどによる外部からの電波流入によってもノイズが簡単に発生してしまう場合もあります。

スピーカーのおすすめノイズ対策

ノイズというのはたとえば「そのスピーカーが高級品であっても安価な物であっても、関係なく発生する」という基本条件によって認識されます。多くの場合のノイズは「熱雑音・ヒートノイズ」と呼ばれるもので、混線や電波の乱れによって情報処理が間に合わず、そのまま傍受している機器類が熱をもってノイズを発生させるという現象が起こります。

この「ヒートノイズ」が起こる原因として、主に「高級なスピーカーやパソコンを使用していることによって、さらにノイズの発生を高まらせている」という傾向もあり、先述しましたように「高性能の機材によってさらに受信できる情報量が増え、加えて情報処理を高速でしようとする性能があるため、それだけでヒートノイズの発生原因となる」場合があります。

PCのスピーカーノイズの治し方