Search

検索したいワードを入力してください

【色別】つつじの花言葉|サツキ/ピンク/紫/赤/オレンジ/白

Author nopic icon43たろう
花言葉 / 2018年02月23日
【色別】つつじの花言葉|サツキ/ピンク/紫/赤/オレンジ/白

花言葉を勉強してみましょう

みなさまはお花を買う機会はあるでしょうか。贈り物としてお花を渡すシチュエーションとしては、プロポーズなどのような、男性が女性にプレゼントして送ることが多いといえます。したがって、お花を買うというシチュエーションは人生でも一大イベントの一つになるといえるでしょう。

その時に、どのようにしてお花の種類を選別するかというのはかなりセンスが問われます。特にお花を買う経験の少ない人からしたら戸惑ってしまうことがあるでしょう。そこで役立つ知識としては、花言葉というものがあります。

花言葉は、それぞれの花毎に決められており、その人やシチュエーションに合うような花言葉を選べると非常にセンスがあるといえるでしょう。そして花言葉から、会話への発展させることができるのでおすすめです。

こちらでは、まず花言葉には一体どういったものがあるかについて簡単に紹介していきましょう。

花言葉の概要

元々花言葉は花詞とも呼ばれており、花それぞれの割り振られる言葉であるといわれています。大抵の場合は西洋から来ており、19世紀ごろの西洋社会で流行しました。その時にフランス社会では花を人に例えることも流行していました。

日本に花言葉が入ってきたのは、開国後の明治時代からであるといわれています。元々花鳥風月を愛する文化のあった日本人でも受け入れられ、後々日本独自の花言葉についても生まれていくことになります。

しかしながら、花言葉の起源についてははっきりとしたものはわかっていません。

つつじの花を例に花言葉を紹介

花言葉については、色や種類によって大きく異なるといわれています。特にいろんな色を持つ花の場合には、同じ花であっても花言葉が変わったりと、扱いが少し難しいともいえるでしょう。意味の祖語も生まれる可能性もあるため十分注意したい点であるといえます。

こちらでは、さまざまな色の種類をもつ、つつじの花を例にとって花言葉の特徴について紹介していきましょう。

つつじの色の種類について

つつじという花はいろんな色があります。伝統的にはつつじはピンクとして扱われるのが一般的でしょう。日本古来の色として、つつじ色という色が存在します。この色は鮮やかな赤紫色を指します。英語いうとマゼンタ色に近いといえるでしょう。

つつじ色という表現については、古来より親しまれており、万葉集にも描かれています。

これらの歴史的な背景からもつつじのイメージとしては、ピンク色をイメージする方が多いですが、実際にはつつじには多くの色の種類が存在します。つつじの色の種類としてはピンク色の他に、赤色、白色、紫色、オレンジ色といった色が存在し、それぞれが持つ花言葉が異なります。

こちらでは、つつじの色別に見た花言葉の違いについて紹介していきましょう。

一般的なつつじの花言葉

つつじの花が持つ一般的な花言葉としては、「節度」や「慎み」といった意味合いがあるといわれています。こういった観点から見るとつつじの花は非常にしっかり者のイメージであるといえるでしょう。

ピンク色のつつじの場合

ピンク色のつつじの花言葉としては「愛の喜び」であるといわれています。意味としては非常にダイレクトに愛を伝えるような意味合いになるといえるでしょう。

赤色のつつじの場合

赤色のつつじの場合の花言葉は「恋の喜び」であるいわれています。ピンク色のつつじの花言葉と少し似ていますが、微妙にその意味は異なるといえるでしょう。

白色のつつじの場合

白色のつつじの花言葉は、ピンク色や赤色のつつじとは少し異なります。その花言葉は「初恋」であり、他の色のつつじと比べると少し初々しさを感じる花言葉であるともいえるでしょう。

紫色のつつじの場合

紫色のつつじについても、他のつつじの花言葉と異なります。その意味は「美しい人」という意味になります。非常にダイレクトな表現であるといえるでしょう。

オレンジ色のつつじの場合

オレンジ色のつつじも、他の色と意味が少し違います。その意味としては「燃える思い」という意味があります。他の色と比べてよりアグレッシブな意味合いを含んでいるといえるでしょう。

種類別にみたつつじの花言葉

つつじだけでも、複数の花言葉の種類があるということがわかり、花言葉は非常に複雑であるともいえるでしょう。こちらではさらに、つつじの仲間である植物の花言葉についてもあわせて紹介していきましょう。

サツキ

サツキという花はご存知でしょうか。この花はつつじの仲間であるといわれています。サツキはつつじと非常に良く似た花をつけることで有名です。それもそのはずで、サツキはツツジ科ツツジ属に含まれており、つつじのカテゴリーの花の一種です。

その花言葉についてですが、サツキの場合には、ツツジと同じく「節制」という花言葉が割り当てられています。

有名な花言葉については押さえておきましょう

これまでの説明のとおり、花言葉には多くの種類が存在します。そして花言葉はその花の色や形などの特徴から決められたといわれています。

花の種類の中でも、バラやユリといったものは有名です。それらの有名な花言葉を押さえておくことで、思わぬ場面で役に立つ場合があるでしょう。しかしあまり詳しすぎてもキザに思われてしまう場合があるので注意しましょう。

こちらでは、バラなどといった有名な花についての花言葉について簡単に紹介していきましょう。

バラの場合

花束の贈り物としては、最もポピュラーともいえるのがバラの花だといえるでしょう。バラの場合には、色や本数によって花言葉が変わるので非常に奥が深いといえるでしょう。

一番有名な赤いバラの場合には、「愛情」という花言葉が割り当てられています。また白いバラには「純潔」、「清純」といった言葉が当てられています。

また有名なものとしては青いバラについては「奇跡」という花言葉が割り当てられてます。かつては青いバラには不可能という花言葉が割り当てられていました。これは青いバラは自然界に存在しないというところから来た意味です。

しかしながら近年のバイオテクノロジーによって青いバラを作ることが可能になったことから、「不可能」から「奇跡」という言葉が花言葉として当てられるようになりました。

本数による意味の違い

バラは本数によっても花言葉が異なるといわれています。例えば、バラの本数が一本の場合には「一目惚れ」、二本の場合には「この世界は二人だけ」、三本の場合には「愛しています」といった具合に、愛情のいう基本的な意味が前提にはなりますが、微妙にニュアンスが異なることがわかります。

そのため、バラについては、花言葉の意味が多く存在し、渡す人によっては捉え方が変わる可能性があります。変な誤解を生まないためにも、花屋さんとも相談して、ばっちりと準備する必要があるといえるでしょう。

サクラの場合

それでは、日本人に馴染みの深いサクラの場合はどうでしょうか。花言葉としては「あなたの微笑み」、「潔白」といった意味が含まれています。やはりその見た目に恥じない気品が花言葉にも現れているといえるでしょう。

花言葉は複雑で難しいが使いこなせるとかっこいい

これまでの花言葉の紹介でもわかるとおり、花の色や種類、本数によってその意味が大きく異なることがあるため、相手に渡すときには、細心の注意が必要であるといえるでしょう。特にツツジやバラのようにバリエーションがある場合は大変です。

そのため、プロポーズなどの大切な場面の場合には、自分の知識だけではなく、花屋さんなどを頼り、しっかりと気持ちを伝えられるように準備する必要があるといえるでしょう。

また贈り物の場面だけではなく、花を見て楽しむときにも、花言葉を知っているとより一層、趣深く感じることができるため、贈り物目的だけではなくとも花言葉を知ることは、感性を豊かにするのにも役立ちます。

関連記事

Related