Search

検索したいワードを入力してください

クリスマスカードの書き方|おしゃれ/かわいい/ビジネス

Author nopic iconp4078f4
カテゴリ:プレゼント

初回公開日:2018年02月05日

更新日:2020年02月16日

記載されている内容は2018年02月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

クリスマスカードの書き方|おしゃれ/かわいい/ビジネス

クリスマスカードの書き方

オシャレなクリスマスカードの書き方

クリスマスカードをオシャレにする書き方をご紹介します。

クリスマスカードを簡単にオシャレにするポイントは、言葉選びとクリスマスカードをオシャレに見えるようにデコレーションすることです。

クリスマスカードをオシャレに見せる言葉

クリスマスカードに使う言葉は、長い文章や堅苦しい書き方は避け、少しラフな感じの言葉で書くようにしましょう。長い文章や堅苦しい書き方ではなく、英単語を使ったりカタカナを使うことでオシャレに見えます。

オシャレに見える英単語は「Season’s Greetings」や「Merry Christmas」などと書き始めや少し文中から話したところに書くことでオシャレに見えます。市販のクリスマスカードにはすでに書かれているものが多くありますが、書き加えることでオシャレ度がさらにアップします。

クリスマスカードにはカタカナで「メリー・クリスマス」や「メリー・クリスマス&ハッピーニューイヤー!」などと文章の初めに書くことでクリスマス感がアップしオシャレに見えること間違いなしです。

クリスマスカードに使えるオシャレな言葉

クリスマスカードに使えるオシャレな言葉や書き方をご紹介します。

どうぞすてきなクリスマスをお迎えください。
「Hope you enjoy a wonderful Christmas season」

ご家族とともに、平和と愛に満ちたクリスマスと新しい年となりますように。
「Wishing you and your family peace and love at Christmas and always」

よいクリスマスを!
「Have Yourself a Merry Little Christmas!」

クリスマスの思いがあなたに届きますように。そして、あなたの心を幸せいっぱいにしますように。
「May the true spirit of the season find you and fill your heart with joy.」

ビジネスにも使えるクリスマスカードの書き方

日本ではあまりクリスマスカードをビジネスで送ることはありませんが、最近では、企業側がお客様にクリスマスカードを送ることが多くなっています。

そこで、ビジネスで使えるクリスマスカードの書き方をご紹介します。

「クリスマスのごあいさつを申し上げます。寒い日が続いておりますが 穏やかで幸せなクリスマスになる事をお祈りします。」

「クリスマスのごあいさつと、新年のご多幸を祈念申し上げます。」

「幸せなクリスマスをお過ごしください。」

かわいいクリスマスカードの書き方

かわいいクリスマスカードの書き方をご紹介します。

クリスマスカードをかわいくするには、文字やデコレーションすることで可愛く見せる子tができます。

クリスマスカードを書く時は鉛筆や黒ペンなどで書かず、色ペンなどで書くと可愛らしいく出来上がります。色ペンを使う時は、あまり明るすぎないクリスマスらしい赤や緑などで書くことでクリスマスらしさをアップさせることができます。

色ペンを使う時に注意したいのが、カラフルにしすぎることで、子供っぽくなってしまうため大人の方が書く時は色遣いと文字選びに注意しましょう。

相手別のクリスマスカードの書き方と例文

恋人に渡すクリスマスカードの書き方

恋人に渡すクリスマスカードの書き方をご紹介します。

日頃から恥ずかしくてあまり言えない「好きだよ」や「愛してるよ」など、こういった言葉が苦手な方はクリスマスカードに書いて日頃の思いを伝えてみましょう。

渡された相手は、日頃は何も言ってくれない人が、こんなふうに思っているんだと伝えられる場でもありますので、言葉が苦手な方は文字にして日頃の気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか。

恋人に渡すクリスマスカードの書き方や例文をご紹介します。

「メリークリスマス!今年のクリスマスは楽しみだね。」

「Merry Christmas!出会ってから初めてのクリスマスだね、君と過ごせてうれしいよ。」

「Merry Christmas!大好きだよ、ずっとそばに居てください。」

など、日頃から伝え辛い言葉を文字にして送ってみてはいかがでしょうか。

彼氏に渡すクリスマスカードの書き方

彼氏に渡すおすすめのクリスマスカードの書き方をご紹介します。

彼氏には、日頃から思いや気持ちを伝えている方も、伝えられてない方ももう一度気持ちを伝えるチャンスです。

彼氏に渡すクリスマスカードの書き方は、「大好きだよ」「愛してる」などと伝えることが大切ですが、彼氏の名前をしっかり書き、日頃の思いを伝えることができるクリスマスカードを書きましょう。

彼氏に渡すクリスマスカードの例文

彼氏にクリスマスカードの書き方は、日頃から呼びあっている彼氏の名前で書くことをおすすめします。

「メリークリスマス!○○君へ、いつも優し○○君とクリスマスを過ごせて幸せです。」

「メリークリスマス!○○君へ、今年は楽しいクリスマスにしようね。そして来年も再来年も一緒にクリスマスを祝おうね。」

「メリークリスマス!○○君へ、こんな私とずっといてくれてありがとう。最高のクリスマスにしようね。大好きだよ。」

彼女に渡すクリスマスカードの書き方

彼女に渡すクリスマスカードの書き方をご紹介します。

男性の方は、意外と彼女に日頃の思いを伝えられていない方にチャンスのイベントです。

彼女のことが好きだけど、言葉で伝えるのは恥ずかしくて伝えることができないという方がいると思いますので、クリスマスカードに日頃の思いを書いて伝えましょう。

彼女に贈るクリスマスカードの書き方は、日頃から読んでいる名前やあだ名で書き、相手にちゃんと気持ちが伝わるように書きましょう。

彼女に渡すクリスマスカードの例文

「Merry Christmas!○○ちゃんへ、日頃から恥ずかしくて言えないけど、俺(僕)は○○ちゃんのことが大好きです。クリスマスを楽しく過ごそうね。」

「Merry Christmas!○○ちゃんへ、クリスマスが楽しみだね。クリスマスを最高の良い思い出にしようね。愛してるよ。」

「Merry Christmas!○○ちゃんへ、こんな俺(僕)と一緒に居てくれてありがとう。○○ちゃんのことを一生大事にするからね。大好きだよ。」

友達に渡すクリスマスカードの書き方

友達に渡すクリスマスカードの書き方をご紹介します。

友達に渡すクリスマスカードは、恋人に渡すクリスマスよりかなりラフな言葉で書き、長い文章にならないように気を付けましょう。

友達に贈る場合は、「また遊ぼう」などちょっとした言葉を入れることをおすすめします。

友達に渡すクリスマスカードの例文

「メリークリスマス!今年はいろいろ遊んで楽しかったね。また遊びましょう。」

「メリークリスマス!楽しいクリスマスになりますように。風邪引かないように気を付けてね。」

「メリークリスマス!素敵なクリスマスをお過ごしください。またご飯行こうね。」

子供に渡すクリスマスカードの書き方

子供に渡すクリスマスカードの書き方をご紹介します。

子供に書く時は、日頃の感謝の気持ちや、サンタクロースからの手紙のように書くことをおすすめします。

子供に渡すクリスマスカードの例文

「メリークリスマス!サンタさんだよ。今年は良い子にしていたかな?いい子にした○○ちゃん(君)には、ご褒美としてプレゼントを贈るよ。クリスマスまで良い子にして待っていてね。サンタクロースより。」

「メリークリスマス!○○ちゃん(君)はいつもいい子にしてくれてお父さんお母さんは○○ちゃん(君)の親で本当にうれしいです。いつもありがとうね。楽しいクリスマスのしようね。」

海外でのクリスマスカードの書き方

オーストラリア

オーストラリアの方にクリスマスカードを書く際は、あまり長い文章や堅苦しい文章は使わず短い文章で書くようにしましょう。

クリスマスカードはあまり長い言葉でつらつらと書くものではありませんので、短く伝わる文章にしましょう。

アメリカ

アメリカの方にクリスマスカードを渡す場合の書き方をご紹介します。

アメリカは多種多様な文化や宗教が入り混じる国ですので、贈る相手の文化や宗教を知ってから送る必要があります。もし送る相手がキリスト教徒でなければ失礼な行動ですので、必ず確認してから送るようにしましょう。

クリスマスカードの書き方はオーストラリアと同じで、短めの文章で書くようにしましょう。

短めの文章でクリスマスカードと伝わるように書ければクリスマスカードの完成です。

クリスマスカードへのサインの書き方

クリスマスカードにサインの書き方は文章の最後と送る封筒に書くようにしましょう。

クリスマスカードの書くサインは、英語でなくても日本語で書いても大丈夫ですので、無理して英語で書く必要はありません。

クリスマスカードを送る時は相手の名前と自分の名前を忘れることなく書くようにしましょう。

今年はクリスマスカードにチャレンジ

クリスマスカードの書き方はいかがでしょうか。

今年のクリスマスには、カードを書くことににチャレンジしてみてはどうでしょうか。