Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】理想のスリーサイズ・理想の比率の体になる方法

Author nopic iconANJU
ヘルスケア / 2018年01月31日
【男女別】理想のスリーサイズ・理想の比率の体になる方法

男女別理想のスリーサイズは?

あなたはダイエットをしたことがありますか。必死に減量をする人がいますが、ただ細いだけの身体が魅力的という訳ではなく、自分に合った体全体のバランスをとることがとても大切です。スリーサイズとは、女性の場合はバスト、男性の場合はチェスト、ウエスト、ヒップの3部分の寸法のことです。ちなみに、スリーサイズという言葉は和製英語なので海外では通じません。

理想のスリーサイズとは人によって違いがあります。自分が鏡を見て嬉しくなる、彼や彼女から褒められるようなスタイルが理想の体型と言えます。今までは細いイメージが強かったモデルも、ほどよく筋肉がついたしなやかな身体が求められるようになりました。ここでは、どのような身体が理想的なバランス、スリーサイズなのか紹介します。

男性の場合は?

男性の理想的な身体として、胸板が厚く、腹筋が割れていて、腕に筋が入っているような筋肉質の身体が挙げられます。今は細マッチョが女性からの人気が高いとされています。

男性の理想のスリーサイズは、チェストが90センチ、ウエストが74センチ、ヒップが89センチとされています。

女性の場合は?

女性の理想的な身体は痩せているや太っているに関わらず、ウエストとヒップが7対10の比率だとバランスが良く見え、男性から好まれるとされています。太っているのにどこか魅力を感じる、バランスの良い太り方という人はこの比率にのっとっているでしょう。

女性の理想のスリーサイズは、バストが85センチ、ウエストが59センチ、ヒップが85センチとされています。この理想のスリーサイズは、男性から好まれる7対10の比率とほぼ同じ数値になります。

理想のスリーサイズの身体になる方法は?

理想のスリーサイズに近づくためには、まず食生活の見直しが大切です。バランスの悪い食事は、バランスの悪い身体を作り上げてしまいます。炭水化物と脂肪分が多い食事は、男性の場合腹部が出る、女性の場合は下腹部とお尻に脂肪が溜まる原因となります。

きちんとカロリー計算をし、食事による摂取カロリーをコントロールして脂肪の蓄積を防ぎましょう。

また、理想のスリーサイズに近づくためには適度な運動を行うことも大切です。運動による消費カロリーを増やし、代謝を上げて筋力を増やしましょう。定期的にジムに通う、プロテインの摂取なども効果的です。

身長別理想のスリーサイズは?

一般的に理想とされるスリーサイズは、モデルのような身体を想像するひとが多くいます。しかし、元々の基本的な体型が違うので理想のスリーサイズは変わってきます。スリーサイズの数値はあくまでも目安なので、気にし過ぎも良くありません。近づけば近づくほどバランスが良い体型にはなりますが、数値に気を取られすぎないようにしましょう。

ここでは、身長別に理想のスリーサイズを紹介していきます。

150センチの人は?

男性の場合、身長150センチの人の平均体重は49.5キログラムです。理想の体重は48.4キログラムとされています。チェストは78センチ、ウエストは61.5センチ、ヒップは76.5センチが理想のスリーサイズです。

女性の場合、平均体重は49.5キログラムで、理想の体重は42.8キログラムです。バストは78~79.5センチ、ウエストは55.5~58.5センチ、ヒップは79.5~81センチが理想のスリーサイズとされています。

160センチの人は?

男性の場合、身長160センチの人の平均体重は56.3キログラムで、理想体重は55キログラムと言われています。チェストは83.2センチ、ウエストは65.6センチ、ヒップは81.6センチが理想のスリーサイズです。

女性の場合、平均体重は56.3キログラムで理想の体重は48.6キログラムです。バストは83.2~84.8センチ、ウエストは59.2~62.4センチ、ヒップは84.8~86.4センチが理想のスリーサイズと言われています。

170センチの人は?

男性の場合、身長170センチの人の平均体重は63.6キログロムで、理想体重は62.1キログラムです。チェストは88.4センチ、ウエストは69.7センチ、ヒップは86.7センチが理想のスリーサイズとされています。

女性の場合、平均体重は63.6キログラムで、理想体重は54.9キログラムです。バストが88.4~90.1センチ、ウエストは62.9~66.3センチ、ヒップは90.1~91.8センチが理想のスリーサイズと言われています。

理想のスリーサイズの測定、計算の方法は?

スリーサイズを図る際には、メジャーと床がきちんと平行になっているか鏡などで確認しながら行いましょう。全身鏡を見ながら行うと、正確に測定することができます。毎日決まった方法で測定しないと正確にスリーサイズを図ることができません。

ここでは、スリーサイズそれぞれの正しい測定方法、自分に合ったスリーサイズの計算方法を紹介します。

バスト

バストは下着を着用した時、胸の一番高い位置を図ります。メジャーを背中側から回し、胸の一番高い位置に合わせます。メジャーが床と水平になるようにし、ゆるみやねじれがないことを確認してサイズを読み取りましょう。

メジャーと胸の間に指一本の隙間を作り、引っ張り過ぎないようにしましょう。姿勢を正して図ることもポイントです。

ウエスト

ウエストはお腹の一番くびれている部分か、腕を下ろした時の肘の位置を図りましょう。メジャーを背中側から回し、正しいウエストの位置に合わせます。メジャーが床と水平になるようにして、息を吐きながら測定しましょう。食後などはサイズが変わってしまうので、空腹時や食事の合間に図ることがポイントです。

ヒップ

ヒップは最も突き出ている位置を図ります。メジャーを背中側から回し、お尻の一番高い位置に合わせます。メジャーを床と水平にフィットさせ、サイズを読み取ります。ヒップを測定するときは、背筋をきちんと伸ばして図りましょう。

理想のスリーサイズの計算方法は?

理想のスリーサイズは、自分の身長に合わせて計算することができます。男性の理想のスリーサイズの計算式は、チェストが身長×0.52、ウエストは身長×0.41、ヒップは身長×0.51となります。

女性の場合は、バストが身長×0.5、ウエストが身長×0.38、ヒップが身長×0.54の計算で理想のスリーサイズを出すことができます。

理想の体重の計算方法は?

適正体重は身長×身長×22で出すことができます。BMIが22となり、最も健康的と言われる体重です。美容体重は身長×身長×20の計算式です。この計算式ではBMIが20となり、見た目が細身な人の体重となります。

この計算式からわかるように、自分が理想としているBMIを最後の数字に当てはめると理想の体重を知ることができます。

理想のスリーサイズのチェック項目

どのような結果になれば、理想のスリーサイズの体型と言えるのでしょうか。ここでは、理想のスリーサイズかどうかを判断するチェック項目を紹介します。

まず基本的に、理想のスリーサイズの数値にどのくらい近づけているかがチェック項目となります。バスト、ウエスト、ヒップが1対0.7対1になっていることが黄金比とされています。

そして、鏡をチェックした時や全身の写真を撮った時に魅力を感じる身体であるかどうかもチェック項目の一つです。いくら数値が良くても、見た目が悪いと意味がないものになってしまいます。理想としているモデルや芸能人と体型を見比べてみるのも一つの方法です。

自分らしいスタイルを見つけよう!

理想のスリーサイズというのは、一人一人違います。スリーサイズの数値にこだわり過ぎず、自分に合った身体全体のバランスが大切です。

理想のスリーサイズになるためには、カロリーコントロールと適度な運動を心がけましょう。モデルや芸能人に憧れて、無理なダイエットをし過ぎないように注意してください。きちんとした方法でダイエットやトレーニングを行えば、少しずつ理想のスリーサイズに近づくことができます。理想のスリーサイズを知って、自然で健康的な身体を目指しましょう。